【オナニーの種類】気持ちいいオナニーのやり方を20種類紹介!

オナニーを楽しんでいますか?オナニーには実にたくさんの種類があります。自分が慣れ親しんだオナニー以外にも自分に合ったオナニーがあるかもしれません。以下では、気持ちいいオナニーのやり方を20種類紹介していきますので、参考にしてみてください。

【オナニーの種類】気持ちいいオナニーのやり方を20種類紹介!のイメージ

目次

  1. 1オナニーにも種類がある?気持ちいいオナニーのやり方20種類!
  2. 2気持ちいいオナニーの種類10選【男性編】
  3. 3気持ちいいオナニーの種類10選【女性編】
  4. 4気持ちいいオナニーのコツは?
  5. 5オナニーのおすすめ回数や頻度は?
  6. 6オナニーを思う存分楽しもう!

オナニーにも種類がある?気持ちいいオナニーのやり方20種類!

自分のオナニーに満足していますか?オナニーには非常にたくさんのやり方があることをご存知ですか?オナニーにも種類があり、オナニーの仕方をたくさん知っておけば、気持ちいいオナニーを味わうことができるようになるでしょう。

以下では、オナニーのやり方を20種類紹介していきます。オナニーのやり方を男性編と女性編に分けてご紹介していきます。オナニーは人によってする頻度が違いますが、オナニーのやり方もまた千差万別かもしれません。

オナニーは一度やり方を決めてしまうと変更しない人が多いことでしょう。以下では、オナニーのやり方を20種類紹介していくので、ぜひ自分に合ったオナニー法があれば試してみましょう。オナニーがより楽しくなって気持ちいいオナニーを体感できるはずです。

気持ちいいオナニーの種類10選【男性編】

まずは、気持ちいいオナニーの種類10選として男性編をご紹介していきましょう。男性がオナニーをするときには、どんなオナニー法があるでしょうか?人それぞれ自分が慣れ親しんできたオナニーのやり方があるはずです。

以下では、10種類ものオナニーのやり方をご紹介するので、もしかしたら、今まで知らなかったやり方が含まれているかもしれません。オナニーにはこんなやり方があるのかと感じるかもしれません。オナニーは種類が豊富なのです。

オナニーは大きく分けて、自分の身体だけでするものと道具を駆使するものの2種類があります。自分の手だけでするオナニーも気持ちいいですが、道具を活用するとさらに気持ちいいオナニーを体感できることがあります。ぜひトライしてみましょう。

気持ちいいオナニー①手コキ(手淫)

男性のオナニーで最も定番なのは、手コキでしょう。オナニーをするときに何も道具を必要としないのが最大のメリットですから、やりたいと思ったときにすぐできるわけです。手コキは男性がするオナニーの第1位と考えてよいでしょう。

手コキオナニーのいいところは、自分のさじ加減で締め付け方を変えられるところです。最初の段階では軽く締め付ける程度で、徐々に気持ちが乗ってくれば、締め付けをきつくして射精へ持っていくというスタイルをとることができます。

手というものは非常に調節がききやすいですから、自分に合った締め付け具合を簡単に調節することができるわけです。ただ、手コキオナニーに慣れ親しんでしまうと、実際のセックスであまり気持ちよくないと感じる原因になることもあるので気を付けましょう。

手コキオナニーは自分好みの締め付けを自由自在に選べる点ですが、実際のセックスでは相手の女性器の締め付けを男性側が調節することはできません。従って、女性器にペニスを挿入してもあまり気持ちよくないという事態が起きてしまいかねません。

気持ちいいオナニー②オナクール

手コキオナニーに続いて紹介するオナニーのやり方は、オナクールです。オナクールとは、文字通りクールさせる、冷やすオナニーのことです。オナニーをする前に、大腿の付け根辺りを氷や保冷材によって冷やして、それからオナニーを行うなうやり方です。

オナクールによるオナニーのやり方の特徴は、オナニーによる射精時にドロッとした濃い精液が出ることです。そのため、実際にオナクールを実行した人は、初めてオナニーをした時を思い出しただとか、非常に気持ちよかったとの感想を持つようです。

ところが、オナクールというオナニーのやり方は危険性も指摘されています。まずは、冷やすという行為はやりすぎに注意が必要なのです。冷やしすぎると体に悪影響が出かねません。心臓がバクバクするなどの症状が出たら即刻辞めるべきです。

また、冷やす場所も良くありません。大腿の恒ね辺りは皮膚が薄いために、その部分を冷やしすぎると血流が悪くなってしまうのです。いわゆるしもやけ状態になってしまうのです。オナクールというオナニーのやり方はほどほどにすると良いでしょう。

気持ちいいオナニー③溜めオナニー

オナクールに続いては、溜めオナニーというオナニーの仕方をご紹介します。このオナニーの仕方は、いたって単純です。オナニーをしない期間を設けるだけです。オナニーはしすぎるとオナニーによる快感が減ることがあります。

そのため、気持ちいいオナニーを体感したければ、オナニーをしない期間をしっかり設けて、精液を溜めておくことが重要なのです。こうしてオナニーをしない期間を設けてから、オナニーすることを溜めオナニーと呼ぶことがあるのです。

溜めオナニーは非常に気持ちいいと感じられることでしょう。溜めオナニーの仕方はただオナニーをしない期間を設けるだけです。確かにオナニーをしない期間を設けることは辛いかもしれませんが、溜めれば溜めるほど気持ちのいいオナニーができるはずです。

気持ちいいオナニー④亀頭責めオナニー

溜めオナニーというオナニーの仕方をご紹介してきましたが、続いては、亀頭責めオナニーというオナニーの仕方をご紹介します。亀頭責めオナニーの仕方は、ペニスの亀頭を執拗に責めるというものです。亀頭部分が一番気持ちいい場所だからです。

亀頭責めオナニーに難しい所はありません。ただ、オナニーの最中に亀頭部分を指でいろいろと触っていけばよいのです。時に厳しく、時に優しく亀頭部分を愛撫することで、気持ちいい感覚を味わえて、射精につながっていくことでしょう。

亀頭責めオナニーは、一番ペニスにおいて気持ちいい部分である亀頭を重点的に意識して触って気持ちよさを味わうオナニーなのです。こうした亀頭責めオナニーは名前を知らなくても実践している人は多いことでしょう。

気持ちいいオナニー⑤ローションオナニー

亀頭責めオナニーというオナニーの仕方に続いては、ローションオナニーというオナニーの仕方をご紹介します。これは文字通り、ローションを使って行う仕方です。オナニーは手だけで行えるものですが、適切に道具を使うと快感が倍増することがあります。

オナニーにローションを使ったことがないという人は、道具を使うという選択肢を取り入れてみましょう。もちろん、ローションを使った後は、お風呂に入った方が良い場合が多いでしょうから、できればローションオナニーはお風呂に入る前が良いかもしれません。

あるいは、ローションという道具をお風呂の中に持ち込んで、お風呂の中でローションオナニーをしてしまってもよいかもしれません。誰かほかの人と住んでいる人は難しいかもしれませんが、一人暮らしの方であれば問題ないでしょう。

オナニーに道具を使うという選択肢が増えると、オナニー生活がより一層楽しいものになります。オナニーの仕方を考えるときには、道具を使うことも考えましょう。特に、ローションは滑り心地が良いので、気持ちよさは数倍になるはずです。

気持ちいいオナニー⑥オナホールオナニー

ローションオナニーというオナニーの仕方をご紹介しましたが、続いては、オナホールオナニーというオナニーの仕方をご紹介します。オナホールという道具を使うことであなたのオナニー生活は今までにないほどに気持ちいいものになるでしょう。

オナニーというものをより一層素晴らしいものにするために作られた道具が、オナホールです。オナホールとは、女性器に見立てた穴があるオナニー用の道具です。オナホールを購入してオナニーすれば、女性器に入れている感覚を味わえるのです。

オナニーをするときはたいてい手コキでする人が多いと思われますが、手コキオナニーでは、ペニスに密着する部分が少ないのが難点です。一方、オナホールという道具を使えば、オナニーの際にペニスに当たる部分が大きくなり気持ちよさが増すのです。

オナホールを使ったことがないという人は、ぜひこの機会に購入してみましょう。今では、様々なタイプのオナホールが発売されています。使い始めてみたら、オナニーをするときにはオナホールが手放せないと感じるようになるかもしれません。

ThumbTENGA(テンガ)の使い方とは?TENGAの正しい使用法を紹介!
「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」をテーマにより良い性生活をサポートしてくれる...

気持ちいいオナニー⑦女装オナニー

オナホールという道具を使ったオナニーの仕方を見てきましたが、続いては、女装オナニーというオナニーの方法を見ていきましょう。女装オナニーとはオナニーをするときに男性自身が女装して、オナニーを行うオナニーの仕方を言います。

具体的にはどういうことなのでしょうか?よくある女装オナニーは、オナニーで用いる手を女性の手のように女装させるというものです。もし、左手で手コキする人ならば、左手の爪にマニキュアを塗ってみて女性の手のようにするということが考えられます。

この女装オナニーのメリットは、手コキオナニーをするときの手が女性の手のように見えるため、女性に手コキされているように錯覚できる可能性があることです。もちろん、これは錯覚できることを期待しているオナニーの仕方なのです。

女装と言ってもピンキリです。手コキオナニーをするときに見える部分をすべて女性のようにする人もいます。女性物の洋服を着て、女性が手コキしてくれている状態をよりリアルに再現しようと意識している人もいるのです。

気持ちいいオナニー⑧大人のおもちゃオナニー(性家電オナニー)

女装オナニーというオナニーの仕方に続いては、大人のおもちゃなどの道具を使ったオナニーの仕方をご紹介します。大人のおもちゃには実に様々なものがあります。オナニーに道具を用いると、オナニーの気持ちよさが倍増するでしょう。

具体的には、性家電を使いましょう。A10サイクロンSAと呼ばれる性家電を使っている人もいます。これは、オナホールで、ホールの動きを自分でプログラミングできるという優れものなのです。オナニー法に革命を起こしたと言っても過言ではありません。

こうした分野は日進月歩であると言えます。この先信じられない方法でオナニーができるようになるかもしれません。VRが登場している現在では、オナニー界にもさらなる革命が起きることが期待されます。注目して情報を見ていくと良いでしょう。

気持ちいいオナニー⑨乳首オナニー

大人のおもちゃという道具を使うオナニーに続いては、乳首オナニーをご紹介します。これは道具を使ったオナニーではなく、乳首を気持ちよくさせるオナニーです。乳首と言えば、女性が気持ちよくなる場所だと思われがちですが、男性でも気持ちよくなります。

男性にも乳首に性感帯があると言えるのです。もちろん女性ほどではありませんが、乳首を触っていけばいくほど、感度が増していくことが実感できるでしょう。乳首オナニーはなにも女性だけのものではないのです。男性もトライしてみる価値はあります。

オナニーの種類には実に様々なものがあり、男性の場合基本的にはペニスを愛撫するわけですが、男性でも乳首を愛撫するオナニーをしてみる価値はあります。最初はそれほど快感に感じないかもしれませんが、やっていくうちに気持ちよさを感じられることでしょう。

気持ちいいオナニー⑩イメージプレイ

乳首オナニーというオナニーの種類があることを見てきましたが、続いて紹介するオナニーの種類はイメージプレイです。イメージプレイとは、自分の想像力を最大限に発揮して、妄想を膨らませてオナニーするオナニーの種類のことです。

このときに道具を使っても良いですし道具を一切使わなくてもいいです。道具を使うかどうかがポイントではなくて、自分のイメージによって想像力をたくましくして、射精へ持っていくオナニーです。もちろん、道具を使わず手コキだけでもいいわけです。

別の言い方をすれば、何か視覚的な情報に頼らないでオナニーをする種類のオナニーだということです。ほとんどのオナニーは視覚的情報や聴覚的な情報を利用しているはずです。しかし、イメージオナニーでは自分が想像したもので興奮する必要があります。

気持ちいいオナニーの種類10選【女性編】

気持ちいいオナニーの種類10選の男性編を見てきましたが、続いては、気持ちいいオナニーの種類10選の女性編をご紹介します。オナニーの種類を10個も紹介するので、今まで自分が体験したことがない種類もあることでしょう。

この機会に今まで体験してこなかった種類のオナニーにトライしてみましょう。新しい種類のオナニーに最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくると、その新しい種類のオナニーなしにはオナニーが楽しくなくなってしまったということも起きるのです。

オナニーには正解はありません。自分に合った種類のオナニーを試してみればよいのです。いろいろ試してみれば、自分がどういう種類のオナニーが好きかが見えてくることでしょう。道具を使う種類のオナニー、道具を使わない種類のオナニーを整理して紹介します。

気持ちいいオナニー:①クリトリス責め

最初に紹介するオナニーの種類は、クリトリス責めオナニーです。この種類のオナニーは、体の一部分を中心的に責めるタイプのオナニーです。クリトリスを責めていくと、どんどん気持ちよさが増していくことでしょう。

クリトリスは女性の性感帯の一つなので、気持ちいい所を自分なりに優しく厳しく責めてみましょう。単調な責め方ではつまらないので、軽く触ったり、激しく触ったりしながら、徐々に自分の気分の高揚を感じてみると良いでしょう。

同じ部分をずっと触っていく種類のオナニーでは、ときに休ませながらオナニーすることが重要です。執拗にずっと触り続けていくと感度が下がってしまうことがあるからです。ときに優しく軽く愛撫し、それがすんだら激しく強く愛撫してあげましょう。

気持ちいいオナニー:②ローターオナニー

クリトリス責めオナニーという種類のオナニーに続いては、ローターオナニーという種類のオナニーをご紹介します。オナニーの種類には、道具を使ったものがあり、女性のオナニーでは、ローターは大活躍する道具の一つなのです。

ローターを女性器に当てると気持ちよさが倍増することでしょう。適度に振動してくれるために、快感が持続することでしょう。道具を使うことに抵抗がある人でも、一度使ってみることをお勧めします。余りの気持ちよさに手放せなくなるかもしれません。

ローターを女性器のいろいろなところに当ててみましょう。一か所にずっと当てるより、気持ちの良い所を探しながらローターを当てましょう。ローターの種類も豊富なので、自分に合ったローターの種類を見つけられると良いでしょう。

気持ちいいオナニー:③ローションオナニー

ローターを使う種類のオナニーを見てきましたが、続いては、ローションを使った種類のオナニーを見ていきましょう。ローションを使った種類のオナニーでは、ローションのつるつるした感触に、気持ちよさが倍増する喜びを感じられるでしょう。

ローションオナニーは一度してみたら病みつきになるオナニーの種類と言えます。ローションを手に入れたら、早速使ってみましょう。ローションを使うことで、女性器を傷つけにくくする効果も期待できます。ローションの冷たさにも感じることでしょう。

ローションオナニーの難点は、オナニーした後に体をきれいにする必要があることです。従って、オナニーをお風呂の中でしてしまうという選択肢もあります。ローションオナニーは、お風呂でおすすめのオナニーの種類の一つなのです。

気持ちいいオナニー:④バイブオナニー

ローションを使った種類のオナニーを見てきましたが、続いては、バイブを使った種類のオナニーを見ていきましょう。女性にとってバイブは欠かせないオナニーグッズの一つです。持っていない人はぜひこの機会に購入してみましょう。

オナニーに使う女性グッズの種類にはいくつかありますが、バイブはその代表格です。男性器に見立てたバイブは、一度使ったら病みつきになることでしょう。バイブの種類は実に豊富にあるので、一本だけでなく何本もあると良いかもしれません。

バイブの種類には、スマートな種類、ごつごつした種類、非常に長い種類、太い種類などさまざまなものがあります。自分に合った種類にきっと出会えるはずです。女性器と男性器に相性があるように、女性器とバイブにも相性があるのです。

気持ちいいオナニー:⑤乳首オナニー

バイブオナニーというオナニーの種類を見てきましたが、続いてご紹介するのは、乳首を使ったオナニーの種類です。乳首オナニーは男性より女性に有効なオナニー法でしょう。女性の場合は、女性器だけでなく、乳首をうまく扱うことが大切なのです。

乳首を優しくなでてあげましょう。気持ちが乗ってきたら、徐々にきつく強く激しく乳首をこねくり回してみましょう。乳首が固くなっていく様子をよく観察して、気持ちを高めていきましょう。乳首オナニーにはとくに何か秘密があるわけではありません。

乳首をただやさしく、時に強くなでてあげればよいのです。乳首オナニーは女性器をオナニーするより前にするとよいかもしれません。まずは、乳首から初めて、それから十分に満足したところで、ローターやバイブと女性器に当ててあげると良いでしょう。

気持ちいいオナニー:⑥クリトリス・Gスポット同時責め

乳首をこねくり回す種類のオナニーに続いては、クリトリス・Gスポット同時責めをする種類のオナニーを見ていきましょう。すでに見たように女性はクリトリスが性感帯の一つですが、クリトリスと同時にGスポットも同時に責めてみるとなお良いでしょう。

女性にはGスポットと呼ばれるポイントがあり、そこを刺激すると、かなりの気持ちよさを感じられるのです。自分のGスポットを見つけましょう。見つけることができたら、Gスポットとクリトリスを両方触りながら、愛撫して責めてあげましょう。

クリトリスとGスポットを同時に愛撫するには、両手を使った方がやりやすければ、両手を使って愛撫しましょう。いろいろと試していけば、徐々にやり方のコツがつかめていくはずです。オナニーの種類には同時責めも含まれるのです。

気持ちいいオナニー:⑦ポルチオオナニー

クリトリス・Gスポット同時責めという種類のオナニーに続いては、ポルチオオナニーというオナニーの種類をご紹介します。ポルチオとは、子宮の入り口です。この部分が性感帯だという人がいるので、ポルチオオナニーという種類のオナニーが存在します。

ところが、この子宮の入り口であるポルチオは、傷つけてはいけない場所なので、オナニーをするときには慎重に行うようにしましょう。特に、ポルチオオナニーをするときには、指を使うことはあまりお勧めできません。

ポルチオオナニーは、ディルドを使うと良いでしょう。ディルドとは、電動モーターを内蔵していないバイブのことです。一般的にバイブは電動モーターを内蔵させていますが、ディルドはそうではありません。ポルチオオナニーはディルドを用いましょう。

気持ちいいオナニー:⑧シャワーオナニー

ポルチオオナニーというオナニーの種類があることを見てきましたが、続いては、シャワーを使った種類のオナニーです。シャワーオナニーは文字通り、シャワーを女性器に当てて気持ちよくなるオナニーのことです。シャワーオナニーは快感を味わえます。

シャワーオナニーはもちろんお風呂に入っているときに行うオナニーです。シャワーオナニーでは、シャワーの強度を自分で調節しながら行う種類のオナニーなのです。自分なりに当て方や強さを調節しながら、気持ちのいい角度や強さを見つけていきましょう。

ただ、このシャワーオナニーの難点は、水をかなり使ってしまうことです。オナニーに気持ちよくなって気づいたらずっとシャワーを出し続けていたということにもなりかねませんので、シャワーオナニーは浴槽の中に入って行うことをおすすめします。

気持ちいいオナニー:⑨目隠しオナニー

シャワーを使った種類のオナニーに続いては、目隠しを使った種類のオナニーをご紹介します。オナニーに目隠しをするということがよくわからないという人もいるかもしれません。オナニーという行為において、視覚情報を遮断しているオナニーなのです。

オナニーをするときに目隠しをすることで、視覚情報がなくなります。すると、自分の体の感覚により一層集中できるという効果があるのです。目隠しをすることによって、自分の気持ちよさをより深く味わうことができるために、人気のオナニー法となっています。

目隠しの種類は何でも良いでしょう。自分に合った種類があれば、迷わずそれを使えばよいのです。ポイントは視覚情報を奪うことですから、目隠しして痛くない種類の素材のものを見つけましょう。あとは、体の感じ方に意識を持っていきましょう。

気持ちいいオナニー:⑩Gスポット責め

目隠しを使った種類のオナニーを紹介してきましたが、続いては、Gスポットを責める種類のオナニーを紹介します。クリトリスとGスポットを同時責めする種類のオナニーを紹介してきましたが、一番気持ちい場所はGスポットだという女性も多いのです。

Gスポットが体でい一番気持ちいい場所であれば、Gスポット責めオナニーをぜひやってみましょう。Gスポットオナニーにはまってしまうと、もうGスポットばかりを愛撫することになるかもしれません。オナニー生活が楽しくなってくるでしょう。

気持ちいいオナニーのコツは?

気持ちいいオナニーの種類10選の女性編を見てきましたが、続いては、気持ちいいオナニーのコツを見ていきましょう。オナニーにはたくさんの種類があることを見てきましたが、たくさんの種類から自分に合ったオナニーを見つけたら、以下のコツを試しましょう。

気持ちいいオナニーをするためのコツは、オナニーの種類に関わらず知っておきたいものです。以下で挙げるコツを実践すれば、いつも以上に気持ちいいオナニーを味わえるはずです。オナニーの種類より重要なコツを整理していきます。

以下では気持ちいいオナニーのコツを3つご紹介します。オナニーは基本的にさっさと終わらせてはもったいないのです。じっくり自分の体の感覚を味わうように、オナニーしましょう。どんな種類のオナニーであれ、この意識は重要なのです。

じっくり時間をかける

オナニーの種類が何であれ、じっくりを時間をかけてオナニーをすると気持ちいいオナニーを体感できるでしょう。素早く雑にやってもそれなりに快感は得られますが、充足感は低いでしょう。オナニーをするときは十分な時間を用意しましょう。

オナニーをするときは、愛撫の仕方に強弱をつける意識を持ちましょう。どんな種類のオナニーにしても、強い一辺倒のオナニーでは気持ちよさは減ってしまいます。ずっと強い調子でオナニーしていると、だんだんと感じ方もマヒしてきてしまいます。

オナニーをするときは十分に時間を取って、優しくゆっくりと愛撫することを意識しましょう。そうして、十分に気持ちが高ぶってきたら、徐々に触る強さを上げていくのです。どんな種類のオナニーをするにも、強弱を意識すると気持ちいオナニーができるでしょう。

オナニーをしない期間を設ける

オナニーには時間をかけると良いということを見てきましたが、オナニーそのものをしない期間を設けることも大切です。もちろん、毎日したいからオナニーを毎日するというのもありでしょう。ただ、あまり頻度が多いと感度も悪くなってしまうものです。

気持ちいいオナニーをしたいなら、オナニーをしない期間を設けると良いでしょう。そうすることで、オナニーをしたい気持ちを高めることができます。オナニーをしない期間で、オナニーをしたい気持ちが高まれば、オナニー自体が気持ちいいものになります。

オナニーはしすぎると気持ちよさが減ってくる感覚に陥ってしまいます。そういうときは、気持ちいいオナニーをするために、オナニーをしない時間を作って、他の事に集中しましょう。オナニーはたまにしない時間を設けることで、気持ちよさが増すのです。

オナニー用グッズを活用する

オナニー用のグッズを使うこともおすすめです。オナニー用のグッズには様々な種類があります。男性では、オナホール、女性ではローターやバイブなどがあります。今ではたくさんの種類が手に入るので、自分に合った種類のオナニー用グッズに出会えることでしょう。

オナニーのおすすめ回数や頻度は?

気持ちいいオナニーをするコツについて見てきましたが、続いては、オナニーのおすすめ回数や頻度について見ていきます。オナニーはたくさんしすぎると感度が減ってきてしまうことをお伝えしましたが、おすすめの回数や頻度は存在するのでしょうか?

オナニーに適切な回数はない

結論を先に言ってしまえば、オナニーに適切な回数は存在しません。一人一人が自分に合った回数や頻度を見出していけばよいのです。オナニーには実に様々な種類があるので、オナニーのたびに違う種類のオナニーを試してみると飽きずに楽しめるはずです。

男性はやりすぎに注意

オナニーに適切な回数は存在しないということを見てきましたが、男性に限って言えば、オナニーのやりすぎには注意が必要です。オナニーをやりすぎると、筋肉を分解する物質が分泌されることがあり、老化につながりやすくなります。やりすぎには気を付けましょう。

オナニーを思う存分楽しもう!

オナニーには実に様々な種類があることを見てきましたが、いかがでしたか?自分の知らなかった種類があったかもしれません。男性だけでも10種類、女性だけでも10種類ものオナニー法があるとは、驚かれた方も多かったことでしょう。

オナニーには様々な種類がありますが、気持ちいいオナニーをするには、時間をかけることが重要です。時間をかけてじっくりと体の反応に意識を向けましょう。どんな種類のオナニーをするのであれ、気持ちを込めてゆっくり味わいながらオナニーしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ