とろけるチーズのカロリー&糖質!栄養素は?他のチーズとの比較も!

とろけるチーズは色々な料理に使われています。普段何気なく使っているとろけるチーズのカロリーを知っているでしょうか。また、カロリー以外にも糖質や栄養素についても知らないことが多いです。今回は、とろけるチーズのカロリーや栄養素についてご紹介します。

とろけるチーズのカロリー&糖質!栄養素は?他のチーズとの比較も!のイメージ

目次

  1. 1とろけるチーズのカロリー&糖質は?他のチーズとの比較などご紹介!
  2. 2一般的なとろけるチーズのカロリー&糖質 
  3. 3とろけるチーズの商品別のカロリー&糖質
  4. 4とろけるチーズと他のチーズとの比較
  5. 5とろけるチーズの原材料や栄養成分は?
  6. 6とろけるチーズをヘルシーに食べるには?
  7. 7とろけるチーズのおすすめレシピ
  8. 8食べ合わせに注意すれば良い食材

とろけるチーズのカロリー&糖質は?他のチーズとの比較などご紹介!

トーストに乗せて手軽にとろけるチーズのピザトーストを作ることもできれば、料理の隠し味としてとろけるチーズを入れることもあり、どんな場面にも万能に使うことができるのがとろけるチーズであり、現在はよりとろけて美味しく食べることができるとろけるチーズが増えてきました。

しかし、普段何気なく使っているとろけるチーズですが、実はとろけるチーズのカロリーや糖質、含まれている栄養素を知らないという方が多いのが事実です。

今回は、普段使っているとろけるチーズのカロリーや糖質、とろけるチーズに含まれている栄養についてまとめてご紹介します。さらに、他の種類のチーズと比較して、とろけるチーズがどういうものなのかをチェックしていきましょう。

一般的なとろけるチーズのカロリー&糖質 

手軽にとろっとした美味しいチーズを食べることができるとろけるチーズですが、意外にもそのカロリーや糖質までを気にしているという人は少ないです。「ダイエットしなきゃ」と口癖のように言っている若い女性ですら、とろけるチーズのカロリーや糖質は知らないでしょう。

そこで、まずはとろけるチーズのカロリーや糖質についてチェックしてみましょう。今や「MEC食」として肉・卵と並びチーズがダイエットに適している食材だと有名な雑誌でダイエット特集が組まれ、書籍が発売されるなどチーズがダイエットに適している食材だという情報が多いですがそれは本当なのでしょうか。

世間一般的に「チーズ」と呼ばれる、とろけるチーズに含まれるカロリーや糖質がどのようなものなのかをご紹介します。

とろけるチーズのカロリー

一般的に「とろけるチーズ」と表記され販売されているチーズは、ナチュラルチーズを一度溶かして乳化し、再度成形した「プロセスチーズ」の一種です。原材料のナチュラルチーズによってカロリーは違いますが、平均として100gあたり約380kcalと、かなりの高カロリーになっています。

とろけるチーズがナチュラルチーズよりも高カロリーになる理由の一つに、乳や油を加えて形を成形し、とろけるように加工しているためです。

とろけるチーズの糖質

意外にも高カロリーなとろけるチーズですが、ダイエッターにとってカロリーと並ぶほど気になるのが糖質ではないでしょうか。とろけるチーズの糖質は、高めのカロリーに比べて低いのです。

100gあたりの糖質は約1.5gと、低糖質であることがわかります。元々チーズ自体が低糖質な物が多く、一度乳化して再成形しているとろけるチーズですが、カロリーは高くても糖質は低いのです。

とろけるチーズの商品別のカロリー&糖質

名前 カロリー 糖質
クラフトとろけるスライス 55kcal 0.4g
ファミマとろけるスライスチーズ 50kcal 0.26g
トップバリューとろけるスライスチーズ 57klca 0.3g

とろけるチーズは、乳製品を扱うメーカーの多くが発売しており、メーカーごとに思考を凝らした工夫がされているようです。中には、カロリー30%オフというダイエット女性に嬉しいとろけるチーズもあります。

ここでご紹介しているとろけるチーズのカロリーと糖質は、1枚あたりのもので、約15g相当です。例えば、トースト1枚にチーズを乗せたチーズトーストにする場合、トースト1枚にプラス約50kcalということで計算すると分かりやすいでしょう。

とろけるチーズと他のチーズとの比較

とろけるチーズは、ナチュラルチーズを一度乳化して再成形したプロセスチーズの一つであり、他のチーズとはカロリーが違うということをご存知でしょうか。ここでは、とろけるチーズのカロリーや糖質、栄養素に比べて他のチーズのカロリーや糖質をチェックしてみましょう。

カッテージチーズ

カッテージチーズのカロリーは100gあたり約100kcal、糖質は約1.9gです。チーズは低糖質であるということが言われる理由の一つに、カッテージチーズのようなものがあげられているのです。

そもそもカッテージチーズとは、脱脂乳などから作られる非熟成のチーズであり、白くホロホロと崩れるような外見です。味は極めて淡白で、僅かな酸味を感じる場合もあります。

プロセスチーズ

とろけるチーズも含まれているプロセスチーズの平均的なカロリーは100gあたり約339kcalです。糖質は1.3gと低いですが、ナチュラルチーズを一度乳化して再成形したものです。一般的に「加工チーズ」と呼ばれることも多く、とろけるチーズやベビーチーズがプロセスチーズと呼ばれるものです。

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズといえば、弾力のあるチーズでクセが無くさっぱりとした味わいが人気となっています。モッツァレラチーズのカロリーは100gあたり約250kcal、糖質は約1.2gと糖質が高めになっています。熟成させない為、フレッシュチーズの一つになります。

クリームチーズ

クリームチーズは、100gあたり約350lcalであり、糖質は約2.3gです。少々糖質が高めですが、クリームチーズは生クリームと牛乳を混ぜ合わせ発酵させ作る日熟成のチーズです。

なめらかなバターのような舌触りで、パンやクラッカーに塗って食べる食べ方が人気です。また、チーズケーキの材料としてもよく使われています。

チェダーチーズ

チーズの中でも高カロリーで食べる時に気をつけなければならないのがチェダーチーズです。チェダーチーズは牛乳を主成分としたセミハードタイプのチーズです。チェダーチーズもプロセスチーズの原材料として使われることが多いです。

とろけるチーズの原材料や栄養成分は?

ここまでとろけるチーズのカロリーや糖質について、とろけるチーズ以外のチーズについてカロリーや糖質をチェックしてきましたが、ここからはとろけるチーズに含まれる栄養成分についてご紹介します。とろけるチーズにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

カルシウムで骨粗しょう症予防

とろけるチーズには、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは乳製品に多く含まれており、チーズの原材料である牛乳に多く含まれている栄養の為、チーズからも効率よく摂取することができます。

骨を強くするだけでなく、カルシウムを摂取することで体に体脂肪をつきにくく、太りにくくしてくれる働きがあります。

良質のたんぱく質

とろけるチーズは、高タンパクな食品としてダイエット中の人におすすめな食材の一つです。とろけるチーズには、100gあたり約25g前後のたんぱく質が含まれています。

たんぱく質を摂取することで、良質な筋肉が作られ、基礎代謝が上がるのでダイエット向きな痩せやすい体を作ることができます。

ビタミンB2が豊富

とろけるチーズに限らず、チーズにはビタミンB2が豊富に含まれているという特徴があります。ビタミンB2には脂肪燃焼効果が期待出来る他に、疲労回復にも効果があると言われているので、疲れている時にちーズを使った料理を食べることで、疲労回復が期待出来るのです。

とろけるチーズをヘルシーに食べるには?

高カロリーだということがわかって、とろけるチーズを食べることに少々抵抗を感じ始めた人もいるのではないでしょうか。しかし、とろけるチーズ自体を敬遠するのはまだ早いです。ちょっとした工夫で、とろけるチーズをヘルシーに食べることができます。

炭水化物と一緒に食べない

とろけるチーズを食べる時に気をつけなければならないのが、一緒に食べるものです。とろけるチーズ自体のカロリーが100gあたり約380gと高めなので、糖質が多い炭水化物と一緒に食べてしまうと、カロリーも糖質も摂りすぎになってしまいます。

とろけるチーズの糖質は低いですが、食事の場合は全体のバランスを考えて、炭水化物を一緒に食べない、食べる場合も量を調整するということを心がけましょう。

オリーブオイルを少量垂らす

とろけるチーズを食べる時にカロリーが気になる場合は、オリーブオイルを少量垂らして食べる方法がおすすめです。オリーブオイルには「オレイン酸」という成分が豊富に含まれているため、オレイン酸が血中コレステロールを下げてくれるので肥満解消に効果があります。

ただ、オリーブオイル自体も高カロリーなので、かけすぎには注意しなければなりません。イタリアンな風味を楽しみたい場合は、トマトやバジルも一緒に食べるとより美味しく食べることができます。

とろけるチーズのおすすめレシピ

ここでは、とろけるチーズをより美味しく食べるおすすめのレシピをご紹介します。とろけるチーズだけをシンプルに食べるのではなく、ちょっとしたアレンジを加えるだけでより美味しく食べることが出来るのです。

明太子ととろけるチーズスライスのおにぎりの作り方

材料 分量
ご飯 450g
千切り大葉 10枚
ちりめんじゃこ 適量
とろけるチーズスライス 1枚
明太子 適量
少量
【作り方】
①ご飯に千切り大葉とちりめんじゃこと塩を入れてよく混ぜる。
②ラップにご飯をのせて、とろけるチーズスライスと明太子を具にしておにぎりを握る。

ちりめんじゃこや明太子は、好みで量を調節すると良いでしょう。ラップで握ると食べやすいので、おすすめです。温かいごはんで作ることで、食べる頃にはチーズが程よく溶けてさらに美味しくなります。

食べ合わせに注意すれば良い食材

とろけるチーズはナチュラルチーズを加工して作っているプロセスチーズの一種であるため、カロリーは高めになっています。そのため、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまう為、ダイエットには不向きですが、食べ合わせと量さえ気をつければダイエット向きな食材になります。

肉・卵・チーズを毎日食べる「MECダイエット」が注目されているように、チーズには体に良いとされる成分が豊富に含まれています。食べ合わせや食べる量さえ気をつければ、カロリーや糖質がオーバーすることも無いでしょう。

性別や年代を問わず人気のあるとろけるチーズを料理に上手に取り入れて、栄養を体にしっかり取り入れましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
比嘉未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ