ポルチオオナニーのやり方!ポルチを開発するコツや道具など紹介!

ポルチオという場所をご存知でしょうか?ポルチオとは、女性の膣の一番奥にある子宮口のことです。以下では、ポルチオオナニーのやり方や、ポルチオを開発するコツ、ポルチオオナニーにおすすめの道具などについて詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポルチオオナニーのやり方!ポルチを開発するコツや道具など紹介!のイメージ

目次

  1. 1ポルチオオナニーのやり方は?開発のコツや道具など
  2. 2ポルチオはどこにある?
  3. 3ポルチオオナニーで準備するもの
  4. 4ポルチオオナニーのやり方
  5. 5ポルチオを開発するコツは?
  6. 6ポルチオオナニーにおすすめの道具
  7. 7ポルチオオナニーの注意点
  8. 8ポルチオオナニーを楽しもう!

ポルチオオナニーのやり方は?開発のコツや道具など

あなたは、ポルチオオナニーというオナニーを知っていますか?以下では、ポルチオオナニーのやり方や、ポルチオの開発のコツ、ポルチオオナニーをするときにおすすめの道具などを紹介していきます。ポルチオオナニーをするときの注意点も列挙するので、参考にしてみてください。

ポルチオはどこにある?

まずは、ポルチオがどこにあるのについて見ていきましょう。ポルチオオナニーをするにあたって、まず、ポルチオの位置を正確につかんでおく必要があります。ポルチオとは、女性の膣の中のある場所を指している言葉なのです。

膣の一番奥

ポルチオは、女性の膣の一番奥の子宮口のことを指す言葉です。この周辺のことを、いわゆるポルチオ性感帯と呼ぶのです。このポルチオ性感帯は、女性にとって非常に気持ちいい場所であると考えられています。その快感は、Gスポットを上回るとさえ言われています。

このポルチオ性感帯を刺激して、絶頂に達することを、中イキと呼びます。中イキを一度体験できれば、中イキなしのセックスには戻れないはずです。中イキして男性と同時にイクことができたら、最高の快感を味わえるでしょう。中イキをしたい女性は、このポルチオを刺激する必要があるのです。

ポルチオオナニーで準備するもの

ポルチオがどこにあるのかを見てきましたが、続いては、ポルチオオナニーで準備するものを見ていきましょう。ポルチオオナニーで準備するものは、基本的には、潤滑ゼリーとアダルトグッズだけです。アダルトグッズとして、バイブよりディルドを選択するとよいでしょう。

バイブよりディルドを選択する方が良い理由は、ディルドは、バイブとは違い、電動モーターを内蔵していないからです。モーターを内蔵しているバイブを使うと、刺激が強すぎて、痛みを感じてしまう可能性があります。ポルチオオナニーでは、バイブではなくて、ディルドをお勧めします。

潤滑ゼリー

ポルチオオナニーをするときには、潤滑ゼリーを用意しましょう。ポルチオオナニーでは、膣のかなり奥の方を刺激することになります。そのため、ローションや潤滑ゼリーをしないまま指やディルドで膣の奥の方まで刺激すると、痛みを感じてしまう恐れがあります。

ポルチオオナニーでは、痛みを感じないような対策を立てることが重要なのです。一度痛みを感じてしまうと、ポルチオオナニーに恐怖心を抱いてしまう可能性すらあるでしょう。そうならないためにも、潤滑ゼリーを用意しておくことはとても大切なのです。

潤滑ゼリーを用意して、膣を保護しましょう。潤滑ゼリーを付ければ、指やディルドの動きがスムーズになり、膣を傷つけずに済みます。ポルチオオナニーをするときには、潤滑ゼリーは必須のものだと認識しておくとよいでしょう。

ポルチオオナニーのやり方

ポルチオオナニーで準備するものを見てきましたが、続いては、ポルチオオナニーのやり方を見ていきましょう。まずは、潤滑ゼリーとディルドを用意して、普通のオナニーから始めましょう。その後、潤滑ゼリーを指やディルドに付けて、膣内に入れていくことになります。

その後は、ポルチオを押すように圧迫していくとよいでしょう。ポルチオを押していくと、気持ちよさを感じてくるはずです。気持ちよさを感じたら、ポルチオを押したり、揺さぶったりしてみましょう。少しずつ刺激を高めていくと、気持ちよさも増すはずです。

やり方①普通のオナニーから始める

ポルチオオナニーのやり方を4つの段階に分けて紹介していきます。ポルチオオナニーを始めるときは、まず、普通のオナニーから始めましょう。いきなり、指やディルドを膣の奥の方に突っ込むことはしないようにしましょう。

最初は、膣の周辺や表面などをやさしく触ることから始めましょう。自分の体をいたわるように、撫でてあげるとよいかもしれません。強い刺激をはじめから与えてはいけません。最初は少ない刺激を与え、少しずつ刺激を高めていくのが良いでしょう。

いきなり強い刺激を与えることは、体を傷つけることもあるので控えましょう。オナニーのやり方のコツは、優しい刺激から始めることです。優しい刺激を与えながら、気分が高揚し、気持ちが高ぶってくるのを楽しみましょう。

やり方②潤滑油を指やディルドにつけ膣内に入れる

普通のオナニーから始めて、心身ともに、リラックスしてくる様子を感じてみましょう。オナニーを通して、ある程度、気持ちが高まった来たら、用意してきた、潤滑油やディルドを用いる段階へ移ります。オナニーをいったんやめて、潤滑油を指やディルドにつけて、膣内に入れていきましょう。

このとき、指やディルドに、しっかりと潤滑油がついていることを確認することが重要です。指やディルドに潤滑油がちゃんとついていないと、滑りが悪くなってしまうかもしれません。潤滑油をたっぷりとつけたら、ゆっくりと優しく膣内に指やディルドを挿入していきましょう。

やり方③ポルチオを押すように圧迫する

潤滑油の付いた指やディルドを膣内に挿入したら、ポルチオを押すように圧迫していきます。すぐに気持ちいい場所が見つからないことがありますが、焦る必要はありません。ゆっくりと指やディルドを動かしながら、気持ちいい場所を探しましょう。

このときに、すぐに見つからないからと言って強い刺激を与えてはいけません。ポルチオは、強い刺激でなくても、気持ちよさを感じられます。しばらく気持ちいい場所を探していると、少しずつ快感を感じる場所がわかってくるはずです。

たとえ、ポルチオの場所がすぐにわからなくても、徐々にポルチオがありそうな場所の範囲が絞られてくるはずです。時間をかけてポルチオを探していけば、自分にとって一番気持ちいい場所が次第に判明することでしょう。常にリラックスした気持ちを維持しましょう。

やり方④気持ちよくなったら押す・揺さぶるを繰り返す

指やディルドを膣の奥まで入れていくと、気持ちいい場所が見つかるはずです。そこがポルチオなのです。ポルチオを見つけたら、そこを押したり、揺さぶったりしながら、快感を味わいましょう。「押す」と「揺さぶる」を繰り返して、刺激を与え続けましょう。

次第に、気持ちよさが高まっていくことが実感できるはずです。気持ちよさをもっと感じたいからと言って、強く押したり、揺さぶったりする必要はありません。それほど力を入れずに押したり、揺さぶったりしながら、刺激が最高潮に達するのを待ちます。

ずっと押したり、揺さぶったりを繰り返していくと、ついに絶頂を迎えることでしょう。こうして絶頂を迎えることを、いわゆる中イキと呼んでいるのです。この中イキを経験できれば、ポルチオオナニーがやみつきになり、またやりたいと思うことでしょう。

ポルチオを開発するコツは?

ポルチオオナニーのやり方を見てきましたが、続いては、ポルチオを開発するコツを見ていきましょう。ポルチオを開発するときのコツは、指だけに頼るのではなく、アダルトグッズを使うことです。ポルチオオナニーを開発するときには、焦りは禁物です。リラックス状態で行いましょう。

また、いきなりポルチオを目指すより、まずGスポットを目指すとよいでしょう。Gスポットを刺激して、Gスポットで中イキを目指すことをお勧めします。Gスポットで大きな快感を味わったら、もっと奥にあるポルチオを刺激しましょう。そうすれば、ポルチオで中イキを感じやすくなるはずです。

アダルトグッズを使う

ポルチオを開発するときは、指だけで行うのは避けましょう。ポルチオを開発するときに指だけを使うと、どうしても膣を傷つけてしまう恐れが高まります。ポルチオを開発したいと思うなら、指を使うより、アダルトグッズを使った方が安全だと言えるでしょう。

一口にアダルトグッズと言っても、いろいろなものがあります。ポルチオを開発するときには、ディルドを使うとよいでしょう。ディルドは、バイブとは違って、電動モーターを内蔵していません。ディルドは電動で動かないので、自分で動きや角度を調節しやすいのです。

バイブを使用してしまうと、比較的強い刺激が加わることになります。その点、ディルドであれば、自分の好きなように動かせます。そのため、不快感があれば、すぐにそれを取り除くことができるのです。ポルチオを開発する人には、ディルドがおすすめなのです。

ポルチオを開発するときには、少しでも痛いと感じたら、すぐに刺激を弱めることが重要です。ディルドを使えば、自分自身で刺激を調節でき、重宝するでしょう。また、ディルドは比較的安価で購入することができるので、財布にも優しいと言えます。

リラックスして行う

ポルチオを開発するときに、最も重要なことは、リラックスして行うということです。ポルチオを開発するときに、なかなか場所が分からないことがあります。早くポルチオを見つけたいからと言って、膣内を激しく触ることは絶対に避けましょう。

ポルチオオナニーのコツは、ゆったりとした姿勢で、リラックスできる状態で行うことです。心身ともに充実した状態で、行うのが鉄則です。何かに焦っていたり、時間的に余裕がない中で行うことはやめましょう。そして、しっかりと気持ちが乗っているときに行うことも重要です。

Gスポットで中イキ後にポルチオへ

ポルチオを開発するときには、リラックスした状態で、Gスポットを刺激するとよいでしょう。Gスポットを刺激して中イキした後に、ポルチオをさらに刺激するようにしましょう。いきなりポルチオを目指すのではなく、Gスポットを刺激することで、開発しやすくなるはずです。

Gスポットで中イキを味わってから、ポルチオを刺激すれば、ポルチオでも中イキを体験できることでしょう。いったんポルチオで中イキを味わえれば、中イキとはどういうものかが体感としてわかるはずです。ここでのコツは、Gスポットからポルチオを目指すことです。

ポルチオオナニーにおすすめの道具

ポルチオを開発するコツを見てきましたが、続いては、ポルチオオナニーにおすすめの道具を見ていきましょう。ポルチオオナニーをするときには、アダルトグッズを用意した方がよいことはすでに述べました。以下では、3つのアダルトグッズを紹介していきます。

具体的には、ピングアングル、みちのくディルド、ストロニックアインズの3つのディルドです。ディルドにはいろいろな種類があります。ここで紹介するディルドは、どれも個性があり、ポルチオオナニーに向いています。値段も様々なので、慎重に選択しましょう。

ピンクアングル

最初に紹介するアダルトグッズは、ピンクアングルです。ピンクアングルは、非常に和ら中素材でできているディルドです。そのため、無理することなく簡単にポルチオを開発することができるはずです。ピンクアングルは、2361円で購入することができます。

ピンクアングルの素晴らしいところは、いろいろな角度に調節することができるところです。そのため、ポルチオを開発する目的だけでなく、Gスポットを開発する目的にも適しているアダルトグッズであると言えるでしょう。

また、ピンクアングルには強い吸盤がついています。このピンクアングルの吸盤を床などに張り付ければ、騎乗位の練習もできます。自宅で騎乗位の練習をしておけば、いざ男性とセックスをする時にも、自然に対応できるはずです。

みちのくディルド

続いて紹介する、ポルチオオナニーにおすすめのアダルトグッズは、みちのくディルドです。みちのくディルドは、数あるディルドの中でも、女性の圧倒的な人気を誇ります。みちのくディルドは、非常に長い間、多くの女性に支持されてきたディルドの一つと言えるでしょう。

みちのくディルドは、1070円で購入できます。ピンクアングルに比べて、かなり安い値段で購入できることがポイントと言えるでしょう。みちのくディルドには、強力な吸盤がついており、吸盤を壁や床にくっつければ、セックスの練習に持ってこいと言えます。

ポルチオオナニーにディルドを使うなら、みちのくディルドはかなりおすすめのディルドと言えます。値段も安いですし、吸盤が強力なので、比較的長い間使用することができるディルドです。自宅に一本ぜひ持っておきたいアダルトグッズと言えるでしょう。

ストロニックアインズ

続いて紹介する、ポルチオオナニーにおすすめのアダルトグッズは、ストロニックアインズです。ストロニックアインズは、非常に高価で、その値段は、17800円です。値段だけを見ると非常に高いのですが、ストロニックアインズは、本物に近い動きを再現できるのです。

ストロニックアインズは、内部に分銅を備えています。内部にある分銅が上下することで、振動を与えるため、ほかにはないピストン運動を再現することに成功しています。そのため、ストロニックアインズを使うと、実際の男性器を挿入しているような感触を味わえるのです。

普通のディルドでは中イキできないという女性は、このストロニックアインズを使用することを考えてみるとよいでしょう。このストロニックアインズを使えば、中イキを心ゆくまで体感できるはずです。ポルチオを開発したい女性には非常におすすめのディルドです。

女性が非常に喜ぶディルドなので、パートナーをもっと喜ばせたいと考えている男性が女性に購入してあげるのも良いでしょう。セックスの中で、ストロニックアインズをうまく使えば、二人のセックスがより気持ちいいものになっていくはずです。

ポルチオオナニーの注意点

ポルチオオナニーにおすすめの道具を見てきましたが、続いては、ポルチオオナニーの注意点を見ていきましょう。ポルチオオナニーをするときには、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。以下では、ポルチオオナニーの注意点を3つ紹介していきます。

ポルチオオナニーの注意点は、具体的には、無理に刺激を与えすぎない、初心者はアダルトグッズを用いる、ポルチオ開発は慎重に行う、の3点です。どれもポルチオオナニーをするときには、常に頭に入れておきたいことと言えます。一つ一つを詳しく見ていきましょう。

無理に刺激しすぎない

ポルチオオナニーをするときには、無理に刺激を与えすぎないようにしましょう。ポルチオオナニーでは、膣の奥の方を刺激することになります。なかなかポルチオが開発できないからと焦って、膣の奥の方を強い力で圧迫し続けるのはやめましょう。

ポルチオオナニーでは、とにかくリラックスして行うのが最も重要なのです。リラックスできていないと、気持ちよさを感じないばかりか、不快感すら感じてしまうかもしれません。体に不調があるときや、気持ちが載らないときは、オナニーを控えましょう。

途中で気持ちが乗らなくなったり、膣に痛みを感じたりしたら、すぐにポルチオオナニーをやめましょう。また、もっと感じたいからと言って、強い刺激を与えすぎてもいけません。ポルチオオナニーでは、徐々に少しずつ刺激を高めていくようにしていくとよいでしょう。

初心者はアダルトグッズを

ポルチオオナニーの初心者は、アダルトグッズを使うようにしましょう。ポルチオオナニーでは、膣の奥の方を刺激することになるので、指だけで行うのはお勧めできません。指で行うより、上で紹介したようなディルドを用いて、楽しむようにしましょう。

ポルチオオナニーを指で行うと、爪などで膣内を傷つける恐れも出てきます。ポルチオオナニーをするときは、潤滑油を使用することも忘れないようにしましょう。潤滑油を使って、ディルドの滑りをよくしておきましょう。膣を傷つけるのを避けることを常に考える必要があります。

ポルチオ開発は慎重にする

ポルチオ開発のやり方のコツは、とにかく慎重に行うことです。ポルチオを開発したいと考えたからといって、思い通りに開発できないこともあります。ポルチオを探しても、うまく見つからないこともあるのです。まずは、そうしたことを理解しておきましょう。

ポルチオが見つからないときでも、焦って膣内に強い刺激を与え続けるのはやめましょう。オナニーのやり方のコツは、常に優しく行うことです。無理は禁物なのです。ポルチオオナニーでは、少しずつ刺激を高めていって、様子を見ていくのがおすすめです。

ポルチオを開発しようとして、無理に膣の奥に強い力を加えると、痛みを感じしまうかもしれません。そうすると、ポルチオオナニーそのものに恐怖心を抱いてしまう可能性もあります。一度、ポルチオオナニーに恐怖心を抱くと、それを克服するのは簡単ではないでしょう。

何度も指摘しているように、ポルチオオナニーのコツは、リラックスして行うことなのです。そもそもオナニーは、ストレス解消や性欲の解消を目的としていることがほとんどであるはずです。オナニーは楽しいものですから、リラックスして身をゆだねるとよいでしょう。

ポルチオオナニーを楽しもう!

ポルチオオナニーについて詳しく見てきました。ポルチオオナニーをするときのコツは、潤滑油を用意して、リラックスした状態で行うことです。ポルチオを開発しようとしても、うまくいかないときもありますが、焦らず、じっくりと開発する気持ちを持ちましょう。

ポルチオが開発できれば、中イキを味わうことができます。中イキを感じることが出来れば、セックスがとても楽しいものになるはずです。ポルチオオナニーを通して、ポルチオの場所を掴んでおけば、男性とのセックスで中イキを実際に体験できることでしょう。

ポルチオオナニーを日常に取り入れてみるとよいでしょう。ポルチオオナニーのやり方のコツは、ポルチオを見つけたら優しく押したり、揺さぶったりすることです。強い刺激を与えるのではなく、優しくいろいろな刺激を与えてあげるとよいでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ