女性恐怖症の男性の症状や原因とは?診断チェック法や克服法を紹介!

女性恐怖症という言葉を聞いたことはあるでしょうか?近年、過去の女性関係のトラウマなどが原因で女性を怖いと感じたり、気持ち悪いと感じたりしてしまう女性恐怖症と診断される男性が増えています。今回は男性の女性恐怖症の原因や症状、克服法についてまとめました。

女性恐怖症の男性の症状や原因とは?診断チェック法や克服法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1女性恐怖症の原因は?症状や克服法などが知りたい!
  2. 2女性恐怖症とは?
  3. 3女性恐怖症の原因
  4. 4女性恐怖症の症状
  5. 5女性恐怖症かも?診断チェックテストを受けてみよう!
  6. 6女性恐怖症のトラウマ克服方法
  7. 7女性恐怖症の男性を好きになったら?
  8. 8女性恐怖症を克服するためには無理をしないことが大切

女性恐怖症の原因は?症状や克服法などが知りたい!

近年、女性を目の前にすると、極度な緊張に襲われてしまったり、恐怖心を抱いてしまったりする症状を訴える男性が増えています。このような男性たちは、単純に女性が苦手だというだけではなく、女性がいるだけで、日常生活を送ることが困難なのです。

女性恐怖症という言葉を聞いたことはあるでしょうか?このように、女性の存在があると、日常生活にも影響してしまうほど、女性に対して「恐怖心」があったり「気持ち悪い」と感じてしまったりする症状を「女性恐怖症」と言います。

女性に近づくことはおろか、女性がいるだけで恐怖心を抱いてしまうので、女性恐怖症の男性の恋愛や結婚は難しいでしょう。このような症状を克服したいと願っている男性も、もちろんたくさんいます。今回は女性恐怖症の原因や症状、克服法などをまとめます。

女性恐怖症とは?

女性恐怖症とは、男性だけではなく、女性が同じような症状を訴える場合もあるのです。女性恐怖症という名の通り、女性に恐怖心を抱いてしまう症状を指すのですが、主に男性が陥りやすい症状だと言われています。

対人恐怖症の症状にも似ていると言われており、対人恐怖症のように、全ての人に対してではなく、恐怖心を抱く対象が女性だという部分が特徴になります。

女性恐怖症は最近増えている

近年、男性による女性恐怖症は増えていると言われています。発症する男性の多くは10代の思春期の頃から症状が出始めるのです。この症状を持つ男性は、克服できないと一生女性と関わることを避けてしまい、結婚をせずに生涯を終えてしまうこともあります。

克服しようと努力をする男性も多くいますが、女性を避け続ける生活を送り、苦手意識が克服できないままの男性も多く存在します。原因や症状、克服法などを知ることで、身近な男性が女性恐怖症の疑いがあれば、何かしらの手助けができる可能性もあります。

女性恐怖症の割合

気になる女性恐怖症の症状がある男性の割合は、現在日本では、生涯未婚の男性が約2割存在すると言われており、その2割の男性の中には女性恐怖症の男性がいるだろうとされています。

症状は人それぞれで、女性と2人きりになることが苦手な場合から、女性と同じ職場で働くことが難しい場合や、公共の場に女性がいるだけで、恐怖心を抱いてしまうような男性もいます。症状が重ければ重いほど、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。

女性恐怖症の原因

女性恐怖症の原因はどのようなものなのでしょうか?一般的には女性と関わることが少ない男性が、女性恐怖症に悩まされることが多いと言われていますが、その原因や症状は様々なのです。では女性恐怖症の主な原因と言われていることについて紹介します。

女性恐怖症の原因【家庭環境編】

女性恐怖症は、女性と関わることの少ない男性が悩まされることが多いと言われていますが、このような話を聞くと、恋愛がらみのトラウマが大きく関わっているのではないだろうか?と感じる人も多くいるでしょう。ですが、家庭環境が原因の場合もあるのです。

女性恐怖症の原因①家庭内暴力からのトラウマ

母親や女兄弟がいる男性が、女性恐怖症の場合もあります。そして、幼少期に母親からの虐待を受けていた男性や、姉や妹からひどい扱いを受けてきたという、家庭内での女性からのトラウマが原因となっている場合も多いようです。

さらに、家庭内暴力を母親や女兄弟から受けていた訳ではなくても、母親や女兄弟が自分の味方を一切してくれなかった、というような場合は、女性への不信感が募り、女性への恐怖心をいつの間にか抱いてしまうようになったという可能性もあります。

女性恐怖症の原因②幼少期の環境からの劣等感

幼少期からの環境などで、何らかのトラウマを抱え、劣等感を抱いている可能性もあります。劣等感を抱いている男性は自分に自信がなく、女性に近づくことが苦手の場合もあります。

女性に近づくのが苦手であり、女性と関わらないようにする生き方をしていれば、自然とストレスを抱えてしまい、余計に女性に近づくことがストレスとなる悪循環を生み出してしまい、女性恐怖症に陥ってしまう場合があります。

女性恐怖症の原因③家庭内で受けた強いストレス

家庭内暴力までは発展しなかったとしても、幼少期に親や兄弟からの扱いがひどく、辛い経験をしてしまったという過去があったり、厳しい家庭で育った男性は、家庭環境にトラウマを抱えてしまい、女性恐怖症を発症してしまう可能性もあります。

家庭環境がトラウマで女性恐怖症に陥った男性の多くは、恋愛までは何とかすることができるようになっても、自分が家庭を築くということが想像しにくく、結婚まで考えることができないようです。

女性恐怖症の原因【恋愛編】

多くの人は、女性恐怖症の原因は、女性関係のトラブルなのではないかと考えているでしょう。もちろん女性関係のトラブルが引き金となり、女性恐怖症の症状がで初めてしまうという男性も存在するでしょう。

男女の関係は、うまくいけば幸せなものですが、うまくいかなければ、大きなトラウマになりかねないことも多いでしょう。

中には、過去の女性関係のトラブルが原因で、女性に対して恐怖心だけではなく、気持ち悪いなどといった感情を抱いてしまっている、女性恐怖症の男性もいます。では、恋愛関係で女性恐怖症の症状が現れた男性の原因について紹介します。

女性恐怖症の原因①過去に女性から裏切られた経験がある

女性恐怖症になってしまう原因でもっとも多いのが、過去の恋愛においての女性側の浮気だそうです。一番信頼をしている恋人に、浮気をされてしまうような裏切り行為は、その後のトラウマになっても仕方がないような原因の1つでしょう。

恋愛に対してトラウマを抱えている男性は、うまく次の恋愛に進めない人が多いようです。女性恐怖症の男性を好きになってしまった女性は、女性恐怖症の男性との恋愛は、とても難しいものとなってしまうでしょう。

また、浮気だけではなく女性から気持ち悪いという暴言を吐かれたり、傷つくことをされてしまったりした場合も、トラウマから女性恐怖症に陥ってしまう場合があります。仲のいい女性だったとしても、男性を知らぬ間に傷つけてしまう発言をしている可能性もあります。

女性恐怖症の原因②過去に女性から暴力を受けた経験がある

恋人へのDV(暴力・暴言)は、女性が男性から被害を受けるイメージが強いですが、実は女性から男性がDVを受けている場合も多いのです。恋人同士だと、馴れ合いな関係になればなるほどに、お互いに遠慮というものがなくなってくるでしょう。 

恋人同士で、遠慮などがなくなってきてしまった場合、女性側が力をつけ、男性に暴力を振るってしまったり、気持ち悪いなどといった暴言を平気で吐いてしまうようなカップルが多く存在するのも現状です。

このような経験は、恋愛において大きなトラウマとなってしまい、女性恐怖症を発症してしまう可能性があります。馴れ合いな関係はエスカレートしがちなので、長くお付き合いが続けば続くほど、お互いへの思いやりを忘れないようにしたいものです。

女性恐怖症の原因③過去に女性からプライドを傷つけられた経験がある

女性から男性がプライドを傷つけられた過去がある場合も、女性恐怖症の原因となることが分かっています。男性は本来、女性よりも優位に立っていたいという本能が備わっているものです。

現在では、男女平等が当たり前な世の中ですが、心ではやはり女性より優っていたいと感じている男性も多く存在するでしょう。そんな男性が、女性に酷くプライドを傷つけられるような出来事があってしまっては、男性は女性に対して恐怖心や嫌悪感を抱いてしまいます。

女性恐怖症の症状

女性恐怖症の症状は、過去のトラウマや生きてきた環境によって、様々なでしょうが、主にこのような症状が現れる場合が多いという、女性恐怖症の事例を紹介します。

女性と目を合わせない

女性恐怖症の症状の特徴として、代表的な症状は「女性と目を合わせない」です。女性に恐怖心を抱いてしまっている男性は、女性と目を合わせることは、とても困難なのです。

中には、女性恐怖症と診断されている場合ではなければ、無意識に女性が苦手だと思い込んでいるケースもあります。女性恐怖症と知らずに、ただ自分は女性が苦手、女性と目を合わすのは恥ずかしいと感じている女性恐怖症の男性も、少なからず存在します。

女性恐怖症の症状が軽い男性は、なかなか自分が女性恐怖症だということに気づかない場合があり、知らぬ間に自ら女性恐怖症を悪化させてしまう可能性もあります。

プライベートな話をしない

女性恐怖症の男性は、女性に対しての警戒心もとても強いので、女性と話すことができる場合でも、自分のプライベートな話は一切することがないでしょう。人と仲良くなろうとするとき、通常ならプライベートの話で盛り上がって仲を深めることが多いでしょう。

ですが、女性恐怖症の男性は、女性との仲を深めたいとも思わなければ、仲良くなりたいとも思うことがありません。男性にはプライベートな話をしても、女性には本当の自分を見せたくないというのも特徴です。

女性と2人きりでいられない

女性恐怖症が重度の場合は、男性は女性と2人きりでいることができなくなります。どうしても女性と一緒にいることに嫌悪感や恐怖心が出てしまったり、女性と一緒にいる自分に、気持ち悪いと感じてしまったりすることがあるのです。

もし、男性と2人きりになることがあり、相手の男性がそわそわしていたり、不自然にもその場を離れようとする場合があったりする場合は、2人きりでいる相手の男性が、女性恐怖症の可能性があります。

中には、大勢のなかに女性がいる場合は平気という場合もありますが、2人きりがダメだという女性恐怖症の男性も存在します。男性の異変に感じたら、少し距離を置いたり、あまり自分の存在を気にさせないようにしたりと、気遣ってあげることも大切でしょう。

黙り込む

女性との会話の中で、突然黙り込んでしまうような男性は、女性恐怖症の可能性があります。職場などで接することのある女性との会話は、初めのうちは会話が成り立っていても、ふと我に帰った時に、女性への恐怖心から黙り込んでしまうようなこともあるようです。

女性恐怖症の男性は、女性を目の前にすると極度の緊張状態に陥る人が多くいます。その結果、女性との会話は苦手であり、黙り込んでしまうこともあります。

女性恐怖症かも?診断チェックテストを受けてみよう!

女性といることが苦手と感じていたり、女性を目の前にすると極度の緊張に襲われるという男性は、女性に苦手意識があるだけではなく、女性恐怖症の可能性も少なからずあるのです。自分が女性恐怖症ではないかどうかは気になるのではないでしょうか?

女性恐怖症の場合は、放っておくとトラウマ体験が増えてしまうたびに、女性恐怖症が悪化してしまう可能性もあります。少しでも思い当たる節がある場合は、自分で女性恐怖症の診断チェックテストを行うのもいいでしょう。

女性恐怖症診断チェック①女性と目が合わせられない

女性恐怖症診断チェック①は「女性と目が合わせられない」です。女性と目が合わせられないというのは、好きな女性を目の前にしても陥ってしまう可能性のある症状でしょう。ですが、好きな女性でもなく目が合わせられないという場合は女性恐怖症の可能性があります。

また、何度も会っている女性に対しても目が合わせられないなどという場合は、極めて高い確率で女性恐怖症の可能性があるでしょう。

あくまでも自己診断ですが、好きな女性でもなく、初対面の女性でもないのに目が合わせられないのは、女性恐怖症の診断チェックに当てはまります。

女性恐怖症診断チェック②女性と2人きりになれない

女性恐怖症診断チェック②は「女性と2人きりになれない」です。いくら人見知りで、女性と2きりになるのが苦手だといっても、仕事などでこのような場面があれば、仕方がなく女性と2人きりになることもあるでしょう。

ですが、どんな時でも女性と2人きりになるのが苦手であり、恐怖心を感じてしまったり、極度の緊張状態に陥ってしまったり、女性を気持ち悪いと感じてしまったりする場合は、女性恐怖症診断チェックに当てはまります。

女性恐怖症診断チェック③外出恐怖に陥っている

女性恐怖症診断チェック③は「外出恐怖に陥っている」です。この診断が当てはまる男性の中で、外出恐怖の原因が女性と会いたくない、関わりたくないという理由の場合は、女性恐怖症の診断チェックに当てはまります。

このように、女性の存在によって外出が困難な場合は、女性恐怖症の中でもとても重症だと診断されてしまうでしょう。しっかりと医療機関でも診断してもらうことをおすすめします。

女性恐怖症のトラウマ克服方法

女性恐怖症のトラウマを克服する方法があれば、女性恐怖症に悩んでいる男性は、ぜひ知って克服したいと感じる人が多いのではないでしょうか?

女性に対して極度な緊張感を抱いてしまったり、恐怖心を抱いてしまったり、女性を気持ち悪いと感じてしまったりするのは辛いでしょう。将来の恋愛や結婚などにも関わってきます。女性恐怖症を克服し、女性との日常も楽しみたい人が多いでしょう。

女性への緊張感や恐怖心、気持ち悪いというような感情を払拭するためにも、女性恐怖症の克服方法を紹介します。参考にしてください。

女性恐怖症のトラウマ克服法【病院編】

女性恐怖症の克服法は、自分でできるものから専門機関である、病院に通うという方法もあります。どちらを選ぶかは、本人次第でしょう。まずは女性恐怖症のトラウマ克服法【病院編】を紹介します。

女性恐怖症のトラウマ克服法<病院編>①カウンセリングを受ける

女性恐怖症のトラウマ克服法<病院編>①は「カウンセリングを受ける」です。今では、病院まで通わなくとも、専門の相談員がいるような、カウンセリング機関もあります。

まずは、カウンセリングで自分の女性への恐怖心の症状や、原因となっているであろうトラウマを話すことも大切でしょう。

女性恐怖症のトラウマ克服法<病院編>②心療内科に通う

女性恐怖症のトラウマ克服法<病院編>②は「心療内科に通う」です。心療内科はカウンセリングもしてもらえ、専門の医師にも症状を診てもらえます。

自分が重度の女性恐怖症だと感じている人や、早くなんとかしたいと思う人は、専門の医師がいる、心療内科にて、カウンセリングと医師の診察を受けるのが望ましいでしょう。

女性恐怖症のトラウマ克服法【セルフ編】

症状が軽い場合は、自分で女性恐怖症のトラウマ克服法を試してみるのもいいでしょう。自分で克服しようという意思が強い場合や、金銭的なことを考える場合は、自分で行えるトラウマ克服法を試すのもいいでしょう!

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>①イメージトレーニングをする

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>①は「イメージトレーニングをする」です。女性恐怖症の人は、今まで長期間において、女性を避け続けてきた場合があるでしょう。まずは、自分が女性との関わりを持っている姿をイメージしてみるといいでしょう。

自分の中で女性は怖くない、気持ち悪いなんてことはないと思い込み、関わりを持っている自分を想像しながら、徐々に話しているイメージをしてみたり、食事に行っているイメージをしてみたりと、様々な女性との関わりをイメージしてみましょう。

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>②女性と少しだけ話す

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>②は「女性と少しだけ話す」です。職場の女性や昔からの知人女性でもいいので、自分の身近にいる女性と少しだけ話すことを実践してみましょう。自分の話しやすいと感じる女性を選ぶといいでしょう。

少しだけ話す際に、自分のことを攻撃しないような心優しい女性や、決して冗談でも気持ち悪いなどと自分を批判するようなことのない女性を初めは選び、短時間の会話から初めてみましょう。徐々に時間を延ばすしましょう。

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>③自分に自信を持つ

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>③は「自分に自信を持つ」です。女性恐怖症の男性は様々なトラウマなどから、自分に自信がない場合も多いでしょう。自信がないからこそ、女性との関わりに苦手意識があり、ズルズルと女性を避け続けてしまった場合もあります。

女性が怖い、苦手だなんて、男として自分は気持ち悪いのではないか?などと感じてしまうでしょうが、そのようなことは考えなくていいのです。自分に自信を持つために、自分の得意なことなどを思い返してみましょう。

さらに、過去の栄光でもいいので、自分は昔にこんなこともできたんだ!というようなことを思い返してみるのもとてもいいことです。とにかく自分に自信が持てるような事柄を片っ端から思い出してみるのもいいでしょう!

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>④克服後のイメージをする

女性恐怖症のトラウマ克服法<セルフ編>④は「克服後イメージをする」です。自分が女性恐怖症を克服できると、どのような生活になるのだろうと想像するのはとてもいいことです。イメージトレーニングというのは、思い描く自分に近づきやすくなると言われています。

イメージトレーニングをして、自分が女性との関わりを持てていることが、実現しそうなくらいにイメージできるのであれば、克服をすることは可能でしょう。

女性恐怖症の男性を好きになったら?

もし、女性恐怖症の男性に恋をしてしまったらどうすればいいのでしょうか?女性恐怖症の男性は、女性に対して恐怖心を持っていたり、気持ち悪いという感情を持っていたりするということは分かっているからこそ、身を引くべきなのでしょうか?

女性恐怖症の男性は、とても保守的であり、誠実な場合が多いです。なので女性が惹かれるのも無理はないことでしょう。

どのようにすれば、女性恐怖症の男性は女性である自分に恐怖心を持っていたり、気持ち悪いという感情を持っていたりすることを払拭できるのでしょうか?または、やはり身を引くべきなのか、どうなのでしょうか。

まずは距離を掴むこと!

相手が女性恐怖症の場合は、積極的になってはいけません。ただでさえ女性に対して恐怖心や気持ち悪いという感情を持ってしまっている場合が多いのですから、相手の男性がどの距離感までならOKなのかをゆっくり見極めていきましょう。

男性側に合わせてあげて、決して無理はさせずにゆっくりと心を開いてくれるのを、待つことが大切になるでしょう。

女性恐怖症の男性に恋をしてしまったら、恐怖心や気持ち悪いという感情を持たせないよう、時間をかけて根気よくじっくりと距離を縮めていくのがいいでしょう。しかし、失敗するとさらに相手の男性を傷つけることになるので、よく考えて恋愛をしましょう。

女性恐怖症を克服するためには無理をしないことが大切

女性恐怖症の症状は様々であり。軽症なのか重症なのかも人それぞれです。なので自分に合った克服法を見つけ出すのが大切でしょう。ですが、無理をしてしまっては、余計に悪化させる可能性もあるので、治療をするなら、慎重に行いましょう。

女性が女性恐怖症の男性に恋をしてしまった時は、決して恐怖心や気持ち悪いといった感情を、大きくさせないように気をつけながら、距離を縮めていきましょう。

克服には焦らない気持ちが大切でしょう。無理をせずにゆっくりと自分と向き合っていくのがとても大切でしょう。

Thumb女性不信の彼氏との恋愛とは?トラウマ男性の心理や特徴を紹介
女性不信の男性は意外と多いようです。男性が女性不信になるにはそれなりの理由や、幼いころのトラ...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ