旅館でセックスはあり?温泉でのエッチや性行為のマナーや注意点!

旅館でセックスしたことはありますか?温泉旅館に宿泊するという非日常の場面で、いつもとは違った気分になり、セックスをしたいと思う人もいるかもしれません。温泉でのエッチや性行為をする際のマナーや注意点をくわしくまとめていくことにします。

旅館でセックスはあり?温泉でのエッチや性行為のマナーや注意点!のイメージ

目次

  1. 1温泉旅館でのセックスはあり?なし?マナーや注意点も!
  2. 2旅館でセックスはあり?
  3. 3旅館でセックスする時のマナーとは?
  4. 4旅館でセックスする時の注意点とは?
  5. 5旅館セックスのおすすめのタイミングは?
  6. 6温泉でセックスをする時のポイントは?
  7. 7マナーを守って楽しく旅館でセックスしよう!

温泉旅館でのセックスはあり?なし?マナーや注意点も!

温泉旅館でセックスしたことはありますか?そもそも、温泉旅館でセックスするというのは、ありなのでしょうか、なしなのでしょうか?温泉旅館に宿泊するのは、誰しも気分が高まるものです。温泉旅館でセックスする際のマナーや注意点をまとめていきます。

温泉旅館でセックスすることは基本的に問題ありません。いつもとは違った雰囲気の中、いい気分になって解放感が生まれることでしょう。日頃慣れ親しんだ自分たちの部屋とは違った空間で、特別な夜を満喫したいという気持ちも出てくることでしょう。

温泉旅館でセックスしたくなる人も多いことでしょう。実際、温泉旅館ではセックスすることは可能ですし、大きな問題はありません。しかしながら、当然、温泉旅館にはほかの宿泊客もいますし、部屋を借りている状態であるわけです。

そうした状況を考えれば、自分たちの部屋のようにふるまってよいはずはありません。温泉旅館でエッチ・性行為をする場合は、守るべきマナーがあります。マナーの他にも、注意する点があるので、以下でそれらを具体的に整理していきましょう。

旅館でセックスはあり?

温泉旅館に宿泊するという経験は、カップルにとって特別なことでしょう。前から計画して温泉旅館をよく調べて宿泊する場合がほとんどでしょう。特別な日に、特別な気分になって、もしかしたら、セックスレスだったカップルもそういう気分になるかもしれません。

そもそも温泉旅館でセックスするということはありなのでしょうか?温泉旅館でセックスすることは、問題ありません。セックスという極めて個人的な行為なので、旅館側がそれを制限するということはないわけです。

したがって、温泉旅館でセックスすることは全く問題ないですし、好きなようにすればよいというのが本当の所です。温泉旅館側も、そうした行為があることを知っていますし、特別とがめるようなことはしていません。

しかしながら、もちろん、温泉旅館でセックスるのは、マナーを守っている範囲でOKという意味です。マナーを守らずにするセックスはほかの宿泊客の迷惑になります。温泉旅館としては、マナーを守れない客には非常に困ってしまうことでしょう。

旅館では想定内の行為

温泉旅館側は、宿泊客が旅館内でセックスすることをどう思っているのでしょうか?温泉旅館側はそうした行為があることを知っていますし、それに対して特別規制するようなことは考えていないでしょう。個人的な行為なので制限する気もないはずです。

とはいえ、それは、常識の範囲内でしている場合に限ります。温泉旅館は、セックスをするためにあるラブホテルではないのです。そのため、他の宿泊客と接する機会も多いですし、何より声などが届いてしまう危険性もあります。

温泉旅館でセックスしても良いからと言って、セックスをしたいようにしてよいという理由にはなりません。そこには当然のことながら、守るべきマナーが存在するのです。あまりにひどい場合は、それ以降の宿泊を断られることだってあるはずです。

マナーを守ればOK

温泉旅館でのセックスは、マナーを守ればOKということです。マナーを守って、個人的な行為をする分には何の問題もないのです。温泉旅館に泊まるという非日常を味わって気分が高揚することを旅館側も知っています。

ですから、そうした気分を邪魔したくないという思いもあります。ただ、周りの客の迷惑になる行為や、あまりに部屋を不潔にする行為はやめてほしいというだけです。マナーを守っていれば、カップルが楽しんでセックスをすることに誰も禁止はしないということです。

旅館でセックスする時のマナーとは?

旅館でセックスすることはあり七なのか、という点について見てきましたが、続いては、旅館でセックスをするときのマナーについて見ていくことにしましょう。マナーを守りさえすれば、旅館でセックスすることはOKということは分かりました。

では、具体的にどのようなマナーを守る必要があるのでしょうか?ここで考えるべきことは、旅館はラブホテルではないということです。セックスるをするための部屋ではないので、それなりにいろいろと配慮する必要があります。

大きな声を立てない

旅館で気を付けるマナーとしては、大きな声を立てないということです。旅館にはほかにも客がいますし、旅館はセックスするために作られてはいないのです。ですから、ラブホテルのように大きな声を出しても良い設計にはなっていません。

旅館は極めて静かな空間です。そんな旅館で大きな声を立てて好きなようにセックスしていれば、すぐに旅館側に気づかれて注意されることでしょう。自分たちだけよければよいという発想ではいけないのです。旅館では声に気を付けましょう。

布団を汚さない

声に気を付けることの他には、旅館にある布団は汚してはいけません。ここでも気を付けることは、ラブホテルと旅館の違いです。ラブホテルはセックスをする場所ですから、ある程度布団が汚れることを想定しているはずです。

もちろん、だからと言って、ラブホテルでも布団を汚していい理由にはなりません。ただ、旅館の場合は、セックスをする場所ではないので、布団を汚すのは絶対にしないようにしましょう。布団を汚さないように気を付ける必要があるのです。

ゴミは処理してから捨てる

旅館でエッチをするときは、性行為によって出たゴミを処理してから捨てましょう。例えば、性行為によって出たゴミをそのまま旅館にあるゴミ箱に捨てることはしないようにしましょう。あまりに汚いものは、自分たちで持ち帰ると良いでしょう。

お風呂ではセックス禁止

旅館でエッチをするときは、お風呂ではしないようにしましょう。お風呂でエッチをすること自体が危ないですし、事故が起きないとも限りません。旅館のお風呂は、石や岩でできている場合があるので、転んだら致命的なけがを負ってしまう可能性があります。

何度も言っていることですが、旅館はラブホテルではありません。旅館のお風呂はゆったり満喫することを目的に作られているので、がっしりしたつくりになっていることが多いです。そこでセックスをすることは単純に非常に危険であるということです。

時間帯に注意

旅館でエッチをするときには、いつでもしていいというわけではありません。旅館で性行為をするなら、時間帯に注意しましょう。旅館に宿泊すると、部屋に布団を敷きに来てくれることがあります。つまり、部屋に旅館側の人が入ってくることがあるのです。

そうしたことを想定してエッチをするようにしましょう。旅館側の人が部屋に入ってくる時間帯をしっかり頭に入れて、性行為をすれば、旅館側の人と鉢合わせになることもないでしょう。旅館はラブホテルではないということを肝に銘じておきましょう。

旅館でセックスする時の注意点とは?

旅館でエッチをするときのマナーについて見てきましたが、続いては、旅館で性行為をするときの注意点について見ていくことにしましょう。旅館でエッチをするときには、知らないといけないことがいくつかあります。

マナーを守ることもそうですが、旅館にいるという意識をしっかり持つ必要があります。宿泊日数が多い場合、徐々に気が緩んで、自分たちの部屋のような意識になってしまうことがあります。旅館は好き勝手に使っていいわけではないのです。

相手の気分を伺っておく

そもそも、パートナーの気分を伺っておくのが良いでしょう。旅館に宿泊するということを楽しみにしてきたカップルであるほど、部屋での過ごし方に意識の違いが出てきてしまうことがあります。旅館ではくつろぎたいと思っているかもしれないのです。

一方は性行為をしたいと考えていても、もう一方がそんなことは旅館ではしたくないと考えている可能性もあります。そうしたことは、旅館に泊まる前に話し合っておくと良いでしょう。旅館でエッチをすることをお互いが納得したうえで、性行為をすると良いでしょう。

旅館の外でのセックスはダメ

当たり前のことですが、旅館に宿泊しているからといって、旅館の外でのエッチはだめです。旅館の外で気分が高まって性行為をすることはご法度です。性行為をするなら、宿泊している部屋の中でマナーを守ってするようにしましょう。

布団の汚れ防止にはタオルを

旅館でエッチをするときには、布団を汚さないことが大切です。旅館はセックスをするためにあるのではないのですから、布団を清潔に保っておくことはとても重要です。ですから、旅館で性行為をしたいなら、汚れ防止のタオルを用意するなどしましょう。

汚れてしまったタオルなどはきちんと自分たちで持ち帰りましょう。あまりに汚いものは、旅館に置いていくことは控えましょう。旅館はラブホテルではないので、汚いものが放置されたままでは、旅館側に迷惑をかけてしまいます。

ソフトなSMで我慢

旅館でセックスをするときは、大きな声を出したり、布団を汚したりしてはいけないことを見てきましたが、これはつまり旅館内で激しいセックスをすることは控えようという意味でもあります。旅館内でのセックスはソフトなSMで我慢すると良いかもしれません。

旅館セックスのおすすめのタイミングは?

旅館でセックスをするときの注意点を見てきましたが、続いては、旅館でセックスをする際のおすすめのタイミングを見ていきましょう。すでに述べたように、旅館でセックスをするときにいつでもしていいわけではないのです。

旅館でセックスをするには、避けるべきタイミングというものがあります。一方で、おすすめのタイミングもあります。以下では、旅館でセックスをするなら、こういうタイミングですることが望ましいというものをご紹介していきます。

最初は夕食前がおすすめ

旅館でセックスするなら、最初は夕食前がおすすめです。夕食前であれば、旅館の人が入ってくる危険性が低いのです。旅館でセックスをするには、おなか一杯になる前が良いでしょう。セックスによって適度に疲れてから夕食を食べると美味しいはずです。

布団を敷いた後

夕食前にセックスをするのがおすすめということを見てきましたが、他におすすめのタイミングは、布団を敷いた後です。旅館の布団は旅館の人が敷いてくれるので、布団を敷いてもらった後は旅館の人が入ってきません。そのタイミングでセックスすると良いでしょう。

温泉入浴後

他におすすめのタイミングは、温泉入浴後です。温泉に入って体がほてって、気分が高まることがあります。そうしたタイミングでセックスすると気持ちいいと言えるでしょう。旅館の人が入ってくる心配もないので、心おきなくセックスできます。

温泉でセックスをする時のポイントは?

温泉旅館でセックスすると良いおすすめのタイミングを見てきましたが、続いては、温泉でセックスをするときのポイントを整理していきます。温泉旅館でセックスをするという非日常の体験は、できることなら思い切り楽しみたいものです。

照明を上手く使う

温泉旅館でセックスをするなら、照明を上手に使うと良いでしょう。日頃セックスしている自分たちの部屋とは違った雰囲気を最大限に楽しみたいものです。部屋にあるすてきな照明をうまく使えば、非日常の気分を味わいながらセックスに没入できることでしょう。

浴衣を使う

照明の他に重要なアイテムがあります。それは、浴衣です。浴衣を日常できる機会もそれほどないことでしょう。浴衣を着るという非日常を味わえるのですから、これを有効活用しない手はありません。浴衣を着ていることでよりセックスに集中できるはずです。

浴衣がはだけてより一層エッチな気分になることでしょう。普段着ないような浴衣を着ているのですから、浴衣を思う存分に楽しみたいものです。照明をうまく使って、浴衣を少しずつめくっていくなどすれば、いつもと違ったセックスを楽しめるはずです。

マナーを守って楽しく旅館でセックスしよう!

温泉旅館でセックスるをするときに気を付けるマナー等について見てきましたが、いかがでしたか?セックスはする場所の影響を受けます。いつもの場所でするセックスと違って、温泉旅館でするセックスはまた違った楽しみがあることでしょう。

旅館でセックスをすることはカップルにとっていい思い出になるはずです。セックスをして二人の仲を深めましょう。とはいえ、旅館はセックスをするためにあるのではありません。ラブホテルでセックスをするのとはわけが違うのです。

セックスをする際にはマナーに気を付けましょう。旅館側の人がセックスの最中に入ってこないような時間帯を選びましょう。セックスのマナーを気を付けて、旅館という非日常でいつもと違うセックスを楽しみましょう。

旅館で大きな声を出さないでするセックスを楽しんでしまえばよいのです。いつもと違う体験ができていると考えれば、楽しくなってくるはずです。旅館側に迷惑を掛けない範囲で、大いにセックスを満喫してみると良いでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ