ナーシャ・ジベリの現在とは?伝説のFF3プログラマーを解説!

ナーシャ・ジベリという伝説のプログラマーと呼ばれている方をご存知でしょうか?伝説のプログラマーと言われているナーシャ・ジベリにはいろいろな伝説があります。そこで、今回はナーシャ・ジベリの噂されている伝説や現在についてご紹介します。

ナーシャ・ジベリの現在とは?伝説のFF3プログラマーを解説!のイメージ

目次

  1. 1ナーシャ・ジベリの現在は?伝説プログラマーまとめ!
  2. 2ナーシャ・ジベリとは?
  3. 3ナーシャ・ジベリ天才プログラマー伝説とは?
  4. 4ナーシャ・ジベリの現在は?
  5. 5ナーシャ・ジベリの手がけたゲーム
  6. 6「FF3」のリメイクが遅れた理由とは?
  7. 7「FF2」の意外なエピソード
  8. 8ナーシャ・ジベリを神格化している理由とは?
  9. 9ナーシャ・ジベリはすごい!

ナーシャ・ジベリの現在は?伝説プログラマーまとめ!

伝説のプログラマーと呼ばれたナーシャ・ジベリをご存知でしょうか?伝説のプログラマーと呼ばれたナーシャ・ジベリにはいろいろな伝説があるそうです。しかし、ナーシャ・ジベリが現在なにをしているのか知らないという方も多いようです。

そこで、今回はナーシャ・ジベリの現在や噂されている伝説についてご紹介します。伝説のプログラマーと呼ばれたナーシャ・ジベリについてチェックしてみましょう。

ナーシャ・ジベリとは?

伝説のプログラマーと呼ばれているナーシャ・ジベリですが、ナーシャ・ジベリについて詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで、今回はナーシャ・ジベリの現在や伝説についてご紹介しますが、まず、にナーシャ・ジベリとはどんな方なのかについてご紹介します。

ナーシャ・ジベリのプロフィール

伝説のプログラマーと呼ばれたナーシャ・ジベリですが、ナーシャ・ジベリはなんとイランの王族だったそうです。ナーシャ・ジベリを知っていても、ナーシャ・ジベリがイランの王族だったことを知らないという方は多いのではないでしょうか?

イランの王族だったナーシャ・ジベリは、イラン革命をきっかけに渡米をしました。渡米をしたナーシャ・ジベリは、アメリカでコンピューター科学を学んだのです。

ナーシャ・ジベリの経歴

アメリカでコンピューター科学を学んだナーシャ・ジベリは、1980年に友人と一緒にゲームを制作するシリウス・ソフトウェアという会社を立ち上げました。しかし、ナーシャ・ジベリはシリウス・ソフトウェアを立ち上げた1年後の1981年に退社したそうです。

その後、ナーシャ・ジベリはシベリ・ソフトウェアを設立したのですが、アタリショックをきっかけに倒産したそうです。シベリ・ソフトウェアが倒産したあと、ナーシャ・ジベリは世界中を放浪していたそうです。そのときに、友人であるダグ・カールストンにゲーム開発に誘われたのです。

ダグ・カールストンはブローダーバンドという1980年に設立されたコンピューターゲームなどを制作するメーカーです。このときに、日本の友人として任天堂の堂本茂とスクウェアの坂口博信を紹介してもらったそうです。

ナーシャ・ジベリ天才プログラマー伝説とは?

伝説の天才プログラマーといわれているナーシャ・ジベリですが、ナーシャ・ジベリの名前を知っていても伝説について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?ナーシャ・ジベリにはいろいろな伝説があります。

そこで、ナーシャ・ジベリの伝説についてご紹介します。ナーシャ・ジベリのいろいろな伝説についてチェックしてみましょう。

「とびだせ大作戦」「ハイウェイスター」にラスタースクロール技法

ナーシャ・ジベリの伝説には、とびだせ大作戦とハイウェイスターにラスタースクロール技法を使ったという伝説があります。プログラミングに詳しくない方は、ラスタースクロール技法と聞いてもピンとこないのではないでしょうか?ラスタースクロール技法とはテレビゲームで主に使われるのですが、画面をスクロールさせる技法のことです。

ナーシャ・ジベリはとびだせ大作戦とハイウェイスターで、高低差を表現するためにラスタースクロール技法を使いました。当時、ラスタースクロール技法をファミコンに用いることは不可能だとされていました。そのため、ナーシャ・ジベリの伝説として語られているのです。

「とびだせ大作戦」にコピープロテクトをプログラミング

ナーシャ・ジベリはとびだせ大作戦にラスタースクール技法を使ったとご紹介しましたが、とびだせ大作戦にコピープロテクトをプログラミングしたそうです。コピープロテクトとはゲームなどのデータに内容の複製を防止するための技術的措置です。現在は音楽や映像などに用いられているのですが、当時は珍しかったのです。

とびだせ大作戦はコピープロテクトがプログラミングされているため、海賊版をプレイするとナーシャ・ジベリの署名付きメッセージが表示されます。そして、海賊版のとびだせ大作戦はプレイすることができなくなるのです。

「FF1」の飛行艇に影をつけ8倍速移動を実現

ハイウェイスターやとびだせ大作戦を手掛けてナーシャ・ジベリは、ファイナルファンタジーの制作に参加しました。FF1を開発するときに飛行艇に影をつけて浮いているように見せたいという話が出たのですが、浮いて見せるようにするのは無理だとなっていたそうです。しかし、ナーシャ・ジベリに相談すると、翌日に飛行艇に影をつけて浮いているように見せたのです。

また、飛行艇に影をつけて浮いているように見せただけではなく、8倍速移動を実現させたそうです。ナーシャ・ジベリ以外には8倍速移動を実現させることができないともいわれています。FF1の戦闘シーンにも同じ技術を使っているため、他のゲームとは違うスピーディーな戦闘になっています。

「FF1」の隠しゲーム15パズルを勝手に作成

FF1には隠しゲームとして15パズルがありました。この隠しゲームである15パズルは、ナーシャ・ジベリが勝手に制作したといわれています。

「FF1」「FF2」「FF3」のスーパーファミコンに劣らないスピーディーさ

伝説のプログラマーと呼ばれたナーシャ・ジベリは、FF1・FF2・FF3の制作に関わっています。ナーシャ・ジベリが制作に関わったという事で、FF2・FF3にもFF1に使われた8倍速移動が実現されています。FF1・FF2・FF3の驚異的なスピードは、バグに近いものだともいわれているようです。

FF4からスーパーファミコンに変わったのですが、FF3はスーパーファミコンに変わったFF4とも変わらないほどスピーディーだといわれています。

「FF3」の重大なバグを電話で解決

ナーシャ・ジベリがつくるプログラムは他人が見ると理解できないものだったのですが、本人はプログラムの内容について完璧に理解していたそうです。そのため、ナーシャ・ジベリが手掛けたプログラムにバグがあると、ナーシャ・ジベリに助けを求めていたそうです。

FF3を開発している中で重大なバグが見つかったとき、ナーシャ・ジベリに電話で指示を仰いだそうです。すると、ナーシャ・ジベリは電話越しで修正するべきプログラムコードを語ったのです。その場にきてバグを修正するのではなく、電話だけでプログラムコードを伝えたことに開発スタッフは驚いたそうです。

その他にもFF3にはバグがあったのですが、そのときにナーシャ・ジベリはビザの関係で帰国していたそうです。そのときも電話でバグについて相談すると、電話越しに修正すべきプログラムコードを伝えたそうです。ナーシャ・ジベリの言うとおりに修正すると、FF3のバグは直ったようです。

プログラムリストをすべて暗記

FF3にバグが見つかったときに電話で修正するプログラムコードを伝えたナーシャ・ジベリですが、なぜナーシャ・ジベリが電話越しで修正すべきプログラムコードが分かったのか疑問だという方も多いのではないでしょうか?

なんと、ナーシャ・ジベリは自分が手掛けたプログラムの内容をすべて記憶していたそうです。そのため、バグの症状を聞くだけでどのプログラムコードを修正するべきなのかわかったそうです。

「FF3」のファミコンの域を超えたプログラミング

ナーシャ・ジベリの手掛けたプログラムの内容を他人が理解することができなかったとご紹介しましたが、ナーシャ・ジベリは難しいプログラムコードを書く事が多かったようです。特にFF3では豪華な演出をするために、難解なコードを描くことが多かったそうです。FF3のプログラムコードはファミコンの域を超えていたといわれています。

ナーシャ・ジベリの現在は?

ナーシャ・ジベリの伝説についてご紹介しました。いろいろな伝説があるナーシャ・ジベリですが、ナーシャ・ジベリの現在が気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、ナーシャ・ジベリの現在についてご紹介します。ナーシャ・ジベリの現在についてチェックしてみましょう。

ファイナルファンタジー25周年記念式典を辞退?

2012年にファイナルファンタジー25周年をむかえました。そのため、スクウェアエニックスはファイナルファンタジー25周年記念式典にナーシャ・ジベリを誘ったという情報があったのですが、ファイナルファンタジー25周年記念式典は実際に行われませんでした。

そのため、ファイナルファンタジー25周年記念式典にナーシャ・ジベリを誘ったという噂は都市伝説となったのです。また、ファイナルファンタジーの開発スタッフは現在もナーシャ・ジベリと親交があると噂されているのですが、公式情報ではないのであくまで噂のようです。

メディアへの露出がなく現在は不明

ナーシャ・ジベリは伝説のプログラマーと呼ばれるなど、神格化されています。そのため、ナーシャ・ジベリは自分の意思でメディアへの露出を最低限に抑えているようです。そのため、ナーシャ・ジベリの現在を知ることができません。

ナーシャ・ジベリの手がけたゲーム

ナーシャ・ジベリの伝説についてご紹介しましたが、ナーシャ・ジベリの手がけたゲームが気になるという方も多いのではないでしょうか?ナーシャ・ジベリはいろいろなゲームを手がけています。そこで、ナーシャ・ジベリが手掛けたゲームについてご紹介します。ナーシャ・ジベリの手がけたゲームについてチェックしてみましょう。

「ハイウェイスター」

先ほどご紹介したようにナーシャ・ジベリはハイウェイスターを手掛けました。ナーシャ・ジベリといえばファイナルファンタジーシリーズが有名なのですが、ハイウェイスターにも高度なプログラムコードを用いています。

ハイウェイスターはナーシャ・ジベリの手がけたゲームとしてあまり話題にならないのですが、ナーシャ・ジベリはハイウェイスターに3D技術を用いています。

「聖剣伝説2」オープニング

ナーシャ・ジベリは聖剣伝説2というゲームを手掛けました。聖剣伝説シリーズにはリングコマンドという代表的なシステムがあるのですが、リングコマンドを取り入れたのもナーシャ・ジベリなんだそうです。聖剣伝説2はナーシャ・ジベリが手掛けたことで知られているのですが、バグが多いと有名なゲームです。

聖剣伝説2にはバグが多く、中には進行不能なバグもあるそうです。バグが多いゲームとして知られているのですが、聖剣伝説2は面白い名作ゲームとしても知られているのです。

「ファイナルファンタジー3」ラストバトル&エンディング

ナーシャ・ジベリが手掛けたゲームといえばFF3を思い浮かべる方が多いほど、FF3はナーシャ・ジベリが手掛けたゲームとして有名です。FF3はラストバトルが難しくなったと言われています。当時モニターを担当していた方が、歯応えがないといったことでラストバトルはセーブポイントがなくなったそうです。そのため、ラストバトルは難しいと言われています。

エンディングではFF3の制作に関わった人物の名前が順番に流れるのですが、ナーシャ・ジベリの名前は最初に書いてあります。エンディングからもナーシャ・ジベリがどれだけFF3に重要な人物だったのかが分かります。

「FF3」のリメイクが遅れた理由とは?

F3はオリジナル版が発売された後、リメイク版の制作が発表されたのですがなかなか実現されませんでした。FF3のリメイク版が発売されたのは、オリジナル版が発売された6年後の2006年だったのです。

リメイク版の発売が遅くなった理由のひとつに、ナーシャ・ジベリのプログラミングがファミコンの域を超えていたという理由があります。そのため、ハードに相応のスペックが必要だったそうです。

「FF2」の意外なエピソード

FF2にはアルテマという弱くて使えない魔法がありました。アルテマは苦労しないと手に入れることができない魔法なのに、弱いなんてバグだと思っている方が多かったようです。しかし、アルテマにはあるエピソードがあったのです。

「伝説の魔法は昔の時代のものであり、今現在から見るとたいしたものではない」という意味でナーシャ・ジベリがアルテマを弱くて使えない魔法にしたそうです。しかし、それではバグだと思われてしまうため他の開発者がソースをかえようとすると、ナーシャ・ジベリがソースを暗号化して自分しか触れなくしてしまったそうです。

ナーシャ・ジベリを神格化している理由とは?

いろいろな伝説があるナーシャ・ジベリですが、なぜこれだけナーシャ・ジベリが神格化しているのか気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、ナーシャ・ジベリが神格化している理由についてご紹介します。

メディアへの露出が最小限

ファイナルファンタジーシリーズなど多くの人気ゲームを手掛けてきたナーシャ・ジベリですが、ナーシャ・ジベリは神格化されています。ナーシャ・ジベリが神格化されている理由として、メディアへの露出が最小限だというところに理由があるようです。

ナーシャ・ジベリがメディアへの露出を控えていることで、事実だけではなくデマのような噂も飛び交っています。そのため、ナーシャ・ジベリの伝説が大きくなりどんどん神格化されているのです。

ナーシャ・ジベリはすごい!

今回はナーシャ・ジベリの伝説や現在についてご紹介しました。ご紹介したようにナーシャ・ジベリにはいろいろな伝説があります。ナーシャ・ジベリが多くの人気ゲームを手掛けていても、なぜ伝説のプログラマーと呼ばれているのか知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

ナーシャ・ジベリは高度な技術で多くのゲームを手掛けました。現在のナーシャ・ジベリは何をしているのか明らかになっていませんが、新たにナーシャ・ジベリがゲームの制作に関わることを期待している方も多いようです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ