フランス人の名前一覧!フランス語の男性•女性の名前の意味や由来!

おしゃれなイメージがあるフランス。そのフランスに住む人たちの名前にはどんなものがあるかご存知ですか?フランス人の名前を男性、女性に分けて紹介していきます。フランス語の名前の意味はもちろんですが、日本人にも使えるフランス語の名前も紹介するのでご覧ください。

フランス人の名前一覧!フランス語の男性•女性の名前の意味や由来!のイメージ

目次

  1. 1フランス人の名前一覧!名前の意味や愛称も!
  2. 2フランス人の名前の特徴とは?
  3. 3フランス人の名前の順番は?
  4. 4フランス人の名前の付け方は?
  5. 5フランス人に多い名前と意味一覧【男性編】
  6. 6フランス人に多い名前と意味一覧【女性編】
  7. 7フランス人の名前ランキングTOP4【男性編】
  8. 8フランス人の名前ランキングTOP4【女性編】
  9. 9フランス人によくある愛称やニックネームとは?
  10. 10日本人にも使えるフランス人の名前一覧
  11. 11【番外編】フランス人のかっこいい・かわいい苗字
  12. 12フランス人の名前はかっこよくてかわいい名前が多い!

フランス人の名前一覧!名前の意味や愛称も!

人は誰でも、生まれた時に親から名前をつけてもらいます。もちろん、フランスでも同じです。日本では、漢字やひらがなを使って、字画数や言葉の意味を考えてつける人が多いです。そして、時代によって、流行の漢字や名前があります。

では、フランスではどのように名前をつけて、どのような特徴があるのでしょうか?そして、フランス人の名前はどんな名前が多いのでしょうか?フランス人の名前の特徴や付け方、どんな名前が多いかなどを紹介していきます。

Thumbフランス語のかわいい•かっこいい単語!素敵なフランス語のフレーズを一覧で!
フランス語と言えば、柔らかい発音やおしゃれな語感で、きれいなイメージが人気の言語。フランス語...

フランス人の名前の特徴とは?

まずは、フランス人の名前の特徴を紹介します。日本人の名前には、漢字が使われるとか名前を呼び合うのは親しい人だけなどの特徴がありますが、フランス人の名前の特徴とは何があるのでしょうか?

フランス人の名前は1人1個じゃない

フランス人の名前の1番の特徴は、名前が1人1個じゃないということです。1人1個の名前しか持たない日本人にとっては、不思議に思うかもしれませんが、フランスでは2~4個の名前を持っていることが当たり前なのです。そのため、身分証明書やパスポートなどにも、すべての名前が記載されています。

ただ、通常使う名前は1個の名前で、他の名前は病院などの予約や正式な書類などを書く時にしか使いません。なぜ複数の名前があるのかというと、他の人と間違われないためです。フランスでは、聖人の名前をつける人が多く、他の人と同じ名前になりがちなので、名前を多くして他の人と見分けられるようにしているのです。

2個1セットの名前がある

フランス人の名前には、2個1セットの名前があるというのも特徴です。「○○-○○○○」のように、ハイフンが付いた名前が存在します。これは、親が子供の名前にどうしても2個使いたかったからというのが理由のようです。

基本的には、男性の場合は「Jean(ジャン)」、女性の場合は「Marie(マリー)」がハイフンの前に付きます。例えば、男性は「Jean-Claude(ジャン・クロード)」「Jean-Paul(ジャン・ポール)」、女性は「Marie-Antoinette(マリー・アントワネット)」「Marie-Line(マリー・リンヌ)」などです。

基本的には名前で呼び合う

フランス人の名前の特徴として、基本的には名前で呼び合うというものがあります。日本では、基本的に苗字で呼び合い、家族や親しくなった人とは名前で呼び合います。しかし、フランスでは、家族はもちろんですが職場などでも、名前で呼び合うのです。最初から名前で呼び合うため、友達の苗字を知らないということもあるようです。

名前の種類は多くない

実は、フランス人の名前の種類は多くはありません。日本では、漢字の組み合わせ次第でたくさんの名前の種類がありますが、フランス語の場合は、意味のあるフランス語にするなら、スペルを変えるわけにはいかないので、同じ名前が多くなるのです。

また、フランス人は、聖書などの人物から名前をつける人も多いので、みんなが有名な人物の名前を付けるなら、名前の種類が少なくなるのも無理はありません。元々、名前の種類が多くないから、複数の名前を持っていたり、2個1セットの名前でバリエーションを増やしているのかもしれません。

フランス人の名前の順番は?

フランス人の名前の順番は、基本的には名前、苗字の順番です。ただ、正式な書類などは、苗字、名前の順番で書くことが多いようです。いずれの場合も、名前は最初の文字だけ大文字で書き、苗字はすべて大文字で書きます。欧米人によく聞くミドルネームは、フランス語では基本的にはありません。

Thumbイギリス人の名前の意味や由来!イギリスの男性・女性の名前を一覧で!
イギリス人の名前の意味や由来としては、どのようなものがあるのでしょうか?また、イギリスの男性...

フランス人の名前の付け方は?

日本人が名付ける時は、親の名前から1文字取ってつけたり、漢字の字画数で決めたり、子供が生まれた季節にまつわる言葉をつけたりします。フランスでも同じように名付けるのでしょうか?ここでは、フランス人の名前の付け方を紹介します。

聖書や神話から名づける

フランスは、キリスト教圏のため、旧約聖書や新約聖書に出てくる聖人などから名前を付けることが多いです。また、フランスには、365日のそれぞれの日付に聖人の名前が書いてある「聖人暦」というカレンダーがあります。この聖人暦を見て、子供が生まれた日に書いてある聖人の名前を付ける人も多いのです。

そして、ギリシャ神話などから名前をつけるフランス人も多く存在します。神話に出てくる英雄などの名前を使うことも人気のようです。

苗字とのバランスからつける

フランス人は、基本的に名前で呼び合うので、通常は苗字はほとんど使いません。しかし、身分証明書など正式なものには、フルネームで記載するので、名前を付ける時にも名前と苗字のバランスを考えます。日本人でもよくあるように、苗字と名前を続けて読むと、変な意味の言葉になることがありますが、フランスでも同じようなことがあるのです。

音節の好みからつける

聖人や神話から名前を付けるフランス人が多いと説明しましたが、近年では音節の好みで名前を付けるフランス人も多いです。日本人の名前で簡単に言えば、「あい」か「あいこ」のように、読み方が何音節になるかということです。苗字とのバランスも考え、リズムで名前を考える人が多くなっているのでしょう。

フランス人に多い名前と意味一覧【男性編】

フランス人の名前 読み 意味
Adam アダム(アドン) 「男性」アダムとイヴのアダム。
Alexandre アレクサンドル(アレクサンド) アレクサンドロス大王が由来
Antoine アントワーヌ 聖人の名前。「貴重な」
Arthur アーチュウ(アーサー) 「高貴な」「勇敢な」
Aaron アーロン 「高い山」「日光」
Victor ヴィクトー 「勝利者」
Enzo エンゾ 「Vincenzo」「Lorenzo」の短縮形。「家の主人」
Gaspard ガスパール 新約聖書の「東方の三博士」の1人が由来。「宝物」
Gabriel ガブリエル 旧約聖書の天使の名前。「強い神」
Clement クレメント(クレモン) 「親切」「慈悲深い」
Gustave グスターヴ 「神の助け」
Simon サイモン ヘブライ語が語源。「耳を傾ける者」
Sacha サシャ ギリシャ語の「Alexandros」が語源。「守る」「戦士」
Samuel サミュエル ユダヤの預言者。「神の名」
Jules ジュール 古代ローマのユリウス氏族が由来
Joshua ジョシュア 古代イスラエルの指導者が由来
Daniel ダニエル 「神は私の裁判官である」
Charles チャールス 「成長した男性」「自由な人間」
Thomas トーマス(トマ) 新約聖書の聖人の名が由来。「双子」
Nigel ナイジェル ラテン語が語源。「暗いもの」
Noel ノエル フランス語。「クリスマス」
Nolan ノーラン 「高貴な」「威厳のある」
Felix フェリックス 「幸運」「幸福」
Hector ヘクター ギリシャ神話の英雄が由来。「支持者」
Benjamin ベンジャミン 「南の息子」「最も頼りになる助力者の息子」
Paul ポール キリストの弟子で、新約聖書の著者が由来
Maxime マクシム 「大いなる者」「最も偉大な者」
Mathis マティス 「神からの贈り物」
Mohamed モハメド イスラム教預言者ムハンマドが由来。「称賛」「称える」
Hugo ユーゴ 「賢い者」「心や魂を照らす者」
Raphael ラファエル 旧約聖書の天使の名前。「癒しの神」
Louis ルイ(ルイス) 「戦場での有名人」
Leonard レオナルド 「ライオン」と「賢い」の組み合わせ

フランス人の男性の名前は、やはり聖人の名前や聖書などが由来となったものが多いです。そして、素敵な意味のフランス語も多く使われています。英語圏の名前とスペルが同じ名前もありますが、読み方は違うことが多いようです。

フランス人に多い名前と意味一覧【女性編】

フランス人の名前 読み 意味
Anais アナイス 「慈悲深い」と「神こそが我が誓い」の組み合せ
Alice アリス 「高貴な女性」
Anna アンナ 聖母マリアの母アンナが由来。「祝福に溢れた」
Isabelle イザベル 「神こそが我が誓い」
Ines イネス(イリス) 古代ローマの聖アニエスが由来。「純粋」
Eva エヴァ アダムとイヴのイヴが由来。「命」「生きるもの」
Audrey オードリー 「高貴で気高い」
Camille カミラ(カミーユ) 大天使カマエルが由来。「穢れのない」
Caroline キャロライン 「力強い」
Clara クララ 「光輝く」「素晴らしい」
Sarah サーラ(サラ) ヘブライ語が語源。「プリンセス」
Charlotte シャルロット(シャーロット) イギリス王侯貴族の女性の名前が由来
Jade ジャッド 鉱石の翡翠が由来
Jeanne ジャンヌ 聖女ジャンヌ・ダルクが由来。「優雅」
Juliette ジュリエット 「若い」「神の子」
Suzanne スザンヌ 「優美な百合の花」
Zoe ゾーイ ギリシャ語が語源。「命」
Nathalie ナタリー 「誕生日」「クリスマス」
Noelle ノエル ラテン語が語源。「クリスマス」
Bianca ビアンカ イタリア語が語源。「公平な」「白い」
Francoise フランソワ 「自由な」「勇敢な」
Penelope ペネロペ 「ヴェールで顔を覆った女性」
Manon マノン 聖母マリアが由来。Marieの派生形。
Marie マリィ 聖母マリアが由来
Michelle ミシェル 大天使ミカエルが由来。「神のような」
Laura ラウラ 「月桂樹」
Lina リナ 「かわいい」「魅惑的」
Louise ルイーズ 「Louis」の女性形。「栄光の戦士」
Lucie ルシィ(ルーシー) ラテン語が語源。「光」
Renee レネ(レネー) 「生き返るもの」

フランス人の女性の名前も、男性と同じく聖人の名前や素敵な意味のフランス語が使われています。「Louise」のように、男性の名前の語尾に「e」をつけると、女性の名前になるものもあります。また、語尾に「e」や「tte」などがつくフランス語は、基本的に女性の名前が多いというのも特徴です。

フランス人の名前ランキングTOP4【男性編】

ここからは、フランス人の名前ランキングTOP4を紹介していきます。まずは、男性編です。フランスで男性の名前に人気がある名前を、名前の意味なども含めて紹介します。

第4位:Timeo(ティメオ)

フランス人の男性の名前ランキングの4位は、Timeo(ティメオ)です。Timeoの語源はラテン語で、「畏れる」という意味になります。そして、ギリシャ語では「神を称える」という意味もあるのです。野心に溢れ、戦略をしっかりと立てて行動する子を意味するTimeoという名前は、近年フランスで人気の名前です。

第3位:Leo(レオ)

Leo(レオ)という名前は、フランス人男性の名前ランキング第3位に入っています。Leoの語源はラテン語で、「ライオン」という意味です。そのため、ライオンのイメージから、強さや勇気を連想させる名前でもあります。また、Leoという名前は、大教皇聖レオ一世が由来となっていることも多いです。

近年、フランスでは、語尾に「eo」がつく名前が人気のため、TimeoやLeoという名前がランキング上位に入ったのでしょう。

第2位:Nathan(ナタン)

Nathan(ナタン)という名前も、フランス人の男性に人気の名前です。Nathanはヘブライ語が語源で、「神が与えた」という意味があります。ダビデの息子ナタンやソロモンの預言者ナタンが由来になっているようです。Nathanは、クリスチャンネームであり、ナトンと読むこともあります。

第1位:Lucas(ルカ)

フランス人の男性の名前ランキング1位は、Lucas(ルカ)です。Lucasの語源はギリシャ語で、元々は「ルカニア出身」という意味という意味ですが、「光」や「白」という意味もあります。光に満ち溢れた子に育ってほしいという願いを込めて、Lucasという名前をつける人が多いようです。Lucasは、リュカやルーカスと読むこともあります。

フランス人の名前ランキングTOP4【女性編】

続いては、フランス人の名前ランキングTOP4の女性編です。男性のランキングを見ると分かるように、フランスでは近年、短めの名前が流行していますが、女性の名前も短めの名前が人気があります。フランス人の女性の名前には、どのような名前がランクインしているでしょうか?

第4位:Lea(レア)

第4位のフランス人女性の名前は、Lea(レア)です。Leaは、ヘブライ語が語源となっており、「ライオン」という意味があります。また、Leaは旧約聖書の中の登場人物の名前でもあるため、それが由来で名前をつける人も多いです。

第3位:Lola(ロラ)

Lola(ロラ)はスペイン語が語源で、DoloresとLolitaから派生した名前です。ラテン語では、「痛み」という意味があります。1990年代頃から人気がある名前で、近年フランスでは短い名前が流行しているため、特に人気がある名前です。また、Lolaという名前の子は、明るく活発な子が多いようで、親の願いも込められた名前だと言えます。

第2位:Chloe(クロエ)

Chloe(クロエ)は、フランスの女性の名前で2番目に人気がある名前です。語源はギリシャ語で、「若い芽」や「繁栄」という意味があります。Chloeは、古代ギリシャ「ダフニスとクロエ」のヒロインの名前が由来で名付ける人が多いようです。Chloeという名前は、特にパリで人気がある名前で、ブランド名としても知られています。

第1位:Emma(エマ)

フランス人の女性の名前ランキング1位は、Emma(エマ)です。Emmaは、ドイツ語が語源となっており、「優しい」「普遍的な」という意味があります。また、「神は私たちと共にいる」という意味のヘブライ語「エマニュエル」の略称という説もあるようです。

Emmaという名前は、フランス人女性の名前ランキングで10年以上もNo.1を獲得しているほど、人気の高い名前なのです。

Thumbロシア人の名前一覧!ロシア語の男性•女性の名前の意味や愛称など!
ロシア人の名前には日本人の名前と違う印象のものが多くあります。ロシア人の名前の付け方や意味が...

フランス人によくある愛称やニックネームとは?

フランスでの愛称やニックネームの付け方は、名前を省略したものが多いです。日本人の愛称の場合は、智也がとも君、美幸がみーちゃんとなったりしますが、フランスでも同じように省略して愛称が付けられます。また、女性の場合は名前の頭文字の音を続けて読む愛称もあります。
 

名前 愛称 名前 愛称
Alexandre(アレクサンドル) Alex(アレックス) Isabelle(イザベル) Ysa(イザ)
James(ジェイムス) Jim(ジム) Coline(コーリン) Coco(ココ)
Dominique(ドミニク) Dom(ドン) Jessica(ジェシカ) Jessy(ジェシー)
Philipp(フィリップ) Phil(フィル) Louise(ルイーズ) Lou(ルゥ)
Maxim(マクシム) Max(マックス) Lola(ロラ) Lolita(ロリタ)

日本人にも使えるフランス人の名前一覧

近年日本では、海外に行ったり外国人と触れ合うことも多くなったため、子供の名前に外国人風の名前を付けたいという人も増えています。そこで、日本人にも使えるフランス人の名前を紹介します。フランス語での読み方や使える漢字なども紹介するので、参考にしてみてください。

日本人にも使えるフランス人の名前【男性】

フランス人の名前 読み 漢字
Kai カイ 塊、快、櫂、海威、魁衣
Hugo ユーゴ 優吾、友悟、悠梧
Louis ルイ 塁、瑠維、琉唯
Rey レイ 玲、怜、零、礼惟
Leo レオ 獅子、令雄、礼央、蓮旺

日本人の男性にもつけられるフランス語の名前は、すでに日本でもよく使われている名前もあります。平成から令和に元号が変わり、「令」という漢字を使う人が増えるでしょう。「レイ」や「レオ」などは、「令」という漢字を使えるので、人気が出るかもしれません。

日本人にも使えるフランス人の名前【女性】

フランス人の名前 読み 漢字
Emma エマ 恵麻、笑満、絵眞
Emilie エミリ 咲凛、恵美利、愛美里
Julie ジュリ 樹里、朱莉、珠梨
Maya マヤ 愛弥、真矢、麻耶、茉椰
Lina リナ 里菜、莉奈、李那、梨夏

日本人にも使えるフランス語の女性の名前も、すでに日本ではよく使われている名前が多いです。特に、「ジュリ」や「リナ」という名前は人気があります。フランスでも日本でも使われているということは、フランス人でも呼びやすい名前ということなので、名前もすぐに覚えてもらえるでしょう。

Thumb日本でよくある名前ランキング!日本人に多い名前や苗字など紹介!
どのような名前が日本人では多いのでしょうか。そんな日本人によくある名前を今回は徹底調査しまし...

【番外編】フランス人のかっこいい・かわいい苗字

ここまで、フランス人の名前について紹介してきましたが、フランス人の苗字についても触れてみましょう。日本人の苗字は、居住地や職業からつけられたものが多いですが、フランス人の苗字にはどのようなものがあるのでしょうか?

古代ゲルマン語に由来した苗字

フランス語の苗字は、古代ゲルマン語が由来の苗字がたくさんあります。例えば、勇敢や堅いなどを意味する「Girard(ジハァーゥ)」、熊や勇敢を意味する「Bernard(ベルナール)」などです。言葉の意味から、力強いイメージがあり、かっこいい苗字として人気があります。

双子に多い苗字

フランスで双子に多い苗字は、「Thomas(トマ)」です。Thomasは、ギリシャ語で「双子」の意味があります。苗字を決めた先祖は、双子だったのかもしれません。双子を生むのは遺伝が関係しているとも言われているので、双子の人に双子が生まれてみんながThomasと名乗ったと考えると、Thomasという苗字が双子に多いというのも納得できます。

ローマ神話に由来した苗字

フランス人の苗字には、ローマ神話が由来になっている苗字も多いです。フランス人の苗字ランキング1位の「Martin(マルタン)」は、ローマ神話の軍人マルスが由来となっています。Martinは、苗字としても使われていますが、名前としても使われるほど人気のフランス語です。

フランス人の名前はかっこよくてかわいい名前が多い!

フランス人の名前は、男性はかっこよく、女性はかわいいものが多いです。日本と同じように、フランスでも意味や願いを込めたフランス語の名前が付けられています。フランス人の名前の意味を知ったら、フランスの有名人や知人の印象が変わるかもしれません。そして、仲良くなったら親しみを込めて愛称で呼んでみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
希望

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ