「ひまり」という名前の意味や由来!赤ちゃんの名付けに役立つ漢字や画数!

「ひまり」という名前は近年人気を集めている名前です。「ひまり」という名前は特に女の子に多く見られる名前ですが、そんな「ひまり」という名前にはどのような意味が込められているのでしょうか。ここではそんな「ひまり」という名前の意味や由来など、詳しくご紹介します。

「ひまり」という名前の意味や由来!赤ちゃんの名付けに役立つ漢字や画数!のイメージ

目次

  1. 1「ひまり」という名前の意味や由来は?漢字や画数をご紹介!
  2. 2女の子に人気の名前「ひまり」【イメージ別】
  3. 3「ひまり」の名前の意味と由来【漢字と画数編】
  4. 4「ひまり」の漢字人気ランキングTOP3
  5. 5「ひまり」の名前を付けるポイント
  6. 6「ひまり」という名前は女の子らしい名前!

「ひまり」という名前の意味や由来は?漢字や画数をご紹介!

みなさんは「ひまり」という名前の意味や由来についてご存知でしょうか。赤ちゃんが生まれたら、名付ける名前は悩むものです。中でも女の子の名前は、女の子らしい響きを持った名前が人気です。

そんな女の子らしい響きを持った名前として「ひまり」という名前は近年人気を集めています。そのため、読者のみなさんの中にも「ひまり」と赤ちゃんに名付けたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

そんなみなさんのために、ここでは「ひまり」という名前の意味や由来、姓名判断のことも気にかけている人のために漢字の画数もまとめてみました。「ひまり」という名前について詳しくチェックしていきましょう。

女の子に人気の名前「ひまり」【イメージ別】

「ひまり」という名前には、どのような漢字が使われていることが多いのでしょうか。ここでは「ひまり」という名前に使われている漢字を、「古風・和風なイメージ」「思いやりや優しさをイメージ」「活発さや元気さをイメージ」の三つのイメージを例にまとめてみました。

「ひまり」という名前に使う漢字を迷っていて、「古風・和風なイメージ」「思いやりや優しさをイメージ」「活発さや元気さをイメージ」のようなイメージに合わせて、赤ちゃんに名付けたいという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

古風・和風なイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
姫毬(21) 妃鞠(23) 弥毬(19) 雅毬(24)
日雅鞠(17) 比毬(15) 比鞠(21) 久茉莉(11)
雛鞠(28) 雅鞠(30) 弥鞠(25) 仁葵(16)
赤ちゃんに名付ける際に「ひまり」という名前を検討している人の中には、古風、和風なイメージをした名前にしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。

古風、和風なイメージの名前は、個性のある名前にしつつキラキラネームを避けることができるということで人気を集めている名づけ方で、シワシワネームとも呼ばれています。

「ひまり」と名付ける際に古風、和風な名前イメージの名前を付ける場合は、「鞠」「毬」「弥」といった古風なイメージのある漢字が使われることが多いです。

思いやりや優しさをイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
燈毬(27) 悠葵(23) 緋鞠(31) 枇希(15)
灯希(12) 緋毬(25) 悠鞠(28) 妃茉理(25)
妃茉凛(29) 一真里(18) 久茉莉(21) 枇茉里(23)
赤ちゃんに名付ける際に「ひまり」という名前を検討している人の中には、思いやりや優しさをイメージした名前にしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。

生まれてきた赤ちゃんには、思いやりや優しさを持った子に育ってほしいというのが、多くの親御さんの気持ちです。そのため思いやりや優しさをイメージした名前は、そんな願いを込めた名前として人気を集めています。

活発さや元気さをイメージ

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
光茉莉(24) 陽稀里(31) 一真莉(21) 向日葵(22)
陽凛(27) 陽里(19) 陽理(23) 陽毬(23)
光鞠(23) 向陽(18) 向葵(18) 陽真珠(32)
赤ちゃんに名付ける際に「ひまり」という名前を検討している人の中には、活発さや元気さをイメージした名前にしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。

生まれてきた赤ちゃんには、活発な子に育ってほしいというのが、多くの親御さんの気持ちです。そのため活発さや元気さをイメージをイメージした名前は、そんな願いを込めた名前として人気を集めています。

「ひまり」の名前の意味と由来【漢字と画数編】

赤ちゃんに名付ける名前を考えている人の中には「ひまり」と名付けたいと考えている人もいるでしょう。そんな人たちのために、ここでは「ひまり」の意味と由来についてご紹介していきます。

「一」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
一毬(12) 一莉(11) 一鞠(18) 一陽(13)
一利(8) 一梨(12) 一希(8) 一葵(13)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「一」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「一」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「一」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「一」という漢字を使った「ひまり」という名前には「一毬」「一莉」「一梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「一」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「一」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「一」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
一松李(16) 一末璃(21) 一末莉(16) 一末里(13)
一真里(18) 一茉里(16) 一茉璃(24) 一茉莉(19)
「一」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「一」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「一」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「一」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

また「一」という漢字は、「始まり」を意味するものでもあり生まれたばかりの赤ちゃんに名付けるにはピッタリの名前です。

「妃」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
妃毬(17) 妃莉(16) 妃鞠(23) 妃陽(18)
妃利(13) 妃梨(17) 妃希(13) 妃葵(18)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「妃」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「妃」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「妃」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「妃」という漢字を使った「ひまり」という名前には「妃毬」「妃莉」「妃梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「妃」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「妃」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「妃」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
妃松李(21) 妃末璃(26) 妃末莉(21) 妃末李(18)
妃真里(23) 妃茉里(21) 妃茉莉(24) 妃茉璃(29)
「妃」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「妃」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「妃」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「妃」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「妃」という漢字は、皇族の妻という意味を持つ漢字ですが、「ヒメ」「ヒ」といった読み方で名前に使われ始めてからは、可愛らしいイメージを持たれ、人気を集めています。2012年の女の子の名前に入る漢字の人気ランキングでは100位以内に入った漢字でもあります。

「日」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
日毬(15) 日莉(14) 日鞠(21) 日陽(16)
日利(11) 日梨(15) 日希(11) 日葵(16)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「日」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「日」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「日」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「日」という漢字を使った「ひまり」という名前には「日毬」「日莉」「日梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「日」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「日」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「日」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
日松李(19) 日末璃(24) 日末莉(19) 日末里(16)
日真里(21) 日茉璃(27) 日茉莉(22) 日茉里(19)
「日」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「日」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「日」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「日」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「日」とは太陽のことを指し、名前に付く場合には太陽のように明るく活発な子になってほしいという由来があります。

「向」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
向毬(17) 向莉(16) 向鞠(23) 向陽(18)
向利(13) 向梨(17) 向希(13) 向葵(18)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「向」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「向」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「向」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「向」という漢字を使った「ひまり」という名前には「向毬」「向莉」「向梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「向」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「向」を「ひ」と読むのは、「向日葵」を「ひまわり」と読むことからきたものです。

「向」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
向松李(21) 向末璃(26) 向末莉(21) 向末里(18)
向真里(23) 向茉璃(27) 向茉莉(24) 向茉里(21)
「向」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「向」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「向」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「向」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

そんな「向」という漢字の意味には「目指す」という意味もあります。名前に前向きで向上心のある意味を付けたいという人にはピッタリの漢字と言えます。

「陽」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
陽毬(23) 陽莉(22) 陽鞠(29) 陽理(23)
陽利(19) 陽梨(23) 陽希(19) 陽葵(24)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「陽」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「陽」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「陽」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「陽」という漢字を使った「ひまり」という名前には「陽毬」「陽莉」「陽梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「陽」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「陽」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「陽」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
陽松李(27) 陽末璃(32) 陽末莉(27) 陽末里(24)
陽真里(29) 陽茉璃(35) 陽茉莉(30) 陽茉里(27)
「陽」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「陽」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「陽」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「陽」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「陽」とは太陽のことを指し、名前に付く場合には太陽のように明るく活発な子になってほしいという由来があります。

「姫」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
姫毬(21) 姫莉(20) 姫鞠(27) 姫陽(22)
姫利(17) 姫梨(21) 姫希(17) 姫葵(22)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「姫」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「姫」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「姫」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「姫」という漢字を使った「ひまり」という名前には「姫毬」「姫莉」「姫梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「姫」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「姫」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「姫」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
姫松李(25) 姫末璃(30) 姫末莉(25) 姫末里(22)
姫真里(27) 姫茉璃(33) 姫茉莉(28) 姫茉里(25)
「姫」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「姫」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「姫」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「姫」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「柊」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
柊毬(20) 柊莉(19) 柊鞠(26) 柊陽(21)
柊利(16) 柊梨(20) 柊希(16) 柊葵(21)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「柊」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「柊」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「柊」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「柊」という漢字を使った「ひまり」という名前には「柊毬」「柊莉」「柊梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「柊」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「柊」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「柊」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
柊松李(24) 柊末璃(29) 柊末莉(24) 柊末里(21)
柊真里(26) 柊茉璃(32) 柊茉莉(27) 柊茉里(24)
「柊」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「柊」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「柊」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「柊」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「柊」という漢字には「用心深さ」という意味があります。そのため「柊」という漢字が入っている名前は堅実に物事を進め、真実を見抜く力のある人になってほしいという願い意味を持った名前であると言えます。

「緋」の漢字を使用した二文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
緋毬(25) 緋莉(24) 緋鞠(31) 緋陽(26)
緋利(21) 緋梨(25) 緋希(21) 緋葵(26)
「ひまり」という名前に使われる漢字の中でも、「緋」という漢字はとても人気が高く、「ひまり」という名前では「緋」という漢字を取り入れた名前が名付けられていることが多いです。

そんな「緋」という漢字を使った、二文字の「ひまり」という名前には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。実は「緋」という漢字を使った「ひまり」という名前には「緋毬」「緋莉」「緋梨」といった名前が挙げられます。

多くの場合は「緋」を「ひ」と読み、「莉」「毬」といった漢字を付けた二文字で「ひまり」と読みます。「ひまり」と名付けたいという人は、「緋」という漢字を使ってみてはどうでしょうか。

「緋」の漢字を使用した三文字

名前と画数 名前と画数 名前と画数 名前と画数
緋松李(29) 緋末璃(34) 緋末莉(29) 緋末里(26)
緋真里(31) 緋茉璃(37) 緋茉莉(32) 緋茉里(29)
「緋」という漢字という漢字を使った二文字の「ひまり」という名前の紹介に続いて、「緋」という漢字という漢字を使った三文字の「ひまり」について見ていきましょう。

「緋」という漢字を使った三文字の「ひまり」という名前は、「緋」という漢字を「ひ」と読み「真里」「茉莉」といった二文字の漢字で「まり」と読ませることが多いです。

「ひまり」の漢字人気ランキングTOP3

ここまでは「ひまり」という名前に使われる漢字について紹介してきました。では、その中でも特に人気を集めているのは、どの漢字を使った「ひまり」なのでしょうか。そこで、ここでは「ひまり」という名前に使われている人気な漢字をランキング形式を紹介します。

第3位:陽葵

「ひまり」の漢字人気ランキング第3位は「陽葵」です。そんな「陽葵」という名前に使われている「陽」という漢字には、明るく活発な子になってほしいという願いが込められています。そして「葵」とは、太陽に向かって背筋を伸ばして咲く花を指します。 

そこから「陽葵」という名前には、太陽のように活発で葵のように積極的な子になってほしいという由来があるといえます。

第2位:姫毬

「ひまり」の漢字人気ランキング第2位は「姫毬」です。「姫毬」という名前は、古風な名前とされる部類の名前です。キラキラネームとは違った手法で個性を持たせることができるので、人気を集めています。

第1位:陽莉

「ひまり」の漢字人気ランキング第1位に輝いたのは「陽莉」です。「陽莉」は現代的な名前で、人気を集めています。「陽」という漢字は、積極性や活発性をアピールしすぎるところもあるので「莉」という漢字を付けて、女の子らしさを加えたバランスの良い名前です。

「ひまり」の名前を付けるポイント

みなさんは「ひまり」と赤ちゃんに名付ける際に着目しておくべきポイントをご存知でしょうか。実は名付けにはいろいろなポイントがあります。ここでは、そんな「ひまり」と赤ちゃんに名付ける際に、着目しておくべきポイントをご紹介します。

思いを込める

「ひまり」と赤ちゃんに名付ける際に、着目しておくべきポイントの一つ目は、「思いを込める」です。「ひまり」という名前には、前述したように様々な漢字を使うことができます。その漢字に赤ちゃんに対する思いを込めることが、名付ける際には大切なポイントと言えます。

呼びやすさを重視する

「ひまり」と赤ちゃんに名付ける際に、着目しておくべきポイントの二つ目は、「呼びやすさを重視する」です。赤ちゃんに名付ける際に、言葉の響きから決めた人で「ひまり」という名前に決めた人は、漢字選びの工程に移ります。

その際に重要なポイントは、読みやすい漢字の組み合わせにすることです。読みづらい漢字の組み合わせは、俗にいうキラキラネームというもので、名付けられた子がその後の人生で、名前を呼ばれる際に読み間違えられることが増えてしまいます。

呼ばれる際に読み間違えられることのないように、名前は呼びやすさを重視した漢字を使って名付けましょう。

簡単な漢字を選ぶ

「ひまり」と赤ちゃんに名付ける際に、着目しておくべきポイントの三つ目は、「簡単な漢字を選ぶ」です。赤ちゃんに名付ける際に、すごい人になってほしいという願いから、難しい漢字を並べた仰々しい名前にしてしまう人がいますが、これは名付けの際には良くありません。

難しい漢字を並べた名前は、呼ばれる際に読み間違えられる原因になりますし、名付けられた人が自分の名前を記入する際に、画数が多すぎて名前を記入するのが大変に思う人が多いようです。なので赤ちゃんに名付ける際には、簡単な漢字を選びましょう。

「ひまり」という名前は女の子らしい名前!

今回は「ひまり」という名前について紹介してきました。「ひまり」という名前は、古風なイメージの名前や現代的な名前など様々なものがあります。また、その名前の意味も明るむ前向きなものや、女の子らしい可憐なものが多いです。

活発なイメージと女の子らしさ、「ひまり」と名付けたいと思っている人は、込めたい思いや意味から漢字を選んでみてください。今回の記事では「ひまり」という名前で使われる漢字と、その意味について紹介していますので、検討中という人は参考にしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
phos

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ