尾崎豊の死因は肺水腫?薬物が原因?変死の真相を解説!

人気真っ只中のなかで突然死亡した尾崎豊さん。変死だと言われ死因が詳しくわかりませんでしたが、実はあることが原因となり死亡したと判明しました。尾崎豊さんの死因は一体なんだったのでしょうか?尾崎豊さんが死に至るまでの状況や死因、真相について紹介します。

尾崎豊の死因は肺水腫?薬物が原因?変死の真相を解説!のイメージ

目次

  1. 1尾崎豊の死因は肺水腫?原因や変死の真相を解説!
  2. 2尾崎豊とは?
  3. 3尾崎豊が死去!変死だった?
  4. 4尾崎豊の死因は肺水腫?
  5. 5尾崎豊の遺書が存在する?
  6. 6尾崎豊の死にまつわる妻の尾崎繁美の行動
  7. 7尾崎豊の死去に対するSNSでの声
  8. 8カリスマ的存在の尾崎豊

尾崎豊の死因は肺水腫?原因や変死の真相を解説!

1983年の12月にシンガソングライターとしてデビューし、絶大な人気を誇った尾崎豊さん。そんな彼は1992年の4月25日に死亡します。あまりにも若すぎる死に、世間に大きな衝撃が走りました。また、変死といわれる死に方にもショックを受ける人が多くいました。

死後25年ほどが経った今でもカリスマ的存在として紹介される尾崎豊さんは、なぜそんなにも早い歳で命を落とすことになってしまったのでしょうか?死因は一体なんなのでしょうか?また、真相とは?この記事では、尾崎豊さんが死亡した時の状況や、それからの流れ、詳しい死因や真相などをまとめました。

尾崎豊とは?

現役時代に絶大な人気を集めて今でもなお支持され続ける尾崎豊さんとはどんな人物だったのでしょうか?ここからは尾崎豊さんのプロフィールを詳しく紹介します。

尾崎豊のプロフィールと経歴

64599496 134664537726316 2998715073853718962 n.jpg? nc ht=instagram.fitm1 1.fna.fbcdn
sukgid1127

・尾崎豊のプロフィール

名前 尾崎豊(おざきゆたか)
生年月日 1965年11月29日
没年月日 1992年4月25日
出身地 東京都文京区
職業 シンガソングライター

尾崎豊さんは1965年の11月29日に誕生しました。尾崎豊さんが音楽に触れるきっかけとなったのは、兄のクラシック・ギターだと言います。音楽ジャンルの中でも特に、フォークソングなどに興味示し、井上陽水さんの作詞に強く惹かれていきます。

小学6年生の時には、井上陽水さんやさだまさしさんらの曲を、ギターを弾きながらよく歌っていたそうです。そんな尾崎豊さんは、高校3年生の時に音楽で生きていくことを決めてCBSのオーディションに応募します。見事合格となり、尾崎豊さんのシンガソングライターとしての道が始まりました。

シングル「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」で歌手デビュー

シンガソングライターとしてデビュー作となったのがシングル「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」です。デビュー当時はまだ高校在学中でした。15の夜は、尾崎豊さんが14歳の時に、友人が髪が長いからと教師にバリカンで毛を剃られたことに反発し、家出した経験を折り込みながら作られた曲です。

尾崎豊さんの曲のなかで最も有名といっても良いくらい人気曲で「盗んだバイクで走り出す」などのフレーズが世間に受けました。十七歳の夜も大きく評価され、累計売上は300万枚を記録しています。

1988年に結婚し尾崎裕哉が生まれる

デビュー後さまざまなヒット曲を出して大活躍していた尾崎豊さんは、1988年の5月に一般女性と入籍します。それから約1年後の1989年7月に長男の尾崎祐哉さんが誕生しました。

尾崎裕哉さんは元ラジオパーソナリティーで、現在は父親の尾崎豊さんと同じく、シンガソングライターとして活動しています。父親の曲をカバーするなどしてテレビにも出演し、注目を浴びました。自身の音楽活動にも力を入れ、さまざまなツアーに参加するなど活動的に行動しているようです。

精神が低迷する時代も

尾崎豊さんは20代になった頃から迷走し、無期限活動休止を宣言してアメリカに渡ったり、薬物の使用で逮捕されたり、個人事務所を立ち上げるも多忙な生活に疲労し自殺を図るなど、精神的に弱っていた様子です。

その様子が曲にも現れており、10代の頃は「自由」「反支配」というものがテーマだったのに対して、20代になってからは「真実の愛」「贖罪」「罪」などがテーマになっています。

27歳で夭逝

デビューしてから数々の曲を生み出し続けた尾崎豊さんは、1992年の4月25日に死亡しました。4月30日には東京都の文京区にある護国寺で葬儀と追悼式が行われました。雨なのにも関わらず、4万人が追悼式に訪れたとされています。

また、あまりの人数なために4キロもの列ができるなど、記録的な追悼式となりました。墓所は埼玉県所沢市の狭山湖畔霊園にあり、現在でも途切れることなく花が手向けられているようです。数十年経ってもファンたちが花を手向けているということに、尾崎豊さんがどれだけ有名で人気のあったシンガソングライターなのかがわかります。

尾崎豊が死去!変死だった?

突然死亡した尾崎豊さんですが、死因は詳しくわからず変死だったと言われています。一体どんな状態で発見されたのでしょうか?また、本当に死因はわからないままだったのでしょうか。尾崎豊さんの死の真相が気になるところです。そこで、尾崎豊さんが発見された時の状況についてまとめました。

転倒し「全身創痍」かつ「全裸」で住人に発見される

尾崎豊さんは1992年の4月25日の午前5時45分頃に、自宅マンションから500メートル離れた足立区の千住河原町にある民家の軒先で発見されました。発見された時の尾崎豊さんの状態は、庭で転倒した傷なのか、全身が傷だらけになっていました。

また、なぜか服は着ておらず、全裸だったと言います。そんな状態の尾崎豊さんを見つけた住人が通報し、墨田区にある白髭橋病院に運び込まれました。ちなみに、この時に尾崎豊さんが倒れていた民家は「尾崎ハウス」と呼ばれ、聖地化されました。しかし、2011年には取り壊しが決定し、尾崎ハウスは姿を消しています。

1992年日本医科大学付属病院で治療を受けるも死亡

通報後に白髭橋病院に運び込まれた尾崎豊さんは診察を受けます。尾崎豊さんの状態を見た医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に診てもらったほうがいい」と、妻の尾崎繁美さんに話したそうです。

しかし、尾崎繁美さんは専門医に連れては行かず、尾崎豊さんの実兄とともに自宅マンションへと戻りました。自体マンションに戻った尾崎豊さんですが、午前10時後頃に容体が急変し、呼吸が止まります。それに気づいた家族が約1時間後に通報し、日本医科大学付属病院で治療を受けましたが、午後0時6分に死亡しました。

「死体検案書」のコピーがマスコミに流出

尾崎豊さんが死亡してから2年後の1994年に「死体検案書」がマスコミに流出しました。これには、尾崎豊さんの体内から検出された薬物のことが書かれており、当初発表された司法解剖や死因に疑念が生まれます。最初に発表された死因では、薬物のことが伏せられていました。

しかし、内臓にも薬物を経口摂取した形跡や、肺にも覚醒剤中毒の症状があることが判明したのです。そのため、死因の真相は薬物によるものだと考えられました。

死体検案書が流出したことをきっかけに、テレビ朝日は尾崎繁美さんと知人が薬物を飲ませて殺害したとする説を主張し、死因を検証する番組を製作しました。しかし、この番組は尾崎繁美さんが訴訟し、放送されることはありませんでした。裁判の結果は、一審、二審、最高裁の全てで尾崎繁美さんが勝訴しています。

尾崎豊の死因は肺水腫?

変死と言われる状態で見つかった尾崎豊さんの死因は一体なんなのでしょうか?実は死因は、ある状態に陥ってしまったからだと言われています。次で尾崎豊さんの死因や真相を詳しく紹介します。

当初死因は極度の飲酒によるものとされる

尾崎豊さんの遺体には、全身に擦り傷があり、右目の上にはコブなどがあったため、行政解剖から司法解剖へと切り替えられ、東京監察医務院の医師たちによって検察と解剖が行われました。その結果、死因は極度の飲酒によるものだと判断されました。実は尾崎豊さんは、普段からかなりの量のお酒を飲んでいたようです。

友人の話によると、ウイスキーのボトルを数時間で飲み干している尾崎豊さんを何度も見かけたことがあるのだとか。また、亡くなった日にも尾崎豊さんは酒を飲んでおり、日本酒を水のように飲んでいたと言われています。その後は店員に殴りかかったり、タクシーの運転手に絡むなどしており、酒癖の悪さが伺えます。

タクシーの運転手と別れた後は、尾崎ハウスと聖地化された民家の庭先に侵入したようです。また、この時にブロック塀に頭突きをしている様子などが目撃されていたのだとか。推測では、民家に侵入して転がりまわり、そこで服を脱ぎ去ったと言われています。

こうして普段の尾崎豊さんの生活を見ると、アルコールが死因になった可能性も否定できません。

覚醒剤 (メタンフェタミン)の過剰摂取が発見

当初の死因は極度の飲酒によるものだと言われていましたが、死体検案書が流出したことにより、死因の真相は薬物の摂取による肺水腫ということがわかりました。その死体検案書には、司法解剖時に尾崎豊さんの体内から薬物が検出されていたことが記されていたようです。

しかし、最初に死因を発表した時には薬物のことは伏せられていました。死因はアルコールの過剰摂取による肺水腫としか発表されていなかったのです。そのため、流出した死体検案書の内容を見た人々から、尾崎豊さんの死因について疑惑が生じ、真相を明かすためにさまざまな憶測がされました。

このことがあり、テレビ朝日は妻と知人が薬物を飲ませて尾崎豊さんを殺害したと主張するなど、尾崎繁美さんにまで疑いの目がかかったのです。この疑惑については、尾崎豊さんの検死を担当した志倉独人さんによれば、覚醒剤の致死量には個人差があり、薬殺するのは酒と同じくらい不確実性が高いと述べています。

死因は覚醒剤による肺水腫と発表

死因は過度の飲酒による肺水腫と言われていましたが、死因は致死量の2.64倍以上もの薬物を大量に服用したことによる急性メタンフェタミン中毒が起こした肺水腫と結論づけられました。真相は薬物によるものだったのです。死因となった肺水腫とは、肺の気管支や肺胞に水分が染み出して溜まった状態のことを言います。

この溜まった水分によって肺のガス交換に障害が生じ、最終的には呼吸不全に陥ります。肺水腫になる原因としては、血管内圧の上昇や、血漿膠質浸透圧の低下、血管透過性の亢進などがあります。これらは内因性のもので、外因性のものとしては、覚醒剤や窒息剤などの有毒ガスの吸引や、感電や重症外傷にやる心不全などが挙げられます。

尾崎豊さんの場合は、外因性のものが死因になった可能性が高いです。主に、覚醒剤の吸引や重症外傷などが死因となったと考えられます。

遺体にあった傷から傷害致死の可能性も

死因は肺水腫だと結論づけられましたが、死因は傷害致死によるものだとも言われました。なぜかというと、尾崎豊さんの全身には多数の傷やあざがあったからです。しかし、司法解剖の結果では事件性はなく、死因は傷害致死によるものではないとされています。

また、司法解剖を担当した志倉独人さんによれば、擦過傷と打撲傷を詳しく調べたところ、暴行によって生じるものとは異なる状態だったと言います。

では、この傷やあざは何なのかというと、尾崎豊さんが暴れまわっていた時についた傷だと考えられています。実際に警官が転倒したり転げ回っているのを目撃しているのです。また、こうした異常行動は覚醒剤を使用して中毒になっている人にはよく見られるものなのだとか。そのため、尾崎豊さんの死因は傷害致死ではなく、肺水腫だとされました。

尾崎豊の遺書が存在する?

肺水腫が死因となり死亡した尾崎豊さんですが、なんと遺書があるのだとか。本当の死因は肺水腫ではなく自殺だったのでしょうか?ここからは、死因に関係しているかもしれない尾崎豊さんの遺書を紹介します。

一つ目の遺書に書かれたメッセージ

尾崎豊さんが書いた遺書は2つあったと言われています。今回はその2つの遺書について紹介します。

先立つ不幸をお許し下さい。

 先日からずっと死にたいと思っていました。

 死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、

 そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません。

 (中略)

 さようなら

 私は夢見ます。

1つの目遺書にはこのようなことが書かれていました。これは尾崎豊さんのセカンドバッグから見つかり、破られたB5のルーズリーフに書かれていたそうです。

この遺書が死亡する直前に書かれたのか、それとも、それより前に書いていたのかは不明です。しかし、尾崎豊さんの父によると、死亡する3年前に自殺を図ろうとした時に書かれたものではないかと言っています。

血染めの遺書のメッセージ

もう1つの遺書は、死後1ヶ月後に発見され、尾崎豊さんの母親である絹枝さんの遺影の脇に置かれていたと言います。「繁美、あなたは本当に女神なのですよ。裕哉、あなたは間違いなく天使なのですよ。」などと書かれており、妻の尾崎繁美さんや息子の尾崎裕哉さんへの愛情と惜別とも取れる内容が書かれていました。

また、この遺書には血判と血で「愛しています」と書かれた文字があるのだとか。2通目の遺書に関してもいつ頃書かれたものなのかはわからず、本当に尾崎豊さんが書いたものなのかもわかっていません。尾崎豊さんの兄と父親は、この遺書を書いて自殺したのかは疑問だと話しています。そのため、死因が自殺だとは断定できません。

尾崎豊の死にまつわる妻の尾崎繁美の行動

2通の遺書を紹介しましたが、なんとこの遺書は尾崎豊さん自身が書いたものではないとの噂もあります。それはなぜなのでしょうか?遺書の疑惑についてまとめました。

遺書は尾崎豊の嫁が知人に書かせたもの?

遺書に関してですが、この遺書は尾崎豊さんが書いたのではなく、知人や妻の尾崎繁美さんが書いたとの噂があります。尾崎繁美さんや知人は一時期、尾崎豊さんを殺害した犯人だと疑われていました。

その状況を変えようと、尾崎豊さんは妻のことを愛していたと証明するために、遺書を知人に書かせたと噂されているようです。しかし、あくまで噂なので真相ははわかりません。

尾崎豊の死去に対するSNSでの声

尾崎豊さんの死から数十年が経ちますが、ネット上ではどんな声が挙がっているのでしょうか?ここからは、尾崎豊さんの死去に対するSNSでの声を紹介します。

SNSでは、尾崎豊さんの死を惜しみながら、昔を思い出している人が多くいるようでした。尾崎豊さんの曲は、多くの若者が感じる葛藤や心の叫びを表したものが多く、当時聞いていた人たちはその時のことを思い出すようです。尾崎豊さんの曲は今も昔も若者たちに突き刺さるような歌であることがわかります。

尾崎豊さんの死から数十年が経ち、息子の尾崎裕哉さんのことを気にかけている人もいました。尾崎裕哉さんは現在、シンガソングライターとして活動しています。父と同じ道を歩んだ尾崎裕哉さんですが、もし尾崎豊さんが生きていれば、息子との共演もあったかもしれません。

カリスマ的存在の尾崎豊

尾崎豊さんの死因は、薬物による肺水腫だということがわかりました。若者に支持され今でも人気を持ち続ける尾崎豊さんがもし現在も生きていたなら、どんな楽曲がこの世に生まれていたのでしょうか。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
jpyn

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ