キツマンとは?特徴や見分け方は?メリットやデメリットも!

「キツマン」という言葉をご存知でしょうか?キツマンとは、膣の締め付け具合が、普通よりも強いという意味です。男性からは、性交をすると気持ちのよい女性といったイメージが強いでしょう。今回は、キツマンについて、特徴や見分け方、メリットやデメリットをご説明いたします!

キツマンとは?特徴や見分け方は?メリットやデメリットも!のイメージ

目次

  1. 1キツマンとは?特徴や見分け方などキツマンについてご紹介!
  2. 2キツマンとは?
  3. 3キツマンのメリット・デメリットは?
  4. 4キツマンの特徴とは?
  5. 5キツマンの見分け方とは?
  6. 6キツマンになるには?
  7. 7キツマンかどうか診断してみよう!
  8. 8キツマンを目指すことは健康にもいい

キツマンとは?特徴や見分け方などキツマンについてご紹介!

みなさんは、「キツマン」という言葉をご存知でしょうか?一度は聞いたことがある方も多いかもしれません。男性からは、「性交の経験が少ない女性」や、「普通の女性よりも性交が気持ちいい女性」といった、よいイメージがあるでしょう。女性の方でも、その意味を知っている方では、憧れている方も多いかもしれません。

巷では「名器」とも囁かれている

キツマンは、実は、巷では「名器」とも呼ばれていて、キツマンになるためのトレーニング方法なども存在し、実践している人もいます。それほど、キツマンは、男性にとっても女性にとっても、魅力的なものなのでしょう。

今回の記事では、そんなキツマンについて、その特徴や見分け方、キツマンのメリットやデメリット、キツマンの目指し方をご説明いたします!

キツマンとは?

「名器」なんて囁かれていたら、いったいどのようなものなのか、女性の方でも、気になるのではないでしょうか?そんな一度は聞いたことがあるかもしれない、「キツマン」という言葉。具体的には、どのような意味なのでしょうか?意味を解説いたします!

膣の締め付けが強い

キツマンとは、具体的には、「普通の膣よりも、締め付けが強い」という特徴をもった膣のことです。膣の締め付けの強さには、個人差がありますが、締め付けの強い膣は、男性ウケもよく、目指したい女性の方も多いと思います。

そんなキツマンですが、メリットだけではなく、デメリットもあるんです。次の項目では、キツマンのメリット・デメリットについて、ご説明いたします。

キツマンのメリット・デメリットは?

キツマンというと、一般的には、よいイメージが先行してしまうかもしれませんが、メリット・デメリットのそれぞれが存在します。

メリットは気持ちがいい

キツマンの最大のメリットは、やはり、性交の際に、男性に気持ちいいと思わせる点でしょう。締め付けが強いことで、男性は、亀頭(ペニスの先端部で、先に尿道が開口している部分)に、快感を感じることができます。

性交を行う上で、快感が強いに越したことはないでしょう。男性により愛される可能性が高まるとも考えられます。

デメリットはペニスが入らないことも

一見、いいことだらけのキツマンですが、実は、デメリットもあるんです。当たり前のことのようですが、膣内が狭いために、締め付けが強い場合、ペニスが入らなかったり、ペニスを挿入する際に、女性が強い痛みを感じてしまう可能性があります。

また、女性だけでなく、男性もペニスに痛みを感じてしまう可能性もあるため、そういった状態で無理に性交をするのは、あまりよくないかもしれません。

キツマンの特徴とは?

そんな、名器とも噂されるキツマンですが、キツマンを持つ女性の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?ご紹介いたします!

若い女性

女性に限らず、人間は、年齢を重ねていくごとに、筋肉が衰えていきます。特に女性の場合、出産を経験することによって、膣の筋肉が衰える可能性があります。

また、年齢を重ねていくごとに、運動する機会も減ると考えられるため、そういった点では、やはり、若い女性の方が、キツマンである可能性が高いと考えられます。

しかし、年齢を重ねた女性であっても、普段から筋トレをしていたり、スタイルを保つ努力をしている女性であれば、膣の筋肉も発達していて、キツマンである可能性が高いかもしれません。

女子力の高い女性

「女子力が高い」と言われる、普段から自分が女性であることを自覚し、身なりや立ち振る舞いに気を付けている女性は、自身の女性らしさを大切にしている傾向があります。そのため、女性の象徴である膣のケアまでしっかり行き届いている可能性が考えられます。

膣の筋肉は、正しい姿勢や歩き方、普段の座り方によっても発達具合が異なります。自身の女性らしさを大切にしている女性は、人前で足を開いて座るようなことはあまりしないでしょう。

そういった点でも、自身の女性らしさを大切にしている女性は、キツマンである可能性が高いと考えられます。

スポーツをしている女性

スポーツをしている女性は、全身の筋肉を日頃から鍛えているため、膣の筋肉も、スポーツをしていない女性より発達している可能性が高いと考えられます。

スポーツでなくても、ヨガやフィットネスに通っている女性も同様で、姿勢や体幹を鍛えているため、膣圧が強いキツマンかもしれません。

膣トレを行っている女性

「膣トレ」という言葉をご存知でしょうか?「膣圧トレーニング」の略称で、簡単に言えば、キツマンになるためのトレーニングです。詳しい方法は後の項目にて解説いたしますが、膣トレを行っている女性は、当たり前のことながら、キツマンである可能性が高いと考えられます。

さて、こちらの項目では、名器とも噂されるキツマンを持つ女性の特徴について、ご紹介いたしました。それでは、そんなキツマンを持つ女性の見分け方とは?次の項目で、ご紹介いたします!

キツマンの見分け方とは?

前の項目では、キツマンを持つ女性の特徴についてご紹介いたしました。ここまでお読みいただければ、お気付きの方も多いかとは思いますが、キツマンには、必ずと言っていいほど「膣の筋肉」が必要なのです。

では、膣の筋肉が鍛えられている女性の見分け方には、どのようなものがあるのでしょうか?これから、キツマンを持つ女性の見分け方について、ご紹介いたします!

お尻の上がっている女性

キツマンを持つ女性の見分け方として、一番わかりやすいのが、お尻が上がっているかどうかを見ることです。昔からよく言われている見分け方で、象徴でもあります。

しかし、あまりじっくり見つめすぎると、セクハラ行為になってしまいますので、さりげなく確認するのがいいかもしれません。

足首が締まっている女性

足首がきゅっと締まって見える人は、普段からハイヒールなどを履いている人が多いかもしれません。普段からハイヒールを履いている人は、足の筋肉が発達しやすいため、骨盤が引き締まり、キツマンになる可能性が高いと考えられます。

足元を見るくらいでしたら、見られる側もそこまで抵抗はないはずですので、靴を褒めつつ、足首を観察してみるのもありかもしれません。

ふくらはぎに筋肉のある女性

ふくらはぎにしっかりと筋肉がついているということは、下半身の筋肉が発達しているという証拠です。したがって、ふくらはぎにしっかりと筋肉がついている女性は、キツマンを持つ女性である可能性が高いと考えられます。

身なりが整っている女性

見分け方としては、少し難しいかもしれません。前の項目でご紹介した、「女子力が高い女性」と少し共通している部分もあるかもしれませんが、自身の女性らしさを大切にしていれば、当然、身なりにも表れます。

メイクやヘアスタイル、ファッションなどに気を使っている女性は、自らの女性性を大事にしている可能性が高いと考えられますので、見分け方の1つとして捉えられるでしょう。

女性から見ても、男性から見ても、魅力的なキツマン。女性としては、ぜひとも目指してみたいものでしょう。具体的には、どのような努力をすれば、キツマンになれるのでしょうか?

キツマンになるには?

キツマンの特徴や、見分け方の中で、「筋肉」がキーワードとなっていたのは既におわかりかと思います。キツマンになるためには、下半身の筋肉を鍛えることがもっとも重要となってきます。今回は、キツマンになるためのトレーニング方法を、伝授いたします!

ランニング

キツマンになるためのトレーニングの、1つ目の方法として、「ランニング」があります。キツマンを持つ女性の特徴として、ふくらはぎや足首などの下半身の筋肉が引き締まっていることが挙げられましたが、ランニングは、まさに下半身の筋肉を鍛えるのにぴったりです。

必要なものと言えば、動きやすい服くらいですので、明日からでも取り組みやすいのではないでしょうか?取り入れてみるのもいいかもしれません。

乗馬

キツマンになるためのトレーニングの、2つ目の方法として、「乗馬」があります。乗馬をしている女性は、括約筋と呼ばれる、膣周り・お尻の筋肉が発達していると考えられます。括約筋が鍛えられていると、膣圧が強くなります。膣圧が強いことは、キツマンの特徴の1番大事なポイントです。

始めるためには、乗馬クラブなどを探す必要があり、1つ目にご紹介したランニングよりは、少しハードルが高いかもしれませんが、直接、膣周りの筋肉を鍛えることができるため、キツマンになりたい女性の方は、試してみる価値はあるでしょう。

膣圧トレーニング

「膣トレ」という言葉をご存知でしょうか?前の項目でも1度だけご紹介しましたが、「膣圧トレーニング」の略称で、骨盤底筋(骨盤の底部にあり、内臓を支える筋肉)を鍛え、膣圧を強くするトレーニングのことです。

この膣トレには、性交以外にも、さまざまなメリットがあり、実践している女性の方も多いそうです。膣トレをすることで、骨盤内の血流がよくなり、冷え性が改善できる可能性があります。

また、インナーマッスル(体の深いところに位置する深層筋)を鍛えられるため、姿勢をよくする効果があります。また、骨盤底筋は排泄機能もコントロールしているため、便秘解消にも効果があるそうです。

普段、性交をしない方でも、膣トレだけはやっておくと、体にいいことがたくさんあるかもしれません。

気になる膣トレのやり方

膣トレは、日常生活で、簡単に行うことができます。お風呂の場合、湯船に浸かりながら、指を2本、膣に入れて、膣内で開きます。リラックスしたまま、膣と肛門を引き締めるように力を入れ、指を閉じて、指を膣内から抜きます。力を入れたまま、5秒~10秒キープします。これを10セット行います。

また、膣トレは、トイレでも行うことができます。排尿する際に、力を抜いて一度に排尿するのではなくて、途中で膣を引き締め、何回かに分けることで、膣圧を強くすることができます。

さて、こちらの項目では、膣圧の強いキツマンになるための、トレーニング方法をご紹介いたしました。では、実際に、自分がキツマンがどうなのか、気になりませんか?

キツマンかどうか診断してみよう!

女性の皆さんなら、自分がキツマンなのかどうか、きっと気になるはずです。こちらの項目では、実際に自分の膣がキツマンなのかどうか、調べる方法をご紹介いたします!

お尻と足首でキツマンチェックができる!

キツマンの特徴として、下半身の筋肉が発達している点が挙げられることがわかりました。キツマンの見分け方の項目でもご紹介しましたが、自分がキツマンかどうかは、鏡を見て判断することができます。

お尻が上がっていて、足首がきゅっと締まっていれば、あなたは名器とも噂されるキツマンであると言えるでしょう。逆に、お尻が下がっていたり、ふくらはぎに筋肉がついていなければ、もしかしたらキツマンではないかもしれません。

キツマンを目指すことは健康にもいい

今回の記事を通して、キツマンとは、膣圧の強い膣であること、性交の際に気持ちいいというメリットがあること、また、ペニスが入らないというデメリットもあること、キツマンを目指すためには、括約筋や骨盤底筋などの下半身の筋肉を鍛える必要があることがわかりました。

一般的に、キツマンと言うと、男性からも女性からも、魅力的なイメージですが、名器とも噂される魅力的な体を作るためには、ランニング、乗馬、膣圧トレーニングなどの筋トレをすることが必要です。

もちろん、天然で膣内が狭く、キツマンと呼ばれるような膣の女性もいるかもしれませんが、デメリットでご紹介した通り、ペニスが入らず、男性も女性も痛い思いをしてしまう可能性があります。

そのため、やはり、ランニング、乗馬、膣圧トレーニングなどを行い、努力してキツマンを目指す方が、性交の際に男女ともに気持ちよくなれるかもしれません。

また、膣圧トレーニングは、内臓を支える骨盤底筋を鍛えるトレーニング方法のことですので、内臓の血流がよくなることで、冷え性が改善したり、排泄機能が向上したりという、健康的なメリットも与えてくれることがわかったので、女性の方は挑戦してみるのもいいかもしれません。

しかし、膣内に指を入れる行為は、爪で膣内を傷つけてしまう危険性や、無理に広げることで傷つけてしまう可能性が考えられるため、無理に行う必要はありません。身近に取り入れられる範囲で、まずは姿勢をよくするところから、始めてみるのがよいかもしれません。

また、膣圧を強くするためのトレーニングとしてでなくても、ランニングや乗馬などを、これを機に始めてみるのもよいかもしれません。下半身の筋肉だけでなく、全身にも筋肉を少しつけることができますし、運動不足の解消にもなります。

とは言え、やはり、性交が気持ちいいに越したことはありません。マンネリ化やセックスレスの防止にもなり、円満な恋人関係でいられるためにも、キツマンを目指してみてはいかがでしょうか。

以上が、キツマンの特徴やその見分け方、メリットやデメリット、キツマンになるためのトレーニング方法などのご紹介でした!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ