石原裕次郎の死去!本当の死因は梅毒?享年や若い頃の噂は?

30年ほど前、昭和の大スター・石原裕次郎さんが死去しました。その本当の死因は梅毒だったという噂があるのをご存知でしょうか?享年52歳という若さで多くのファンに惜しまれつつ死去した石原裕次郎さんの死因、そして若い頃の噂についてまとめました!

石原裕次郎の死去!本当の死因は梅毒?享年や若い頃の噂は?のイメージ

目次

  1. 1石原裕次郎の死去!死因は梅毒?享年や若い頃の噂についても
  2. 2石原裕次郎とは
  3. 3石原裕次郎の経歴
  4. 4石原裕次郎が死去!死因は肝臓ガン?
  5. 5石原裕次郎の本当の死因は梅毒?
  6. 6石原裕次郎の命日にはSNSで今でも追悼のツイートが
  7. 7石原裕次郎の若い頃は松田聖子が愛人だった?
  8. 8石原裕次郎と妻との間に息子や娘はいなかった?
  9. 9放射線治療で子供が作れない体に?
  10. 10偉大なスターの安らかな眠りを祈ろう!

石原裕次郎の死去!死因は梅毒?享年や若い頃の噂についても

石原裕次郎さんは、言わずと知れた昭和の時代を代表する大スターです。映画にテレビドラマにと俳優として活躍しただけでなく、歌手としてもヒット曲を飛ばし支持を得ました。

残念ながら、享年52歳という若さで死去した石原裕次郎さんですが、その死因が梅毒だったのではという噂があるのです。死因の真相や若い頃の噂についてご紹介します!

石原裕次郎とは

62405120 2363531293921658 8396773427838982197 n.jpg? nc ht=instagram.fkix2 2.fna.fbcdn
jazzryotakojimajazz

・石原裕次郎のプロフィール

本名 石原裕次郎(いしはら ゆうじろう)
生年月日 1934年12月28日
年齢(2019年時点) 85歳(享年・52歳)
活動内容 俳優、歌手、声優、司会者、実業家
代表作 映画「太陽の季節」「狂った果実」
テレビドラマ「太陽にほえろ!」「西部警察」

石原裕次郎さんは兵庫県神戸市須磨区に生まれ、北海道小樽市と神奈川県逗子市で育ちました。「太陽族」のイメージが強い石原裕次郎さんが北国の小樽で育ったという事実は、意外に感じる人が多いのではないでしょうか?

石原裕次郎さんの父親は山下汽船の社員だった石原潔さんで、母親は石原光子さんといいます。兄は、作家で政治家でもある石原慎太郎さんです。

石原裕次郎の経歴

石原裕次郎さんの死因の真相の前に、簡単な経歴をご紹介します。昭和の大スターは、どのようにして多くのファンから愛される存在になっていったのでしょうか?

「太陽の季節」で俳優デビュー

神奈川県の逗子中学校を卒業した石原裕次郎さんは、名門である慶應義塾高等学校への進学を希望しました。しかし、受験に失敗してしまいます。やむなく慶應義塾農業高等学校へ進学しますが、1951年には慶應義塾高等学校への編入学を叶えました。

そのまま内部進学で慶応義塾大学法学部政治学科へと進学しましたが、石原裕次郎さんの大学生活は放蕩生活と呼んで良いものでした。在学中に俳優を目指すことを決め、東宝や大映、日活と手当たり次第にオーディションを受けますが、すべて落ちてしまいます。

転機が訪れたのは、1956年のことです。作家として活躍していた兄・石原慎太郎さんの芥川賞受賞作「太陽の季節」の映画化が決まりました。その作品に出演できるように、石原慎太郎さんが映画プロデューサーの水の江瀧子さんに石原裕次郎さんを推薦したのです。

石原裕次郎さんは、当初はエキストラでの出演の予定でした。しかし、カメラに映る姿があまりにも絵になったことにより、急遽台本が書き替えられました。かくして、石原裕次郎さんは兄の作品で念願の俳優デビューを果たしたのです。

「狂った果実」で主演

俳優になるという夢を叶えた石原裕次郎さんは、大学を中退し俳優業に専念することを決めました。一度はオーディションで不合格を貰った日活に入社します。

石原裕次郎さんの主演デビュー作は、映画「狂った果実」でした。この作品も、兄である石原慎太郎さんの著書です。実は、石原慎太郎さんは自作の映画化を、弟の石原裕次郎さんを主役にするならという条件で許可していたのでした。

石原裕次郎さんは、兄の力添えがあって夢を叶えていったことになります。石原慎太郎さんの、弟への深い愛情が垣間見えるエピソードではないでしょうか?

数々の映画やドラマに出演

石原裕次郎さんは兄の作品で主演デビューを果たし、その後も数々の映画やテレビドラマに出演しました。映画「嵐を呼ぶ男」やテレビドラマ「西部警察」シリーズは、俳優・石原裕次郎さんの人気作品としてもはや伝説になっています。

俳優としてだけでなく、歌手としても「銀座の恋の物語」や「夜霧よ今夜も有難う」などのヒット曲を発表して活躍しました。石原裕次郎さんは、名実ともに日本最高のスターの1人となっていったのです。

石原プロを設立し多くの俳優を輩出

1963年、石原裕次郎さんは「石原プロモーション」を設立しました。そこから、数多くの名俳優が輩出されていくことになります。

「石原プロモーション」にて石原裕次郎さんが自分の息子のように育て上げた、俗に言う「石原軍団」と呼ばれる俳優は、渡哲也さんや舘ひろしさん、神田正輝さん、徳重聡さんなどそうそうたるメンバーです。

石原裕次郎が死去!死因は肝臓ガン?

まだまだ活躍が期待されていた石原裕次郎さんが死去したニュースは、日本中を悲しみに落としました。その死因は、肝臓ガンだとされています。享年52歳という若さで死去した石原裕次郎さんの死因は、本当に肝臓ガンだったのでしょうか?

1987年7月17日死去・享年52歳

石原裕次郎さんが死去したのは、1987年7月17日16時26分のことです。体調不良を訴え緊急搬送された、東京都新宿区信濃町にある慶応義塾大学病院にて息を引き取りました。死因は肝臓ガンであると発表され、享年は52歳でした。

1984年に肝臓ガン発見

石原裕次郎さんの死因とされている肝臓ガンが発見されたのは、1984年のことでした。その3年前の1981年、石原裕次郎さんは「西部警察」の撮影中に背中と胸に激痛を訴え、慶応義塾大学病院に緊急搬送されています。

石原裕次郎さんの病名は「解離性大動脈瘤」でした。解離性大動脈瘤とは大動脈がこぶのように膨れてしまう症状で、はじめのうちは自覚症状がありません。気がついた時には手遅れになってしまうケースが多い、とても恐ろしい病気です。

実際に、石原裕次郎さんの手術は生還率わずか3%と言われていました。しかし、お見舞い客12,000人、励ましの手紙5,000通、花束2,000束、千羽鶴1,000束に及ぶファンからの声援を受け、大手術は奇跡的に成功します。

手術の後、石原裕次郎さんはハワイでしばらく静養していました。死因とされている肝臓ガンが新たに発見されたのは、その静養中のことでした。

入退院を繰り返し高熱や幻覚症状も

ハワイで静養を続けていた石原裕次郎さんは、1986年5月に高熱で病院に入院し、7月に退院します。1987年の帰国直後にも病院で検査をするなど、入退院を繰り返しました。

その後、高熱が引かず幻覚症状まで現れるようになるなど容体が悪化し、石原裕次郎さんは病院に搬送されます。そして、1987年7月17日に享年52歳で死去しました。家族は、最期まで本人に死因とされている肝臓ガンの告知をしなかったといいます。

死因は肝臓ガン?

石原裕次郎さんの死因は、肝臓ガンであるとされています。肝臓ガンは年間70万人以上の人々の命を奪っており、肺ガン、胃ガンに次いで日本人の死因のトップ3に入る恐ろしい病気です。

肝臓ガンは、特に50代~60代の中高年に発症しやすいと言われています。主に過度な飲酒や、タバコ、ストレスなどによる長年の不規則な生活が原因です。

石原裕次郎さんは「ビールは酒ではなく水」と豪語していたほどの酒豪でした。俳優業をこなしていく上でのストレスもかなりあったことでしょうし、それらが結果として死因に繋がってしまった可能性は高いのではないでしょうか?

石原裕次郎の本当の死因は梅毒?

石原裕次郎さんの死因は肝臓ガンとされていますが、実は本当の死因は別にあるという噂があります。石原裕次郎さんの本当の死因は、実は梅毒だったのではと言われているのです。

肝臓ガンの原因は梅毒や動脈硬化が原因

石原裕次郎さんの死因とされている肝臓ガンは、元々はそれ以前に発症した解離性大動脈瘤が発端でした。解離性大動脈瘤は、動脈硬化が原因で引き起こされる場合もありますが、実は梅毒が原因で引き起こされる場合があるのです。

石原裕次郎さんの死因は、肝臓ガンではなく梅毒だったのでしょうか?本当に梅毒が死因だったのなら、石原裕次郎さんはいつ梅毒に罹ってしまったのでしょうか?

C型肝炎が死因の理由である説も?

石原裕次郎さんの死因とされている肝臓ガンですが、動脈硬化や梅毒の他に、C型肝炎によって引き起こされるケースもあります。

石原裕次郎さんは、解離性大動脈瘤の手術を受けた際に大量の輸血をしました。その輸血が原因でC型肝炎を併発し、肝臓ガンを患ってしまったという説があります。

派手な夜遊びにより梅毒に罹っていた可能性も

石原裕次郎さんの本当の死因ではと噂されている梅毒とは、性病の一種です。不特定多数の相手との性交渉で感染する可能性があります。

石原裕次郎さんは、俳優としてデビューする前は相当な放蕩生活を送っていました。芸能界に入ってからも、昭和の大スターらしい派手な夜遊びを重ねていたことが知られています。

梅毒が本当の死因という噂の真相については、明らかになっていません。しかし、石原裕次郎さんは若い時に梅毒に罹っており、それが死因に繋がってしまったという可能性は、まったくあり得ないとは言い切れないところではないでしょうか?

石原裕次郎の命日にはSNSで今でも追悼のツイートが

石原裕次郎さんがどれほど愛されていた俳優だったかは、現在でも命日になるとSNSで追悼ツイートされることでもわかります。本人は享年52歳で死去してしまいましたが、ファンたちの心の中で石原裕次郎さんは永遠に生き続けるのでしょう。

2018年7月17日の石原裕次郎さんの32回忌では、石原裕次郎さんの妻や石原プロモーションの俳優たちとともに、約600人ものファンが法要に参列しました。ファンにとって死因などは関係なく、自分たちの敬愛するスターの安らかな眠りを祈るのみなのです。

石原裕次郎の若い頃は松田聖子が愛人だった?

石原裕次郎さんの死因についての噂の次は、若い頃の愛人についての噂のご紹介です。石原裕次郎さんには、若い頃に松田聖子さんを愛人にしていたという噂がまことしやかに囁かれているのをご存知でしょうか?

梅毒が原因で性的関係はなかった?

松田聖子さんと言えば、1980年代に爆発的な人気を博したアイドル歌手です。現在でも精力的に活躍中であり、歌手の神田沙也加さんの母親としても知られています。

石原裕次郎さんと松田聖子さんが交際を始めたのは、松田聖子さんからの接触がきっかけでした。当時アイドル歌手だった松田聖子さんは、芸能界で立身出世を果たすために、すでに絶大な人気を誇っていた石原裕次郎さんにあやかろうとしたのです。

ところが、石原裕次郎さんは松田聖子さんと性的な関係は持たなかったといいます。それは、石原裕次郎さんが後に死因に繋がることになる梅毒に罹っていたためでした。

あくまで噂のレベルで真相は定かではありませんが、松田聖子さんと神田正輝さんが結婚したのは愛人関係をカムフラージュするためだった、と具体的な説まであるのは確かです。

石原裕次郎と妻との間に息子や娘はいなかった?

石原裕次郎さんの死因が本当は梅毒だったのではと噂されることについては、若い頃の夜遊び以外にも理由がありました。それは、石原裕次郎さん夫妻に子供がいないことからです。

妻は女優の北原三枝

石原裕次郎さんの妻は、女優の北原三枝さんです。1960年に石原裕次郎さんと結婚して女優業は引退し、現在は本名の石原まき子さんを名乗っています。

馴れ初めは「狂った果実」での共演

石原裕次郎さんと妻の北原三枝さんが交際を始めたのは、石原裕次郎さんが主演デビューを果たした映画「狂った果実」での共演がきっかけでした。北原三枝さんは、この作品で石原裕次郎さんの相手役を演じています。

妻・北原三枝との間に子供はなし

石原裕次郎さんは、北原三枝さんとの間に子供はいません。そのことが、石原裕次郎さんの死因が本当は梅毒だったのではと囁かれる理由になっています。

若い頃の行き過ぎた夜遊びが原因で梅毒に罹ってしまった石原裕次郎さんは、その影響が子供に出るのを恐れたために、北原三枝さんとの間に子供を作らなかったのではと言われているのです。

しかし、梅毒は治らない病気ではありません。早期に完全治療を行えば、性交渉を持ったとしても相手に感染させてしまうことはないのです。その事実を石原裕次郎さんが知らなかったとは考えにくく、単に石原裕次郎さん夫妻に子供の縁がなかった可能性が考えられます。

他の女性との間にも子供はいない

結婚前も結婚後も、石原裕次郎さんには常に女性との噂が絶えませんでした。そんな石原裕次郎さんですが、他の女性との間に子供がいるという話もありません。

人気スターに実は隠し子がいたというスキャンダルは、たびたび耳にします。石原裕次郎さんは大変な人気俳優でした。享年52歳で亡くなった後に、実は石原裕次郎さんの子供ですという存在が現れても納得できてしまう部分はあります。

しかし、そういった事実がまるでない石原裕次郎さんですので、本当の死因は梅毒だったのではと噂されてしまうことは致し方ないところがあるのではないでしょうか?

放射線治療で子供が作れない体に?

石原裕次郎さんに子供がいない理由については、死因と噂されている梅毒に罹っていたというものだけではありません。

石原裕次郎さんには、27歳の時に志賀高原スキー場でスキーを楽しんでいた際、他のスキーヤーと衝突して右足首を粉砕複雑骨折してしまったという過去があります。

手術が必要なことは明らかな大怪我ですが、石原裕次郎さんは俳優の仕事を優先して手術を拒みました。代わりに、何回もレントゲンを撮ることで怪我の状態を確認したのです。その放射線治療が原因で、子供が作れない体になったという説もあります。

偉大なスターの安らかな眠りを祈ろう!

享年52歳で死去した石原裕次郎さんの死因については、多くの憶測が飛び交っています。しかし、どの死因についてもその真偽は明らかになっていません。

石原裕次郎さんが稀に見る大スターだったことが、今現在でも死因についての噂が絶えない理由なのでしょう。死因が何であれ、偉大な名優の安らかな眠りを祈りたいものです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
宮川寛美

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ