処女卒業したい女性必見!初体験の前にすべき準備とは?

「処女を卒業したい」「処女だとばれるのが恥ずかしい」と思ったことありませんか?しかし、どうやって処女を卒業したらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。今回は処女卒業するために必要な準備と、処女卒業の際の注意点や体験談などをご紹介していきます。

処女卒業したい女性必見!初体験の前にすべき準備とは?のイメージ

目次

  1. 1処女を卒業したい!初体験前にしっかり準備しておくと安心!
  2. 2処女を卒業する平均年齢は?
  3. 3処女卒業Q&A
  4. 4もし妊娠の可能性があることをしてしまったら
  5. 5処女であることをしっかり伝えておこう!
  6. 6処女を卒業する前に準備しておくこと
  7. 7処女卒業の注意点は?
  8. 8処女卒業の体験談を参考に!
  9. 9彼氏がいない女性が処女を卒業する方法は?
  10. 10処女を卒業したい女性たちへ

処女を卒業したい!初体験前にしっかり準備しておくと安心!

早くセックスをして処女を卒業したいと思い立ったはいいけれど、事前に何を準備すればいいのか不安になる女性もいるでしょう。人生で一回しかない経験だからこそ、素晴らしい初体験を迎えたいはずです。事前にしっかり準備をして素敵な初体験を迎えられるようにしましょう!

処女を卒業する平均年齢は?

世の中の女性たちは何歳で処女を卒業したのか、もしかして自分は初体験が早かったのではないか、もしくは処女を卒業するのが遅いのではないかと不安に思うこともあるでしょう。そんな疑問点を調べましたのでご紹介いたします。

処女を卒業する平均年齢は17歳

インターネットで何歳でセックス初体験を迎え、処女を卒業したかをアンケートした結果、処女を卒業する平均年齢は「17歳」となったそうです。17歳といえば思春期を迎えたころで、性の知識についてもだんだん深くなっていく年頃です。この時期に彼氏や他の異性と出会い、処女を卒業する人が多いのでしょう。

年齢は気にする必要なし

先ほど処女を卒業する平均年齢をご紹介しましたが、実は処女を卒業するのに年齢を気にする必要はありません。17歳で初体験を迎えた女性もいれば、20歳を過ぎてもセックスを経験したことがなく処女のままの女性もいます。処女を卒業する年齢は過ごしてきた環境によって大幅に変わるものです。

何歳までに処女を卒業しなくてはいけないと決まっているわけではありませんし、まだ初体験を済ませていない女性は焦って行動をするのではなく、いつか出会うパートナーと迎える処女卒業へ向けてしっかりと準備を整えていきましょう。

処女卒業Q&A

処女卒業ってなんだか怖い、初めてのセックスは本当に痛いの?などセックス未経験の女性には不安に思うことがあるでしょう。まわりの女性からの処女卒業の話を聞いて、今一歩踏み出せない方もいるかもしれません。不安なく素晴らしい初体験を迎える準備ができるように、処女卒業の疑問についてお話していきます。

挿入時の痛みはどのくらい?

まず、処女を卒業するときに感じる痛みは3種類あると言われています。1つ目はペニスを挿入されて処女膜が裂けるときに感じる痛み、2つ目は挿入されたペニスが動くことで膣壁との摩擦が起きた時の痛み。そして3つ目は、狭い膣をペニスでこじあける圧迫感による痛みです。

特に処女膜が裂けるというのは、皮膚に怪我をしたときと同じ状態になります。その傷をペニスが擦るのでヒリヒリとした痛みや中には激痛を感じる女性が多いようです。痛みに弱い方はあまりのつらさに泣いてしまうこともあるようです。

痛みを和らげるには?

初めてのセックスが恥ずかしいと思って足を閉じてしまったり、痛いのが嫌だと体に力を入れてしまうと却って痛みが増してしまいます。男性に身も心も預けてリラックスして足を開き、体の力を抜いてみましょう。

また、前戯もとても大切です。初体験、経験済みに関係なく、どんな女性でも膣が潤っていないままペニスを挿入されると痛みを感じます。挿入をする前に膣が濡れているか確認しましょう。濡れにくい女性はローションを準備して処女を卒業するときに使用してみるといいでしょう。

必ず出血するもの?

初体験をすると処女膜が破られるため出血すると思われることが多いですが、実は出血しない女性もいます。日常生活や運動などで裂けてしまったり、伸びてしまうことも珍しくないのです。

処女の女性でも処女膜がすでに裂けていたり、伸びてしまっている場合は初体験でも出血はしません。人によって異なるので処女を卒業したときに出血がなくても不安を感じなくても大丈夫です。

痛みや出血はいつまで続く?

初めてのセックスと一言に言えど、その内容は人によって全く異なります。大多数の女性は半日程度で痛みや出血が治まることが多いようです。しかし、中には処女卒業後2日〜3日ほど痛みが続く方もいるので、初体験の際は休日前など休める環境を作っておいたほうがいいかもしれません。

処女は妊娠しない?

処女だからといって、妊娠しないなんていうことはあり得ません。初潮を迎えて排卵があれば、処女でも妊娠する可能性があります。

「コンドームをつけずに挿入したけど、痛くて先に進まなかった」こんな場合も性器同士が直に触れ合っているので、男性の先走り汁で妊娠する可能性があります。処女なら妊娠しない、なんてことはないので、しっかりと知識を持って避妊しましょう。

もし妊娠の可能性があることをしてしまったら

初体験で不慣れな場合、避妊がしっかりとできていない場合があります。セックスというものは妊娠する可能性があるものだということを大前提に、初体験を迎えましょう。ここではもし、避妊に失敗してしまった場合にどうすればいいかをご紹介します。

避妊ができてなかった!

挿入してピストン運動をしている時に、コンドームが破けてしまったり膣の中で外れてしまうということがあります。これは質のよくないコンドームを使ったり、本来の装着法と違ったつけ方をしたために起きてしまいます。排卵のある女性は膣の中に射精されると妊娠する可能性が高いです。しかし、妊娠したかどうかは次の生理がくるまでわかりません。

不安な可能性が少しでもある場合はすぐに病院に行きましょう。もし避妊に失敗してしまった場合、レディースクリニックといった婦人科がある病院にいくとアフターピルなどといった緊急避妊薬で妊娠を回避することができます。初体験の後で気になることがあったら病院に行くようにしましょう。

処女であることをしっかり伝えておこう!

初体験を済ませていないことが恥ずかしくて、パートナーに処女である事を伝えないまま、セックスをしようとしていませんか?パートナーに伝えないままでいると相手は経験済みだと思って遠慮を無くし、手荒になってしまうかもしれません。恥ずかしがらずに処女であることを相手にしっかりと伝えたうえで処女を卒業しましょう。

処女と経験者ではセックスにも違いが

処女と経験者では、セックスにも違いが出てきます。まだセックスが未経験な処女は上記でも説明したように緊張して体に力が入ってしまい、また処女膜が割かれ、挿入に慣れていない膣にペニスが入るのですから最初は中で快感を得るのは難しいでしょう。

しかし、セックスを経験している女性はテクニックが違います。どう動いたら自分やパートナーが気持ちよくなるかを知っているのです。

処女を卒業する前に準備しておくこと

とうとう初体験を迎え「処女卒業」となったとき、経験がないことからうっかり失敗してしまうこともあるかもしれません。素敵な初体験で処女を卒業するために、前もって準備することを確認していきましょう。

ムダ毛処理

パートナーが気にしないだろうと思って、雑なムダ毛処理をしてしまうと相手から幻滅されてしまうかもしれません。男性は「女性はムダ毛が少ない」と考えている人が多く、処理が甘いとがっかりすることもあるようです。電動シェーバーや剃刀、除毛グッズなどでしっかりとして処理をしましょう。

剃り残しを無くすために、脱毛サロンへ通ってもいいでしょう。カミソリ負けや乾燥が気になったらボディクリームも一緒に使うことをオススメします。ムダ毛を整えて、肌を手入れしておくとセックスのときに男性からの褒め言葉も聞けるかもしれません。

体臭ケア

セックスはお互い裸になって行うものです。普段は衣類の柔軟剤などで誤魔化せる体臭も、この時ばかりは誤魔化せません。初体験を迎えると決めた日の前日には普段より長めにお風呂に入って体臭ケアを心がけましょう。もしそれでも気になる体臭が残ったら、香水やボディミストなどを使ってケアしてみるのもいいでしょう。

オーラルケアグッズ

デートからの流れで初体験を迎えることもあります。ホテルに向かう前に食事をしていたら、口臭が気になるかもしれません。歯ブラシやマウスウォッシュなどをカバンに潜ませておき、気になったら使うようにしましょう。

勝負下着

もし普段からベージュの下着や機能的なスポーツブラなどを愛用していたら、ここぞという時に着る勝負下着も前もって準備しておきましょう。いざセックスをする時に、女性の服の下から現れた下着が色気のないデザインだと男性はがっかりしてしまうかもしれません。

せっかくの初体験なのですから、自分とパートナーの気分を上げるためにも気に入った勝負下着を身に着けて処女卒業しましょう。勝負下着を選ぶときの基準は「相手の好きな色」「可愛い、もしくはセクシー」な下着を選べば間違いありません!

生理用ナプキン

処女を卒業した後、出血がとまらなかったり、少し時間が経ってから出血をすることがあります。血だけではなく、愛液やおりものなどで下着が汚れてしまうこと可能性も。そんな時の為に生理用ナプキンを準備しておきましょう。出血が止まらなかったときにショーツに当てられるので下着を汚さずにすみます。

いざ初体験を迎えようとしたときに気が乗らなくなった場合に「今日生理だから」とやんわりとセックスを断るアイテムにも使えて便利です。

コンドーム

初めてのセックスの際、パートナーがコンドームを用意してなかった時や装着するのを失敗してゴムが無くなった場合に備えて、女性の方も自分でコンドームを準備しておきましょう。

ゴムがないからと避妊をしないでセックスすると妊娠してしまって後悔することになるかもしれません。自分で準備しておくことで、より安心感も得られるのではないでしょうか。

脳内シミュレーション

初めてのセックスを迎える前に、脳内でシミュレーションをしてみましょう。なぜ脳内シミュレーションが必要なのかというと初体験で何も知らないと、次は何をすればいいのか、相手に何をされるのか不安に感じて緊張してしまうことがあります。緊張をするとなかなか体も解れにくいものです。

しかし、事前にセックスの流れを脳内シミュレーションをすることによってある程度の不安は解消されて、心に余裕が持てるはずです。シミュレーションするのに材料がないと不安な方は、周りの経験済みの女性の話を聞いてみてください。そしてある程度の流れを想像してから、処女卒業へ挑みましょう。

処女卒業の注意点は?

処女卒業するにあたって何を注意すればいいのか、自分で考えることが大事です。初体験に期待するあまり、見落としてしまっていることやがっかりすることもあるかもしれません。ここでは注意点をしっかりご紹介していきます。

妄想や期待通りでないことも

初めてのセックスは必ずしも成功するものではないことを頭の隅にいれておきましょう。妄想の中では自分が思った通りにことを進められますが、現実はそうもいきません。

初体験の場合「痛すぎて挿入しきれなかった」「思い描いていたセックスと違う」など期待通りにいかないことが殆どです。ここで無理にセックスを行うと自分自身やパートナーを傷つけてしまいかねません。

初体験のときはあまり意気込まずに「好きなパートナーと処女卒業できたらいいな」とリラックスしながらセックスに臨んでみましょう。体も心も解れて気持ちよく処女を卒業できる可能性があがるでしょう。

コンドームを装着してもらう

コンドームはとても大事なものです。コンドームをつけずにセックスをすると妊娠のリスクが一気に高まりますし、相手が性病を持っていたら自分にも病気がうつる可能性があります。ペニスを挿入するときにはコンドームを装着したか、二人で確認するといいでしょう。しっかりとコンドームが装着されていることを確認できたら、女性はそれだけで安心できます。

1度装着するのに失敗したコンドームは、必ず捨てて新しいものを使ってください。裏表を間違えて装着しなおした場合、すでにコンドームに精子が付着している可能性があるためです。

セックスを楽しむには回数が必要

最初から期待通りのセックスを楽しむのは難しいでしょう。処女の場合は膣がまったく開発されていないためペニスを挿入されても気持ちよさがわからなかったり、痛さを感じてしまうこともあります。

しかしセックスの回数を重ねると、自分が感じる場所もわかってきますので男性をリードすることもできるようになります。何より精神的な余裕が生まれるので、じっくりとセックスを楽しむことができるようになるでしょう。

お酒は飲み過ぎない

初体験への緊張をほぐすのに軽くお酒を嗜むのはいいかもしれません。しかしお酒の飲み過ぎには注意しましょう。お酒を飲むと感度が低くなるといわれています。また酔い過ぎてセックス中の記憶がまったく残らない可能性があります。一度しかないせっかくの初体験なのですから、記憶が残らなかったなんてことは避けるようにしましょう。

本当にこの人で良いのかしっかり考える

自分の周りがどんどん「処女を卒業した」という話を聞くと焦ってしまいがちです。適当な男性を捕まえて、処女を卒業しようと考えたことがある方も少なくはないでしょう。しかし、初めてのセックスというものは一生に一度しかないものです。女性にとって大事な処女を卒業というイベントをそんな男性に捧げてしまってもいいものでしょうか?

焦って初体験に臨んだ女性は後悔することが多いようです。早く処女卒業したいと思っても、焦らずに「本当にこの人でいいのか」とゆっくりと考える時間を持ってみることをおすすめします。

処女卒業の体験談を参考に!

実際に処女卒業した女性の体験談をまとめてみました。調べてみるといろいろな体験談があるようなので、これから処女を卒業する方はぜひ参考にしてみてください。

処女卒業したい!同い年の彼氏との体験談

私の処女卒業は17歳のときでした。相手は同じグループ内の男の子で、他に友人を交えて遊ぶような関係でした。ある日彼のほうから告白されて付き合うことに。私の家に彼を誘った時は家に親がいたのでキスだけで止まりました。処女を卒業したのは彼の家でのことです。誘われて遊びにいったら、他に誰もいなくて2人きりで過ごしてました。

いつものように彼とじゃれあっていたらいきなり押し倒されて「我慢できない」と言われたのです。私も彼氏とセックスをしてみたいという気持ちがあったので「いいよ」と返事をしました。私は処女でしたが、彼は経験済みだったみたいで優しくリードしてくれて無事に処女卒業できました。実際に初体験を迎えるのは不安は少しだけありましたけど怖くはなかったです。

以前よりセックスに興味があったのでそういう動画も見てましたし、興味本位で自分で触ってみたりちょっとだけ指を入れてみたこともあったので、痛みもあまりなくすごく気持ちよかったです。セックス初体験のときは恥ずかしさもありましたけど、一度経験して処女を卒業してしまえば恥ずかしさは無くなりました。

早く処女卒業したい!SNSで出会った男性との体験談

高校時代、周りの友達は処女卒業が早かったですが、私は高校を卒業してもなかなか初体験を迎えられず、処女であることをコンプレックスに感じていました。大学に行ってもなかなか出会う機会がなく、同年代の女性の話題と言ったら彼氏とのことばかり。早く処女を卒業したいと焦った私はSNSやマッチングアプリで相手を探してみることにしました。

好みの男性を見つけて自分からアプローチを仕掛けていったのです。そのなかの男性の一人とやり取りが続いて「実際に会ってみよう」と誘ってみると彼からもいい返事がもらえました。

待ち合わせ場所に現れた男性は私の理想ぴったりな人で「この人なら処女をあげてもいいかな」と思ったことを覚えています。

その日は軽いデートと食事をして別れる予定でしたが勇気を出してホテルに誘いました。彼は一瞬驚いていましたが、快く応えてくれました。

意外にも彼は慣れていたようであっさりと処女卒業してしまいました。痛みはありましたがそんなに気にならなかったです。コンプレックスも解消されて自分に自信が持てるようになりました。ちなみに今も彼とはいい関係でいます。

やっとのことで処女卒業!何度も試した体験談

私の処女卒業は高校3年生の時でした。2年生から付き合い始めた彼氏と何回もセックスに挑戦しましたがお互いに処女、童貞で経験がなくてなかなかうまく処女を卒業することができませんでした。早くセックスしたい彼氏と準備ができていない私とで喧嘩になったこともあります。特に私は女性器が小さかったみたいで彼の先端を入れられただけでも痛かったのです。

このままではお互いによくないと思ってセックスに対する知識と、彼氏とのコミュニケーションを増やしました。彼氏は挿入は簡単にできると思っているタイプだったみたいで、そんなに簡単じゃないと説明をして次にセックスをするときは前戯と愛撫をしっかりしてくれとお願いしました。彼も理解してくれたようで以前に比べてとても優しく行為をすすめてくれました。

安心した私は心と体を預けてリラックスすることができて、まるで嘘みたいにスムーズに処女を卒業できました。挿入されたときにかなり痛さを感じましたが、それよりも彼氏と処女を卒業することができた嬉しさが勝ってすぐに忘れてしまいました。初めてのセックスを経験した後、股の間に違和感が残りましたが何日かすると気にならなかったです。

彼氏がいない女性が処女を卒業する方法は?

「処女を卒業したいけど相手がいない」「学校や仕事が忙しくて男性と出会う機会ができない」とそういった女性も多いのではないでしょうか。忙しいと気の合う相手を探すこともなかなか難しく、ますます処女卒業へ時間がかかってしまうでしょう。そんなあなたに、気軽にパートナーを探す方法をご紹介します。

マッチングサイト

一番気軽に相手を探せるのはマッチングサイトでしょう。年齢や性格といった大まかなものから身長や体型など、自分の希望する条件を細かく検索して相手を見つけられることから、人気が高いようです。大半のマッチングサイトはしっかりとした身分確認もあり、理想のパートナーを探せるという点では最初に候補に挙がります。

女性の登録は無料のサイトが多いので試しに登録してみてはいかがでしょうか。もしかしたら理想のパートナーが見つかって処女卒業を迎えられるかもしれません。ちなみに、18歳未満は利用できません。

出会い系掲示板

ネットには様々な「出会い掲示板」というものがあります。ここは相手がだれでもいいから、とにかく手っ取り早く処女卒業したいという方におすすめです。地域別に分かれているものや性癖別に分かれている掲示板など、種類が豊富にあります。

書き込みをしている人の顔写真を確認できる掲示板もありますので、好みの男性がいたら自分からアプローチをかけてみてはいかがでしょうか。こちらも18歳未満は利用できません。

ナンパ

人の多い駅前や繁華街などで、声をかけてナンパをしてくる男性を選んでしまうのも手です。ナンパというのは古典的な方法ですが、実際に人と話してからついていくか決められるのが良い点でしょう。もし声をかけてきたのが好みに合う男性だったら、体を委ねてみてもいいかもしれません。

しかし、短時間で人となりを見るしかないので、実際にはどんな人物なのか、病気などを持っているのかどうか確認できないのが難点でもあります。ナンパしてきた男性がどんな相手なのかしっかり見極めたうえで処女を卒業しましょう。

処女を卒業したい女性たちへ

さまざまな事例をご紹介してきましたが、参考になりましたか?処女を卒業する年齢や方法、痛み、出血などは人それぞれです。誰かが経験したから、周りが処女卒業したからといって焦ることは全くありません。自分のタイミングで自分に合った方法で気持ちよく初体験を迎えて処女を卒業できるように、しっかりと知識を増やして心と体の準備をしておきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ