性の喜びおじさんの死亡が確定!死因の真相や犯人や生存説とは?

電車内で危険な独り言をつぶやく姿の動画が話題となり、一躍有名人となった『性の喜びおじさん』をご存知ですか。この記事では『性の喜びおじさん』とは何者なのか、また、『性の喜びおじさん』の死亡は確定してしまったのか、死因や犯人についても検証してゆきます。

性の喜びおじさんの死亡が確定!死因の真相や犯人や生存説とは?のイメージ

目次

  1. 1性の喜びおじさんの死亡確定!死因の真相や犯人について!生存説は本当?
  2. 2性の喜びおじさんとは?
  3. 3性の喜びおじさん死亡の真相
  4. 4性の喜びおじさん殺害の犯人はいる?死因は?
  5. 5性の喜びおじさん死亡を日テレ「NEWS24」が報道
  6. 6性の喜びおじさん生存説とは?
  7. 7性の喜びおじさんの名言セリフ集
  8. 8性の喜びおじさん関連でドローン少年ノエルが逮捕
  9. 9性の喜びおじさん殺害の犯人は現代社会かも知れない

性の喜びおじさんの死亡確定!死因の真相や犯人について!生存説は本当?

「性の喜びを知りやがって!」などの秀逸な独り言が大いにウケて人気者となった『性の喜びおじさん 』ですが、残念ながら、2017年3月11日に東急田園都市線にて乗客とのトラブルの後に死亡した男性が『性の喜びおじさん』であったという説が出ています。

その後、一転して生存説が出たりと、『性の喜びおじさん』の生死に関しては様々な議論がなされてきましたが、この度ついに『性の喜びおじさん』の死亡が確定してしまいました。『性の喜びおじさん』の死亡が確定するに至った経緯や、死因や犯人についてみていきましょう。

性の喜びおじさんとは?

本名 岩下竜二(いわしたりゅうじ)
年齢 享年55歳
出身地 熊本県
学歴 東洋大学文学部インド哲学科卒業
職業 元サラリーマン、死亡直前は無職(母親の仕送りにて暮らす)

『性の喜びおじさん』とは何者なのかについてですが、百聞は一見にしかずということで、まずは上の動画をご覧下さい。こちらはその場に居合わせた人の携帯カメラによって盗撮された動画であり、体格の良い男性が電車内でやや危険な独り言を延々とつぶやいています。

2016年9月頃にこちらの動画がTwitterに掲載されるやいなや、ネット上で大いに話題となり、彼は意図せず有名人となってしまいました。ネット上では、彼の独り言のセリフのひとつである「性の喜びを知りやがって!」から取って、彼のことを『性の喜びおじさん』と呼ぶようになり、センスが光るセリフや、西郷隆盛似の容姿、服装のインパクトも相まって、瞬く間に“話題の人”となりました。

一般人でありながらテレビの取材やYouTuberらの動画に多数出演し、人気を得ていた『性の喜びおじさん』ですが、その一方で、私生活では盗撮やイタズラに悩まされていたようです。なお、『性の喜びおじさん』はこの動画が撮られた際には泥酔していたそうで、普段は常識人であり、気さくで明るい人柄で一緒に写真を撮ってくれたり神対応をしてくれると評判でした。

性の喜びおじさん死亡の真相

一躍有名人となった『性の喜びおじさん』ですが、2017年3月11日に突如として、死亡説が流れました。『性の喜びおじさん』は本当に死亡してしまったのでしょうか。以下に『性の喜びおじさん』死亡説についてまとめます。

電車内で発狂?病気・障害が原因?

2017年3月11日正午過ぎに東急田園都市線桜新町駅のホーム上で、乗客とのトラブルの後に死亡した男性が『性の喜びおじさん』なのではないか、と話題となりました。

事件当時の報道によると、死亡した50代の男性が車内で発狂して大声を出しており、近くにいた30代のサラリーマン男性が注意をしたところ、顔を殴られたため、同じ電車内に居合わせた他の男性3人が50代の男性を電車から引きずり下ろし、桜新町駅の2番ホーム上で取り押さえたということでした。

死亡した50代の男性は電車内で発狂して大声を出していたということから、精神疾患や障害が疑われています。また、『性の喜びおじさん』も独り言を延々とつぶやく様子から、当時、統合失調症やトゥレット症候群などを疑う声がネット上で挙がっていましたが、上述した通り、泥酔していただけで病気ではないことが判明しています。

ホームで押さえつけられ死亡

桜新町駅の2番ホーム上で3人の男性に取り押さえられた50代の男性は、3人がかりで押さえつけられているうちに意識を失い、その後搬送先の病院で死亡が確認されました。目撃者の証言によると、死亡した50代の男性は、うつ伏せの状態で肩や足を思い切り押さえつけられており、押さえつけていた男性3人が気道を確保していなかったために死亡してしまったとみられ、死因は窒息死ではないかと考えられています。

死亡した男性は性の喜びおじさん?

事件当日に東急田園都市線にて『性の喜びおじさん』の目撃情報があったことや、桜新町駅で取り押さえられている男性のそばに『性の喜びおじさん』がいつも持ち歩いている鞄に似た鞄が落ちていたこと、当日に目撃された『性の喜びおじさん』の服装が取り押さえられている男性の服装と酷似していたこと、また、死亡男性は50代と報道されましたが『性の喜びおじさん』も55歳で50代であることから、死亡男性は『性の喜びおじさん』ではないのかという声が挙がり、ネット上は騒然となりました。

Twitterは『性の喜びおじさん』を心配するツイートで溢れ、『性の喜びおじさん』というワードがTwitterのトレンドにもなる事態となりましたが、この時点ではまだ『性の喜びおじさん』の安否は不明であり、死亡は確定していませんでした。

性の喜びおじさん殺害の犯人はいる?死因は?

意図的ではなく事故であった可能性もありますが、『性の喜びおじさん』と思われる男性を殺害してしまった犯人の男性たちはその後どうなったのでしょうか。また、『性の喜びおじさん』と思われる男性の死因とは何だったのでしょう。犯人や死因について詳しくみてゆきましょう。

無断撮影した男性との口論の仲裁に入った男性3人

上述の通り、事件直後の報道では、『性の喜びおじさん』と思われる男性が発狂して大声を出し、注意をした男性を殴ったとされていましたが、目撃者のツイートによって事情が少し異なることが判明しました。

目撃者によると、『性の喜びおじさん』がいつものように電車内で独り言をつぶやいていたところ、近くにいたサラリーマンが「気持ち悪いんだよ。黙れ!」と注意をしたことから言い合いになり、このサラリーマンが突然、自身の携帯で言い合いの様子を無断撮影し始めたため、『性の喜びおじさん』が激昂したのだそうです。

また、『性の喜びおじさん』はサラリーマン男性を殴ったとされていますが、目撃者によると、撮影を阻止しようとした手がたまたま当たってしまっただけとされています。その後、桜新町駅に着いた際に、周囲の男性3人が『性の喜びおじさん』のみを車内から引きずり下ろし、3人がかりで押さえつけたとされています。

男性3人は『性の喜びおじさん』とサラリーマン男性の口論の仲裁のつもりであったのかも知れませんが、1対1のトラブルになぜ周囲の人物が突然3人も加わったのか、サラリーマン男性は下車させずに『性の喜びおじさん』のみを下ろした点も疑問が残ります。

死因は首を絞められたことによる窒息死?

『性の喜びおじさん』と思われる男性の死因は公にはなっていませんが、押さえつけられたことで気道が塞がれた状態となったことによる窒息死だと考えられます。事件当時、『性の喜びおじさん』と思われる男性を押さえつけていた男性たちに、周囲から「死んじゃうから気道は確保してあげて!」という声が挙がっていたとの情報もあり、過剰な押さえつけが行われていたのは確かなようです。

後に行われた『性の喜びおじさん』公認YouTuberのMASA-KIさんの調査によると、『性の喜びおじさん』の死因は、押さえつけられた際に着ていたジャケットの襟で頚動脈が絞まってしまったことによる窒息死であったとされています。

頸動脈を圧迫すると平均7秒で意識を失い、10分ほどで蘇生率はほぼ0%となると言われており、『性の喜びおじさん』は死亡しているため、10分以上にわたり犯人たちに押さえつけられていた可能性があります。

犯人の名前は報道されず

『性の喜びおじさん』の死因は窒息死であり、見方によっては殺人事件のようにもとれますが、状況的に「事故」と判断され、犯人たちが逮捕されることはありませんでした。また、弁護士の方の見解によりますと、犯人たちは今後も逮捕・起訴される可能性はないそうです。

しかしながら、無断撮影(盗撮)や、『性の喜びおじさん』が意識を失っているにも関わらず執拗に3人で押さえつけ続けた行為、死亡するまで押さえつけるのは正当防衛の範囲を超えた殺人行為ではないかなど、犯人たちの行為を疑問視する声が現在でも多く挙がっています。

性の喜びおじさん死亡を日テレ「NEWS24」が報道

事件発生からしばらくは、2017年3月11日に桜新町駅のホームで死亡した男性が『性の喜びおじさん』であるとは確定しておらず、ネット上では『性の喜びおじさん』の安否を心配する声が多数挙がっていました。

しかし、実は、日テレ『NEWS24』では事件翌日の午前11時32分頃に顔写真付きで『性の喜びおじさん』の訃報を放送していたのです。『性の喜びおじさん』はテレビやYouTubeに出演することはあったものの、あくまで一般人であることから写真や名前は伏せられていたのですが、『NEWS24』はフライング報道をしてしまったようです。

米CNNでは「殺された」と報道

アメリカのニュース番組『CNN』(Cable News Network)も、『性の喜びおじさん』の訃報を報じたとされています。『性の喜びおじさん』は以前“話題の人”として『CNN』のニュースサイトに掲載されたことがあったことから、今回の事件も報道されることとなったようです。なお、『CNN』では『性の喜びおじさん』は「Murdered」(殺害された)と報じられました。
 

性の喜びおじさん生存説とは?

ネット上で『性の喜びおじさん』死亡説が流れ安否が心配される中、一転して『性の喜びおじさん』生存説も出てきました。『性の喜びおじさん』生存説の内容や、生存の根拠とはどのようなものなのかチェックしてみましょう。

本人特定に至らず

2017年3月11日に桜新町駅のホームで死亡した男性については、『NEWS24』を除く各種報道において名前や顔写真などが一切公開されておらず、死亡した男性が『性の喜びおじさん』であるとは確定ができませんでした。

このことから、死亡した男性と『性の喜びおじさん』とは別人であって、『性の喜びおじさん』は生きているのではないかという説が出てきました。

目撃情報が多い

桜新町駅の事件の直後に『性の喜びおじさん』死亡説が流れ始めましたが、事件発生から数時間後の夕方16時過ぎに『性の喜びおじさん』と一緒に撮った記念写真をTwitterにアップした人物がおり、『性の喜びおじさん』生存説が浮上しました。

前述の通り、桜新町駅の事件は正午過ぎに発生しており、16時過ぎに写真がアップされたことから『性の喜びおじさん』生存の期待が高まりましたが、後にこの記念写真は事件発生直前に二子玉川にて撮影されたものであることが明らかになりました。Twitterに写真をアップした人物は、リアルタイムで写真をアップしておらず投稿が遅れたため、誤解を生んでしまったようです。

性の喜びおじさんの名言セリフ集

詳細は後述しますが、死亡説と生存説が大いに議論された『性の喜びおじさん』は、残念ながら現在では死亡が確定してしまいました。冒頭の動画で観ることもできますが、こちらでは『性の喜びおじさん』が生前に残した名言の数々を振り返ってみましょう。

「性の喜びを知りやがって」

『性の喜びおじさん』の存在を一躍有名にしたのがこちらのセリフです。正確には、「性の喜びを知りやがって!お前許さんぞ!性の喜びを知りやがって自分たちばっかし、俺にもさせろよ!グギィィィ!」というセリフになります。

なんでも、このとき『性の喜びおじさん』はお酒に酔っており、イチャイチャしているカップルを車内で目にしたことで、妬みからこのようなセリフを言っていたそうです。

「俺は女大好きだよ」

「性の喜びを知りやがって」と話していたかと思うと、話題はいつしか同性愛のことになり、「異性を愛せないという病気なんだよ。なんで俺がそんな病気になると思う。俺は女大好きだよ!何言ってんだチキショー。そんなに変なこと出来るわけないだろう!チキショー。」という独り言になりました。

ちなみに、『性の喜びおじさん』は彼女欲しさにお酒の力を借りてナンパをすることがあり、帰りに泥酔をしてこのような独り言をつぶやくのが一連のパターンであったようです。

「Weekend Loverのくせに」

電車内でのカップルへの妬みの続きで、「週末には彼氏彼女の部屋に泊まりに行くくせに。Weekend Loverのくせに。冗談じゃないよ!そして、そのWeekend Loverのために色んなことをするんだろ。「ああでもないこうでもない」って。クソ。」という名言も飛び出しています。カップルへの妬みの強さから妄想が炸裂し、完全に『性の喜びおじさん』ワールドが出来上がっています。

「あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにやっとんだろ」

このセリフは『ドラえもん』の主題歌である『ドラえもんのうた』の歌詞からきています。
「あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにやっとんだろ。あんなことこんなことやっとんだろお前。「あんなこといいな こんなこといいな」って言いながら、Loversやっとんだろ。Weekend Loverで。」と、前述のWeekend Loverに繋げる形で使用されているセリフです。

「月曜日のマンデーに」

『性の喜びおじさん』の結論としては、「月曜日のマンデーに、そういうのやったから元気が出るんだろ!」ということらしいです。つまり、『性の喜びおじさん』の考えでは、Weekend Loverをして性の喜びを知ることで月曜日のマンデーに元気が出る(週末に恋人の家に泊まりに行っていちゃいちゃしているから月曜日に元気が出る)ということなのでしょう。言っていることはただの妬みですが、言葉選びが秀逸で『性の喜びおじさん』のセンスが光っています。

性の喜びおじさん関連でドローン少年ノエルが逮捕

川崎市中1殺害事件において被害者のお通夜に行き無断で配信をしたり、浅草の三社祭に小型無人飛行機「ドローン」を墜落させたりと様々な事件を起こして逮捕された『ドローン少年ノエル』こと北澤聖也氏ですが、『性の喜びおじさん』と面識があったようです。

『ドローン少年ノエル』は『性の喜びおじさん』関連でも事件を起こして逮捕されていますが、この報道がきっかけとなり『性の喜びおじさん』死亡説が確定することとなりました。『性の喜びおじさん』死亡説が確定されることとなったこちらの事件についてまとめます。

住居侵入・動画配信

『ドローン少年ノエル』は『性の喜びおじさん』と面識があり、『性の喜びおじさん』の自宅で一緒に動画を配信したこともある仲であったそうです。

『性の喜びおじさん』死亡説が出た後の2017年3月13日、『ドローン少年ノエル』は『性の喜びおじさん』の生死を確かめるために、『性の喜びおじさん』の自宅マンションを訪れ、住人がオートロックを開けた際に後を付けて侵入し、建造物侵入容疑で逮捕されました。

『ドローン少年ノエル』の逮捕は、ニュースサイト『産経ニュース』にて「ネット上で「性の悦びおじさん」の愛称で知られ、今年3月に死亡した知人男性が住んでいた東京都杉並区のマンションに無断で侵入し動画配信をしたとして、警視庁は建造物侵入容疑で横浜市南区のアルバイトの少年(17)を逮捕した。」と報道されました。

この報道により、『性の喜びおじさん』死亡説は確定することとなりました。こちらの『産経ニュース』の報道は2017年6月2日に掲載されたため、『性の喜びおじさん』の死亡は桜新町駅での事件発生後3ヶ月弱で確定したこととなります。

性の喜びおじさん殺害の犯人は現代社会かも知れない

電車内で卑猥な独り言をつぶやくなど『性の喜びおじさん』にも自業自得なところはありましたが、死亡が確定し、このような最期を遂げてしまうことになるとは残念な限りです。

他人を無断撮影(盗撮)し、ネット上に広めてしまう「フォトハラスメント」と言われる行為が問題となっている昨今、無断撮影で有名となり無断撮影で命を落としてしまった『性の喜びおじさん』の事件はとても考えさせられます。

『性の喜びおじさん』のご冥福をお祈りするとともに、スマートフォンが普及し誰もが簡単に写真や動画を撮って配信できてしまう現代、撮影のマナーを今一度見直す必要がありそうです。

Thumbドローン少年ノエル君とは?逮捕されたドローン事件や逮捕後の現在!
ニコ生で動画を配信したことで一躍時の人となった、ドローン少年ノエル君。彼の動画はとてもセンシ...
Thumb千堂あきほの現在は?消えた理由はマネージャーの盗撮?結婚は?
アイドルだった千堂あきほが突然消えた理由はトラブルが原因だと言われています。何が千堂あきほに...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hk1808
情熱的な旦那に根負けし、23才で結婚。 現在は、子鉄の小学生男子と女子力の高い園児女子に日々振り回されています。...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ