ウクライナ21とは?ウクライナ21人殺人事件の犯人やその後は?

ウクライナ21と呼ばれる動画と、それに関連した凄惨な連続殺人事件をご存知でしょうか?ある少年たちが起こした連続殺人事件の犯行の一部が、インターネット上に動画として流出しています。ウクライナ21にまつわる動画の内容と殺人事件の全貌を追ってゆきましょう。

ウクライナ21とは?ウクライナ21人殺人事件の犯人やその後は?のイメージ

目次

  1. 1殺人動画「ウクライナ21」とは?殺人事件の犯人やその後!
  2. 2「ウクライナ21」とは?【閲覧注意】
  3. 3ウクライナ21人殺人事件とは?
  4. 4ウクライナ21殺人事件の裁判と判決
  5. 5ウクライナ21の犯人の生い立ち
  6. 6ウクライナ21の流出
  7. 7スナッフフィルム=殺人動画を扱った作品
  8. 8ウクライナ21事件の模倣事件
  9. 9ウクライナ21を見るには
  10. 10犯罪の記録が平和に繋がりますように

殺人動画「ウクライナ21」とは?殺人事件の犯人やその後!

「ウクライナ21」と呼ばれる動画が存在します。これは実際の殺人現場を収めた動画とされていて、更にその動画は21人もの犠牲者を出した連続殺人事件のほんの一部だといいます。ウクライナ21とはどのような動画なのか。その内容と犯人、裁判の判決、その後について見ていきましょう

「ウクライナ21」とは?【閲覧注意】

ウクライナ21とは、ウクライナの若者らが男性を拷問し殺害する様子を収めた動画の通称です。これからその内容と犯人、裁判の判決、その後について見ていきますが、とても凄惨な事件の記録となりますので、閲覧する場合はその点をご了承ください。

ウクライナ21=殺人動画

ウクライナ21とは、連続殺人事件のうちの一件にあたる、男性を殺害した一部始終の内容を収めた動画の通称です。日本国内の名付けで、日本語の検索エンジンで「ウクライナ21」と検索すると該当の動画がヒットします。「検索してはいけないワード」の一つに挙げられたこともあります。

別名「3guys 1hummer」

「3guys 1hummer」とは、ほぼ同じ内容の動画を指す海外での通称です。そのまま「三人の男と一本のハンマー」という意味です。「ウクライナ21」よりもカットされた部分が少ないバージョンの動画がヒットすることがあり、「3guys 1hummer」の方がよりショッキングな内容の動画に辿り着くようです。

21は殺害された人数を表す数字

ウクライナ21の「21」とは、一連の連続殺人事件で殺害された人数を指します。21人の死亡者の他、8人の負傷者も出ています。

3人の少年による犯行が動画に

ウクライナ21の犯人とは、事件現場であるドニプロペトロウシク在住の3人の少年、イゴール・シュプルンヤク、ヴィクトル・サエンコ、アレクサンドル・ハンザです。3人はともに19歳で、同じ学校の卒業生でした。

ウクライナ21人殺人事件とは?

ウクライナ21の内容と犯人、裁判の判決、その後について見ていきましょう。2007年の6月から7月にかけ、ウクライナ国内の都市・ドニプロペトロウシク周辺で発生した一連の暴行・殺人事件です。死亡者21人、負傷者8人にのぼる事件です。

凶器はハンマー・パイプなどの鈍器で、執拗に暴行を受ける、生きたままバラバラにされたり目玉をくり抜かれる、妊婦の腹を割いて胎児を取り出すなど、犯行内容はどれも残忍なものでした。

一方で金品の強奪はほとんどありませんでした。ただし、携帯電話など一部の所持品が持ち去られることはありました。また、遺体に性的暴行の痕跡が見られませんでした。これらは目的が殺人そのものにあるという、恐ろしい事実を裏付けるものでした。

最初の犯行の犠牲者は33歳の女性

最初の犠牲者となったのは、ドニプロペトロウシク在住の33歳の女性、エカチェリーナ・イルチェンコさんです。イルチェンコさんは友人のアパートでお茶を飲んだあと、一人で帰路についている時に襲われたと見られています。

イルチェンコさんの母親が、戻らない娘を心配して探したところ、2007年6月26日午前5時に住宅街の只中で変わり果てたイルチェンコさんを発見しました。イルチェンコさんは執拗に打撃を受けたような暴行の跡があり、頭部がひどく損傷していたといいます。

繰り返される殺人事件

イルチェンコさんの発見から間もなく、距離も近い公園のベンチで2人目の遺体が発見されました。33歳の男性、ロマン・タタレヴィチさんです。

タタレヴィチさんが遺棄されていた現場は、地方検察局の向かいという、捜査機関と目と鼻の先という大胆な場所でした。タタレヴィチさんもまた、鈍器で執拗に殴られ続けたものと見られ、顔面がひどく崩壊していました。

警察は携帯電話の盗難に注目

7月1日にはユージン・グリシェンコさん、ニコラス・サーチュクさんの2名の遺体が発見されました。被害者の携帯電話が盗まれていたものの、明らかに金目のものであるアクセサリ類が手付かずだったことから、金品より快楽を目的に行われている犯行であると見られました。

また、このようにして盗まれた携帯電話がその後、犯人逮捕の手掛かりの一つとなってゆきます。犯人グループはお粗末にも、明らかに所有者の特定がしやすいこの携帯電話を、質屋で換金しようと試みる為です。

マスコミは「ドニプロペトロウシクの狂人」と呼ぶ

7月6日には、更に3人の遺体が発見されます。退役軍人のイゴール・ネクヴォロダさん、夜警のエレナ・シュラムさん、三児の母でもあるヴァレンティナ・ハンザさんです。この段になるとマスコミも事件を取り上げるようになり、犯人を「ドニプロペトロウシクの狂人」と呼びました。

各案件があまりに凄惨な犯行である為、警察は詳細を発表することはしませんでしたが、地元地域では噂が広まり、住人は恐怖のどん底に叩き落されました。

白昼に実行された事件

7月7日の日中、ピドホロードネという地域に住む2人の少年、アンドレイ・シダックさんとヴァディム・リャホフさんが、自転車で釣りに出かけようとしていたところを襲われました。青い乗用車の近くを通り過ぎようとしたときに何者かに殴りかかられたのです。

リャホフさんは自転車から落とされたものの、再び乗り直して逃げることができました。一方シダックさんは意識不明に陥ってしまいました。犯人は車でリャホフさんを追いかけましたが、リャホフさんの方に土地勘があった為、逃げ切ることができました。

その後、リャホフさんは犯人が去った事を確認してシダックさんの元に戻りました。シダックさんは血だまりの中に倒れていたもののまだ息がありました。リャホフさんは近くを通る車に助けを求めたものの数台に渡って無視され、ようやく助けを申し出た運転手が現れたものの、シダックさんは息を引き取りました。

似顔絵の作成で捜査が進行

警察は当初、リャホフさんに容疑を向けたものの嫌疑はすぐに晴れ、シダックさん殺害は一連の撲殺事件の犯人によるものと結論づけました。リャホフさんにより犯人の似顔絵が作成され、これもまた犯人逮捕の大きな手掛かりとなります。

その後、7月12日に48歳男性セルゲイ・ヤツェンコさんがオートバイで出かけたきり行方不明となり、4日後に遺体で発見されました。体中に酷い暴行の跡が見られました。そして、このヤツェンコさんに対する暴行が、その後ウクライナ21の動画として流出することとなります。

7月14日にはスクーターに乗っていたナターリア・ママルチュクさんが雑木林を通り抜けようとしたところで2人の男によって殴り倒され、そのままハンマーで打ち殺されるという事件が発生しました。

ママルチュクさんの事件は地元住民が目撃しており、犯人の後を追ったものの逃げられてしまいました。また、現場近くのテントの中にいた子供2人も目撃しており、それら目撃者の話はリャホフさんの証言とも一致しました。

携帯電話の転売から犯人達が逮捕される

2000人以上の捜査官が動員されたものの犯人は捕まらず、警察は地元の質屋に犯人の似顔絵と被害者からの盗品リストを配布するという策に出ます。携帯電話など一部の所持品が盗まれていた為でした。すると容疑者はあっさり見つかり、シュプルンヤク、サエンコ、ハンザの3人が7月23日に逮捕され、容疑を認めることとなります。

ウクライナ21殺人事件の裁判と判決

ここからはウクライナ21の裁判の内容と判決、その後について追ってゆきましょう。世界的にも類を見ない被害者の人数と凄惨さを持つこの事件の裁判とは、どのような判決が下るのでしょうか。

シュプルンヤクは無実を訴える

シュプルンヤクは21件の殺人・8件の強盗・1件の動物虐待、サエンコは18件の殺人・5件の強盗・1件の動物虐待、ハンザは2件の強盗の容疑で起訴されました。サエンコとハンザは罪を認めたものの、シュプルンヤクは供述を翻して完全無罪を主張します。

また、サエンコは裁判所が任命した弁護士が新人であったことに不満を持ち、弁護士であった自分の父を指名しました。このこともマスコミで報道され、その後ウクライナ国内で批判が起こることとなります。

二人の少年に終身刑


主犯2人の弁護士は、真犯人は別にいる、警察の違法捜査、心神喪失のため責任能力が無いなど、様々な言い繕いを展開してゆきます。弁護士でもあるサエンコの父は、サエンコの容疑が確定的であると悟ると、シュプルンヤクが恐怖でサエンコを支配し犯行を行わせていたという主張をしてゆきます。

しかしながら、2009年2月11日、ドニプロペトロウシク地方裁判所は、シュプルンヤクとサエンコに殺人罪で終身刑という判決を言い渡しました。死刑制度が廃止されたウクライナでは、終身刑は最高の刑罰となります。

ハンザのみが懲役刑


ハンザは血液恐怖症のため殺人には関わっておらず、車の手配や携帯電話の盗みなどを行っていました。ハンザの弁護士は、罪を全て認めて情状酌量を狙う戦略に出ます。その結果か、ハンザのみ強盗で9年の懲役刑という判決が下りました。

控訴するも判決は覆らず

シュプルンヤクとサエンコはこの判決を不服とし、ウクライナ最高裁判所に上訴しました。しかし、最高裁は地裁の判決を支持し、2009年11月24日に裁判は終結しました。

ウクライナ21の犯人の生い立ち

ウクライナ21の裁判の内容と判決、その後を見てきましたが、なぜ3人はこのような凄惨な事件を引き起こすようになってしまったのでしょうか。彼らの生い立ちとはどのようなものなのでしょうか。内容を紐解いていきましょう。

三人の少年は裕福な家庭で育つ

3人とも裕福な家庭で育ちました。シュプルンヤク、サエンコの父親は有名な弁護士、ハンザの父親は地元の検察官でした。特に主犯格であるシュプルンヤクは親から溺愛されていました。

問題児の「シュプルンヤク」

サエンコとハンザはドニプロペトロウシクという地域に住む幼馴染で、その後にシュプルンヤクが引っ越してきたことで3人の間柄となりました。しかし、それまで成績優秀だったサエンコとハンザは、シュプルンヤクと付き合い始めてから成績を落としていきました。

シュプルンヤクを評した教師は「内気で引っ込み事案な性格だったが、いつも喧嘩を引き起こすのは彼であった」としています。シュプルンヤクは教師の視点からも要注意の問題児であるという判決に至るようです。

動物虐待で恐怖症を克服?

彼らにはそれぞれコンプレックスがありました。シュプルンヤクとサエンコは高所恐怖症、加えていじめっ子に怯える日々でした。そして、ハンザは血液と火傷に対する恐怖症を持っていました。

シュプルンヤクは野良犬や野良猫を虐待して、恐怖症を克服しようと二人を誘いました。実際に雑木林で動物を捕まえ、木に逆さ吊りにして内臓を引きずり出し、記念写真も撮るという動物虐待を続けていきました。

動物虐待が快楽殺人に繋がっていくという事例は世界中で報告されており、日本でも酒鬼薔薇聖斗事件などがこれに該当します。動物虐待事案が発生した場合は、警察はことさら警戒を強めるそうです。

17歳の最初の犯行は未成年を理由に未逮捕

シュプルンヤクの狂気はついに人に向けられることとなります。彼らが17歳のとき、シュプルンヤクが地元の少年に暴行、自転車を奪ってサエンコに売りつけるという事件が起きました。シュプルンヤク・サエンコの2人は逮捕されますが、未成年ということで刑務所に送られることはありませんでした。

タクシー強盗から殺人にエスカレート

高校卒業後には、ハンザは職を転々とし、サエンコは研究員と警備員の二足のわらじを履いていました。シュプルンヤクは表向きは無職ながら、親に買ってもらった車で無免許タクシーを運行して小遣いを稼いでいました。

シュプルンヤクはサエンコとハンザと共謀し、そのタクシーの客を狙った強盗を働くようになります。以上のように小さなものから大きなものまで様々な犯罪を積み重ねてゆき、その後、殺人という越えてはならない境界を越えることになるのです。

ウクライナ21の流出

ウクライナ21の裁判の内容と判決、その後について見てきましたが、現在ウクライナ21はインターネット上で公開されており、その内容は誰でも閲覧できる状態となっています。なぜ、ウクライナ21は世に解き放たれたのでしょうか。

公判中に証拠として公開された

ウクライナ21の内容は、21人の死亡者のうち、48歳男性ヤツェンコさんが長時間の暴行を受けた上で動かなくなる一部始終と、犯人たちが凶器を水洗いしながらはしゃぐ場面までが収められていると言われています。

ウクライナ21の元となるその犯行ビデオは、一連の裁判中に証拠として提出され、2008年10月29日の公判の中で公開されました。そのあまりに陰惨な内容に、傍聴人は大きなショックを受け、現地では多大な衝撃が広がりました。

インターネット上に流出

ウクライナ21は、2008年12月4日に何者かの手により、インターネット上に完全な状態で流出しました。警察や検察の関係者によるリークであるという見方が主流ですが、実行者は未だに特定されていません。

ウクライナ内務大臣の顧問はビデオの流出を批判したものの、「インターネット上に流出したビデオの制御は事実上不可能である」と認めることとなります。これは現在進行形で日本国内でも発生している、おふざけ動画やリベンジポルノなど、様々な情報の流出にも共通する要素です。

スナッフフィルム=殺人動画を扱った作品

スナッフフィルムとは、ウクライナ21のような殺人行為を収めた動画のことです。ここではスナッフフィルムという存在について見ていきつつ、スナッフフィルムを扱った小説・映画もご紹介します。

スナッフフィルムとは俗語です

スナッフフィルムとは、娯楽用途として流通させる目的で実際の殺人の様子を撮影した、映像作品を指す俗語です。スナッフとは蝋燭を吹き消す擬音語で、これもまた殺人を示す俗語になっています。

1971年に出版された書籍で呼ばれ始めたものですが、その内容もスナップフィルムの存在をほのめかすのみで、実際のビデオを見たという具体的な証言はありません。その後も映画などでスナップフィルム風の偽の映像が製作されるなどしました。

ウクライナ21はスナップフィルムなのか

ウクライナ21がスナップフィルムなのかという判断は、有識者の間でも意見が分かれるところです。ウクライナ21は犯人たちが拘束された状態で流出しており、スナップフィルムの定義である「流通目的」という部分に合致しない為です。

一方で、「犯人たちがその後、殺害映像を販売する予定であったとの証言もある」という部分を根拠にして、ウクライナ21はスナップフィルムであると結論付ける考えもあります。その場合、ウクライナ21は有史以来で初めての、本物のスナップフィルムという事になります。

インターネットの普及によりスナップフィルムも増加

現在、スナップフィルムと呼ばれる動画は、ウクライナ21以外にも多数存在します。これらは記録メディアの物理的な受け渡ししか行えなかった時代には広まりようがありませんでしたが、インターネットの普及により、素早く大量に出回るようになっています。

また、意図的な殺人の他にも、戦争や災害などで負傷した人々の様子を収めた動画もインターネット上には大量に出回っており、グロ画像・グロ動画として一部の人間の興味を引く内容となっています。

しかし、戦争や災害の様子は単純な興味本位の他に、そういった状況の悲惨さを伝えるメッセージ性を含んでおり、一定の資料的価値があるものと評価できます。対してスナップフィルムは、罪のない被害者の尊厳を踏みにじる殺人行為である点から、他のグロ画像・グロ動画とは切り離して考えるべきでしょう。

イスラム過激派による処刑動画

近年では、イスラム過激派が配信する、人質の処刑動画もスナッフフィルムの一種と考えられるでしょう。銃殺のほか、斬首、火刑、水責めなど処刑方法も様々あります。しかも彼らは、世界に対するアピールとして動画を公開していることから、掲載サイトさえ分かれば誰でも閲覧可能であり、削除もされにくいという状態にあります。

これらの動画に影響を受け、イスラム過激派に傾倒してしまう先進国の若者も現れており、単なる興味本位では済まされない社会問題となっています。また、殺害された人質の中には、日本人も複数含まれている点も忘れてはいけません。

小説「天使の囀り」

貴志祐介さんにより2000年に発表されたホラー小説です。物語は、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加した調査隊員たちが次々に異常な方法で自殺してゆくという場面から始まります。同じ境遇で恋人を亡くした主人公が調べてゆくと、自殺した人々は各々が恐怖を抱いていた対象にまつわる死を経ているという事が分かります。

娘を失う事を恐れていた人はその娘を道連れに自殺した、ネコ科の猛獣を恐れていた人はサファリパークの虎ゾーンに飛び込んで死亡した、といった具合にです。更に調べてゆくと、調査隊の人々はアマゾンで行ったある行為の後から、自らの抱いていた恐怖の対象に、全く逆の深い愛着を持つようになったという事が判明します。

スナップフィルムが登場するのは、自殺した主人公の恋人の遺品としてです。主人公の恋人は元々は死に対して強い恐怖心を持っていましたが、異変後は死に強く魅入られるようになります。その過程でスナップフィルムに興味を持ったということです。

一通りの謎が明かされた後も物語は続き、主人公には驚くべき結末が待ち構えています。小説という文字のみのメディアであるにも関わらず、巧みな文章で読中読後に渡って読者に嫌悪感を与え続ける、ホラーの傑作となっています。

映画「悪の法則」

2013年にアメリカで公開された映画で、刺激的に強い殺傷出血、肉体損壊、性愛描写と麻薬喫煙の描写が含まれているため、日本では映倫でR15+指定となりました。キャメロン・ディアスやブラッド・ピットなど、日本でも人気の俳優が多数出演しています。

主人公は婚約者に送る宝飾品の費用を捻出する為、一度きりと自分に言い聞かせ、友人から提案された麻薬ビジネスに加担することになります。ビジネスの最中に次々と登場する人物から、首を切断する器具やスナップフィルム、車とセックスする性倒錯の話題など、アンダーグラウンドな世間話を聞かされます。

途中まで順調だった麻薬の運搬ですが、運び屋のライダーが首をはねられて殺され、麻薬を積んだバキュームカーが盗まれたことで事態が悪化し、主人公は麻薬カルテルから裏切ったのではないかという誤解を受け、追跡される身となります。

最終的には、主人公の元に一本のスナップフィルムが届けられ、その主演が他でもない婚約者であるという、後味の悪いラストとなります。会話劇が中心となっている構成や抽象的な表現も含め、アメリカ国内でも賛否が分かれる作品となっています。

ウクライナ21事件の模倣事件

ウクライナ21の流出は世界中に衝撃を与えました。凄惨な殺人行為に一度は興味本位で触れるものの、複雑な思いで動画を見終える人が大半です。しかし、ウクライナ21に憧れ、新たな殺人を犯してしまった模倣犯も存在します。その内容、裁判の判決、その後を明らかにしていきましょう。

「アカデミーマニアックス」

アカデミーマニアックスとは、ロシアの少年2人によって撮影されたスナッフフィルムのタイトルです。全6件の連続殺人事件のうち、女性に対する暴行の様子が収められた動画にアカデミーマニアックスと名付けられています。

犯人はアルチョーム・アレクサンドロヴィッチ・アノウウフリエフと、ニキータ・ヴァスタンゴヴィッチ・リトキンという共に17歳の少年でした。彼らはニキータの叔父にビデオカメラを借りて、犯行の一部始終を動画で撮影していきました。

2010年12月1日に12歳の少年、12月16日に69歳の男性を殺害しました。年が明けて2011年1月1日にホームレスの男性、続いて同じく男性2人、4月3日に女性を殺害し、翌々日に逮捕されました。

逮捕のきっかけはビデオカメラの所有者であるニキータの叔父で、犯人2人がスナッフフィルムを撮影していることに気付き、警察に通報したのでした。裁判では2人ともに終身刑の判決が下されました。

2人は逮捕後、ロシアの連続殺人鬼アレクサンドル・ピチェシキンに影響を受けたと供述しましたが、アレクサンドルは動画撮影は行っていません。動画撮影についてはやはりウクライナ21の影響が色濃いと考えられています。

「サニテーター88」

ウクライナ国内で新たに発生してしまったスナッフフィルムは、ネオナチズムを掲揚するグループ「サニテーター88」のメンバーの男が引き起こしたホームレス連続殺人の動画です。一説にはウクライナ21を越える残虐性を持つといわれ、公開された動画の多くは削除されています。

男は自らを「サニテーター(消毒者)」と名乗ると、次々にホームレスを襲撃していきます。最初の襲撃は教会前の広場で繰り広げられ、ホームレスの頭を踏みつける、背中を蹴り飛ばす、ナイフで刺すなど、次々に暴力を振るいます。

男は移動すると、ゴミを漁るホームレスや川のほとりで椅子に座るホームレスを襲撃します。火炎瓶を持ち出して放火する場面や、一人をナイフでめった刺しにする様子などが撮影されていました。

男は自らが「秩序」で、ホームレスは「動物」だと主張。「我々は穏健な市民との対話を諦めた」「自分たちはイスラム教徒からウクライナを守っている」とも語りました。しかし、男の行動は弱者を虐待しているに過ぎず、教会前で殺人を犯していることからキリスト教の説く正義もありません。

ウクライナ21を見るには

ウクライナ21はインターネット上に広く流出し、コピーやアップロードが繰り返されている為、ワード検索をして探していると辿り着けます。しかし、閲覧については自己責任で行うようにしなければなりません。

嘘の動画がヒットすることが多い

検索上位にも「ウクライナ21」というタイトルの動画サイトへのリンクがいくつか現れます。しかし、これらは全く関係のない動画であったり、怖い写真や悲鳴で驚かすだけのドッキリ動画であったりします。実物のウクライナ21に比べれば可愛いものですが、嫌な気分を味わうことは確実です。

多くは削除されている

ヒットしたサイトを開いたものの、動画が削除されていたり公開停止になっているものは、本物のウクライナ21がアップロードされたものの運営の判断で削除された「跡地」であると考えられます。良識ある大手の動画サイトでは、ウクライナ21はあってはならないコンテンツであるとの判決が下るようです。

本物がヒットしたら

ウクライナ21はインターネット上に広く流出し、コピーやアップロードが繰り返されている為、根気よく探していけばいつかは本物を閲覧することができます。しかし、その内容はここまで説明してきた通りの陰惨なものです。視聴はとてもおすすめできるものではありません。

犯罪の記録が平和に繋がりますように

ウクライナ21の概要、裁判の判決、その後を見てきましたが、いかがだったでしょうか。人にはふと非日常を求め、残虐なコンテンツに興味を持ってしまう瞬間もあります。しかし、ウクライナ21をはじめとするスナッフフィルムは、尊い人命を奪って撮影された、憎むべき犯罪の欠片であることを忘れるべきではないでしょう。

ウクライナ21は他に類を見ない大犯罪であったことから、現在でも様々な研究や考察が続けられています。それらが私たちの平和な日常を守ってくれる、剣となり盾となってくれることを願いましょう。

関連する記事はこちら

Thumbアカデミーマニアックスとは?残虐な動画について解説【閲覧注意】
「アカデミーマニアックス」とは、ロシアで実際に起きた殺人事件を、残虐な動画として撮影したもの...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ