桃娘(タオニャントウニャン)とは?中国に桃娘は実在?【都市伝説】

中国の秦の時代から伝わるとされる都市伝説の桃娘(タオニャン・トウニャン)について聞いたことがありますか。桃娘とは一体どんな存在なのでしょう。また、実在するのかどうかも気になるところです。この記事では、中国の都市伝説・桃娘の謎に迫ります。

桃娘(タオニャントウニャン)とは?中国に桃娘は実在?【都市伝説】のイメージ

目次

  1. 1桃娘(タオニャントウニャン)とは?本当に実在している?
  2. 2桃娘(タオニャントウニャン)とは?
  3. 3桃娘(タオニャントウニャン)の扱われ方とは?
  4. 4桃娘(タオニャントウニャン)は実在した?
  5. 5桃娘(タオニャントウニャン)の寿命は?
  6. 6桃娘(タオニャントウニャン)に似た世界の都市伝説
  7. 7桃娘の都市伝説にみる世界の課題

桃娘(タオニャントウニャン)とは?本当に実在している?

一説によると、中国が秦と呼ばれていた遥か昔から存在するとされる桃娘(タオニャン・トウニャン)。現代においても、桃娘の風習は密かに続けられているという噂もあります。そんな桃娘とは一体どんな存在なのでしょう。また、桃娘は今なお実在しているのでしょうか。桃娘に関する謎を紐解いてゆきます。

桃娘(タオニャントウニャン)とは?

「桃娘」と書いて「タオニャン」または、「トウニャン」と読みます。この桃娘とは、権力者の不老不死の妙薬としての役割や、夜伽をするために育てられた少女たちのことをいいます。

「桃娘」と聞くと、可愛らしく明るいイメージを抱きますが、実際は生まれながらにして、悲しく残酷な運命を背負った少女のことなのです。中国の奥地で密かに育てられるという桃娘について、詳しくみていきましょう。

桃を主食に育てられた女の子

桃娘とはその名の通り、果物の「桃」を主食とする少女のことです。桃娘は、離乳完了前後のまだ赤ちゃんの頃から、桃のみを食べさせられて育てられます。

ここでなぜ桃なのかという疑問が湧きますが、中国では古くから桃は縁起の良い不老長寿の実として重宝されてきたことが関係しています。

中国語で桃は「タオ」と発音しますが、逃げるという意味の「逃」も同じく「タオ」という発音であり、そこから転じて「悪運から逃れられる縁起の良い実」と人々に信じられてきたようです。

このことから、桃だけを食べて育つ桃娘とは大変縁起の良い存在であり、不老不死の力を持つ、権力者に望まれる存在であることが分かります。

体液は妙薬に

桃のみを食べて育つ桃娘の体臭は桃の香りであり、体液はとても甘く、まるでフルーツのような味がするそうです。こう書くとなんとも男のロマンをくすぐるようですが、先に種明かしをしてしまうと、桃娘の体液が甘いのは糖尿病のためです。

桃1個分の糖質量は約18gで他の果物と比較すると少ない方ではありますが、果糖は2型糖尿病の発生リスクを高めるとされており、本当に桃ばかり食べていたとしたら糖尿病になってしまってもおかしくありません。

しかし古来中国ではそんなことを知る由もなく、桃娘の甘い汗や尿には不老長寿の効果があると信じられ、「妙薬」として好んで飲用されていました。金持ちたちは、こぞって妙薬である桃娘の体液を求めたのです。

栄養不足で非常に虚弱

桃の成分は90%が水分であり、栄養価はあまり高くありません。また、桃100gのカロリーは40kcalであり、りんご57kcal、ぶどう60kcal、バナナ86kcalと比較しても、カロリーが低いことが分かります。

そのため、桃だけしか食べられない桃娘は低栄養で衰弱しており、長くは生きられない身体となっています。生きるために必要な栄養すら十分に摂ることを許されず、若くして命を落とす桃娘とは、なんと残酷で儚い存在なのでしょうか…。

桃娘(タオニャントウニャン)の扱われ方とは?

縁起が良いと重宝される桃だけを食べて育てられた桃娘に価値があるのは一目瞭然ですが、実際には桃娘はどのように扱われていたのでしょう。桃娘の扱われ方について具体的にまとめます。

性奴隷や売春婦として

桃娘は、主に権力者(金持ち)向けの性奴隷や売春婦として売買されました。そこに桃娘本人の意思はなく、ただ権力者に好まれるようにと桃娘という存在に育て上げられるのです。

前述の通り、桃娘の体液は妙薬とされていましたので、体液交換とも言える性行為をすることも長寿の効果があると考えられていました。桃娘は一人の人としてではなく、権力者の不老長寿や快楽のための道具として酷い扱いを受けていたのです。

不老不死の妙薬として

不老不死とは中国において伝統的な生命観の一つとされており、読んで字のごとく、永久に若く死なないことを指します。

中国戦国時代の秦王(始皇帝)は、この不老不死を求めており、徐福という人物に長生不老の仙薬を持ってくるように命じたことが史記に残されています。この世で強大な権力を手に入れた始皇帝は死を恐れ、不老不死を手に入れようとしていたようです。

これは始皇帝に限ったことではなく、漢の武帝の時代には3000年に一度だけ実る、不老不死の支配者である西王母の仙桃を食べたという伝説が残されていたりと、中国の歴史の中に実在する権力者たちは不老不死に憧れ、長寿を願い続けていたことが窺い知れます。

このような背景から桃娘とは、権力者の欲望を叶えるために生み出された存在であり、権力者たちは桃娘やその体液を不老不死や長寿の妙薬として求めたのです。

桃娘(タオニャントウニャン)は実在した?

権力者の欲望のはけ口となるために育てられたとされる桃娘ですが、彼女たちは果たして実在していたのでしょうか。

始皇帝は生への執着から不老不死の薬を作ろうと練丹術を試み、猛毒である水銀を飲んで死亡していますが、このような事例から考えると、桃娘も実在していたとしてもおかしくありません。桃娘は実在するのか、その謎に迫ります。

秦の時代から存在するとも

前述の通り、桃娘は中国の秦の時代(紀元前778年~紀元前206年)から実在しているとされています。

中国の歴史書である史記には、桃娘についての明確な記述はありませんが、「始皇、死をいうことをにくむ。群臣、あえて死のことをいう者なし。」という記述などから、秦の時代の始皇帝が死を恐れ、不老不死の薬を捜し求めていたことは確かなようです。

始皇帝は不老不死の薬を求めて色々と試していたようですので、その過程で桃娘が生み出されたとも考えられます。

また、現代においても、中国では女性や子どもの誘拐・人身売買が横行しており、売春を強要したり性奴隷として扱うことも続いていますので、今なお桃娘のような少女は生み出され続け、実在している可能性があります。

創作や妄想であるという説も

一方で、桃娘は実在せず、近年につくられた創作話だという説もあります。創作である根拠として、桃娘が主食とする桃の問題が挙げられます。

中国での桃の歴史は相当古く、孔子が書いた書物に既に桃の記述があったことから、2500年ほど前頃から栽培されていたと考えられています。

孔子は紀元前552年~紀元前479年に生きた人物であるため、桃娘が実在したとされる秦の時代にも当てはまり、秦の時代から桃が栽培されていたのは確かなようです。

しかし、当時の技術では、一年を通して桃を収穫するのは難しかったのでは?という疑問が出てきます。桃は基本的に7~8月に旬を迎えるとされていますが、桃を主食として成長するには、一年を通して桃を食べ続ける必要があります。

果たして古代中国でそれが実現できたのか、甚だ疑問です。また、桃の香りがして体液が甘いという桃娘の性質は男性に性的に好まれるものであるため、桃娘は男性の身勝手な妄想から生み出された架空の存在だという説もあります。

桃娘(タオニャントウニャン)の寿命は?

実在不明ですが、離乳前後から桃だけを食べて育てられるという桃娘の寿命とはいかほどなのでしょうか。長生きできそうにないのは明らかですが、どのくらい生きられるのか気になります。桃娘の寿命についてみていきましょう。

糖尿病で短命

結論から言ってしまえば、桃娘の大半がわずか10代で命を落としてしまうそうです。その原因は桃だけを食べ続けることから、栄養失調や糖尿病によるものと考えられます。

糖尿病とは、膵臓から出るホルモン「インスリン」が十分に働かず、血液中を流れる血糖が増えてしまう病気です。

糖尿病を治療せずに放置していると、心筋梗塞や脳梗塞になって死亡するリスクが高まる他、3大合併症とされる糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害(糖尿病性ニューロパチー)を患うおそれがあります。

糖尿病性網膜症を発症すると失明し、糖尿病性腎症では腎不全に、糖尿病性神経障害(糖尿病性ニューロパチー)では下肢が壊疽を起こし腐ってしまいます。このことから、死に至る前に失明をしていたり、下肢が壊疽を起こして苦しんでいた桃娘もいたと考えられます。

性行為の衝撃で死亡することも

桃だけを食べさせられて育つ桃娘は、十分な栄養を得られておらず衰弱している状態です。衰弱している桃娘の身体では性交渉の刺激には耐えられず、行為の最中や行為後に亡くなってしまうとされています。

そのため、一人の桃娘と性行為が行えるのは一度きりであり、桃娘はまだ年端もいかない少女ですので、初体験と同時に死亡してしまうことになります。

権力者たちは桃娘が死亡してしまうのを分かっていながら、いわば使い捨てのように、長寿のために行為に及んでいたのです。

寿命が来る前に食べられることも

桃娘の体液が妙薬であると考えられていたことは前述の通りですが、その肉もまた不老長寿の妙薬として扱われ、権力者たちに好んで食されていました。その背景には、現在の中国では禁止されていますが、中国古来からの食人の文化があります。

秦よりは後の時代になりますが、「三国志」の英雄・劉備玄徳がある猟師の家に身を寄せた際に、もてなしをするための食材がなかった猟師が自身の妻を殺害し、その肉を料理して提供したという話が残っています。

ちなみに、劉備はその猟師の行為にひどく感激したそうで、この話は中国では美談として語り継がれているから驚きです。

その他、処刑後に解体された処刑者の人肉が漢方の妙薬として売りに出され民衆がこぞって買い漁るというエピソードが実在していたり、2011年には赤ちゃんの遺体を粉末状にして滋養強壮剤とした「人肉カプセル」事件が起こっていたりと、中国では人肉は薬として考えられており、日本人ほど食人に抵抗がないことが分かります。

桃娘も不老長寿の妙薬として、亡くなった後や、時には亡くなる前に殺されてその肉を食されていたようです。

桃娘(タオニャントウニャン)に似た世界の都市伝説

物心つく前から人としてではなく「薬」として扱われ、死んでしまうと分かっていながら性行為を強要され、死後はその肉を食される…。そんな残酷で救いようのない桃娘の都市伝説ですが、桃娘に似た都市伝説が他にもあるようです。以下にご紹介いたします。

だるま女

「だるま女」とは四肢を切断された女性のことで、慰み者にされたり、見世物にされていたという都市伝説があります。

実在するのかは不明ですが、だるま女に関する都市伝説には、海外へ新婚旅行に行った夫婦の妻が服屋の試着室で行方不明となり、数年後にだるま女にされて見世物小屋にいるのを発見される…という話から、“売春島”と呼ばれる島に両手足がないだるま女と呼ばれる売春婦がいた、多重債務の女性がだるま女にされて生きるダッチワイフとして船乗りの相手をした等々の話があります。

このだるま女の話の元は中国の史記であるとされており、実際に、中国の三大悪女として名高い西太后が、ライバル関係にあった麗妃の四肢を切断してかめの中で飼ったという話や、前漢の初代皇帝の正妻である呂妃が戚夫人をだるま女にしたという話が残されているようです。

古代中国発祥という点と、人身売買をされて男性の支配欲や嗜虐的な性欲のはけ口とされる点では、だるま女と桃娘は似通っていると言えます。

Thumbだるま女とは?中国や日本の見世物小屋にだるま女は実在する?
だるまは商売繁盛や必勝祈願などの縁起物として重宝されています。しかし、中国や日本の見世物小屋...

花魁の都市伝説

身売りをされて男性の身勝手な欲望の犠牲となり、亡くなってゆくという点は、日本の遊女を連想させます。遊女の中でも、江戸で最大の吉原遊廓において高い位につく者を「花魁」と言いますが、この花魁や遊女に関する都市伝説も存在しています。

1582年(天正10年)の甲州征伐の折、武田氏の隠し金山と言われた黒川金山の秘密を守るため、55人の遊女たちが皆殺しにされた場所を「花魁淵」と言いますが、残酷で悲しい歴史を持つこの花魁淵には、太平洋戦争時に米軍を震え上がらせた都市伝説があるのです。

米軍が最初に原爆を落としたのは広島県でしたが、本当は広島県でなく、山梨県を標的としていたそうです。しかし、山梨県上空を飛行中に、パイロットは空一面に浮かび上がる無念の死を遂げた花魁たちの姿を目撃してしまい、爆弾投下を断念したと語られています。

このように、花魁の都市伝説は、桃娘やだるま女とは少し毛色の違った話ではありますが、その境遇や無念さには共通するものがあります。

かごめかごめとはないちもんめ

花魁(遊女)や人身売買に関連して、童謡の「かごめかごめ」と「はないちもんめ」の都市伝説もあります。かごめかごめの「かごめ」は「籠女」と書いて、遊郭という籠の中から逃れられない遊女の境遇や心情を歌っているのではないかと言われています。

かごめかごめの歌詞の「後ろの正面だあれ」とは、「次の客は誰」という意味であり、次から次へと休む暇なく男性の相手を強制されている辛い境遇を表しているそうです。

一方、はないちもんめの「はな(花)」は女の子を表しており、「いちもんめ(一匁)」は江戸時代の銀の通貨単位であることから、人身売買の歌であるとされています。

かごめかごめとは違い、はないちもんめは「あの子が欲しい」など歌詞がストレートで分かりやすくなっている点も特徴です。

Thumbかごめかごめの謎!童謡かごめかごめの怖い本当の意味とは?
かごめかごめという童謡を歌いながら遊んだことがある方は多いでしょう。しかし、その歌詞は地方に...

桃娘の都市伝説にみる世界の課題

桃娘とは離乳前後から縁起の良い桃だけを食べて育ち、その身を不老長寿の妙薬として弄ばれ、食される悲劇の少女のことでした。

桃娘が本当に実在していたのか真相は定かではありませんが、それらしい存在が実在していたとしてもおかしくはない歴史的背景がありました。

また、桃娘の話に絡む人身売買の問題も見過ごせません。女性に対する暴力や性的搾取をはじめ、強制労働や臓器摘出等を目的とした人身売買は後を絶たず、現代においても、世界でおよそ2,100万人が人身売買の犠牲となっていると言われています。人身売買や人身取引は、終止符に向けて世界の国々が協同して取り組むべき課題です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ