オナニー依存症とは?オナニー中毒の原因や克服方法など紹介!

あなたは、オナニー依存症をご存知ですか?以下では、オナニー依存症とはどういうものかを詳しく説明します。オナニー中毒になってしまう原因や、オナニー依存症の克服方法、オナニー依存症診断チェックなどを紹介するので、参考にしてみてください。

オナニー依存症とは?オナニー中毒の原因や克服方法など紹介!のイメージ

目次

  1. 1オナニー依存症とは?原因や克服方法など
  2. 2オナニー依存症とは?
  3. 3オナニー依存症がもたらす影響とは?
  4. 4オナニー依存症の原因
  5. 5オナニー依存症の克服法
  6. 6オナニー依存症診断チェック!
  7. 7オナニー依存症の体験談
  8. 8オナニー依存症にならないようにしよう!

オナニー依存症とは?原因や克服方法など

オナニー依存症という依存症があることをご存知でしょうか?オナニー依存症とは、文字通り、オナニーに依存してしまう症状を指します。以下では、オナニー依存症の原因や克服方法などを詳しく紹介します。また、オナニー依存症の体験談も3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

オナニー依存症とは?

まずは、オナニー依存症とはどういうものなのかについて詳しく見ていきましょう。オナニー依存症とは、オナニーに依存してしまう症状ですが、具体的には、どのくらいの頻度でオナニーをすると、オナニー依存症と言われるのでしょうか?

回数は?

オナニー依存症と言われるのは、四六時中暇さえあれば、オナニーをしてしまう状況になった場合でしょう。たとえば、毎日しているからと言って、オナニー依存症であるとは言えません。オナニー依存症は、オナニーのことが頭から離れないくらい依存していることを指すのです。

ですから、オナニー依存症がひどいものになると、一日に10回以上してしまう場合もあるでしょう。オナニー依存症は、ほかにしなくてはいけないことがあるのに、オナニーをしてしまうとか、オナニーをしていたら、数時間も経っていた、という場合に当てはまると言えます。

オナニー依存症がもたらす影響とは?

オナニー依存症とはどういうものかについて見てきましたが、続いては、オナニー依存症がもたらす影響とはどういうものかを見ていきましょう。オナニー依存症になると、時間が無駄になる、睡眠の質が落ちる、射精障害になる、といった悪影響が出る場合があります。

時間が無駄になる

オナニーがやめられないオナニー依存症になると、端的に言って、時間が無駄になります。オナニーがやめられない人は、ひどい場合には、3時間も4時間もオナニーに費やすことがあります。オナニーを終えると、あまりに時間が経っていたことに驚く人もいるようです。

オナニー中毒になると、しなければならないことよりオナニーを優先してしまう傾向が出てきます。しなければいけないことをやろうとしても、ついつい手が下半身に伸びてしまうのです。オナニー中毒になると、日常生活に大きな問題が出てくることになります。

睡眠の質が落ちる

オナニーがやめられないと、夜遅くまでオナニーをしてまい、睡眠の質が落ちることがあります。オナニー中毒になってしまうと、寝る時間を惜しんでオナニーをしてしまうことがあるのです。結果として、日中に眠くなり、生活に支障が出てくると言えるでしょう。

睡眠の質が落ちると、心身ともにバランスが悪くなってくる恐れがあります。オナニー中毒になると、四六時中オナニーの事ばかりを考えてしまい、他者との交わりも減ってくる傾向があります。人間関係に問題を抱えだすと、いよいよ深刻な事態が出てくるかもしれません。

射精障害になる

オナニーがやめられないオナニー依存症の人は、射精障害になることがあります。射精障害とは、射精するときに、うまく射精できない状態になることを指します。オナニーをやめられない人は、射精を先延ばしにする傾向があり、それが男性器に悪影響を及ぼすのです。

オナニー中毒の人は、勃起状態のペニスを維持し続けようとすることがあります。勃起状態のままずっとペニスを維持することは、ペニスに対して大きな負担をかけることになります。オナニーをやめられない人は、ペニスに負担をかけ、射精障害を招く危険があるのです。

オナニー依存症の原因

オナニー依存症がもたらす影響について見てきましたが、続いては、オナニー依存症の原因を見ていきましょう。オナニー依存症の原因は、いくつかあると考えられています。例えば、性的刺激になる材料が身近にあったり、オナニー以外のストレス発散方法がなかったりすると、依存しやすいのです。

性的刺激になる材料が身近にある

性的刺激になる材料が身近にあると、オナニー依存症になりやすいと言えるでしょう。自分の部屋に、エッチな本が山積みになっていたり、エッチなDVDがそのまま机の上に置かれていたりすると、ついついそれらに手が伸びて、オナニーを始めてしまいやすくなります。

自分の部屋を見渡してみて、エッチなものがすぐ目に付くところに置かれていないかを確認しましょう。もし、エッチなものが良く見えるところにあるなら、それらをすぐには見えないところにしまうことをお勧めします。それだけで、オナニー依存症になりにくくなるでしょう。

オナニー以外のストレス発散方法がない

オナニーをやめられない人は、オナニー以外のストレス発散方法がないことが原因の場合があります。人は、日々の生活の中で、様々なストレスを抱えています。そうしたストレスを、音楽を聴いたり、ゲームをしたり、テレビを見たりして発散しているのです。

オナニー中毒になる人は、オナニー以外のストレス発散方法があるかどうか、自分の生活を見直してみましょう。そして、オナニー以外のストレス発散方法を考え出しましょう。少し体を動かしたり、好きな歌手の曲を聴いたりして、ストレスを発散させることをお勧めします。

オナニーすることに罪悪感がある

オナニーをやめられない人は、逆説的ですが、オナニーをすることに罪悪感を感じている場合があります。オナニーをすることに罪悪感を感じていると、不思議と、オナニーをやめられない状況に陥りやすいのです。自分に罪悪感がないかどうかを確認するとよいでしょう。

もし、オナニーは悪いものだ、という考えがあるなら、それを認めて、どうしてそのような考えを持ったのかを考えてみることをお勧めします。成長していく過程で、何らかの原因から、オナニーに罪悪感を感じるようになってしまったのでしょう。

まずは、オナニーは悪いことではないことを理解しましょう。オナニーをしていない人を探す方が難しいはずです。オナニーは基本的にほとんどの人がしていることなのです。オナニーはやりすぎにだけ注意すれば、何も悪いことではないのです。

オナニー依存症の克服法

オナニー依存症の原因を見てきましたが、続いては、オナニー依存症の克服法を見ていきましょう。オナニーがやめられない場合は、気軽に相談できる人を見つけるとよいでしょう。オナニー中毒になったら、オナニー以外の趣味を見つけることをお勧めします。

気軽に相談できる人を見つける

オナニーがやめられないと思ったら、そのことを気軽に相談できる人を見つけましょう。信頼できる親友でもいいですし、ちゃんとした医療機関に相談するのも良いでしょう。見つけようとすれば、必ず見つかりますから、あきらめないで相談に持ってもらう人を探しましょう。

趣味を見つける

オナニー中毒になったら、オナニー以外の趣味を見つけましょう。オナニー中毒は、オナニー以外に楽しみを見つけると克服できることがあります。オナニー以外に、心から楽しいと思えるものを探しましょう。そうしたものが見つかれば、次第にオナニー中毒は和らぐはずです。

スマホやパソコンを触らないようにする

オナニーがやめられない人は、常に、スマホやパソコンを見ている可能性があります。スマホを開くと、エッチな動画にアクセスしてしまう危険性が高まります。ですから、オナニーがやめられない人は、スマホやパソコンをなるべく触らないように心がけましょう。

全くスマホやパソコンを触らないのは、現実的ではないかもしれません。どうしても、スマホやパソコンを利用しなくてはいけないときは、何のためにスマホやパソコンを使うのかを明確にして、目的のもの以外のサイトは開かないように強く意識するようにしましょう。

オナニーよりセックスを楽しむ

オナニー依存症の人は、オナニーよりもセックスを楽しむように心がけるとよいでしょう。パートナーがいる人は、パートナーとのセックスをより楽しめるように、二人で相談して考えてみましょう。セックスが非常に楽しいものだと再認識できれば、オナニー依存症は緩和するはずです。

オナニーは悪いことではないと理解する

オナニー依存症の人の中には、オナニーが悪いことである考えている人がいます。オナニーを悪いものだと思っていると気づいたら、まずは、リラックスしてみましょう。そして、オナニーを悪いものだと思っている自分を認めましょう。

その上で、どうしてそのような考え方を抱くようになったのかを見つめてみましょう。自分がそうした考えを持つきっかけが分かるかもしれません。そして、オナニーは悪いことではないと理解する必要があります。オナニーは悪いものではなく、自然な行為なのです。

オナニー依存症診断チェック!

1 オナニーに時間を数時間費やす
2 現実逃避の方法としてオナニーをしてしまう
3 何日も連続してオナニーをしてしまう
4 学校や職場でオナニーをしてしまったことがある
5 やらなくてはいけないことがあるのにオナニーをしてしまう

オナニー依存症診断チェックとして、5つのチェック項目を列挙しました。いずれか一つでも当てはまった場合は、オナニー依存症である可能性があります。オナニー依存症の人は、1回1回のオナニーがかなり長いのが特徴の一つとなっています。

また、寝る時間を惜しんでオナニーをしてしまう人も、オナニー依存症の可能性が高いと言えるでしょう。学校や職場といった場所で、エッチな動画などを見ずにはいられなくなったり、実際にオナニーをしてしまったりした場合は、オナニー依存症の可能性は非常に高いです。

締め切り間近の宿題や課題があるのにもかかわらず、オナニーを長い時間してしまう場合も、オナニー依存症であると言えるでしょう。オナニーを現実逃避の方法の一つととらえているようなら、かなり重度のオナニー依存症を患っていると言えるかもしれません。

オナニー依存症の体験談

オナニー依存症診断チェックを見てきましたが、続いては、オナニー依存症の体験談を紹介します。実際にオナニー依存症になった人は、どういう体験をしたのかを具体的に周回します。オナニー依存症の現実を知って、ぜひオナニー依存症に対する理解を深めてください。

オナニーの事ばかり考えてしまう

最初に紹介するのは、24歳の女性の体験談です。この女性は、小学校6年生の頃から、オナニー中毒になっていると言います。小学校6年生の時に、オナニーというものを覚えて、それに病みつきになり、それ以降、今に至るまで、文字通り毎日オナニーをしているのです。

家にいるときはもちろん、外で買い物をしていても、仕事をしていても、オナニーのことを考えてしまうそうです。実際、職場のトイレで何度もオナニーをしたことがあると言います。職場でするオナニーは、緊張感があって、家でするオナニーよりも気持ちいいそうです。

オナニー依存症であることは自覚していますが、自分ではどうしようもないとあきらめているようです。具体的に誰かを傷つけているわけではないので、それほどオナニー依存症を克服したいと強く思ってはいないと言います。しかし、時間を無駄にしているとは思っているようです。

オナニーがやめられなくなった主婦

続いて紹介するのは、オナニーがやめられなくなった主婦の体験談です。33歳のこの女性は、もともとはオナニー依存症ではなかったそうです。しかし、結婚後、夫とのセックスが全くなくなったころから、毎日オナニーせずにはいられなくなったそうです。

夫との間でセックスレスになってから、すぐにオナニーに安らぎを求めるようになったと言います。基本的に、主婦として家にずっといるので、日中はほとんどオナニーをしているそうです。主婦としての最低限の家事はこなしていますが、夫は薄々気付いているかもしれないと言います。

今のところ、大きな失敗はしていないようですが、このままではいけないと強く思っているようです。しかし、家に一人でいる時間が長いために、オナニーのことをすぐに考えてしまうと言います。スマホやパソコンを触らないように努力しても、結局見てしまうそうです。

1日に5~6回オナニーをしてしまう

続いて紹介するのは、1日に5~6回オナニーをしてしまう会社員の男性です。この男性は、会社員になって仕事に追われるようになると、オナニー依存症になってしまったと言います。朝、家を出る前に必ずオナニーを1回済ませることが、いつもの日課となっているそうです。

さすがに仕事中にオナニーをしたことはないそうですが、いずれしてしまうかもしれないと感じています。職場から家に帰る間に、公衆トイレでオナニーをしたこともあると言います。家に帰ると、すぐに1回オナニーをして、それから寝るまでに数回オナニーをするそうです。

寝る間も惜しんでオナニーをしてしまうので、睡眠の質が低下していると感じているそうです。睡眠時間も減り、仕事中に大きなミスを連発してしまったこともあると言います。依存症を克服したいとは考えていますが、実際に行動には移していないようです。

オナニー依存症にならないようにしよう!

オナニー依存症について詳しく見てきました。オナニーのことが頭から離れなくなって、オナニー以外のことを考えられなくなったら、オナニー依存症を疑いましょう。エッチなものが目に入らないようにして、オナニー以外に楽しみを見つけるように心がけましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ