角オナニーとは?角オナの気持ちいいやり方やコツとは?

女性なら誰でも経験したことのある角オナニーって知っていますか?角オナニーの気持ち良いやり方や気を付けなくてはいけない事、コツなどをご紹介します。角オナニーのテクニックを身に着ければ、絶頂を体感出来てやみつきになるかもしれませんよ。

角オナニーとは?角オナの気持ちいいやり方やコツとは?のイメージ

目次

  1. 1角オナニーの気持ちいいやり方とコツをご紹介
  2. 2角オナニーとは?
  3. 3角オナニーが気持ちいい理由
  4. 4角オナニーの気持ちいいやり方
  5. 5角オナニーのコツやテクニック
  6. 6角オナニーに役立つグッズ
  7. 7角オナニーの注意点
  8. 8楽しく安全に角オナニーをしよう

角オナニーの気持ちいいやり方とコツをご紹介

あなたは角オナニーを経験したことはありますか。もしかしたら、その言葉を知らないだけで経験したことはあるかもしれません。角オナニーはやり方も簡単ですし、気軽に色んな方法を試す事も出来ます。初心者にもおすすめの角オナニーのやり方やコツをご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

角オナニーとは?

角オナニーとは、物の角を利用してオナニーする事です。机やベッド、テーブルなどの角のとがっている場所に、自分の性器を擦り当てるだけで、気持ち良い感覚を得る事が出来ます。

角オナニーは、オナニーという言葉を知らないのに、目覚めている女性も多いと言われています。角オナニーのコツやテクニックを極めれば、大人のおもちゃを使わなくても簡単に気持ちよくなれるという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。

角オナニーが気持ちいい理由

オナニーをする時に、ふと何処かの角に性器を擦りつけたことはありませんか。角オナニーは、机やテーブルなどの角のある場所に性器を擦りつける以外にも、クッションや枕など、実に様々な方法があります。手で行うオナニーよりも、角オナニーのほうが気持ち良い理由についてご紹介します。

指とは違う快感を得られる

角オナニーは、指を使ったオナニーと比べてみても、擦りつける具合によって刺激の変化を楽しむことが出来ます。また、物の角を使って性器を圧迫するようにして行いますので、指とは違う快感を得る事が出来るのです。

角オナニーで性器を角に押し付けていれば両手が空きますので、他の部位に空いている手を使って楽しむ事も出来ます。自分が想像していたよりも異なる刺激を楽しめて、一層気持ち良いと感じる事が出来るでしょう。

簡単に出来るから

角オナニーは大人のおもちゃを用意しなくても、部屋にあるもので簡単に出来ます。道具が必要ですと、保管する場所も気を遣わなくてはいけませんが、角オナニーであれば誰にもバレることなく気持ち良くなる事が出来るのが嬉しいですね。

但し場所によっては、オナニーをしていたってバレてしまう可能性もありますので、必ずしも何処でも良いという訳ではありません。机でもクッションでも、自分のお気に入りの「角」を見つけて、色んな快楽を探してみましょう。

角オナニーはその時の気分によっても、使う物を変える事が出来ます。簡単にオナニーが出来て、色んなものを試すことも出来ますので、自分のお気に入りの場所や物を見つける事が出来れば、より気持ち良くなれるでしょう。

ふとした瞬間に快感を覚える

角オナニーは、オナニーという行為を意識する前から、多くの女性が経験したことがあると言われています。例えば、家の中を歩いている時や自転車を運転している時など、日常の何気ない行為の中で、不意に性器が物の角にぶつかってしまう事もあるでしょう。

そのふとした瞬間に「気持ちいい」と感じてしまう女性は、実は大勢いるのです。このような事がきっかけとなり、角オナニーに目覚める女性が多くいます。また、角オナニーという言葉を知らなくても、気持ち良いからといって角オナニーを始める女性もいます。

物の角に自分の性器を押し付けるという行為は、突起している部分で自分自身を虐めているような気持ちになり、それが興奮要素となって快楽が高まるとも言われています。気持ち良いやり方を知らなければ、痛みを感じる事もありますが、痛みと快楽のギリギリを責めるオナニーだからこそ、気持ち良いと感じる女性もいるのでしょう。

角オナニーの気持ちいいやり方

角オナニーは、性器を物の角に擦りつけて快楽を得るオナニーですが、気持ち良いやり方を知っておけば、一層オナニーを楽しむことが出来ます。ここでは、基本的な角オナニーのやり方をご紹介しますので、まずはしっかりと基本を押さえて、少しずつアレンジやテクニックを加えていきましょう。

下着姿になる

角オナニーのやり方で気を付けなくてはいけないのが、絶対に全裸ではなく下着姿になるという事です。下着を付けないでそのまま角オナニーをしてしまうと、物が汚れてしまいます。また、使う物に雑菌が繁殖している恐れもあり、直に性器を擦りつけてしまいますと、粘膜から細菌や雑菌が入ってしまうかもしれません。

下着姿であれば、角オナニーをしても性器を傷つけることなく安全に行うことが出来ますので、必ず全裸ではなく下着姿で行うようにしましょう。

最適の角度を見つける

角オナニーは、自分が気持ち良いと感じるところであれば、何処でも出来るというのが一番の魅力ではないでしょうか。自分にとって最適の角度を見つけて、角オナニーを存分に楽しみましょう。

最適の角度の見つけ方は、自分が落ち着ける場所にあるかどうか、自分の足から腰の高さを見て、丁度良い場所にあるかどうか、そしてあまりにも角が鋭角過ぎていないかという3点が、探すときのポイントとなります。

自分の部屋や寝室など、周囲にある角をよく見て、良さそうな場所がありましたら軽く性器を当てて、いくつか試してみると良いでしょう。

角に性器を当てて擦りつける

角に性器を軽く押し当てましたら、そのままゆっくりと上下左右に擦りつけるように腰を動かしましょう。一番刺激を感じて気持ち良い部分はクリトリスですので、角をうまくクリトリスに当たるように調節して下さい。

慣れてきましたら速度や強弱をつけながら、自分が気持ち良いと感じるポイントを確かめつつオナニーを行ってみましょう。あまりにも角が尖りすぎていると、不意に強い刺激が走って痛みを感じる事もあります。慣れない内は、出来る限り角が丸みを帯びている所を探して角オナニーをしてみましょう。くれぐれもケガにだけは注意して下さい。

枕を使ってオナニー

角オナニーで一般的なものは、机を使ったものになります。ですが、初めてですと強弱の付け方が難しくて、性器を痛めてしまう可能性がありますので注意が必要です。そこでおすすめなのが、枕を使った角オナニーです。

枕であれば、角も尖っていませんので優しい刺激を性器に与える事が出来ますし、安全に角オナニーを楽しむ事が出来るでしょう。ですが、人によっては枕ですと刺激が少なくて、全然物足りないと感じる人もいるかもしれません。そんな時は、ちょっと硬めのクッションを使ってみましょう。枕よりも気持ち良い刺激を性器に与える事が出来るでしょう。

慣れてきたら徐々に硬いものを試してみて、机や棚などのお気に入りの角を見つけて角オナニーを楽しんで下さい。

おかずを用意する

角オナニーはただ性器を角に擦りつけても、快感を高めることは出来ません。おかずを用意して、想像を掻き立てる事で一層気持ち良さを感じる事が出来ます。女性は想像力に長けている人が多いと言われていますので、色んなシチュエーションを想像して角オナニーを楽しんで下さい。

想像だけでは物足りないという人や、イマイチ興奮出来ないという人は、好きな人の写真を用意してみたり、角オナニーをしている動画やエッチな雑誌を用意してみたりするのもおすすめです。例えば、机の角を利用すれば、机と対面した状態にする事で、机の上にあるものを見ながらオナニーをする事が出来ます。

角オナニーは第三者が居るような感覚で出来ますので、興奮を高められるようなおかずを用意したり、想像したりする事で、感度を高める事が出来るでしょう。

場所を変えてみる

角オナニーをする場所は、殆どの女性が自分の部屋ですが、場所というのも興奮を高める為には重要となります。気分を変えて違う場所で角オナニーをすれば、今まで以上に気持ち良くなれる事でしょう。但し、スリルを求めるあまりに、人が来そうな場所でオナニーをするのはおすすめ出来ません。

野外や人が多い場所での角オナニーは、かなり興奮してしまうかもしれません。スリルを求めるのは構いませんが、慣れない内はリスクも高いので十分に気を付けて下さいね。

角オナニーのコツやテクニック

角オナニーは、シンプルに物の角に性器を押し付けるからこそ、気持ち良くなるにはコツやテクニックが重要となります。角オナニーを極めたい、もっと楽しみたいと考えている人は、是非ご紹介するテクニックを参考にしてみて下さい。

ゆっくり上下から始める

角オナニーのやり方は、最初から思い切り性器を強く擦りつけるのではなく、最初はゆっくりと上下から始めて、徐々に激しくしていったほうが快楽を得やすいです。ポールダンスをイメージしながら、ゆっくりと大きく上下に腰を動かしてみましょう。

最初はクリトリスだけではなく、女性器全体に刺激を与えるイメージでやってみて下さい。角が性器にフィットしてきましたら、少しずつポイントを絞りながら角を当てていきます。ポイントとなる部分は、個人によって異なりますが、殆どの女性はクリトリスが一番気持ち良いと感じる筈です。

角をクリトリスに優しく擦りつけながら、小刻みに腰を動かします。角は指とは違ってソフトな感覚ではありませんので、強い刺激と圧迫が気持ち良いと感じる事でしょう。

空いた両手で他の部位を刺激

角オナニーは、物の角に性器を擦りつけながら、腰の動きで気持ち良くなれますので、両手が空くというのが一番のメリットです。空いている手を有効活用すれば、一層快楽を高める事が出来ます。色んなパターンがありますが、左手で胸や乳首を刺激して、右手は角と合わせて性器を刺激するという方法が一般的だと言えます。

角と両手を上手に使えば、一気に3か所からの刺激を受ける事が出来ますので、普通のオナニーでは体感する事が出来ないような、気持ち良さが味わえるでしょう。

息を止めずに声を出す

角オナニーをする時、声を出さないで息を止めてしまうという女性が多くいますが、それですとあまり興奮を高めることは出来ません。角に性器を当てるという感覚が、つい身体に力が入ってしまう原因の1つなのでしょう。そのような状態ですと、感度も鈍ってしまいますので、出来る限り呼吸を意識して息は止めないように心掛けてみて下さい。

段々と呼吸に慣れてきましたら、今度は自分が感じるままに喘ぎ声を出してみて下さい。自分の部屋であれば、少々オーバー過ぎても構いません。喘ぎ声を出す事で、身体の力も抜けて感度が高まり、どんどんと角オナニーが気持ち良くなるでしょう。

立ったり座ったりしてみる

角オナニーは体勢が限定されてしまうと思われがちですが、工夫次第で色んなパターンを楽しむことが出来ます。壁のコーナー部分を上手に活かせば、立ちながらの角オナニーが可能となります。四角の柱を抱きかかえるようにしながら角オナニーをすれば、相手が実際に目の前に居るような感覚で楽しむことが出来るでしょう。

机の角の部分に座ってみるという角オナニーの方法もあります。足を開いて机の角を覗くようにして、肛門から膣周辺を擦りつけてみましょう。普通の角オナニーでは、刺激を与えにくい部位を擦りつける事が出来ますので、また違った快感を得ることが出来ます。

他にも寝た状態で角オナニーを行えば、全身の力を抜きやすいので一番集中してオナニーが出来ると言われています。指や大人のおもちゃを使ったオナニーの合間に角オナニーをする事も出来ますので、色んな組み合わせを楽しむことが出来ますよ。

鏡を見ながらオナニー

鏡を使った角オナニーは、羞恥心を刺激するので大変おすすめです。自分がオナニーをしている姿を見る事で、恥ずかしい恰好をしている、淫らな事をしているという感情が芽生えて、興奮を高める良いスパイスになるでしょう。

部屋に全身鏡があれば、角オナニーを行う向かい側に置いてみましょう。オナニーをしている自分の姿が全身くまなく写しだされますので、興奮も高まって気持ち良い感覚を高める事が出来ます。

振動のある角を使う

角そのものが振動すれば、バイブを使ったオナニーのように角オナニーを楽しむ事が出来ます。難易度はかなり高めですが、振動のあるものの代表となるのが洗濯機です。

やり方はものすごくシンプルです。スイッチを入れて、洗濯機の角に性器を擦りつけるだけで、机やクッションとは違った気持ち良さを味わうことが出来るでしょう。洗濯・すすぎ・脱水など、細かく振動も異なりますので、興奮度も高まります。一人暮らしであれば、休みの日に洗濯をする時に試してみる事をおすすめします。

エッチなビデオを見ながら

男性はよくオナニーをする時に、エッチなビデオを見る人が多いですが、女性だって想像するだけじゃ物足りないという人は、エッチなビデオを見ながら角オナニーをしてみるのも、また違った興奮を得られるので大変おすすめです。

想像力があまり無くて、思うように興奮出来ないという人にもエッチなビデオはおすすめです。最近では、女性向けのエッチなビデオもたくさんありますので、自分が興奮するようなシチュエーションのビデオを探してみましょう。そうすれば、何時もの角オナニーも何倍も楽しめる筈です。

角をクリトリスに当てたままうつ伏せになる

少し大きめの机を用意して、うつ伏せで角オナニーをするやり方もあります。角と向かい合うような位置で、まず角をクリトリスに当てます。腰を動かしながら、気持ち良い場所を見つけましょう。ちょうど良い場所を見つけましたら、そのままクリトリスと角を起点にして上体を机に寝かせるようにします。

上体と腰を動かせばクリトリスに刺激がいくようになりますので、普段の角オナニーとは違った気持ち良さが得られます。全身の力も抜きやすく、疲れることもありませんので、このやり方はコツを掴めば癖になってしまうかもしれません。

角オナニーに役立つグッズ

角オナニーだけじゃ物足りないという人や、もうちょっと刺激が欲しいという人は、アダルトグッズを利用してみましょう。アダルトグッズは最近では、ネット購入が可能ですので、気軽に色んな商品を試してみる事が出来ます。コソコソする必要もありませんので、是非参考にしてみて下さい。

ローションやジェルを使う

角オナニーで使う机などの角は指とは違って冷たいので、それだけで感度が下がってしまうという人はローションやジェルがおすすめです。温感タイプのものは、性器に塗るだけで感じやすくなりますし、暖かいので角に擦りつけても心地よい温度でオナニーを楽しむ事が出来ます。

ローションやジェルを購入する際には、成分に気を付けて下さい。出来る限り天然成分で国内生産されているものが安全でおすすめです。肌への負担の軽いので、性器につけても安全ですよ。

ローターで刺激をプラスする

角オナニーだけの刺激だと物足りないという人は、ローターを使って刺激をプラスすると違った気持ち良さを味わうことが出来ます。手のひらサイズの可愛らしいローターは、バックに入れて持ち運ぶことも出来ますし、最近ではローターに見えない形をしているものもあります。

角にクリトリスを当てながら、ローターを使って性器の周辺を責めれば気持ち良くて直ぐにイク事が出来るでしょう。振動も段階に分かれて調整が出来るものもありますので、自分好みのローターを探してみては如何でしょうか。

エッチな下着で気分を高める

エッチな下着は、身に着けるだけでも気分を高める事が出来ます。エロさと羞恥心から直ぐに濡れてしまう女性もいる事でしょう。普段の下着よりも薄い生地であれば、角オナニーの刺激も強くなりますので、何時もと違った気持ち良さで直ぐにイってしまうかもしれません。

マッサージオイルやローションも一緒に使えば、感度も一気に高まって角オナニーを楽しむ事が出来るでしょう。

角オナニーの注意点

角オナニーは簡単に出来るので、慣れてきたら色んな角を使って試してみたいと感じる女性も多いことでしょう。ですが、角オナニーをする時には、気をつけなくてはいけない事もあります。安全に角オナニーを楽しむためにも、きちんと注意点を知っておきましょう。

裸にならない

角オナニーをする時は、絶対に裸にならないで下着を身につけましょう。下着を身につけないで物の角に当てると、使った物が汚れてしまいますし、性器の粘膜に雑菌や細菌が入る恐れもあります。また、直接角に性器を擦りつけてしまいますと、性器が傷つく恐れがありますので注意が必要です。

下着姿の刺激だと物足りないと感じるのであれば、薄手の下着をつけて行うというやり方もあります。普段の下着よりも生地が薄ければ、それだけ刺激をダイレクトに与える事が出来ますので、また違った気持ち良さを得る事が出来るでしょう。

オナニーする場所は綺麗に

角オナニーをする時に机を利用する人は多いのですが、必ずオナニーに使う場所は綺麗にしておいて下さい。そのまま角オナニーをしてしまいますと、万が一机に雑菌がついていた場合、性器の粘膜についてしまい、思ってもいなかった所でトラブルが起こる可能性があります。

角オナニーをする場所は、事前に除菌スプレーを使う事で綺麗にすることが出来ます。安全に角オナニーを楽しむためにも、除菌スプレーを1本用意しておくと安心でしょう。

行為の後も綺麗に片付ける

角オナニーを行う前に、除菌スプレーをして清潔にしておくのは大切ですが、角オナニーをした後も、きちんと除菌スプレーをしておかなくてはいけません。除菌をしないまま終わらせてしまいますと、雑菌が増える原因となります。特に角オナニーが終わったあとは、使った個所をきちんと除菌をしておきましょう。

痛みを感じたら病院へ

角オナニーをした後に、性器に痛みを感じたら出来る限り早く病院に行って下さい。性器の痛みは自己判断で解決するのではなく、必ず病院で診てもらわないと解りません。雑菌が性器に入ってしまった可能性もありますし、角オナニーが原因で性器が傷ついてしまった可能性も考えられます。

また、性器を傷つけないためにも、角オナニーをする時は必ず下着をつけるように心掛けましょう。

角オナニーをやりすぎない

角オナニーは道具も必要ありませんし、身の回りにあるもので簡単に出来ますので、ふとした瞬間にオナニーを始めてしまう女性も多いのですが、それが良くもあり、悪い点でもあります。

角オナニーはやりすぎてしまうと、女性器が腫れてしまう恐れもあるため、やりすぎには注意が必要です。角の刺激が激しすぎて、摩擦で性器が傷ついてしまう事もあります。

角オナニーは1日1回以上は行わないように心掛けましょう。もし、連日行う場合には間に刺激の優しい角を入れるなど工夫をしてみて下さい。万が一性器が傷ついて痛みを伴う場合には、必ず病院で一度診てもらって下さいね。

楽しく安全に角オナニーをしよう

角オナニーはとってもシンプルで、気持ち良い刺激を楽しむことが出来ます。何時でも何処でも出来るオナニーっていうのも、メリットの1つですね。だからこそ、テクニックを磨けば無限に楽しむことが出来るでしょう。

角オナニーはやり方次第では、性器を傷つけてしまう恐れもあります。大事な性器を角に擦りつける行為は、考え方次第では危険でもありますので、くれぐれもケガには気を付けて楽しんで下さい。もしも、性器に異変を感じましたら、必ず病院に行く事を心掛けましょう。

机や棚といった場所以外にも、クッションや枕など、色んな道具を使って楽しむことが出来る角オナニーは、その時の気分次第で色んなシチュエーションで楽しむ事も出来ます。自分が一番気持ち良いと思う場所を見つけて、楽しく安全に角オナニーを楽しみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
かわまる
毎日バタバタ2児の母です!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ