群馬弁(群馬の方言)一覧!群馬弁の種類や訛りの特徴など紹介!

北関東に位置する群馬県の方言は、群馬弁になります。群馬弁には、どんな特徴や方言、訛りがあるのでしょうか?群馬弁の種類や特徴を調べました。また、かわいい群馬弁一覧や面白い群馬弁一覧、群馬弁で告白する時の胸キュンフレーズを紹介します。

群馬弁(群馬の方言)一覧!群馬弁の種類や訛りの特徴など紹介!のイメージ

目次

  1. 1群馬弁の特徴は?群馬県の方言を一覧でわかりやすく!
  2. 2群馬弁の種類
  3. 3群馬弁の特徴とは?
  4. 4群馬弁のかわいい方言の意味と使い方一覧
  5. 5群馬弁の面白い方言の意味と使い方一覧
  6. 6群馬弁での告白はやばい?群馬弁の胸キュンフレーズ!
  7. 7群馬弁はアクセントの位置がかわいい
  8. 8群馬県の群馬弁はかわいく面白い方言だった

群馬弁の特徴は?群馬県の方言を一覧でわかりやすく!

北関東に位置する群馬県の方言は、群馬弁で昔は上州弁とも言われています。そんな群馬弁の種類や特徴、訛りなどをわかりやすく一覧にしました。また、かわいい群馬弁一覧や面白い群馬弁一覧、キュンとする胸キュンフレーズなども紹介、群馬弁の事について詳しく見ていきましょう。

群馬弁の種類

群馬県で話されている方言、群馬弁。群馬弁は昔異なる名前で呼ばれていたのですが、どんな別名を持つのでしょうか?群馬弁の種類や特徴を調べましたので一緒に見ていきましょう。

別名「上州弁」

群馬県は「上州」や「上毛」と呼ばれます。そのため、かつて群馬弁は「上州弁」と言われていました。語尾に「さ」が付く場合、「~だいね」や「あーね」、「おっぺす」などの方言があります。言葉の語尾や訛り、イントネーションに特徴があります。

西関東の方言の一つ

北関東に位置する群馬県。そこで話される方言が「群馬弁」ですが、西関東方言に属します。西関東方言には、「房総弁」や「埼玉弁」、「多摩弁」や「神奈川弁」があります。

お隣の栃木県で話される方言「栃木弁」と、同じ北関東の茨城県で話される方言「茨城弁」は、東関東方言となっています。群馬弁とは異なる方言です。同じ関東でも、方言の種類は別になるのです。

群馬弁の特徴とは?

西関東方言に属する群馬弁ですが、群馬県内でも山間部と平野部、東南部の3つに分けられます。群馬弁は西関東方言になりますが、東南部の邑楽郡地方の方言だけは、西関東方言と東関東方言の、真ん中の方言といえるでしょう。

そんな群馬弁ですが、どんな特徴があるのでしょうか?気になる群馬弁の特徴や由来、イントネーションなどを調べました。標準語に似ていますが、語尾を少し伸ばした方言や、母音が変換されるなどの特徴、特に良く使われる語尾を、一覧にしましたので一緒に見ていきましょう。

群馬弁の由来

それでは群馬弁の由来について、見ていきましょう。群馬県はかつて上州・上毛と呼ばれました。そのため群馬弁のことを、上州弁とも言います。

群馬県民の気質を見てみると、男性は「熱しやすく冷めやすい」「気性が荒い」「陽気で表裏がない」「おおざっぱな金銭感覚」。女性は「強い口調」「優しく情にもろい」「気が強い」「頑張り屋でよく働く」「活発で元気」などと言われています。この気質から、群馬弁の方言が生まれたのでしょう。

「だんべえ」のように語尾を伸ばす

群馬弁の「だんべえ」を見ていきましょう。「だんべえ」のように、「べ」を少し伸ばして使う方言が多いのが群馬弁の特徴です。「~だんべえ」は、強い男性的なイメージがしますが、標準語にすると「~だろ」になります。

群馬弁の語尾を伸ばす方言は、東京の江戸弁のべらんめぇ口調に似た訛りで、男性らしいイントネーションです。

語尾に「さ」を付ける

群馬弁の特徴として、文章の語尾に「さ」をつける方言が多いのです。「~した」という標準語なら、群馬弁では「~したさ」という様になります。

それでは、使い方を見ていきましょう。「今日映画を見たよ(今日映画を見たんさ)」や「昨日は沢山野菜を買ったよ(昨日は沢山野菜を買ったんさ)」という様に、語尾に「さ」を付けて話します。田舎っぽいイメージもありますが、ほんわかした暖かい言葉にも聞こえます。

「だいね」と相槌を打つ

群馬の方言、群馬弁で「だいね」とは、「だよね」という意味で使われます。「そうだよね」と相槌を打つ際、「だいね」という群馬弁となります。また「○○だよね~」というの時も、「○○だいね~」と使います。やはり、群馬弁は語尾に特徴が多いでしょう。

群馬弁のかわいい方言の意味と使い方一覧

北関東に位置する群馬県の方言の中でも、かわいい群馬弁一覧を紹介します。群馬弁には、かわいい訛りやイントネーションが沢山ありますので、一緒に見ていきましょう。また、かわいい群馬弁の意味や使い方も紹介します。真似できる方言があるかもしれません。

「あーね」の意味と使い方

かわいい群馬弁には、「あーね」という方言があります。「あーね」の意味は、標準語で「そうなんだ」や「なるほどね」という意味になります。会話中に、相槌を打つ時に使う方言です。

かわいらしい方言で、女性はつい使いたくなりますが、あまり「あーね」「あーね」言っていると、話を聞いていないと思われるかもしれませんので、気を付けましょう。使い方は、会話中相手の話を聞いている時に、「そうなんだ」のところを「あーね」に置き換えるといいでしょう。

「おっぺす」の意味と使い方

次にかわいい群馬弁の方言で、「おっぺす」という方言を見ていきましょう。他県の人が聞くと、変わった方言で、言葉の意味が分からない人が多いことでしょう。群馬弁の「おっぺす」は、標準語で「車を押す」という意味になります。

それでは、使い方を見ていきましょう。「車をおっぺす(車を押す)」や「家のピンポンをおっぺす(家のピンポンを押す)」というように使います。他県では中々聞かない方言なので、初めて聞く人には伝わらない可能性が大きいでしょう。最近の若い人は使わないかもしれません。

「かんます」の意味と使い方

群馬弁のかわいい方言に、「かんます」があります。この方言もあまり聞いたことがない方言だと思います。群馬弁の「かんます」は、標準語で「かき混ぜる」や「かき回す」という意味になります。

では使い方を見ていきましょう。「お鍋をかんまして(お鍋をかき回して)」や「お風呂をかんます(お風呂をかき回す)」というような使い方をします。「かんます」だけでは、あまり理解できない方言ですが、前後に言葉が付くと、分かりやすいかもしれません。

「さくい」の意味と使い方

群馬弁のかわいい方言の中に、「さくい」という方言があります。「さくい」と聞くと、なんだかいいイメージがしませんが、実は誉め言葉です。標準語で「気さくな」という意味になります。

使い方は「昨日会った子はさくいな娘だ(昨日会った子は気さくな娘だ)」や「さくいな性格になりたい(気さくな性格になりたい)」というように使います。「さくい」と言われたら、褒められたと思っていいでしょう。

「もす」の意味と使い方

群馬弁のかわいい方言、「もす」の意味を見ていきましょう。標準語では「燃やす」という意味になります。「もす」という言葉を見てみると、「燃やす」の「や」をとった言葉になります。

使い方を見ていきましょう。「何をもしてるん?ゴミももしておいて(何燃やしているの?ゴミも燃やしておいて)」というような使い方をします。「もす」は2文字なので、早口で話す群馬の人の言葉は、聞き取りにくいかもしれません。

「わっきゃない」の意味と使い方

群馬弁のかわいい方言に、「わっきゃない」という方言があります。一見「わからない」と言葉が似ているので、間違えそうですが「わからない」という意味ではありません。

標準語では、「簡単な」「わけない」「なんてことない」という意味になります。使い方は「この問題はわっきゃない(この問題は簡単だ)」というように使います。ちなみに「℃-ute」のインディーズシングルに「わっきゃない」という曲がありますが「なんてことない」という意味なのでしょう。

「かたす」の意味と使い方

次にかわいい群馬弁の、「かたす」を見ていきましょう。意味は分かりやすいかもしれません。「片づける」という意味です。最近の若者の略語にも感じます。

使い方は簡単で、「お客さんが来る前にかたしておいて(お客さんが来る前に片づけておいて)」というように使います。他県の人が聞いても、すぐ分かりそうな方言です。

「がんばんつっこ」の意味と使い方

かわいい群馬弁の中に、「がんばんつっこ」という方言があります。「がんばんつっこ」と聞くと、「がんばれ」のような意味に聞こえますが、違います。「がんばんつっこ」の意味は、標準語では「かわりばんこ」や「交替で」という意味になります。

使い方は「ブランコはがんばんつっこでね(ブランコはかわりばんこでね)」というように使います。小さな子が話しているかと思うとかわいい方言です。

「はしっこい」の意味と使い方

かわいい群馬弁で、「はしっこい」という方言があります。「はしっこい」の意味は2つあり、標準語で「賢い」と、「すばしこい」という意味です。どちらの意味も誉め言葉として捉えていいと思います。

使い方として、「あの子はいつもはしっこいね(あの子はいつも賢いね)」や、「はしっこいから、鬼ごっこで中々捕まらない(すばしこいから、鬼ごっこで中々捕まらない)」などと使います。

群馬弁の面白い方言の意味と使い方一覧

群馬県の方言、群馬弁では面白い方言もあります。他県の人には聞きなれないイントネーション、訛りなど群馬弁の面白い方言を一覧にしました。意味や使い方も紹介しますので、最後までご覧ください。

「あんじゃーねー」の意味と使い方

面白い群馬弁の中で、「あんじゃーねー」という方言があります。他県の人が聞くと、何を言っているかわからないように思いますが、意味は「心配ない」という意味です。

使い方は「何もあんじゃーねーから、やりな(何も心配ないから、やりなさい)」というように使います。少し怒って聞こえますが、励ましてくれていると思っていいでしょう。

「まじっぺぇ」の意味と使い方

面白い群馬弁の中に、「まじっぺぇ」という方言があります。「まじっぺぇ」は訛りが強いように感じますが、どういう意味なのでしょうか?意味は「まぶしい」です。使い方は、「光がまじっぺぇのぉ(光がまぶしいですね)」というように使います。語尾の「ぺぇ」が特徴で面白い方言です。

「よしゃーいんに」の意味と使い方

面白い群馬弁の一つに、「よしゃーいんに」という方言があります。この方言も、中々解読するのが難しい方言ですが、直訳すると「止せばいいのに」です。「よせばいいのに」の言葉に、群馬の訛りが入り「よしゃーいんに」になったと思われます。

使い方は、「よしゃーいんに、こんなに飲んじゃって(止せばいいのに、こんなに飲んじゃって)」となります。また「よしゃーいんに」の反対の意味の方言は、「すりゃーいんに」や「やりゃーいんに」となり、意味は「すればいいのに」になります。

「はげたろう」の意味と使い方

次に面白い群馬弁の「はげたろう」です。「はげたろう」と聞くと、アニメやテレビのキャラクターなのかと思う人も多くいるでしょう。

意味は、「いがらの幼虫」で、柿の木によくいる嫌な毛虫のことです。「幼虫」や「毛虫」と聞くと、嫌なイメージですが、「はげたろう」と聞くと、かわいいような気までしてきます。「はげたろうが、そこの木にいるから気を付けて(いがらの幼虫が、そこの木にいるから気を付けて)」というように使います。

「ちんどろちげえ」の意味と使い方

面白い群馬弁の中で、「ちんどろちげえ」という方言を見ていきましょう。「ちんどろちげえ」と聞くと、一瞬怒っているのかと思われるかもしれません。群馬の人の特徴で早口な人が多く、それも輪をかけているのでしょう。

しかし「ちんどろちげえ」の意味は、「血みどろ」という意味になります。「怪我をして、ちんどろちげえだ(怪我をして、血まみれだ)」というように使います。「血みどろ」な時に使いますので、怒っているのではなく、パニックになっているかもしれません。

「おこんじょ」の意味と使い方

面白い群馬弁に、「おこんじょ」という方言があります。「おこんじょ」と聞くと、根性ありそうなイメージですが、実は「意地悪」という意味になります。悪いイメージの方言なので、意味を間違えないように気をつけてください。

「おこんじょ」の「お」は「悪」で、「こんじょ」は「根性」ですので、「根性が悪い」になり、「意地悪」になったと考えられます。使い方は「あのお婆さんはおこんじょだ(あのお婆さんは意地悪だ)」というように使います。

「ぶちゃる」の意味と使い方

面白い群馬弁の中で、「ぶちゃる」を見ていきましょう。他県の人が聞くと、よくわからない方言だと思います。意味は標準語で「捨てる」という意味になります。「捨てる」と「ぶちゃる」は、似ていないので中々伝わりにくい方言でしょう。

使い方は「そこのゴミぶちゃって(そこのゴミ捨てて)」というように使います。また「ぶちゃーる」や「ぶっちゃる」、東部では「うっちゃる」とも言われます。

群馬弁での告白はやばい?群馬弁の胸キュンフレーズ!

次に群馬弁の、思わずキュンとしてしまう胸キュンフレーズ一覧を紹介します。群馬弁の告白の言葉が、やばいくらいかわいいと言われているのです。そこに群馬弁の訛りも入るので、誰もが告白のフレーズにキュンとしてしまうでしょう。それでは、群馬弁の胸キュンフレーズ一覧です。

「あんたのこと好きなんさ」

群馬弁の訛りで「あんたのこと好きなんさ」と告白されると、思わずキュンとしてしまいます。「た」と高く発音し「あ」が一番低い発音になります。「あんた」が少しキツイイメージですが、訛りがある「あんた」という言葉は、柔らかい雰囲気を持ちます。

そして群馬弁の特徴の「さ」を付けて、「好きなんさ」になります。少し恥ずかしそうに「あんたのこと好きなんさ」と言われたら、胸キュン間違いなしです。

「なから好きなんさ」

群馬弁の「なから好きなんさ」を見ていきましょう。発音だけ見ると、「だから好き」というように聞こえますが違います。群馬弁の「なから」は、標準語では「すごく」という意味になります。「なから好きなんさ」は訳すると、「すごく好きだよ」と言っているのです。

「なから」という訛りは、優しいイメージがします。そこに群馬弁の特徴の、語尾に「さ」が付きます。「なから好きなんさ」は優しい言葉に聞こえ、男性からも女性からも、言われるとキュンとするフレーズです。

「付き合ってくれん?」

群馬弁の胸キュンフレーズ、「付き合ってくれん?」です。このフレーズは、群馬弁の特徴の語尾に「ん」が付いています。

標準語で訳すと、「付き合ってください」になりますが、群馬弁の訛りで「付き合ってくれん?」と言われたら、興味のない人でも、好きになっちゃうほどキュンとします。「ん」がつく方言が、とてもかわいい方言でかわいい方言ランキングにも、上位に入っているほど人気の方言です。

「好きなん?」

群馬弁の方言「好きなん?」は、すでに付き合っているカップルが、愛情を確認するときに使うフレーズです。また付き合っていなくても、お互い気持ちをすでに知っていて、確認するときに使うと思わずキュンとしてしまうフレーズです。

標準語では「好きなの?」になりますが、「好きなん?」と言われると柔らかい雰囲気で、かわいく感じることでしょう。使い方は「私のこと好きなん」というように使います。

「なっからかわいいね」

群馬弁の「なから」と同じような意味で、「なっから」は「とっても」という意味です。「なっからかわいいね」は、「とってもかわいいね」と訳します。告白とは違うかもしれませんが、群馬弁の訛りで「なっからかわいいね」と言われると、キュンとしてしまうフレーズでしょう。

群馬弁はアクセントの位置がかわいい

かわいい群馬弁や面白い群馬弁、キュンとするフレーズ一覧を見ていきましたが、次はアクセントの位置について見ていきたいと思います。群馬県の方言は、訛りが特徴的ですが、アクセントも重要です。では群馬弁のアクセント一覧をご覧ください。

2文字の言葉はアクセントが後ろ

2文字の言葉アクセントは、最後の文字すなわち2文字目にアクセントがきます。例えば「ねこ」だとすると、標準語では1文字目の「ね」にアクセントを置きますが、群馬弁では2文字目の「こ」にアクセントを置きます。

また「かめ」ですと、「め」にアクセントを置くのです。他県の人が聞くと、訛っていると思いますが、そこがかわいい特徴とも言えるでしょう。

3文字の言葉はアクセントが前

次に3文字の言葉のアクセントを見ていきましょう。3文字の言葉では、群馬の方言では最初の1文字目にアクセントが来るのです。標準語で「ぶどう」ですと「う」にアクセントが来ますが、群馬の方言では1文字目の「ぶ」にアクセントが来ます。

群馬県の方言は、2文字の言葉も3文字の言葉も、アクセントは標準語と全く反対のが特徴です。そのため訛りが強く感じますが、それも可愛いと言われる理由の一つでしょう。

アクセント「前橋」

群馬県の県庁所在地「前橋」ですが、この「前橋」という地名の言い方にも特徴があります。標準語で「まえばし」を発音すると、2文字目の「え」にアクセントが来て、次に1文字目の「ま」が高くなり最後は徐々に下がっていくというような発音になります。

地元の群馬県民が「まえばし」を発音する時は、どこにもアクセントを置かず平坦に発音するのです。「前橋」を平坦に発音していたら、地元群馬県民だと思っていいでしょう。

アクセント「軽井沢」

避暑地として全国でも有名な「軽井沢」ですが、この「軽井沢」のアクセントも標準語と異なるものになります。標準語では最初の3文字の「かるい」が高く発音し、最後の「ざわ」が低く発音するアクセントになります。

群馬弁の場合は、まず「かるいざわ」の「ざわ」が、濁らず「さわ」になります。そして最初の4文字「かるいさ」まで高く発音し、最後の「わ」だけ低くなるというアクセントになるのが、群馬弁の特徴になります。アクセントだけではなく、読み方も変わってくるのです。

アクセント「館林」

群馬県でも非常に暑い「館林」ですが、「館林」もアクセントが変わっています。標準語では最初の「たてば」が高く発音し、「やし」が低く発音するアクセントになります。しかし群馬県民は、「たてばやし」を上がったり下がったりせず、平坦に発音するのです。

「前橋」と同じアクセントで、上がったり下がったりしない平坦なアクセントも、群馬県の方言の特徴にもなります。やはり、「館林」も平坦な発音をしていたら、地元群馬県民だと思っていいでしょう。

群馬県の群馬弁はかわいく面白い方言だった

北関東に位置する群馬県の方言、群馬弁。群馬県は「上州」や「上毛」と言われ、別名「上毛弁」も言われます。語尾を伸ばすイントネーションや、語尾に「さ」を付ける方言など、群馬弁は語尾に特徴がありました。

群馬弁のかわいい方言を、一覧で見てみましたが、女性が使うとかわいい方言や柔らかい雰囲気の方言など、沢山のかわいい方言があり、ぜひ群馬の方が話しているのを、聞いてみたいものばかりです。かわいい群馬弁の中でも、アイドルの曲名になっているものもありました。

面白い群馬弁や胸キュンフレーズなど、群馬弁には魅力的な方言が沢山あります。昔は田舎くさいと言われていた方言ですが、方言マニアがいるほど今や注目の言葉なのです。皆さんもぜひ群馬弁を覚えてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
山内香織
30代主婦のカオリです。 よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ