イタリア語のかっこいい単語一覧!かわいいイタリアの言葉なども紹介!

今回はイタリア語のかっこいい単語を一覧で紹介します。イタリア語のかっこいい単語や、おしゃれなフレーズにはどんな言葉があるのでしょうか。イタリア語のかわいい単語や、素敵なフレーズ、日常で使える挨拶の言葉もまとめていきます。

イタリア語のかっこいい単語一覧!かわいいイタリアの言葉なども紹介!のイメージ

目次

  1. 1イタリア語の単語一覧!かわいい・かっこいい・おしゃれな単語をご紹介!
  2. 2イタリア語はどこで使われる?
  3. 3イタリア語の単語・フレーズと意味一覧
  4. 4かっこいいイタリア語の挨拶一覧
  5. 5イタリア語で縁起が良いとされる単語一覧
  6. 6かっこいいイタリア語の色一覧
  7. 7【番外編】イタリア語の単語・フレーズの覚え方
  8. 8イタリア語のフレーズはかっこいい!

イタリア語の単語一覧!かわいい・かっこいい・おしゃれな単語をご紹介!

サッカー選手のロベルト・バッジョなど、イタリアにはかっこいい男性や女性がたくさんいます。そんなイタリアで使われている言葉も、きっとかっこいいはずでしょう。

今回はイタリア語の単語から、かわいい単語やかっこいい単語などを一覧にして紹介していきます。素敵なフレーズを見つけていきましょう。

イタリア語はどこで使われる?

イタリア語とは、どこで使われている言葉なのでしょうか。英語のように、世界の各地で使われるような言語なのでしょうか。イタリア語のおしゃれなフレーズをみていく前に、イタリア語について少しまとめておきましょう。

新ラテン語から派生

イタリア後は、俗ラテン語から派生した言語であると考えられています。ラテン語というのは、もともとはイタリア半島中部のラティウム地方というところにいた、ラテン人が使っていた言葉でした。

そのラテン語がローマ帝国の公用語となったことで、ヨーロッパ大陸の西部や南部から、アジアの一部地域にまで広がった言葉となったのです。

もともとイタリア半島で使われていた言葉だった事から、イタリア語にも大きく影響があったと考えられています。

イタリア語が公用語の国は?

それではイタリア語はどこで使われている言葉なのでしょうか。イタリア語というくらいなので、当然イタリアで使われています。公用語として使われているのは、サンマリノ共和国という、イタリア中北部の山岳地帯にある、小さな国家でも使われているようです。

またスイスの公用語でもあり、ティチーノ州全域とグラウビュンデン州は、一部地域でイタリア語圏とされています。

公用語とはなっていませんが、バチカン市国では公用語のラテン語の他に、イタリア語が一般の言語として使われているようです。

イタリア語の単語・フレーズと意味一覧

イタリア語の事がわかったところで、素敵なイタリア語のフレーズはどんなものなのか、イタリア語の中でもかっこいいと言われる単語や、かわいいと言われる言葉、おしゃれなフレーズをまとめていきましょう。

かっこいいイタリア語の単語・フレーズと意味一覧

イタリア語 読み方 意味
alto アルト 高く・上に・大声で
avanti アヴァンティ 前に・先に・前進
adagio アダージョ ゆっくりと・静かに・慎重に
benissimo ベニッシモ とてもいい
caro カーロ 高価な・愛する・親愛なる
delizioso デリツィオーゾ おいしい・素晴らしい・とても楽しい
fresco フレスコ 涼しげ・涼しい場所
insieme インシエメ 一緒に・共に・みんなで
leggiadro レッジャドロ 優雅な・優美な・しとやかな
meglietta マリエッタ Tシャツ・カットソー
segreto セグレート ヒミツ
Senti センティ 私の話を聞いて

かっこいいイタリア語の単語やフレーズは、一覧にしたようにたくさんあります。一覧にある単語のそれぞれの意味について、もう少し詳しくみていきましょう。

alto(アルト)

alto(アルト)というのは、イタリア語では高くや上に、大声でという意味がある言葉です。車の名前にもなっている、かっこいいフレーズなので、耳にした事がある人も多いでしょう。

ちなみに、英語でもaltoという単語があります。イタリア語では高くという意味になりますが、英語では音階の名詞でアルトという意味になるようです。アルト歌手とか、アルトサックスという使い方をします。

avanti(アヴァンティ)

avanti(アヴァンティ)は前にという意味がある、かっこいイタリア語です。前にというフレーズは、前進という意味がある事から、会社の名前としてもよく使われる単語なのだそうです。

かっこいいフレーズではありますが、普段でもよく使われる言葉になります。誰かの部屋に入る時にノックをしますが、その時「どうぞ(お入りください)」の意味で「avanti」が使われるのです。

adagio(アダージョ)

adagio(アダージョ)も、イタリア語のかっこいい単語です。1度は言ってみたくなる発音のフレーズになります。adagioは、ゆっくりとや静かにという意味がある単語です。

イタリア語で普通に使われているフレーズですが、音楽用語としても使われています。音楽用語のadagioは、速度記号でゆるやかにという意味があり、「Adagio」と表記されるのです。

benissimo(ベニッシモ)

言ってみたくなる、かっこいいイタリア語の単語には、benissimo(ベニッシモ)があります。benissimoという単語で、とてもいいという意味があるのです。誰かや何かを褒める時には「Benissimo!」と言えば完璧になります。

ちなみに、benissimoに良く似た発音の単語に「bellissimo(ベリッシモ)」があります。この単語には、最高に綺麗だとか、最高に美しいという意味があります。

benissimoもbellissimoも褒め言葉ではありますが、使い方によってはbellissimoは誤解を与える事もあるので注意が必要です。

caro(カーロ)

caro(カーロ)には、高価なという意味があります。しかし多くの場合、愛するとか恋しいとか、親愛なるというロマンチックな意味で使われるかっこいい単語です。

「persona cara」というフレーズにすると、愛する人や大切な人という意味になります。とてもロマンチックでかっこいい言葉ではありますが、「caro!」と単語だけで使うのは注意が必要です。

イタリア語ではcaroというフレーズがよく聞かれますが、同じくらい多くの場合で、caroさんという名前の人がいると言われています。単語だけで使うと、イタリアの人が呼ばれたのかと振り向く事があるでしょう。

delizioso(デリツィオーゾ)

delizioso(デリツィオーゾ)もイタリア語のかっこいいフレーズです。意味も素敵な言葉で、おいしいや素晴らしい、とても楽しいというポジティブな意味を持っています。

美味しいご飯を食べた時に、Grazie(グラッチェ)というイタリア語を使う事がありますが、grazieの語源はdeliziosoにあるようです。

fresco(フレスコ)

涼しげや涼しい場所という意味があるのは、イタリア語のfresco(フレスコ)です。frescoも使いたくなる、かっこいい素敵なイタリア語の単語です。

芸術に興味がある人なら、frescoと聞いたときにフレスコ画を思い浮かべた人もいるかもしれません。frescoというのは、美術用語の1つでもあるのです。美術用語の場合は生乾きの壁、漆喰の壁という意味もあります。

insieme(インシエメ)

insieme(インシエメ)も、イタリア語のかっこいい素敵なフレーズの1つです。一緒にや、みんなでという意味があり、名詞として全体とか調和という意味もある言葉になります。

leggiadro(レッジャドロ)

leggiadro(レッジャドロ)には、優雅なや優美なという意味があります。イタリア語の中では、美しさを表現する、素敵な単語になっています。

leggiadroという言葉を使う時は、普通の美しさではなく、その1段階上の美しさを表現したい時に使います。例えば、ウエディングドレス姿の花嫁に対して使うのです。

最上級の美しさを表現したい時に使う単語なので、あまり乱用しない方がいいイタリア語になっています。

meglietta(マリエッタ)

meglietta(マリエッタ)もかっこいいイタリア語の単語ですが、意味はTシャツになります。もっと綺麗な物のようなイメージがあるフレーズですが、普段から使うイタリア語の1つです。

ちなみにスカーフやマフラーは、sciarpa(シャルパ)と言います。イタリアは、ファッションでも有名な国なので、ファッションに関する単語はよく耳にするかもしれません。

segreto(セグレート)

イタリア語のかっこいい単語には、segreto(セグレート)があります。なんとなくミステリアスで、大人っぽい響きがある素敵なフレーズです。

segretoは、秘密という意味があります。ミステリアスな雰囲気がある事から、日本のシャンプーの名前にも使われたことがあるフレーズです。

Senti(センティ)

Senti(センティ)には、私の話を聞いてという意味があるフレーズです。sentireという、味わうとか感じるという動詞から派生している単語になります。

Sentiは、何かの話をまとめたい時に使ったり、とても大切な話をしたい時に使ったりするフレーズです。「今から大切な話をするから聞いて」という意味が、Sentiの単語には込められています。

かわいいイタリア語の単語・フレーズと意味一覧

イタリア語 読み方 意味
bello ベッロ 美しい・きれいな・ハンサムな
bambina バンビーナ 女の子・赤ん坊
cantare カンターレ 詠う・歌手になる
camminare カンミナーレ 生きる・歩く・動く
culaccino コーラッチェーノ テーブルの水の輪っか
latte ラッテ 牛乳・ミルク
piacevole ピアチェーヴォレ 愉快な・心地よい
qua クア ここに・ここで・こちらへ

かわいいイタリア語の単語やフレーズを、一覧にしてみました。一覧にあるどのイタリア語も、かわいいイメージがありますが、どういう意味なのか、もう少し詳しくまとめていきます。

bello(ベッロ)

bello(ベッロ)は、ポップなイメージがあるかわいい言葉ですが、イタリア語では、美しいとか素晴らしいという素敵な意味がある単語になります。

例えばイタリアでとてもハンサムな人をみかけたら「bello!」というと、その男性に喜んでもらえるかもしれません。belloには美しいという意味もありますが、女性に向かってかわいいとか、美しいという時には「bella(ベッラ)」になります。

bambina(バンビーナ)

bambina(バンビーナ)もかわいいイメージがあるイタリア語です。bambinaという素敵なイタリア語も、どこかで耳にした事があるかもしれません。

bambinaというのは、女の子に対して使われるフレーズで、女の子の赤ちゃんや娘という意味があります。同じようなフレーズの言葉があり、それがbambino(バンビーノ)です。

bambinoは男の子に対して使われるフレーズで、男の子の赤ちゃんや、息子、幼いや若いという意味もあります。

cantare(カンターレ)

cantare(カンターレ)には、歌を歌うという意味があります。そこから、詠うという意味や、歌手になるという意味にまで広がっています。

camminare(カンミナーレ)

camminare(カンミナーレ)には、生きるという素敵な意味があります。その他に、歩くや動くという意味もあるイタリア語の単語です。発音はかわいいですが、とても意味がある素敵なフレーズになります。

イタリアでは、健康とイメージが結びつけられやすいフレーズで、健康食品やスポーツシューズなどのポスターで目にする事が多いようです。

culaccino(コーラッチェーノ)

culaccino(コーラッチェーノ)というイタリア語には、テーブルの水の輪っかという意味があります。冷たい飲み物をテーブルの上に置いておくと、水滴が落ちてきてテーブルに輪っかができる事があるでしょう。

イタリアでは、こういう現象にもフレーズが考えられているのです。ちなみに、スープにパンをつけて食べる事をイタリアの単語は、「scarpetta(スカルペッタ)」としています。

latte(ラッテ)

latte(ラッテ)も、言ってみたくなるかわいいイタリア語の単語です。聞いた事があるという人も多いでしょう。カフェラテなどのラッテになります。

latteは牛乳やミルクという意味の他に、母乳という意味もあるようです。イタリアでミルクに関するものは、latteと言われる事が多いと言われています。

piacevole(ピアチェーヴォレ)

かわいいイタリア語の単語には、piacevole(ピアチェーヴォレ)もあります。愉快なというかわいい意味もあれば、快適なとか心地よいという素敵なフレーズでも使われる事があります。

同じような綴りのイタリア語に、piacevoleggiare(ピアチェーヴォレッジャーレ)という単語があるようです。かわいい響きがあるpiacevoleggiareは、親切に対処するという意味や、冗談を言うという意味があります。

qua(クア)

イタリア語のかわいい単語には、qua(クア)もあります。quaには、ここにとかこちらへという意味があり、英語の「here(ヒアー)」と同じような意味です。少しだけ、発音も似ているようだと言われています。

おしゃれなイタリア語の単語・フレーズと意味一覧

イタリア語 読み方 意味
arrivo アリーヴォ 到着・到達
castello カステッロ 城・砦・居城
gentile ジェンティーレ 親切な・上品な・貴重な
grazioso グラツィオーゾ 優雅な・優美な・可憐な
simpatico スィンパーティコ 感じのいい・人懐っこい
troppo トロッポ あまり・~しすぎる
viaggiare ヴィアッジャーレ 旅行する・移動する
vinto ヴィント 勝った・負かされた

イタリア語のおしゃれで素敵な言葉を一覧でまとめました。イタリア語には、おしゃれな単語がたくさんあります。イタリア語のおしゃれで素敵な言葉についても、一覧の単語の意味をみていきましょう。

arrivo(アリーヴォ)

arrivo(アリーヴォ)というのは、目標に到達した時などの到達や、目的地についた時の到着という意味があります。達成感を感じる事ができる、おしゃれで重厚な響きがあるのが特徴です。

castello(カステッロ)

castello(カステッロ)は、イタリア語で城などを意味する言葉です。英語のcastle(キャッスル)にも似ている、おしゃれなフレーズになります。

イタリア語と英語で単語や意味が似ているのは、イタリア語も英語も、ラテン語に由来している殻なのだそうです。

gentile(ジェンティーレ)

イタリア語で、礼儀正しいとか、親切なという意味がある単語が、gentile(ジェンティーレ)になります。フレーズもおしゃれですが、意味も素敵なイタリア語です。

男性に対してgentileという言葉を使うと、異教徒という意味になる事もあります。また、女性に対して親切なという言葉を使いたい時には、「jentilezza(ジェンティレッツァ)」を使う事になるようです。

grazioso(グラツィオーゾ)

grazioso(グラツィオーゾ)は、イタリア語で優雅なとか可憐な、愛しいという意味がある、おしゃれで素敵な単語になります。

人に対してgraziosoを使う時には、その人に対して素晴らしいという意味があり、食べ物に対してgraziosoを使うと、美味しいという意味に変わってくる言葉です。

さらに景色や花などに対してgraziosoを使うと、美しいという意味に変わります。どれに対しても、褒めるという意味は変わりませんが、微妙に変化する面白いイタリア語です。

simpatico(スィンパーティコ)

イタリア語のおしゃれな単語には、simpatico(スィンパーティコ)というフレーズもあります。simpaticoには、感じがよいとか、人懐っこい、好感の持てるという意味から、心優しいとか楽しいという意味まであるのです。

かなり幅広い意味があるイタリア語ですが、女性に使う場合には、simpatica(スィンパーティカ)に変わります。

troppo(トロッポ)

troppo(トロッポ)も、イタリア語のおしゃれな単語です。意味には、とてもという意味や、~しすぎるという意味があります。また「あまり~でない」という意味でも使われるフレーズです。

viaggiare(ヴィアッジャーレ)

イタリア語のおしゃれな単語には、viaggiare(ヴィアッジャーレ)もあります。この単語には、旅行するという意味や、移動するという意味があるのです。

viaggiareの「via」を「meri」に変えた単語が、「meriggiare(メリッジャーレ)」になります。meriggiareには、木陰で休むとか、昼寝をするという意味に変わってくる面白い単語です。

vinto(ヴィント)

vinto(ヴィント)は、イタリア語の中でもおしゃれだけれど意味がわかりにくい単語として有名です。

vintoには、勝ったという意味がありますが、全く逆の負かされたという意味もあります。使うシチュエーションによって、聞き取る方がその意味を感じ取る必要があるのです。

かっこいいイタリア語の挨拶一覧

イタリア語のかっこいい単語やおしゃれなフレーズをみてきましたが、かっこいいおしゃれなイタリア語の挨拶にはどんなフレーズがあるのでしょうか。
 

イタリア語 読み方 意味
Buon giorno ボンジョルノ おはよう・こんにちは
Buonasera ブオナセーラ こんにちは・こんばんは
Ciao チャオ やあ・またね
Grazie ラッチェ 感謝の言葉

かっこいいイタリア語の挨拶を、一覧にまとめてみました。この一覧から、簡単に意味を紹介していきます。

Buon giorno(ボンジョルノ)

Buon giorno(ボンジョルノ)は、日本ではイタリア料理のお店の名前に使われる事も多いので、知っているという人も多いでしょう。どちらかというと、午前中の挨拶として使われる事が多いようです。

Buonasera(ブオナセーラ)

午前中の挨拶がBuon giornoで、午後に使われる挨拶がBuonasera(ブオナセーラ)になるようです。人と分れる時の挨拶として、「Buonasera」と言う事もあります。

Ciao(チャオ)

親しい人との挨拶の言葉として使うのが、Ciao(チャオ)です。「やあ」とか「元気かい?」というような意味がある言葉で、目上の人には使ってはいけないと言われています。

Grazie(グラッチェ)

イタリア語のおしゃれな挨拶のフレーズで、万能の単語だと言われているのが、Grazie(グラッチェ)です。感謝の言葉を表す単語で、レストランで使えば「美味しかったよ」になり、親切にしてくれた人に使えば「ありがとう」になります。

イタリア語で縁起が良いとされる単語一覧

イタリア語で演技がいいと言われている単語には、どんな単語があるのでしょうか。おしゃれでかっこいい、イタリア語の縁起がいい単語も一覧にしていきましょう。
 

イタリア語 読み方 意味
Azzurro アズッロ 青色の
alba アルバ 夜明け・暁
cielo チェーロ 天・空・神様
evviva エッヴィーヴァ 万歳・乾杯
felice フェリーチェ 幸せな・嬉しい
lucia ルチーア てんとう虫・ホタル
tesoro テゾーロ 宝物

イタリア語にも、縁起がいいと言われる言葉が多いようです。それでは、一覧から意味をみていきましょう。

Azzurro(アズッロ)

Azzurro(アズッロ)はイタリア語で青色のという意味があります。イタリアでは青色は縁起がいい色だと言われているのです。

alba(アルバ)

alba(アルバ)は、夜明けや暁という意味がある単語です。基本的には風景を意味する単語になりますが、気持ち的に明るい方向へと向かうという時に、イメージとして使われる事もあります。

cielo(チェーロ)

cielo(チェーロ)には、神様や「神よ」「どうか」と神様に訴えかける言葉としても使われるイタリア語になります。

evviva(エッヴィーヴァ)

いい事があった事に使われるイタリア語の単語という事で、縁起がいいと言われているのがevviva(エッヴィーヴァ)です。両手を挙げて喜ぶというイメージの単語になっています。

felice(フェリーチェ)

幸せなや嬉しい、素晴らしいという意味の単語が、felice(フェリーチェ)です。幸運という意味もあるイタリア語で、縁起がいいと言われています。

lucia(ルチーア)

lucia(ルチーア)は、イタリア語でてんとう虫や蛍という意味があります。luciaに似ている言葉にluce(ルーチェ)という言葉がありますが、この単語の意味は光というものです。luciaには光る物という意味が転じて、てんとう虫や蛍という意味があるのかもしれません。

tesoro(テゾーロ)

縁起がいいと言われているイタリア語の単語には、tesoro(テゾーロ)があります。これは宝物という意味です。「Tesoro Mio」で大切な人という意味になります。

かっこいいイタリア語の色一覧

イタリア語では、青は縁起がいいと言われていますが、他の色はどんな単語なのでしょうか。まず白色はbianco(ビャンコ)になります。赤色はrosso(ロッソ)です。赤と白はワインなどで聞いた事があるかもしれません。

黄色はgiallo(ジャッロ) 、緑はverde(ヴェルデ)、青はblu(ブル)、黒はnero(ネーロ)です。色の名前も、イタリア語にするとかっこいい単語になります。

Thumbフランス語のかわいい•かっこいい単語!素敵なフランス語のフレーズを一覧で!
フランス語と言えば、柔らかい発音やおしゃれな語感で、きれいなイメージが人気の言語。フランス語...

【番外編】イタリア語の単語・フレーズの覚え方

イタリア語のかっこいい単語やフレーズを覚えたい時には、どんな風にして覚えるといいのでしょうか。イタリア語の覚え方をみていきましょう。

単語帳を作る

アナログではありますが、イタリア語の単語を覚えたい時には、単語帳を作るという方法があります。書いて覚える事もできるのでおすすめです。

スマホアプリを使う

イタリア語のかっこいい発音もチェックしたいという人は、スマホアプリを使って覚えるという方法もおすすめです。

Thumbドイツ語のかっこいい単語!かっこいいドイツの言葉やフレーズを一覧で!
ドイツ語にはかっこいい単語がたくさんあります。その中には日本に広まっている単語もたくさんある...

イタリア語のフレーズはかっこいい!

今回はイタリア語のかっこいい単語やおしゃれなフレーズをまとめてきました。明日からでも使ってみたい、おしゃれなイタリア語はたくさんあります。イタリアが好きな人は、言語も勉強してみましょう。

Thumbイタリア人の名前一覧!イタリア系の男性•女性の名前の意味や愛称!
世界には様々な名前がありますが、今回は日本人にも人気の観光地イタリアにスポットを当ててみまし...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
鈴子.blue
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ