スペクター暴走族の加々美恵三の現在は?歴代暴走族総長の紹介も!

スペクター暴走族は、1970年代の伝説的な暴走族であり、関東全域で活動していました。加々美恵三は、そんなスペクターの3代目総長で最強とも言われていましたが、一体どんな人物なのでしょうか。加々美恵三の現在や歴代暴走族総長をご紹介します。

スペクター暴走族の加々美恵三の現在は?歴代暴走族総長の紹介も!のイメージ

目次

  1. 1スペクター暴走族の加々美恵三の現在は?歴代暴走族総長についても
  2. 2スペクター暴走族とは?
  3. 3加々美恵三とは?
  4. 4加々美恵三がおこした「湘南七里ケ浜事件」とは?
  5. 5暴走族出身の主な芸能人は?
  6. 6スペクター暴走族の歴代総長
  7. 7加々美恵三や歴代総長の現在は?
  8. 8【番外編】有名な暴走族紹介!
  9. 9【番外編】関東連合とは
  10. 10あの頃も振り返れば良い思い出?

スペクター暴走族の加々美恵三の現在は?歴代暴走族総長についても

スペクター暴走族の3代目総長、加々美恵三は最強の総長と言われている人物で、現在でも語り継がれているのを知っていますか。加々美恵三の現在や、ブラックエンペラーの7代目総長だった芸能人の宇梶剛士、八王子スペクターのヒロミや、スペクターの歴代暴走族総長などをご紹介します。

スペクター暴走族とは?

スペクターは、1970年代から現在にかけて、町田エリアを本拠としており、関東全域で活動していた暴走族です。新宿スペクターや八王子スペクターなど、複数の支部があるそうです。ここではスペクターとは、一体どんな暴走族なのかというのをご紹介します。誰がスペクターを作ったのか、本拠地は何処かなど、気になる情報をまとめました。

関東全域で活動する暴走族

スペクター暴走族の本拠地は町田ですが、最盛期のころは新宿を中心に活動しており、別エリアにも八王子スペクターなどの、支部を多数立ち上げていました。設立当初の情報は、島野友一が住んでいたのが町田だったとか、渋谷のセンター街が発足の地だとか、浅草が本拠地だとか色々とあるそうです。

島野友一が立ち上げ

スペクター暴走族は1970年初頭に、当時国士舘高校のヘッドだった島野友一によって作られたと言われています。この時代の暴走族は、国士舘高校や関東第一高校、國學院高校などの、偏差値が低くて不良少年が集まる高校や、不良少年たちをコントロールするために、大学生が仕切っていたそうです。

スペクター暴走族の3代目総長、加々美恵三も会社員をやりながら、30歳までスペクター暴走族の総長を続けていたと言われています。

本拠地は新宿

スペクターは、関東全域に新宿スペクターや八王子スペクターなどの、支部を多数立ち上げていました。本拠地である新宿の活動範囲は、主に中井、東長崎や梅里、中野や練馬だったと言われています。新宿スペクターは、加々美恵三が3代目総長だった時に、最も盛り上がった場所だったそうです。

現在、西武新宿線の中井には「中井スペクター」というバーがあり、スペクターのOBや当時の暴走族関係者が集っている場所のようです。普通のバーだと思って、入らないように気を付けて下さいね。

各所で勢力を広げていたスペクターですが、現在は八王子スペクターと習志野スペクターが残っているそうです。八王子スペクターは、タレントのヒロミが所属していたことで有名です。八王子スペクターは、打越スペクターと万吉スペクターにその後分裂しています。

有名な芸能人も所属

暴走族なんてイメージが無さそうな芸能人でも、実は過去を見てみると、元ヤンキー、元ヤクザという人が多数存在しています。宇梶剛士はブラックエンペラー7代目総長ですし、ヒロミは八王子スペクター、ジャニーズの中居正広は藤沢の暴走族構成員で、ウド鈴木は暴走族特攻隊長でした。

男性以外にも女性にも多数いるようです。ハイヒールモモコや高島礼子、佐々木希や木下優樹菜はレディース、小泉今日子はレディース総長だったそうですよ。

加々美恵三とは?

スペクター暴走族3代目総長の加々美恵三は、一体何故最強の人物で、伝説だと言われているのでしょうか。加々美恵三が総長を務めていた時代は、新宿スペクターや八王子スペクターなど、たくさんの支部があり、構成員は3,000人も居たのだとか。ここでは、加々美恵三とは一体どのような人物なのかをご紹介します。

スペクターの伝説的総長

加々美恵三は、スペクターの3代目総長です。当時のスペクターは、新宿スペクターや八王子スペクターなど、たくさんの支部がありましたが、彼は主に新宿スペクターをエリアとして活動していました。加々美恵三の時代には、スペクターは3,000人規模の構成員を抱える、日本最大の暴走族になっていたそうです。

加々美恵三は常に、関東中の暴走族から狙われる存在になり、日々抗争に明け暮れていたのだとか。加々美恵三は喧嘩も強く、最強でカリスマ性があったため、スペクター暴走族の中でも、伝説で最強の人物だと言われているのです。

CSR連合

加々美恵三の時代には、Root20とSpectar、AlleyCats,という暴走族が連合体となり、それぞれの頭文字をとって、CSR連合という組織を作っています。このCSR連合は、各地で抗争を繰り広げては、勝利をすることで勢力を広げていきました。

CSR連合の抗争は、静岡県大室山の黒潮連合との抗争や、極悪との抗争、青山単車潰し事件や、大井埠頭事件などが挙げられます。極悪との抗争では、加々美恵三が拉致され暴行を受けましたが、決して根をあげなかった加々美恵三の姿を見て、初代極悪総長から認められ、開放されたそうです。

これ以降、極悪とスペクターの間で抗争はありませんでしたが、青山通りに停めてあるスペクターの単車数台を、極悪のメンバーが潰したことでトラブルが再度起こりました。浅草スペクターの総本部で話し合いが行われましたが、この事件以降、極悪との関係は悪化していったそうです。

加々美恵三がおこした「湘南七里ケ浜事件」とは?

スペクター最強の3代目総長である加々美恵三は、過去に数えきれないくらいの事件をおこしていますが、ここでは、加々美恵三が逮捕された「湘南七里ケ浜事件」についてご紹介します。「湘南七里ケ浜事件」は、暴走族史上、最大の抗争事件として伝説となっています。

敵対する暴走族ピエロとの抗争

「湘南七里ケ浜事件」は、東京のブラックエンペラー、CRS連合、全狂走連などと、神奈川レーシング連盟という団体に属していた、ピエロやホワイトナックルといった暴走族が激突した事件です。当時東京と神奈川の暴走族は、度重なる乱闘事件を起こしていたそうです。

加々美恵三が居る東京の暴走族は、交友関係にある暴走族を集めるなどの支援を受けて、1975年6月7日深夜に、駒沢オリンピック公園で1つの大きな軍団を組織し、バイク190台に分乗して神奈川に向かいました。

神奈川の暴走族は、城ケ島と三浦海岸に、木刀やヌンチャク、角材やの像拳銃などの凶器を用意して、バイク180台で東京の暴走族を迎え撃つため出発しました。

参加人数・けが人ともに伝説の抗争

1975年6月8日の深夜に、加々美恵三が居る東京の暴走族と、神奈川の暴走族による、伝説の事件「湘南七里ケ浜事件」が起こりました。東京の暴走族がバイク190台、神奈川の暴走族がバイク180台で、参加人数が600人にのぼるという、その規模においても、参加人数・けが人ともに暴走族の歴史上伝説の抗争とも言われています。

鎌倉市七里ガ浜の国道134号線で、深夜3時ごろに両者が遭遇し、激突が始まりました。激しい抗争の末に、警察官が5名負傷、暴走族は22名負傷、そしてバイク4台が炎上し28台が損壊したそうです。

当初は加々美恵三などのアタマ同士で、話し合いだけで済む予定だったのですが、後ろのほうから投石があったため、集団心理により激突に発展したと言われています。暴走族史上、数百人単位での抗争だったため、当時新聞でも大きく取り上げられました。

加々美恵三だけが逮捕

「湘南七里ケ浜事件」は、バイクの総台数が370台以上、参加人数も600人にのぼり、暴走族の抗争史上最大規模だと言われていますが、抗争後に逮捕されたのは加々美恵三だけでした。

これだけの規模の激突だったにも関わらず、加々美恵三1人しか逮捕者が出なかったのには、神奈川グループのピエロがほぼ一方的にやられ、CRS側による破壊が圧倒的すぎたことが理由だと言われています。しかし、その後412名もの逮捕者が出たことからも、暴走族抗争の逮捕者数としても、伝説的な数となったそうです。

加々美恵三は抗争を止めようとしていた?

「湘南七里ケ浜事件」は、当初は加々美恵三などの、アタマ同士の話し合いだけで終わらせる予定だったのにも関わらず、後ろからの投石が原因で激突してしまいました。事情を知らなかったメンバー同士が、先に喧嘩をはじめてしまったため、収拾がつかなくなってしまったそうです。

この事からも、加々美恵三は率先して神奈川の暴走族と激突したかったのではなく、本当は抗争を止めようとしていたのが解ります。

暴走族出身の主な芸能人は?

テレビで活躍している芸能人は、とても爽やかで暴走族なんて想像できないですよね。ですが、意外にも探してみると、暴走族出身の芸能人って多くいるんですよ。ここでは、暴走族出身の主な芸能人をご紹介します。

ヒロミ(八王子スペクター)

日本のお笑いタレントで、有名人のヒロミは、八王子スペクターの元暴走族です。現在では司会者やラジオパーソナリティ、トライアスロン競技者や実業家などの一面も持っています。自身で立ち上げた、株式会社ビィーカンパニーの代表取締役社長でもあります。

八王子スペクターに所属していたのは事実ですが、意外とやんちゃなエピソードは少ないようです。八王子スペクターに所属していたころの話を、よく自慢げに話したり、ネタにしているそうです。

そんな八王子スペクターの元暴走族のヒロミも、ガキだったころにとんでもなく有名だった人と恐れていた人物は、ブラックエンペラーの7代目総長、宇梶剛士でした。

宇梶剛士(ブラックエンペラー7代目総長)

宇梶剛士は、テレビで見る温厚な姿からは、とても暴走族というイメージはありませんが、実はブラックエンペラーの7代目総長だったという、歴史に残る程の、伝説の最強ヤンキーでした。

18歳頃に錦野旦の付き人をするようになり、菅原文太や美輪明宏にも見出された宇梶剛士は、1980年代ごろからは、トレンディドラマに出演するようになりました。しかし彼は、実は2000人以上もの構成員がいると言われている、ブラックエンペラーの最強とも言われる、7代目三多摩本部総長だったという過去があるのです。

もともと体格も良くて、喧嘩が最強に強かったという宇梶剛士は、小学生で中学生23人を倒したり、1対1000人の戦いに勝ったりと、ここでは挙げられない程の最強の武勇伝を持っていると言われています。

小泉今日子(レディース総長)

女優・歌手の肩書きをもつ小泉今日子は、オーディション番組のスター誕生!に出場して、見事合格してアイドルへの道を掴みました。花の82年組アイドルという、他にも堀ちえみや三田寛子、石川秀美や松本伊代なども、同じアイドルとして活躍をしていました。

小泉今日子はシングル曲「なんてったってアイドル」をヒットさせ、同期の中でも活躍が顕著でした。しかし、小泉今日子はアイドルとしての顔以外にも、女性で構成される暴走族・レディースとしての顔も持っていたのです。

地元である厚木市でも最大勢力を誇るレディースの総長として、威圧感や腕力などを酷使して、抗争で戦っていたそうです。スター誕生!のオーディション会場に、ボンタンのようなジーンズを履いて、他の出場者を威圧したという伝説があり、業界内でも初めての武勇伝として、語り継がれているそうです。

佐々木希(レディース)

アンタッチャブルの渡部建と結婚した、佐々木希も実はヤンキーだったと言われています。ネット上では、学生時代からタバコを吸っていたと思われるような、プリクラの写真も流出していますので、これはかなり衝撃的かもしれません。

気に入らないことがあると、直ぐに手が出てしまったり、毎晩夜遊びをしていて、基本的には自宅に帰らなかったり、タイマンの喧嘩では、負けなしだったりと、相当やんちゃだったそうです。その他にも、親族の葬儀の場で棺桶を蹴り飛ばす、中学2年生頃から不登校になりはじめるなどの噂もありました。

同じく元ヤンキーで有名な、木下優樹菜との間にも、一触即発の状態になるような事件があったそうです。あるファッション雑誌の撮影で一緒になった時に、木下優樹菜が佐々木希に対して、初対面で圧倒してやろうとガンを飛ばしまくっていたそうですが、動じることなくツンとしていたので、木下優樹菜は、この人には勝てないと直感したのだとか。

スペクター暴走族の歴代総長

スペクターには、伝説で最強と言われている、3代目総長の加々美恵三以外にも、最強だと言われている歴代の総長が多くいます。ここでは、スペクターの有名な最強の歴代総長をご紹介します。スペクター暴走族の伝説の始まりを、歴代総長を見ながら知っていきましょう。

初代総長・島田英治

歴代総長の1人目はやはり、初代総長なくしては語れません。初代総長の島田英治は、当時国士舘高校のヘッドだった、島野友一が作ったスペクター暴走族から引き継いだ暴走族集団を、最終的にスペクターという形に完成させた、伝説で最強の人物です。

周辺のバイク集団やサーキット族をまとめ上げた人物であり、伝説上の存在に近いと言えるでしょう。ですが、島野友一から島田英治に、どのような引継ぎがあったのかは分かってはいません。島野友一も、島田英治と同じように、国士舘高校の関係者だと言われています。

島田英治が総長に就任した後、抗争事件で警察に逮捕されてしまい、少年院に収監されてしまいました。そのため、総長の座を2代目に譲りました。

3代目総長:加々美恵三

歴代総長2人目は、スペクターの伝説で最強と言われている、3代目総長の加々美恵三です。彼の時代は、新宿スペクターや八王子スペクターなど、たくさんの支部がありましたが、彼は主に新宿スペクターが主なエリアでした。この時代は、スペクターは3,000人もの構成員を抱える、日本最大で最強の暴走族であり、毎日抗争に明け暮れていたそうです。

加々美恵三は、関東中の暴走族から狙われる存在でありましたが、何よりも喧嘩が強くて最強だったため、スペクターの伝説の総長だと言われており、加々美恵三のカリスマ性は素晴らしいものだったのだとか。

加々美恵三の時代には、CSR連合という組織も作られ、各地で抗争を繰り広げては勝利することで勢力を広げていっています。伝説的な抗争はいくつもありますが、1975年に起こった「湘南七里ケ浜事件」で、加々美恵三は警察に逮捕されました。

21代目総長・羽月カズヒロ

歴代総長3人目は、習志野スペクターの21代目総長である羽月カズヒロです。彼は、千葉走命という連合に加盟し、習志野スペクターの勢力を拡大していった人物です。その後は、本職のヤクザになるなど、危険度はかなり高い人物だったようです。

加々美恵三や歴代総長の現在は?

スペクターの最強で、伝説的な総長とも言われている加々美恵三や、その他の歴代総長たちも、現在は40歳を超える大人になっています。そんな歴代の総長たちは、現在一体何をしているのでしょうか。ここでは、加々美恵三やスペクターの歴代総長の現在についてご紹介します。

加々美恵三は土建屋を経営

スペクターの伝説とも言われている、3代目総長の加々美恵三は、現在加々美解体土木や加々美重機という土建屋を経営しているそうです。また、加々美恵三は、中井スペクターというバーに行けば、会えるとも言われていますので、バーのオーナー、もしくは店長もやっているかもしれません。

加々美恵三は、スペクターを引退したあとは、一度もヤクザの世界には足を踏み入れたことは無いそうですので、カタギとしての生活を何十年も送っているようです。

また加々美恵三は、暴走族関係者が主催するのOBイベントや、アウトロー系の冊子が主催するトークイベント、取材を受けた際には「暴走族とヤクザは違う。一緒にしないでほしい」といった発言をしており、暴走族とヤクザの線引きはハッキリとしているみたいです。

島田英治は暴力団の組長?

歴代総長であり、スペクターの初代総長である島田英治は、現在の詳しい情報はあまりないため、解っていません。暴力団の組長をしているのではないかという噂もありますが、島野友一も暴力団の組長であるため、同一人物の可能性もあるようです。

羽月カズヒロは千葉県内で会社を経営?

歴代総長、習志野スペクターの21代目である、羽月カズヒロは引退後に本職のヤクザとして、稲川会系の暴力団に入ります。組を抜けたあとは、キックボクサー「ジェット=リー」として、格闘家に転身しています。

格闘家の引退のあとは、一時期ケニアでボランティア活動を送っていたという話もあります。アフリカに支援物資を持って、何度か渡航していたのだとか。その後の仕事は定かではありませんが、千葉県内でとび職の会社を経営しているという噂があります。

羽月カズヒロも、加々美恵三と同様に、暴走族OBのパーティやアウトロー系媒体のイベント、取材などによく出演しているそうです。

【番外編】有名な暴走族紹介!

加々美恵三も3代目の総長をしていた、暴走族が盛んだった時代は、1970年から1980年代だったと言われています。昔の暴走族は、バイクで走るというよりも、ケンカがメインだったのだとか。時代が経つにつれて、走りがメインになっていったようですが、ここでは、有名な暴走族をいくつかご紹介します。

ブラックエンペラー

宇梶剛士が7代目三多摩本部総長だったことでも、有名なブラックエンペラーは、伝説の暴走族とも言われています。東京都国立市の少年を中心として、オートバイ好きの不良少年があつまって、結成されたのが始まりだそうです。1970年代末には、2,000人もの構成員を抱える、大規模な暴走族でした。

創始者は谷田部,泉輝雄総長であるブラックエンペラーは、7代目総長の宇梶剛士以外にも、芸能プロデューサーの蛯澤賢治やコメンテーター・ジャーナリストの中野ジロー、弁護士の金崎浩之などの、多くの有名人も昔所属していたようです。

極悪

暴走族を、右翼化と立て文字化(漢字化)と、ケンカ中心のスタイルへと変化させた極悪は、昔は「狂走族」と呼ばれていたのを、「暴走族」へと呼ばれるようになった、キッカケとも言える暴走族です。但し、暴走族ではありましたが、バイクにはあまり乗っていなかったそうです。

当時の暴走族は、スペクターやブラックエンペラーなどの、横文字文化が中心だったのですが、極悪によって暴走族は、立て文字文化へと変わっていきました。走る暴力団などと言われ、様々な抗争事件を起こしてきた極悪は、加々美恵三とも抗争を起こしています。

ジョーカーズ

ジョーカーズは全日本狂走連盟の中の1つで、オシャレで有名なチームです。原宿ジョーカーズや青山ジョーカーズ、渋谷ジョーカーズや代々木八幡ジョーカーズなどの、地名で推して知る山の手の暴走族です。極悪とは、常に対立関係にあったそうです。

カッコいい暴走族で名をはせていたため、ケンカはあまりせず、3代目くらいまでは「逃げのジョーカーズ」と言われていたのだとか。4代目に大嶋秀元が総長になってからは、火炎瓶を投げるなどして、逃げからどんどんと戦闘的になっていきました。

【番外編】関東連合とは

ブラックエンペラーを中心に結成された関東連合は、実は芸能界と密接に関わっていると言われています。ここでは、暴走族を知る上では絶対に欠かせない、関東連合についてご紹介します。

ヤクザでもない半グレ集団

関東連合は2010年に起こった、「市川海老蔵暴行事件」により一般人にも知られるようになりました。ネットでは闇社会のネタとしても注目をされたのですが、関東連合はブラックエンペラーが1973年に中心となって、関東圏の暴走族を統合する形で結成した、暴走族の連合体です。

当時関東圏で最大勢力を誇っていた、ブラックエンペラーを中心として、マッドスペシャルや鬼面党、上町小次郎などの、力のある暴走族が結集して誕生しました。

暴力団排除条例や改正暴力団対策法が施行される中、暴力団の影響力が弱まり、台頭してきたのが関東連合とも言われており、暴力団ではないが暴力的な違法行為をする集団として、半グレと呼ばれるようになりました。

川名毅

関東連合の元リーダーの1人である川名毅は、最も芸能人と密接だと言われています。酒井法子や清原和博、押尾学など、芸能人らに覚せい剤を流していた人物だそうです。

川名毅は、東京の指定暴力団「松葉会」にも籍を置いており、英語も流暢に話せるため、海外ギャングやマフィアとの繋がりもあるのだそう。海外から仕入れた覚せい剤を川名毅が牛耳り、芸能人などに横流しをしていたようです。

また川名毅は、芸能事務所「プラチナムプロダクション」を立ち上げています。プラチナムプロダクションには、小倉優子や手島優、中村アンや菜々緒などの、多くの有名タレントが所属している大手プロダクションです。

あの頃も振り返れば良い思い出?

スペクターの伝説とも言える、3代目総長の加々美恵三や歴代総長、元暴走族だった芸能人などをご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。現在都内では、あまりバイクに乗って爆音を出したり、交通の妨げになるような危ない運転をするような、暴走族の姿はあまり見かけなくなりました。

ですが現在でも、他の地方や八王子に行くと、特攻服を着てバイクを走り回っている暴走族の姿を稀にですが見ることがあるようです。暴走族の活動が活発だったのは、1970年から1980年代だったそうですが、過去に伝説の総長だと言われていた加々美恵三も、現在はカタギでまっとうな仕事をしているようです。

抗争に明け暮れて、想像できないような凄い生活をおくっていたことも、加々美恵三や歴代総長たちににしてみたら、良い昔の思い出なのかもしれませんね。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
かわまる
毎日バタバタ2児の母です!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ