女の子の「ひかり」という名前の意味や由来!漢字や画数など紹介!

赤ちゃんが生まれたら、男の子でも女の子でも名前を考えるのわくわくします。今回お伝えするのは女の子の名前のひかりちゃんです。ひかりという名前に纏わる意味や由来、漢字の種類や画数についてとことん調べてご紹介していきましょう!

女の子の「ひかり」という名前の意味や由来!漢字や画数など紹介!のイメージ

目次

  1. 1「ひかり」という名前の意味や由来は?漢字や画数をご紹介!
  2. 2女の子に人気の名前「ひかり」の意味と由来【イメージ別】
  3. 3「ひかり」の名前の意味と由来【人気な漢字別】
  4. 4大見出し:「ひかり」の漢字人気おすすめランキングTOP3
  5. 5「ひかり」という名前に関する豆知識
  6. 6これからもひかりちゃんはロングセラー

「ひかり」という名前の意味や由来は?漢字や画数をご紹介!

女の子の名前の中でも、ひかりという名前は人気の1つです。ひかりという響きは、太陽の光や、木漏れ日、輝かしいサクセスロード等、ポジティブなイメージがたくさんつまっています。そのため、そんな願いを込めて女の子の赤ちゃんに名づける親御さんは多いのでしょう。

また姓名判断占いでは、字画がその人の運勢を左右すると言われています。女の子は、結婚すると苗字が変わるため、運勢もまた変わることから、名付けに気合を入れ過ぎない方がいいとも言われていますが、ひとまず赤ちゃんが無事に成長し、幸せな人生を願うのは、どの親御さんも同じなはずです。

そこで、人気の名前の中から、今回はひかりという名前にスポットライトを充てて、女の子の赤ちゃんに付ける際の、ひかりという名前に纏わる意味と由来についてもご紹介していきます。

 

女の子に人気の名前「ひかり」の意味と由来【イメージ別】

冒頭でも少し提示していますが、まずは赤ちゃんに付ける女の子の名前で人気の1つでもある、ひかりという名前の意味と由来について、イメージ別にご紹介していきましょう。その響きからたくさんのポジティブイメージが感じられ、これから赤ちゃんを産むお母さんも、お腹の赤ちゃんが女の子とわかっていたら、ひかりちゃんと名付けてみたくなるかもしれません。

明るいイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
光・6画 日夏莉・24画 陽香凛・36画 晄・10画
光里・13画 日歌莉・28画 陽日莉・26画 晄理・21画
光理・17画 日叶・9画 陽禾里・24画 晄利・17画

ひかりの漢字を光で名前を考えた場合、代表的な人気のものには、上記の表のようなものがあります。ご覧のように、ひかりという名前に光を使用すると、普段の使用からも、キラキラと明るい印象を受けます。

また日という漢字は日光等、太陽由来の意味を持つことから、力強いサンサンと降りそそぐ日の光を連想させ、社会で活躍してほしい意味も込められているそうです。陽という漢字は、すでに太陽の陽ということもあり、最も明るさを感じられる漢字です。男の子では陽と書いてひなたと読ませることもあり、人気の高い漢字です。

晄という漢字は、完全に当て字になりますが、この漢字は、四方八方に光が放たれることに由来し、ダイヤモンドのような光がイメージされます。美しい光を放つ意味のこの漢字は、あまり流通していないことからも使用するには被りにくい良さもあります。

 

優しいイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
灯香里・21画 灯花里・20画 妃花璃・28画 陽愛・25画
灯佳里・21画 光吏・12画 陽果莉・30画 柊香里・25画
灯香莉・25画 光莉・16画 陽華莉・32画 晄倫・20画

優しいイメージのひかりという読み方でよく使われている漢字では、ともしびの灯や、光はもちろん、品格や高貴のイメージである妃もよく使用されます。他に陽も引き続き人気で、樹木のモクセイから引用された柊、ダイヤモンドのような光をイメージする晄もよく使用されています。

灯の意味は、ろうそくの炎のように、柔らかい炎を連想することからも優しいイメージがあります。一般的な光については、マルチで合わせて使用する漢字によって、明るさを増したり、優しさをイメージしたり使用幅は広いです。

妃という漢字は、字の中に女という字が入ることで、女性らしさや優しさをイメージしやすくなります。陽という漢字は、比較的女の子よりも男の子に使用されますが、組み合わせ次第で優しい印象に使用できます。柊は、自然界の植物の漢字であり、柔らかい印象にするには、うってつけの漢字です。

晄は、一見堅いイメージがありますが、原石であるダイヤモンドは、組み合わせ次第で、七変化して優しい印象にも見せられるのです。

自然のイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
柊花莉・26画 飛香莉・28画 陽花利・26画 陽花李・26画
柊果李・24画 飛佳利・24画 日花莉・21画 陽夏梨・33画
柊華莉・29画 陽莉・22画 日輝・19画 光鈴・19画

自然のイメージがするひかりと読ませる漢字で使われているものに、柊があります。モクセイ科の常緑木で、秋から冬の代表緑樹になります。季語としては冬であり、冬生まれの赤ちゃんに名づけで使われることが多いようです。

柊の木の意味や由来は、強く優しく健やかにと例えられており、親御さんからは赤ちゃんがすくすく育ってくれるよう願いを込めて名付けられることが多いようです。通常ひかりと読ませることはできませんが、当て字としてひいらぎのひを引用して名前の読み仮名で使用されています。

その他飛ぶという字である飛も、鳥などの羽ばたく様から、自然のイメージとしての使用になじみます。

「ひかり」の名前の意味と由来【人気な漢字別】

次にひかりの名前の意味と由来について、使用される人気の漢字別にご紹介していきましょう。ひかりという名前には、まず光という漢字を始め、妃というちょっと高貴な聞こえのものや、日という漢字、晄という漢字等ひかりと読ませるために当て字を使ったたくさんの読み方のひかりがあります。

本来読めない読み方でも、その漢字に込められた親御さんの赤ちゃんへの熱い想いから、当て字として使用することで、よりその名前に深い意味をもたせるようになっているようです。

「光」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
光織(24画) 光李(13画) 光麗(26画) 光利(13画)
光凛(21画) 光璃(21画) 光浬(16画) 光香李(22画)

光という漢字の由来が、明るく前向きなイメージからきているように、キラキラとした印象があります。光という漢字でひかりと読ませる組み合わせとしては、後ろに女性らしい漢字をつけることで、見た目にも女性らしい優しい印象になります。


 

「妃」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
妃李(13画) 妃莉(16画) 妃麗(25画) 妃香利(22画)
妃里(13画) 妃梨(17画) 妃華莉(26画) 妃夏莉(26画)

妃の漢字の由来は、古くから皇族の妻や、女神のことを示してきました。そのため、妃という漢字を名前で使うと、優雅な上品な女性をイメージすることから、ひかりと読ませる名前としても人気の漢字となっています。

またこの漢字の右側の己は蛇を意味し、雨の神様の由来です。そこに女辺を付けることで、雨の神様に仕える女ということを意味しているそうです。
 

「日」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
日和里(19画) 日花梨(22画) 日佳里(19画) 日禾里(16画)
日香梨(24画) 日華利(21画) 日喜莉(26画) 日架利(20画)

日光のように、太陽の光という由来のある日という漢字は、人を明るく照らすような人になるように、等の願いを込めてひかりという名前を付ける時に使われています。

「晄」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
晄里(17画) 晄琳(22画) 晄李(17画) 晄凛(25画)
晄梨(21画) 晄輝(25画) 晄莉(20画) 晄哩(20画)

光が四方八方へと輝くことを意味する晄という漢字は、イメージするならダイヤモンドの輝きです。この漢字をひかりと読ませて、ゆくゆくは原石からダイヤモンドへと輝きを放って欲しいという親御さんの想いを感じられます。

「星」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
星輝(24画) 星里(16画) 星夏李(26画) 星架里(25画)
星織(27画) 星梨(20画) 星佳利(24画) 星果莉(27画)

ひかりという名前は、輝く光になぞらえることから、時に星をイメージされます。そのため、ひかりと当て字にすることはできなくても、輝く星の字を使って光輝く人生を送ってほしいといった親御さんの願いが込められて使われます。
 

「曜」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
曜(18画) 曜里(25画) 曜哩(28画) 曜莉(28画)
曜利(25画) 曜吏(24画) 曜李(25画) 曜理(29画)

曜日の曜でお馴染みの漢字ですが、この漢字、輝くや日のひかり、ひかる、ひかりといった意味があるそうです。ご存じない方も多いと思いますが、ひかりと通常読みすることもできるので、ひかりと名付ける場合は、他のひかり赤ちゃんと被らない字のためお勧めです。

「柊」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
柊狩(18画) 柊凛(24画) 柊麗(28画) 柊香李(25画)
柊李(16画) 柊理(20画) 柊加里(21画) 柊架利(25画)

冬に花を咲かせる柊の木は、モクセイ科の樹木です。冬に花を咲かせる由来として、漢字で見ると、木と冬が組み合わさって成り立っています。このことからも、冬の植物ということがわかります。寒い冬に懸命に花を咲かせることから、強く美しくという意味を込められてひかりという名前に名づけられることが多いです。
 

「比」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
比里(11画) 比理(15画) 比佳理(23画) 比果莉(22画)
比利(11画) 比織(22画) 比架里(20画) 比香梨(24画)

比較するといった2つ以上のものとくらべるという意味のこの漢字も、ひかりという名前に使われています。2つ以上のものとくらべる意味合いから、仲間や親しいといった意味を連想させ、たくさんの仲間と過ごせるようにと赤ちゃんに名づけることがあるようです。

「希」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
希莉(17画) 希麗(26画) 希織(25画) 希香梨(27画)
希里(14画) 希李(14画) 希佳理(26画) 希果莉(25画)

赤ちゃんが生まれると男の子でも女の子でも、家族にとっては希望の星です。そのため、希望の希をとってひかりと読ませる名前を付ける親御さんもいらっしゃるようです。ご両親の期待を背負って、望まれて育っていくことでしょう。

「洸」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
洸(9画) 洸里(16画) 洸利(16画) 洸璃(24画)
洸理(20画) 洸李(16画) 洸吏(15画) 洸莉(19画)

中国の山東省を流れる川の名前から由来している洸という漢字も、光という字が入ることからひかりという読み仮名で使われることがあります。女の子の名前よりも、男の子の名前の方が使われやすいですが、後ろに付ける漢字次第では、女の子らしい名前にすることができます。

「灯」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
灯里(13画) 灯理(17画) 灯莉(16画) 灯架理(26画)
灯李(13画) 灯梨(17画) 灯佳里(21画) 灯果莉(24画)

ろうそくやランタンの柔らかい炎を連想させる灯は、優しいイメージがあり、将来優しい女の子になるように赤ちゃんに名づけられることがあります。ひかりという読み方は当て字になりますが、あかりちゃんと名付けられることも多い漢字です。

「緋」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
緋莉(24画) 緋璃(29画) 緋花莉(31画) 緋香理(34画)
緋織(32画) 緋梨(25画) 緋香莉(33画) 緋香璃(38画)

緋という漢字は、火や明るく濃い紅色として例えられています。この字の読み仮名もひかりとは読めませんが、いきいきと力強さを感じる字であることから、ひかりという名前に使われることがあります。女性らしい意味合いもあり、女の子の赤ちゃんには気品ある女性にと名付けられているようです。

「陽」の漢字を使用した名前

漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数) 漢字(画数)
陽梨(23画) 陽李(19画) 陽愛(25画) 陽花里(25画)
陽浬(22画) 陽織(30画) 陽華李(29画) 陽禾理(28画)

太陽の陽という漢字は、男の子にも女の子にも名前付けに大人気です。ギラギラと力強いひかりを放つ太陽は、元気が感じられ、赤ちゃんが丈夫で明るい子に育つようにひかりという読み仮名として、名前に使われることが大変多いです。

大見出し:「ひかり」の漢字人気おすすめランキングTOP3

ひかりという名前は、平仮名でも漢字でも、本当に多くの当て字も用いられて使われています。ひかりちゃんという呼び名は多くても、漢字で工夫を凝らして、他のひかりちゃんと被らないように試行錯誤している親御さんの顔が浮かびます。

そんな中でも、やはり人気の漢字はあるもので、ひかりの読み仮名で使われる人気ランキングTOP3を下記にご紹介していきましょう。

中見出し:第3位:光

言わずとしれた、昔から最もよく使われる光という漢字は、使用頻度のロングセラー第3位に輝いています。そのまま堂々とひかりと読める読み仮名ですし、小学校2年生で習う漢字でもあることから、子供も早い段階で自分の名前を漢字で書けるようになることからも人気の字です。

中見出し:第2位:日

ひかりという名前に使われる漢字ランキングの栄えある第2位は、日です。日光のような強いひかりを連想するこの字のひかりという読み仮名は、日香梨ちゃんや日果梨ちゃんといった名前によく使われています。日光のようなひかり輝く女性になって人生を謳歌してほしいという親御さんの願いなのでしょう。

中見出し:第1位:陽

近年ひかりという読み仮名に限らず、名前の漢字としても大人気なのが、この陽という漢字です。お天道様の下というのは、誰でも幸せな気分になりますから、太陽の陽であるこの漢字は、名前を付けるのに皆さんが好む漢字なのでしょう。

ただし、この漢字は、意味は太陽や日、ひなたでありますが、実際にひかりと読み合わせることはないので、ひかりという読み仮名で使う場合は、当て字ということになります。それでもこの漢字を使ってひかりと読ませると、お天道様の力を借りられる気がしてきます。

「ひかり」という名前に関する豆知識

ひかりという名前に関する豆知識を見て行きましょう。ひかりという名前を平仮名でつけると、画数は7画になります。姓名判断の意味としては、義理堅く人情味のある両親との絆のある人物になるようです。また、平仮名でひかりと名付ければ、名前の記入時も簡単で、柔らかい印象もあることから、女の子の名前にぴったりです。

ひかりという読み仮名にすることが決まっているのなら、もし漢字で名前をつけるとなると、あまり難しい画数にすると、テストの時等、お子さんが困ることが出てくるかもしれません。また、漢字にはそれぞれ意味や由来があります。

季節感を取り入れたり、伝統的な意味が感じられると、大きくなってお子さんが自分がひかりという名前に誇りを持って生きていけるかもしれません。

男の子も「ひかり」はあり?

ひかりという名前は、実は男の子にもよく使われています。ひかりとよく似た呼び名にひかるもありますが、同様によく使われる名前です。ひかりの方がどちらかというと女の子に使いやすいのではないでしょうか?

いずれにしても、お天道様のような名前ですから、一般的に男女問わず、人気の名前であることには変わりないでしょう。

「ひかり」という名前の芸能人や有名人

芸能人でもひかりという名前を使っている人はたくさんいます。ここでは、芸能人でみるひかりという名前の持ち主をご紹介していきましょう。

モデルの森星(もりひかり)さん、グラビアアイドルの浅野光(あさのひかり)さん、グラビアアイドルの岡田ひかり(おかだひかり)さん、女優の石田ひかり(いしだひかり)さん、女優の満島ひかり(みつしまひかり)さん、爆笑問題の太田光(おおたひかり)さん等がいらっしゃいます。

「ひかり」はどんなあだ名(愛称)が多い?

ひかりという名前の場合、どんなあだ名があるでしょうか?ひかりという名前であだ名を検索してみると、ひーにゃん、ぴかりん、ひーさん、ひっさん、ひか姉、ひかりーなといったものがヒットしました。

聞こえとしては、あまり賢そうなあだ名がないのが少し残念ですが、2文字の名前の方があだ名は付けやすいのでしょう。他にも漢字で工夫をするとその漢字の持つ意味や由来からあだ名を作れたりするのかもしれません。

これからもひかりちゃんはロングセラー

昔から人気のある名前のひかりちゃんは、これからもきっとロングセラーで使われていくでしょう。人気のある名前は、他のひかりちゃんと被りやすく、学校のクラス等で同じ名前がいると先生もひかりちゃんも返事に困ることがあるかもしれません。

今後は、漢字でより工夫して使われることがあるでしょうが、戸籍上で使用できない漢字もありますし、また画数を気にされる方は、お腹にいる間に一生懸命素敵なひかりちゃんを名付けてあげてください。

Thumb女の子の「こはる」という名前の意味や由来!漢字や画数など紹介!
名前は、人生の終わりまで共に歩むパートナー。親が心を込めて選んでくれた、大切な宝物です。今回...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
suusan1824

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ