LINEの話題!好きな人とLINEで会話のネタがない時の話題紹介!

今や連絡手段として欠かせないものとなったLINEですが、好きな人にLINEを送るネタがないという女性も多いでしょう。好きな人とLINEをするときに使える話題やネタを、相手との関係性別にまとめました。また、彼氏に送るLINEのNG話題もご紹介します。

LINEの話題!好きな人とLINEで会話のネタがない時の話題紹介!のイメージ

目次

  1. 1彼氏や好きな人に連絡したいのにネタがない!?
  2. 2好きな人や気になる人にLINEで話題に出来るネタ
  3. 3彼氏にLINEで話題に出来るネタ
  4. 4男友達にLINEで話題に出来るネタ
  5. 5中学生や高校生がLINEで話題に出来るネタ
  6. 6彼氏へのLINEで話題にするのはNGなネタ
  7. 7好きな人とのLINE会話で気を付けること
  8. 8LINEで連絡を取る事だけに縛られないで

彼氏や好きな人に連絡したいのにネタがない!?

いつでも好きな時に誰とでも連絡がとれる便利な機能、LINE。今や生活に欠かせない通信手段の一つとなりました。LINEでは、メールよりも簡単に相手とコミュニケーションを取ることができるので好きな人にLINEを送って会えない間も楽しい時間を過ごしたいという女性は多いのではないでしょうか。

ただ、毎日LINEでやりとしているとどうしても話題がなくなってしまいますし、知り合って日が浅いとどんな話題を振って良いのかわからないということもあります。そこで今回は、好きな人にLINEを送る時に使える話題をご紹介します。

好きな人や気になる人にLINEで話題に出来るネタ

まだ付き合う前の片思い状態の時というのは、相手と連絡を取り合えるだけでも心躍るほど楽しいものですが、好きな人や気になる人にLINEを送る話題というのはどんなものがよいのでしょうか。好きな人や気になる人に「LINEしていて楽しい」と思ってもらえないと、すぐにやり取りは終わってしまいます。

できるだけ長く、楽しくLINEでやり取りできる話題とはどんなものがあるのでしょうか。それぞれの話題別に、LINEを送る切り口なども合わせてご紹介します。

男子に使えるネタ①好きな歌手の話

好きな歌手や音楽の話しというのは、LINEで送る話題の中ではハードルが低く相手からも返信をもらいやすい話題の一つでしょう。誰でも一人や二人は好きな歌手やよく聞く曲などがあるはずですから、「好きな歌手ってだれ?」「どんなジャンルの曲を聞くの?」という切り口でLINEを送って問題ないでしょう。

自分の知らない歌手やジャンルであれば、教えて欲しいということを続けて送ればLINEを途切れさせることなく続けられるという利点もあります。

男子に使えるネタ②スポーツの話題

これは、好きな人や気になる人がスポーツをやっていたりスポーツ観戦が好きな場合に有効な話題です。応援しているチームのことや、どういう経緯で好きになったのかを聞くとそこから派生してどんどん話題が出てくるでしょう。

また、女性も好きなスポーツがあるなら「私はこういうスポーツが好きだよ」ということをアピールしてみるのも良いでしょう。スポーツの話題で意気投合すると「一緒にやろう!」や「一緒に見に行こう」というデートにも誘いやすいのでオススメの話題です。

男子に使えるネタ③ゲーム・漫画の話

ゲームや漫画の話しをLINE出する時は、相手の男性に「オススメあったら教えて欲しい」というスタンスの切り口で送ると良いでしょう。教えてもらったゲームや漫画の面白いポイントなどを聞いてさらに話題を広げることで、男性側も「自分の好きなものに興味を持ってくれている」と嬉しくなるでしょう。

漫画やゲームの話題というのは、実際に女性がゲームをしたり漫画を読めば後日「面白かったよ!」と報告するLINEを送ることができるので、何度も連絡できるという利点があります。

男子に使えるネタ④食べ物の話

相手の男性が食べるのが好きだったり、料理を作るのが好きだったりする場合は食べ物の話しをしてみましょう。好きな人や気になる人の好きな食べ物を聞いて「ちょうど美味しい○○のお店探してたんだけど、どこか知ってる?」と男性の好きな食べ物の美味しいお店を聞き出しましょう。

相手との関係性が良ければ「一緒に行こうか?」と誘ってもらえるチャンスがあるかもしれません。また、食べ物の話題の時は最初から「料理出来ますアピール」は禁物です。自己アピールの強い女だと思われます。最初は食べるのが好きという切り口でLINEを送るのが良いです。

男子に使えるネタ⑤イベントの予定について

クリスマスや年末年始、バレンタインといったイベントに合わせてイベントの予定を聞いてみるのも良いでしょう。「特に何もないよ」と言われたら、「そっか~」と流してみるのがポイントです。ガツガツと予定を聞いて掘り下げないで、過去にあったイベントでの話しなどに話題を持っていきましょう。

お互い予定がない状態で、連絡を取り合い続けていれば「一緒にどっか行く?」とイベントデートにつなげる事ができる可能性もあります。女性の方からイベントデートを狙うような素振りを見せると、逃げていく男性が多いので注意が必要です。

彼氏にLINEで話題に出来るネタ

次は、お付き合いをしている彼氏にLINEで送る話題についてです。好きな人や気になる人とは違い付き合っているのである程度話題が出尽くしている状態でしょう。そんな話題が枯渇している状態ではどんな話題を送れば良いのでしょうか。

お付き合いしている彼氏に送るLINEの内容は、多少突っ込んだものでも良いでしょう。ただ、彼氏のプライベートにズカズカと踏み入るようなLINEや、言葉遣いが汚いというのはNGです。

男子に使えるネタ①見たい映画の話

見たい映画の話は、誰とでも盛り上がる話題の一つですが、彼氏と映画の話をすれば自然と映画デートへと話題を持っていくことができるでしょう。彼氏が好きな映画と女性の好きな映画なら2回映画デートに行く事ができます。

見たい映画の話題なら、映画館デートだけでなく自宅デートでDVDを見る流れに持っていくこともできます。デートで行くところがなくなってきたカップルでも自宅でゆっくり映画をみる流れに持っていけるので、見たい映画の話題はカップルのLINEでは外せない話題の一つです。

男子に使えるネタ②次のデートで行きたいところの話し

付き合っている彼氏に送るLINEなら、次のデートで行きたいところをリクエストしてみるのも良いでしょう。LINEで地図を送ってみたり写真を送ってみると効果的です。

彼氏はデートの行き先を「決めていいよ」と言われるよりも「ここに行きたい」と明確に教えてくれる方が楽です。LINEなら地図も送れるのでデートの行き先を決める為にグダグダと時間を使わなくて良いという利点もあります。

男子に使えるネタ③その日あったことの報告

付き合っている彼氏に送るLINEなら、話題にそこまでこだわる必要はなく「今日はこんなことがあったよ」とその日合ったことを報告するだけでも十分話しのネタになります。付き合う前の関係で、女性から日記のようなその日の報告LINEが来ると「だから何?」と思ってしまう男性が多いですが、付き合っている彼女なら話は別です。

「今日○○に行ってみたよ。楽しかったから次一緒に行こう!」と誘ってみるのもよし、「今日は仕事でちょっとミスしちゃって」と弱音を吐くのもたまには良いでしょう。その日あったことの報告をするLINEというのは親密な関係性だからこその特別なものです。

男子に使えるネタ④次に会う日の調整

付き合っている彼氏には、デートの日程を決める為の話題でLINEを送るのも良いでしょう。デートの日程を決めるやり取りをする中で、彼氏のスケジュールを把握することができますから予定の行き違いを防ぐ事もできます。

デートの日程が決まったら「どこに行く?」と次々に話題を広げていく事ができるのもカップルらしいLINEといえるでしょう。LINEでは「イベント」という機能で予定を共有できるのでデートの日が決まったらその場でイベント登録してしまえばデートの日程を忘れることもないでしょう。

男子に使えるネタ⑤彼氏を労うLINE

彼氏に送るLINEは、楽しいものばかりとは限りません。彼氏が仕事や勉強で疲れているようであればあまりダラダラと話題を引っ張らずに「お疲れ様。頑張っててすごいね」というように労いのLINEを送ってあげると良いです。

彼を労う話題の時は、ダラダラと長く続けようとせずに短く分かりやすい文章で送ることが大切です。少し寂しいですが彼氏が仕事や勉強を頑張っている時は、やり取りの長さやレスポンスの速さは重視しない、既読無視でも返信を催促しないことがポイントです。

男子に使えるネタ⑥LINEを使って甘えてみる

付き合っている彼氏だからこそ送ることができるのが、甘えた内容のLINEです。「今日はちょっと疲れちゃった。キスしてほしいな」と甘えてみましょう。この場合、実際に出来なくても2人でLINE上で甘いやり取りができればそれでOKです。

顔を見ずに話す事ができるLINEだからこそ、普段甘えられない内容を送ってみるのがポイントです。LINEで甘えておけば次に会った時に普段よりも甘い時間を過ごすことができるでしょう。彼氏の名前入りのスタンプを送るのも効果的です。

男友達にLINEで話題に出来るネタ

男友達にLINEを送る時は、普段の会話のようにフランクに話せる話題はもちろん、男友達だからこそ話せる相談LINEを送るのも良いでしょう。相手の男友達との関係性によってLINEで会話できる内容は変わってきますが、他愛のない内容で楽しくLINEを続けることができるでしょう。

男友達だからこそ送ることができるLINEの話題を6つご紹介します。せっかく楽しくLINEで会話していたのに話題がなくなってしまったという時に参考にしてみてください。

男子に使えるネタ①地元の話

地元が同じ男友達とLINEで会話をする時は、地元の話しをすると良いでしょう。お互いによく知った内容であれば、思い出話に花が咲くことは間違いありません。地元の友人やお祭り、行事など一度地元の話題に触れれば次々に話しが広がっていくでしょう。

LINEのやり取りだけで、しばらく会っていないとなればLINEでのやり取りをキッカケに仲の良かった友人を集めて楽しく飲み会をしたりすることもできます。地元の男友達とのLINEでは地元の思い出話が鉄板の話題と言えるでしょう。

男子に使えるネタ②共通の友人の話

男友達なら、一人や二人は共通の友人がいるでしょう。「知ってる?〇〇が今度結婚するんだって」や「○○が実家の会社継ぐらしいよ」と言った第三者の話しをLINEでするとお互いに深く詮索し合う必要もなく思い出話しをすることが出来ます。

男友達ということであれば、自分のことを深く話す必要もないし相手のことを必要以上に知る必要もないと思っている女性もいるはずです。そういった場合は、自分の話題ではなく第三者の話題でLINEを送るのが良いでしょう。

男子に使えるネタ③恋愛相談

相手が気心しれた男友達で、今好きな人や彼氏がいるなら恋愛相談してみるのも良いでしょう。ケンカして困っていたりプレゼントに何をあげようか悩んでいる時は、好きな人や彼氏と同性である男友達のアドバイスを聞いてみると自分では思いつかなかった答えを貰えるかもしれません。

LINEで恋愛相談をする時に気をつけなければならないのは、男友達との関係性です。男友達が本当に信頼できる相手でない場合、相談した内容を周囲にバラされてしまう可能性もあります。男友達にLINEで恋愛相談をする場合は、本当に心を許した信頼できる友達だけにしましょう。

男子に使えるネタ④仕事や学校の愚痴

男友達だからこそできるLINEでの会話といえば、仕事や学校の愚痴です。好きな人にネガティブな内容を送るのはよくありません。彼氏は気心知れた相手ですから愚痴をこぼしやすいですが、頻繁に愚痴を言う女性だと付き合っていく上で不安を与えてしまいます。愚痴の多い女性はモテません。

男友達というフランクに話せる関係性だからこそ仕事や学校の愚痴をお互いに話し合って、「また明日から頑張ろう!」と気合を入れ合えます。またLINEなら深刻になりすぎずに愚痴を言えるのも良いです。スタンプなどを使って、気軽にガス抜き程度に愚痴りあうのも楽しいです。

男子に使えるネタ⑤趣味の話題

男友達とLINEで会話する時の話題として使えるのが趣味に関する話題です。「そう言えば、○○ってまだ続けてるの?」と男友達の趣味の話しを振ってみたり、「○○やってたよね?私もやってみようと思うんだ」とアドバイスを仰ぐ内容ならLINEが途切れることなく会話できるでしょう。

共通の趣味があれば、共通の趣味について話せるのも利点です。男友達という関係性だからこそお互い気兼ねなく意見し合えます。ただ、男友達の趣味について理解を示せないのであれば話題に出さない方が良いです。共感して会話ができる内容の場合だけLINEのネタとして送ってみましょう。

男子に使えるネタ⑥近況報告

男友達とお互いに離れたところに住んでいたり、久しぶりに連絡を取り合う場合は近況報告をし合うのが良いでしょう。「お互い大人になったね~」と思い出話をするのは楽しいものですし、地元を離れているのであれば、地元の友人の知らなかった話しなどを聞く事もできるでしょう。男友達とのLINEでは、気軽に近況報告からスタートするのが楽です。

近況報告をLINEで送る時は、深刻な内容ではなく明るい話題をメインにするとLINEで会話をする上で反応が良い返信をもらえます。不幸な身の上話は返信に困ってしまいますから、深刻な不幸話はLINEする男友達を選んでから送るようにしましょう。

中学生や高校生がLINEで話題に出来るネタ

中学生や高校生は、大人よりも頻繁にLINEを使っていると思いますが、気になる男子とのLINEで話題にするべきなのはどんな話題なのでしょうか。学生であれば学校生活についてが中心になりますが、毎日同じ話をしていては飽きてしまいますから、たまには変化球を投げてみましょう。

学生ならではの話題で、少しずつ親密になれれば実生活での関係性にも変化が出てくる可能性があります。学校で気になる男子なら恥ずかしがらずに思い切ってLINEを送ってみましょう。

男子に使えるネタ①面白い動画シェア

中学生や高校生の話題といえば、面白い動画や写真などを探してみんなでシェアすることが多いでしょう。今はインスタグラムやTik Tok、ツイッターですぐに面白い動画を探すことが出来ます。

面白い動画があったら「これ面白いよ!」と動画を送ってみましょう。ここで「オススメの面白い動画あったら教えて」と一歩踏み込んでLINEを送ってみれば、気になる男子の好きな動画をGETできます。

笑いのツボが合うというのは、学生時代に仲良くなる為の最大のポイントです。面白いものを共有しあって親密度を上げましょう。

男子に使えるネタ②テストや提出物の話題

学生ならではの話題といえば、学校のテストや提出物の話題です。LINEでお互いにわからないところを教え合ったり、テストについて話したりというのは中学生や高校生の間にできる青春LINEの一つです。勉強についてのLINEなら、気になる男子に自分の気持ちを知られずにやり取りができるのもポイントです。

テストや提出物についての連絡なら、男子はありがたく思う内容も多いでしょうから、LINEしてみようか迷っている時は思いっきってLINEを送ってみることをオススメします。

男子に使えるネタ③流行りのアプリの話

中学生や高校生の若い世代では、流行りがどんどん変わっていきます。特にスマホを持っている学生が多くなった今、流行りのアプリを共有し合うのは当たり前です。「今こんなゲームアプリが流行ってるよ」「このアプリだと面白い動画みれるよ」と言うような、流行りを共有する内容でLINEしてみましょう。

次々に流行りが変わるので、定期的に話題を作ることができます。流行に敏感な中学生や高校生ならではの会話ですし、逆に気になる男子に「面白いアプリ教えて!」と聞いてみるのも良いでしょう。気になる男子と同じゲームアプリをすれば、そこからまた会話につなげることもできます。

男子に使えるネタ④見ているテレビの話

中学生や高校生であれば、面白いテレビの話題もLINEで送ってみると良いでしょう。LINEなら「今○○見てるけど面白いよ」と同じ番組を見ながらリアルタイムで感想を言い合うこともできます。リアルタイムでのやり取りは素早いレスポンスが必要なので、スマホを使い慣れた中学生や高校生が得意でしょう。

リアルタイムで見ているテレビについてLINEで会話をすれば、より相手の男子との繋がりを感じることもできます。ただ、相手の男子が塾や部活、習い事をしている場合はリアルタイムで見ているテレビのやり取りが難しいこともありますから、相手の生活スタイルに合わせてLINEを送ると良いでしょう。

男子に使えるネタ⑤部活の話

中学生や高校生のLINEの話題といえば、お互いの部活についての会話も多いのではないでしょうか。大会前なら、頑張っている姿を見るチャンスをGETできるかもしれません。

気になる男子が部活で大会に出るなら「次の試合いつだっけ?応援行ってもいい?」と思い切ってアピールしてみましょう。面と向かって聞くのは恥ずかしくても、LINEなら気軽に聞けますからハードルは低くなるでしょう。

お互いに頑張っている部活の話題なら、励まし合うこともできますからLINEで仲良くなって実生活でも親密な関係を築くことができます。

男子に使えるネタ⑥学校の噂やゴシップ

学生時代、結局一番盛り上がる話題といえば学校の噂やゴシップネタでしょう。噂話が好きなのは女子のイメージがありますが、男子も以外と噂話には聞き耳を立てています。ただ、あまり下品な内容の噂やゴシップを話すのは女の子らしさに欠けるので、笑えるネタのLINEを送ってみましょう。

噂話やゴシップはLINEでの会話も盛り上がりますが、他人を傷つけるような内容は控えるようにしてください。プライベートなLINEの内容も簡単に他人に共有されてしまいます。特に学生時代は交友関係も狭いので注意が必要です。

彼氏へのLINEで話題にするのはNGなネタ

これまで、LINEで盛り上がる話題についてチェックしてきましたが、LINEで話題にするのがNGなネタとはどんなものがあるのでしょうか。今回は、彼氏とのLINEで話題にするのがNGなネタをまとめました。彼氏が嫌がる話題や、聞いたら後悔する話題などいろいろありますが、相手の顔が見えないからこそ大切な人とのLINEは気をつけるべきことが多いのです。

NGネタ①元カレの話

彼氏とのLINEでの会話の中で何気なく「元カレはさ・・・」と送ってしまったり、ケンカをしたときに「元カレはこうしてくれた!」と何かにつけて元カレと今の彼氏を比較したりするような内容のLINEはNGです。さらに、元カレとのデートの話や肉体関係についてのLINEなどは彼氏も送られてきて良い気がしないです。

元カレの話しは、聞かれたら必要最低限だけを答えるようにして自発的に元カレの話をするのはやめましょう。ただ、好きな人の過去は全部知っていたい!という変わり者もいるので、そういうタイプの彼氏なら包み隠さずすべてを話してみるのもありです。

NGネタ②元カノの話

大好きな彼氏の元カノがどんな人だったのか気になる気持ちは分かりますが、LINEで詳しく聞くのはやめましょう。実際に会っている時なら相手の顔をみて話せるのでまだマシですが、LINEで相手の顔が見えず文字だけの状態だと、元カノの話は思っている以上に嫉妬します。

自分で話題を振っておいて、不機嫌になるというのは非常に面倒くさい女です。大好きな彼氏に「面倒な女」と思われたくないのであれば元カノの話をLINEでするのはやめましょう。

NGネタ③親の悪口

付き合いが長く、結婚を視野に交際しているカップルは特に親の悪口を彼氏にぶつけるのはやめましょう。「ちょっとケンカしてイラッとした」ぐらいなら問題ありませんが、「本当に早くいなくなってほしい」とかあまりにも言葉がキツイと「この子は親を大切にできないのかな。結婚しても俺の親ともぶつかりそうだな」と思われてしまいます。

親の悪口を言いたくなる時はもちろんありますが、家族を大切にできない女性と思われてしまう可能性がありますので親・姉弟・親族の悪口は程々にしましょう。

NGネタ④八つ当たりLINE

仕事や学校でうまくいかないことが続くと、どうしても楽しいLINEを出来ない時があります。その時に不機嫌な内容のLINEを送ったり、普段は気に留めない内容の揚げ足をとったりすることはやめましょう。彼氏に悪いところがないのに八つ当たりするのは彼氏からしてもとても迷惑です。

気持ちが荒れて、楽しくLINEできそうにない時は無理に連絡をする必要はありません。「落ち着いたら連絡するね」と送ってしばらく一人で冷静になりましょう。

NGネタ⑤別れ話

ケンカしている時などに、勢い余ってLINEで別れ話をするのは良くないです。顔が見えないからこそ、文字の受け取り方は人それぞれでお互いの気持ちが行き違うことは多いです。別れ話は大切な話ですから、LINEで簡単に済ませず、お互いにしっかり話し合うとよいです。

また、彼氏の気を引くために「もう別れる!」と送る女性もいますが、彼氏からすると非常に面倒です。最初は引き止めてくれても最後は「じゃあ別れよう」と振られてしまう可能性があります。LINEで気軽に会話できるからこそ、別れ話のような大切な話はLINEでしないようにしてください。

好きな人とのLINE会話で気を付けること

好きな人とのLINEでは、楽しい話題でやり取りしたいというのは誰でも思うことです。気軽に連絡が取り合えるからこそちょっとした話題で険悪になってしまうこともありますから、好きな人と連絡を取る時こそしっかり内容を考えて送りましょう。

LINEでの会話というのは結構その人の本性が結構出ます。言葉遣いにも気をつけないと「言葉遣いの悪い品のない女」と思われてしまいます。好きな人とのLINEこそ、返信を急がずに内容をしっかり確認してから送ることが必要です。

LINEで連絡を取る事だけに縛られないで

スマホやLINEの普及で、昔よりも遥かに手軽に相手と連絡を取れることになった分、LINEで常に会話をしていないと不安になるという女性も多いです。LINEで会話をしていれば好きな人や彼氏、友達と繋がっている安心感はありますが、少し連絡が取れなくなるだけで不安になったり精神的に苦痛を感じたりすることもあります。

そうならない為にも、LINEで連絡を取ることだけに縛られず、相手を信頼しているからこそ連絡を取れない時間も安心して過ごせるというような、安定した関係性作りを重視してください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
比嘉未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ