PSvitaを改造してできること!CFW(HENkaku)の導入方法も!

SONYから発売されているポータブルゲーム機のPSvitaを使ってゲームを楽しんでいる方も多いと思いますが、PSvitaを改造しようと思ったことはありませんか?PSvitaはある方法によって改造ができるといわれています。今回はPSvitaの改造方法に迫ります。

PSvitaを改造してできること!CFW(HENkaku)の導入方法も!のイメージ

目次

  1. 1【最新版】PSvitaを改造してできることって?CFW導入方法もご紹介!
  2. 2そもそもPSvitaは改造できる?
  3. 3PSvitaを改造してできることとは?
  4. 4PSvita改造・CFW(HENkaku)導入ができるバージョンは?
  5. 5PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法(Vr.3.60)【動画付き】
  6. 6PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法(その他のVr.)
  7. 7PSvitaTVにもCFW(HENkaku)は導入できる?
  8. 8他にもあるPSvitaに使える便利なアプリ
  9. 9PSvita改造後のおすすめの楽しみ方は?
  10. 10PSvitaを改造するときの注意点
  11. 11PSvitaを改造するには覚悟と勇気が必要

【最新版】PSvitaを改造してできることって?CFW導入方法もご紹介!

皆さんはSONYから発売されているPSvitaを使ってゲームを遊んだことはありませんか?PSvitaは高画質でネットにも接続できる、高性能の最新ポータブルゲーム機となっています。どこでも遊べて便利なゲーム機でもありますが、もっと使いやすく改造したいと思ったことはありませんか?

実はPSvitaを改造して使うこともできるとのことで、改造するとエミュレータやバックアップ起動など色々なことができるようです。PSvitaの改造方法や改造してできること、そしてCFWの導入方法について最新情報を紹介していきます。

そもそもPSvitaは改造できる?

改造と聞くと少し不安に思う方も少なくないかと思われますが、そもそもPSvitaは改造可能なのでしょうか?改造したことで、万が一故障してしまった時など、取り返しのつかないことにならないか心配になってしまいます。

しかし、長年難しいとされてきたPSvitaの改造も近年は進化しているようで、方法によっては改造可能だということだそうです。改造は通称ハックと呼ぶそうでハックをするためにはHENkakuというCFW(カスタムファームウェア)を導入することが必要とのことです。元々ハイスペックなポータブルゲーム機ですが改造することでどんなメリットがあるのか気になりますね。

PSvitaを改造してできることとは?

PSvitaがHENkakuを使ってCFWを導入することでハック(改造)できることがわかりましたが、PSvitaをハックすることで何ができるようになるのでしょうか?エミュレータやバックアップ起動など、PSvitaのハックでできる最新情報をご紹介します。

ゲームソフトのバックアップ起動が可能になる

PSvitaのハックをすることでできることの1つにゲームソフトのバックアップ起動が可能になることが上げられます。バックアップ起動を簡単に説明するとPSvitaのゲームソフトを本体に入れなくてもゲームができる機能のことです。

PSvita本体1つに複数のゲームを保存しておけるため、ゲームソフトを入れ替える手間も省け、持ち運びしなくてもいいので、バックアップ起動はとても便利な機能になります。

PSPのiso起動がPSVitaで可能になる

PSvitaにHENkakuを使ってCFWを導入すると、PSPのiso起動がPSvitaで可能になります。iso起動というのは、最新モデルがPSvitaだとすると1つ前のモデルPSPをPSvitaで再現しゲームを動かすものです。

PSvitaでPSPのゲームを動かすということは、ゲームカセット(PSPならUMDディスクのこと)からの起動ではなく、バックアップデータから起動するバックアップ起動ができるようになります。

バックアップ起動ができるとセーブデータから直接できるようになるため、ロード時間が大幅に短縮されます。バックアップ起動は欠かせないという方とPSPのゲームをPSvitaでやりたいと思う方には、ハックしたい理由の1つになりそうです。

エミュレータが導入できる

PSvitaをハックすることでできることの1つにエミュレータが導入できるということが挙げられます。エミュレータとはスーパーファミコンやゲームボーイなどのレトロなゲームを遊べる機能のことです。

PSvitaにエミュレータできるゲーム機は幾つかあり、ファミコン・スーパーファミコン・ゲームボーイアドバンスなどです。これらのゲームソフトをエミュレータすることでカセットからゲームデータを吸い出し、PSvitaに大量のレトロゲームを保存できます。エミュレータの導入を目的にハックする方も少なくないでしょう。

チートが使えるようになる

PSvitaをHENkakuを使ってCFWを導入すると、チートが使える用になります。チートとはレベルを最大にしたり、楽にお金などを稼げるなど裏技的な要素があるのがチート機能ということです。

最新ゲームソフトを購入して楽にレベル上げをしたい、楽に武器や防具の購入金額を稼ぎたいといったときにチートをオンにしておけば一瞬にお金が最大になります。しかしチートをやり過ぎるとゲームバランスが崩れて、購入した最新ゲームソフトもつまらなくなってしまいます。そうなってしまわないようにチートも程々にしましょう。

PSvita改造・CFW(HENkaku)導入ができるバージョンは?

PSvitaには本体にFW(ファームウェア)というシステムが入っていて、現在の最新バージョンはVr3.70となっています。HENkakuを使用しCFWを導入するには最新バージョンのVr3.70含めいくつかの導入可能なバージョンがあるそうです。

HENkakuを使いCFWを導入するのに対応したバージョンは、最新バージョンを含め一体どのバージョンになるのでしょうか。

8つのFWが導入可能

最新バージョンのVr3.70を含めたいくつかのバージョンが導入可能ですが、どのバージョンが導入可能なのか重要なポイントですので知っておきたいですね。

PSvitaのでのハックを可能にするためにはHENkakuを使用しCFWを導入しなければなりませんが、PSvitaのFWは現在、Vr3.55・Vr3.57・Vr3.60・Vr3.65・Vr3.67・Vr3.68・Vr3.69・Vr3.70の8つのバージョンで導入可能となっています。

ベストなバージョンは3.60

PSvitaをハックするためにはHENkakuを使ってCFWを導入することが重要となりますが、導入可能なバージョンは最新バージョンのVr3.70を含めた8つのバージョンが導入可能だということがわかりました。その中でも一番適したベストなバージョンがあるそうで、そのバージョンがVr3.60だということです。

PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法(Vr.3.60)【動画付き】

PSvitaをハックした場合にエミュレータやバックアップ起動など、ハックした場合にできることや、HENkakuを使用してCFWを導入する際に対応しているバージョンを見てきましたが、実際にハックをするにはどうしたらいいのでしょうか。

PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法についてご紹介していきます。また、導入方法の動画も参考にしてみて下さい。

手順①PSvitaのブラウザアプリで「Install」をタップ

PSvitaを起動し、PSvitaのブラウザアプリを開きます。アプリを開いたらhttp://henkaku.xwzにアクセスして、HENkakuのインストール画面を開きます。画面が開いたら「install」をタップして、次に表示された画面でも「install」をタップしましょう。

手順②HENkakuをインストール

HENkakuの画面が出て「install」をタップしたらインストールが始まり、必要なものがインストールされます。「Welcome to HENkaku」の画面が出たらokをタップしましょう。

手順③LiveAreaに「molecularShell」が追加されているか確認

インストールが終了すると「molecularshell」が追加されます。追加されるとそれでハックが可能になりますので、「molecularshrll」がちゃんと追加されているか確認しましょう。確認が終わったらCFW(HENkaku)のインストールの完成です。

PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法(その他のVr.)

PSvitaへのCFW(HENkaku)の導入方法(Vr3.60)についてご紹介しましたが、他のバージョンでの導入方法はどのように行うのでしょうか。新しくPSvitaのVr3.65~Vr3.68の対応したHENkaku「h-encore」がリリースしていますのでHENkaku「h-encore」の導入方法についてご紹介していきます。

前準備としてWindowsOSのインターネット環境のあるパソコンとPSvitaとパソコンを接続するUSBケーブルが必要になりますので注意しましょう。

手順①HENkaku「h-encore」をダウンロードして解凍する

HENkaku「h-encore」をダウンロードすると、auto.encore_vx.x.x.zipが表示されますので解凍します。次に解凍されたファイルの中のauto h-encore.exeを実行します。すると言語を指定のダイアログが表示されますので、わかりやすい日本語を選びましょう。

手順②必要なファイルをダウンロードする

日本語を選択して「はい」をクリックするとファイルダウンロード画面に切り替わりますので、必要なファイルがダウンロードされていない状態なら自動でダウンロードが開始されます。あらかじめ必要な物がダウンロードされていれば「すでに用意されているファイルを使用する」の表示が出ますのでそこをクリックしましょう。

手順③PCとPSvitaをUSBで接続する

ダウンロードが終了すると「PSvitaのPCへの接続方法を選択して下さい」と表示が出ますので「USB」を選択してクリックします。するとPSvita接続のダイアログが表示されますので指示に従ってUSBを使用しPSvitaをパソコンに接続しましょう。

手順④PSvita本体にHENkaku「h-encore」をインストールする

パソコンに接続すると様々な処理が行われて終了すると画面に「hーencore」のダイアログが表示されますので、ダイアログの指示に従ってh-encoreをPSvita本体にコピーしてHENkakuをインストールします。これで違うバージョンのFWにもHENkakuを導入できます。

PSvitaTVにもCFW(HENkaku)は導入できる?

PSvitaにはPSvitaTVというものが存在します。PSvitaTVはPSvitaと連携してゲームを楽しむことや、映像コンテンツを楽しむために発売されたゲーム機で自宅のテレビに繋いでゲームをプレイできます。

同じPSvitaと名が付いていますが、CFW(HENkaku)は導入できるのでしょうか。PSvitaTVにはHENkaku「h-encocore」が対応しているようです。導入するにはWindowsOSのインターネット環境のあるパソコンが必要になりますので注意しましょう。

他にもあるPSvitaに使える便利なアプリ

PSvitaをハックする際に、HENkakuを使用してCFWを導入するのが有名な方法ですが、HENkakuの他にも、PSvitaで使用できる便利なアプリが存在します。どのようなアプリがあるのか見ていきましょう。

VitaShell

VitaShellは、PSvita本体のメモリーカードの中にデータを置くことや、ゲームをインストールする場合に使うアプリとなっています。必ず必要になってきますので、HENkakuを導入すると共にVitaShellを導入することをおすすめします。

HENkakuEnso

HENkakuEnsoとは、PSvitaの電源を切ると元のノーマルな状態に戻るのを防いでくれるソフトウェアです。HENkakuEnsoを導入することで電源を切ってもHENkaku状態が維持できますので、HENkakuを導入すると共にHENkakuEnsoを導入しておくと安心です。

PSvita改造後のおすすめの楽しみ方は?

PSvitaのハックが終わると、エミュレータやバックアップ起動などの便利で嬉しい機能がたくさん増えていて、ハックしたことで更に遊びの幅が広がります。PSvita改造後のおすすめの楽しみ方をご紹介します。

レトロゲームをプレイ

PSvitaハック後の楽しみ方はエミュレータ機能を使ってレトロなゲームを楽しむことです。エミュレータでファミコン・スーパーファミコン・ゲームボーイアドバンスなどのゲームソフトを吸い出して、このデータをPSvita本体で利用できますので、いつでもどこでもレトロゲームを楽しめます。

戦わなくても所持金がMAX

PSvitaをハックしてできることにチート機能が存在します。チートを使うと裏技的なことができるので、ゲームをプレイしていくとよく行き詰まる、資金難に凄い効果を発揮します。

資金集めは大抵、敵を倒して報酬でもらい、それを元に武器や防具を買いますが、特に序盤はすぐに足りなくなって大変です。そんな時に役立つのがチート機能で、面倒な資金集めが一瞬で最大になります。チート機能は非常に魅力的ですね。

PSvitaを改造するときの注意点

PSvitaをハックすることで、エミュレータやバックアップ起動などのできることも多くなり、使いやすくチートもできるという点では良いことだらけだからハックしてみようと思われる方も少なくないでしょう。

しかし、ハックしてしまうことによってリスクを負うことも理解しておかなければなりません。PSvitaをハック(改造)する時の注意点を見ていきましょう。

メーカー保証が受けられなくなる

電化製品を購入すると、メーカー保証が付いているのが一般的ですが、このメーカー保証には改造に対する保証は含まれていません。改造してしまうということは購入した本人の自己責任となってしまいますので、万が一PSvita本体を改造して故障してしまった場合は、一切のメーカー保証がなくなります。

修理も受け付けてもらえなくなりますので、PSvitaをハックするには故障するかもしれないということを念頭に覚悟してハックをしましょう。

充電をしながら改造する

PSvitaをハックするにはHENkakuをつかってCFWを導入することで可能になりますが、ハックの最中はダウンロードやインストールなどPSvita本体を必ず電源が入っている状態で行わなければならないことが多くあります。万が一、インストールしている最中にPSvita本体の電源が落ちてしまったら故障の原因になりますので、必ず充電しながらハックを行いましょう。

PSvitaを改造するには覚悟と勇気が必要

PSvitaを改造した場合に、エミュレータ、バックアップ起動、チートなど、できることが魅力的なものばかりで思わず安易にHENkakuをインストールしてハックしてしまいそうになります。改造が成功すれば確かに遊びの幅が広がり優位にゲームを進められるようです。

しかし、PSvitaは現在新しく出荷をしない在庫があるだけのゲーム機のため、もし故障してしまった場合はかなりのリスクがあることを承知した上で改造しなければなりません。できることを想像すると改造をしたくなりますが、リスクを考えるとなかなか踏み出せなくなります。PSvitaを改造するには覚悟と勇気が必要のようです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
にこ丸

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ