吉田日出子の今現在は?高橋克典の奥さん?若い頃の画像は?

舞台や映画、テレビドラマで活躍していたベテラン女優、吉田日出子さん。これまで数々男性との恋の噂がたちましたが、俳優高橋克典さんとも、深い関係があるようです。女優吉田日出子さんの現在や、若い頃、高橋克典の奥さんなのかを、調べました。

 吉田日出子の今現在は?高橋克典の奥さん?若い頃の画像は?のイメージ

目次

  1. 1吉田日出子は高橋克典の奥さん?今現在と若い頃の画像も!
  2. 2吉田日出子とは?
  3. 3吉田日出子の若い頃の画像と出演作品
  4. 4吉田日出子と高橋克典や他の芸能人との恋愛
  5. 5吉田日出子は結婚してる?
  6. 6吉田日出子の病気は?
  7. 7吉田日出子の現在は?
  8. 8吉田日出子は病気と闘いながら女優復帰してた

吉田日出子は高橋克典の奥さん?今現在と若い頃の画像も!

日本の女優、吉田日出子さん。これまで数々のテレビ番組やドラマ、CMやラジオなど活躍してきました。昔から男性の噂は、多々ありました。俳優の高橋克典さんとも深い関係があり、数々の芸能人とのエピソードがあります。吉田日出子さんの夫となる人はいたのでしょうか?

年齢不詳な吉田日出子さんの夫は高橋克典さんなのか?気になるプロフィールや、恋多き若い頃の画像、現在の画像、吉田日出子さんの現在を調べました。

吉田日出子とは?

吉田日出子さんは、1960年代~活躍している日本の女優さんです。若い頃、自由劇場を立ち上げ舞台で活躍。演劇賞や日本アカデミー助演女優賞など、沢山の賞をとりました。

代表作「上海バンスキング」は異例の15年にもわたるロングランヒットとなりました。個性的な声質で清水ミチコさんにものまねをされるほど。吉田日出子さんのデビュー当時を見ていきましょう。

吉田日出子のプロフィール

26279027 147646659284563 2061058452054081536 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
the_chiaki_dining

名前 吉田日出子(よしだひでこ)
生年月日 1944年1月7日
現在の年齢 75歳
出身地 石川県金沢市
活動内容 舞台、映画、テレビドラマ
所属事務所 東京乾電池・ファザーズ・コーポレーション

石川県金沢市生まれの吉田日出子さんは、1944年生まれで現在75歳です。お父さんは彫刻家でしたが、石川県金沢市に駐屯を命じられます。吉田日出子さんは金沢市で生まれます。しかしその後、お父さんが戦争で出兵し戦死。

医師の母は、東京で病院を開業。その後再婚し、妹が生まれます。吉田日出子さんは、姉がいますので、三姉妹の真ん中。身長は152cmと小柄で独特な声が特徴です。

高校卒業後「俳優座養成所」に

吉田日出子さんは、東京都立北園高等学校を卒業します。北園高等学校は、1950年代~1960年代にかけ、東大に10~40名ほど、早慶に100名以上輩出する進学校で、現在は進学指導推薦進校に指定されています。吉田日出子さんは、卒業後俳優座養成所に入るのです。

串田和美と共に「自由劇場」を立ちあげ

俳優座養成所に入った吉田日出子さん。劇団文学座の研究生となります。文学座を退団後に、串田和美さんとともに、1966年自由劇場を立ち上げました。現在串田和美さんは俳優、演出家として有名な方です。

串田和美さんは始め、六本木の「アンダーグラウンド」を本拠地とし演劇活動をしていましたが、演出や美術を手掛けるようになったということです。現在では、俳優のほか、多数の演出や美術を担当しています。

「あしたのビートルズ」などで受賞

自由劇場を立ち上げた吉田日出子さん。1967年に「あしたのビートルズ」「赤目」で紀伊国屋演劇賞を受賞します。紀伊国屋演劇賞とは、紀伊国屋ホールと紀伊国屋サザンシアターTAKASIMAYAを運営する紀伊国屋書店が1966年に創設した演劇賞です。

1976年にも、「盟三五大切」「天守物語」で紀伊国屋演劇賞を、1986年「ドタ靴はいた青空ブギー」で菊田一夫演劇賞を受賞しています。

「上海バンスキング」で話題に

24845686 992363590902910 5151700670394400768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
satoakiratonio

1979年にオンシアター自由劇場で、初演した「上海バンスキング」が話題となり、吉田日出子さんの名が世に知れ渡りました。

上海バンスキングは、中華民国期の上海を舞台にした、音楽劇です。当時、吉田日出子さんは歌手の経験もないのですが歌手のまどか役、周りもプロのミュージシャンではない劇団員。音楽が見せ場の劇で、吉田日出子さんら劇団員は、並々ならぬ努力があったことでしょう。

そのおかげか、大ヒットとなり、15年間の長期公演となりました。吉田日出子さんは、メインボーカルでアルバムをリリースし、吉田日出子さんは一躍有名になりました。

「不思議な老人」でドラマデビュー

吉田日出子さんはその後、1965年に「不思議な老人」でドラマデビューを果たしました。そのドラマを皮切りに、「細雪」(1965年)「お母さん」(1965年、1966年)、NHK劇場愛のシリーズなど、様々なドラマに出演するようになったのです。

「日本春歌考」で映画デビュー

1967年に公開された大島渚監督の映画「日本春歌考」で、吉田日出子さんは主人公の同級生・金田幸子役で出演。映画デビューをも果たしました。

この映画は、荒木一郎さん演じる主人公・中村豊明が仲間とともに、大学受験のため上京。同級生たちと教師・大竹とともに居酒屋へ行くのですが、その夜教師の大竹が、就寝中にガス中毒により亡くなるというショッキングな展開から、物語が始まります。「政治的メッセージと若者青春映画というバランスが非常にいい映画」と評価されました。

「社葬」で日本アカデミー助演女優賞を受賞

1989年に公開された、舛田利雄監督の映画「社葬」で、吉田日出子さんは、日本アカデミー助演女優賞・第14回報知映画賞最優秀助演女優賞を受賞しました。

この映画は、ある新聞社の後継者争い、内幕を描いたブラックコメディです。吉田日出子さんは、鷲尾順子役で出演しています。その後1996年に、「オンシアター自由劇場」は、「黄昏のボードビル」の公演をもって解散しました。

吉田日出子の若い頃の画像と出演作品

「上海バンスキング」で有名になった女優、吉田日出子さん。若かりし頃の可愛い画像や、数々のテレビや映画の出演作品を調べました。

テレビドラマにも多数出演

11358291 110255295974492 16609802 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mad_macjet

1965年に「不思議な老人」でテレビドラマデビューを果たした吉田日出子さん。その後、1965年、1966年「おかあさん第2シリーズ」、1965年、1966年に「NHK劇場愛のシリーズ」に出演。

1966年「部長刑事」、1966年「繭子ひとり」、1966年「ある勇気の記録」、1967年「七人の刑事」、1967年「東芝日曜劇場」、1967年「泣いてたまるか」、1967年「シオノギテレビ劇場」、1968年~1969年「大奥」、1969年「黒部の太陽」。

1969年「ポーラ名作劇場」、1972年「木枯らし紋次郎(CX)」、1972年「グランド劇場」、1973年「赤ひげ」、1973年~「銀河テレビ小説」、1974年「勝海舟」、1974年「新十郎捕物帖」、必殺シリーズでは、1974年~1980年にかけて、複数回出演しました。

1974年「傷だらけの天使」、1977年~1980年「祭ばやしが聞こえる」、1978年「新・座頭市第2シリーズ」、1979年~1980年「江戸の牙」、1980年「非情のライセンス」、1980年「木曜ゴールデンドラマ」、1984年、1998年、2004年「火曜サスペンス劇場」。

1986年「現代怪奇サスペンス 結婚記念日」、1987年~1988年「あきれた刑事」、1988年「徳川家康」、1988年「土曜ドラマスペシャル ぼくの乙女チック殺人事件」、1989年、1991年「水曜グランドロマン」。

1997年~2001年「土曜ワイド劇場警察署長」、「金曜エンタテイメント」。
2001年「新・星の金貨」、2001年~2005年「月曜ミステリー劇場ペットシッター沢口華子の事件簿」、2011年「冬のサクラ」とこれ以外にも沢山のドラマに出演しています。

女子学生役でも人気に

20代の頃の吉田日出子さんは、1967年に公開された「日本春歌考」で女学生役を演じました。「日本春歌考」は、大島渚監督の映画で、荒木一郎さん演じる主人公たちが、大学受験のために上京。彼らの同級生の一人が、吉田日出子さんでした。制服姿の新鮮な吉田日出子さんは、当時話題になりました。

この「日本春歌考」を皮切りに、映画にも多数出演しています。1971年「喜劇 女生きてます」、1978年「新・人間失格」、1988年「上海バンスキング」、1989年「社葬」、1991年「男はつらいよ 寅次郎の告白」、1996年「八つ墓村」、2000年「三文役者」、2004年「天国の本屋~恋火」。この他にも、多数の映画に出演しています。

152cmと小柄だった

女優さんやモデルさんは、背が高い方が多いですが、吉田日出子さんは152cmと小柄です。小柄な女優さんといえば、土屋かおりさんが147cm、志田未来さん150cm、安達祐実さん152cmと、小柄で実力派な女優さんばかりです。

舞台出演時の貴重な画像も

41658619 327916651293567 7222166169839996347 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
harenchi67

音楽劇「上海バンスキング」で一躍有名になった吉田日出子さん。その後も数々の舞台に出演しています。

1966年「山襞」、1979年「上海バンスキング」、1997年「阿呆劇トゥーランドット姫」、1998年「浅草パラダイス」、1999年「愛の勝利」、2000年「花」、2005年「母アンナ・フィアリングとその子供たち」、2006年「獅童流 森の石松」、2010年には「上海バンスキング」を再演しています。

吉田日出子と高橋克典や他の芸能人との恋愛

吉田日出子さんは、俳優の高橋克典さんや、他の芸能人とも噂があります。吉田日出子さんは、高橋克典さんと交際していたのでしょうか?他の交際相手や、夫についても調べました。

高橋克典と同棲していた

女優吉田日出子さんは、俳優の高橋克典さんと同棲していたとの噂があります。高橋克典さんといえば、「サラリーマン金太郎」や「特命係長只野仁」で有名です。吉田日出子さんと高橋克典さんは、21歳も年の差のありますが、1995年に交際していることを明かしています。

高橋克典さんは1993年に歌手デビュー。翌年から俳優として活動し始めた頃から、高橋克典さんと交際していたと思われます。まだ無名の高橋克典さんに、吉田日出子さんはバイクを買ってあげたり、同棲したりと面倒をみていました。

高橋克典さんは無名時代に、吉田日出子さんに支えてもらっていたのでしょう。しかしその後破局、2004年にモデルの中西ハンナさんと結婚し、お子さんもいます。吉田日出子さんの夫にはなりませんでした。

小日向文世とも同棲

高橋克典さんと交際していた吉田日出子さんですが、俳優小日向文世さんとも、交際し同棲していました。小日向文世さんは、23歳のときに「オンシアター自由劇場」に入団しています。

「オンシアター自由劇場」は、吉田日出子さんらが立ち上げた劇場です。「上海バンスキング」で有名になった吉田日出子さんは小日向文世さんより10歳年上になりますが、マドンナ的存在だったのでしょう。

やはり小日向文世さんも夫にはなりませんでした。小日向文世さんは1993年の39歳の時に、11歳年下の一般の女性と結婚され、2児のパパになっています。
 

ギタリスト鈴木茂と交際

吉田日出子さんは、ギタリスト鈴木茂さんとも噂になりました。鈴木茂さんは、1951年生まれでやはり吉田日出子さんよりも年下です。はっぴいえんどというバンドのギターを担当。1975年には渡米し、ソロアルバムもリリースしています。

鈴木茂さんのあるコンサートの客席で、微笑みながら舞台を見ている吉田日出子さんが、目撃されています。他にも1975年にリリースされた、コンサートアルバムに吉田日出子さんも参加していました。さらには、鈴木茂さんのレコーディングが終わるまで、編み物をしながら待つ吉田日出子さんの目撃情報も。

鈴木茂さんも、夫にはなりませんでしたが、渡米しアルバムをリリースしたのも、吉田日出子さんの後押しがあったのでは?とささやかれています。

芸能人の同棲相手一覧

女優吉田日出子さんは、恋多き女と噂されています。芸能人で同棲していた相手は、俳優の高橋克典さん、小日向文世さん、ギタリスト鈴木茂さん、ミュージシャン岡林信康さんと名前があがっています。

同棲はしていたものの、誰かが夫になることはありませんでした。吉田日出子さん自身、結婚を強く望んでいなかったのでしょう。

岡林信康とは事実婚

沢山の芸能人と噂があった吉田日出子さん。結局は夫になる人は現れませんでした。しかし、ミュージシャン岡林信康さんとは、事実婚だというのです。

岡林信康さんは、1946年生まれの現在72歳で、吉田日出子さんと歳の差はあまりありません。フォークシンガーとして活動していました。数年山で農村生活をしていたこともあります。世間ではフォークの神様と呼ばれていました。

そんな岡林信康さんとは、他の交際男性たちよりも一番濃い関係なのです。岡林信康さんが吉田日出子さんの女性器を模写した絵を仲間な見せ悦に浸っていたエピソードは有名な話です。また、岡林信康さんのコンサートに吉田日出子さんが、飛び入りで参加していました。

岡林信康さんは婚約者がいたのですが、吉田日出子さんに浮気しました。婚約者との海外旅行を土壇場でキャンセルし、2人の関係は深くなり、夫にはなりませんでしたが、事実婚状態だったと言えるでしょう。

吉田日出子は結婚してる?

女優吉田日出子さんは、様々な噂話があり恋多き女ですが、夫となりうる人は現れたのでしょうか?さらに、現在吉田日出子さんが病気を患っているとのこと。吉田日出子さんの夫となる人は現れたのでしょうか、吉田日出子さんの病気のことを調べました。

吉田日出子の病気は?

恋多き女吉田日出子さん。高橋克典さんや小日向文世さんら、多くの芸能人と交際し、同棲してましたが夫となる人はいたのでしょうか?フォークシンガー岡林信康さんは、事実婚と言われましたが夫にはならず、結婚はしていません。吉田日出子さんは現在も独身です。

高橋克典さんと、小日向文世さんには吉田日出子さんのほうが年上なので、姉御のように支える立場でしたが、岡林信康さんには強がらずにありのままの自分をさらけ出せたのでしょう。

そんな吉田日出子さんですが、最近テレビなど表舞台で見なくなりました。病気を患っているとのこと。吉田日出子さんの病状について調べました。

セリフを覚えられない

これまで数々の舞台やドラマ、映画に出演してきた吉田日出子さんですが、2007年の主演の舞台を降板しています。当時は降板の理由を明かしてはいませんでした。後に降板の理由が、セリフが覚えられないという理由だったことがわかっています。

なぜ吉田日出子さんは、セリフを覚えられなくなったのか?吉田日出子さんの体に、何が起こっていたのでしょうか?

高次脳機能障害とはどんな病気?

異変を感じた吉田日出子さんは、病院で検査を受けました。結果、脳に異常があるということがわかりました。吉田日出子さんの前頭葉に傷が見つかり、病名は高次能機能障害という病気でした。この高次脳機能障害のせいで、セリフが覚えられなかったのです。

高次脳機能障害とは主に脳の損傷によりおこる、様々な神経心理学的障害です。症状は物の置き場所を忘れたり、新しい事が覚えられないなどの記憶障害。ミスが多い注意障害、時間に間に合わなかったり、人に指示してもらわないと行動できない遂行機能障害や、自己中になる社会的行動障害があります。

吉田日出子さんは、自伝で犬の散歩中におきたアクシデントで、顔面を打ち、前頭葉に小さな傷ができたことが高次脳機能障害の原因と語っています。

「私の記憶が消えないうちに」を出版

深刻な記憶障害、高次脳機能障害と戦っている吉田日出子さん。2014年に自伝「私の記憶が消えないうちに」を、出版しました。このエッセイで吉田日出子さんは、様々なことを語っています。

病気のせいで、約束をすっぽかしてしまったり、セリフが覚えられなかったり、吉田日出子さんもかなりのショックを受けていました。舞台の降板理由も、この著書で、世間に知られたのです。認知症ではなく、高次脳機能障害という病気も世間に知れ渡りました。

また女として夫となる人を持ちませんでしたが、若かりし頃の恋多き吉田日出子さん自身の記憶が消えてしまうという事実や、同居する母、正子さんの三回の結婚、戦前医師として留学していたパリでの出来事。岡本太郎さん、早川雪州さんとの交流、ユーモアあふれるエピソードなど、語られています。

吉田日出子の現在は?

これまで数々の舞台や映画、テレビドラマで活躍していた吉田日出子さん。深刻な高次脳機能障害とわかり、表舞台から姿を消しました。そんな吉田日出子さんは現在どうしているのかを調べました。

2010年に舞台に復帰

2007年に高次脳機能障害と診断された吉田日出子さん。やはり舞台に立ちたかったのでしょうか、周囲の後押しもあったのでしょう。過酷なリハビリや治療など努力し、舞台復帰を目指していました。そしてなんと、2010年「上海バンスキング」の舞台で復帰するのです。

稽古ではセリフを忘れてしまったり、歌詞を間違えたりもありましたが、本番では吉田日出子さんの演じている主役の分身役を立てたりして、舞台を成功させました。やはり、吉田日出子さんの代表作「上海バンスキング」だからこそ、頑張ったことでしょう。

現在も女優として活躍中

現在、高次脳機能障害を患っている吉田日出子さんですが、2010年に見事、「上海バンスキング」で舞台復帰しました。その後、2011年にもTBSのドラマ「冬のサクラ」に出演しています。

「冬のサクラ」は、2011年1月~3月のTBS系「日本劇場」毎週日曜日21:00~放送していました。草彅剛さん主演のドラマで、吉田日出子さんは稲葉百合役で出演。高次脳機能障害は完治してはいないようですが、少しずつ表舞台に復帰しています。

吉田日出子は病気と闘いながら女優復帰してた

これまで数々の舞台や映画、テレビドラマに活躍してきた吉田日出子さん。現在夫となる人はいませんが、若い頃は恋多き女で、沢山の芸能人と噂されました。同棲、事実婚など、夫はいないものの、恋愛を楽しんできた女性と言えるでしょう。

不慮の事故で患ってしまった、高次脳機能障害。女優という仕事柄、セリフが覚えられないことや、歌詞を忘れるなど、致命的な障害に、悲観し苦労したことでしょう。しかし吉田日出子さんの努力の末、自身の代表作「上海バンスキング」で舞台復帰。輝かしい復帰となりました。

その後も病気は完治していませんが、テレビにも復帰しています。あの独特な口調をまた、表舞台で見られることを皆さん望んでいることでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ