セフレが妊娠してしまった!男性の本音や具体的な対処法を解説!

肉体だけの関係であるセフレ。もし、その体だけの関係でセフレが妊娠してしまったらどうすればいいでしょうか。。男性がそのセフレを妊娠させてしまった時の対処法はどのようなものなのでしょうか。男性のその時の本音とともに、具体的な対処法を述べていきます。

セフレが妊娠してしまった!男性の本音や具体的な対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1セフレが妊娠!男性の本音や対処法をご紹介
  2. 2セフレが妊娠してしまったときの男性の本音
  3. 3セフレに妊娠させられた女性の本音
  4. 4セフレが妊娠してしまったときの選択肢
  5. 5セフレが妊娠してしまった時の対処法
  6. 6中絶にかかるコストや注意点
  7. 7結婚せずにセフレの子供を認知したらどうなる?
  8. 8セフレとの間の望まれない妊娠の問題点
  9. 9男性と女性

セフレが妊娠!男性の本音や対処法をご紹介

体だけの関係であるセフレをもし妊娠させてしまったら、男性の対処法はどのようなものなのでしょうか。もし、既婚だった場合、それはさらに奥さんや子供を巻き込んでしまうことにもなります。中絶するにしても、妊娠期間によって手術の方法も違うため、なるべく早く妊娠してしまったセフレと話し合い双方納得しなければなりません。

セフレが妊娠してしまったときの男性の本音

セフレの女性を妊娠させてしまった男性は、その女性から妊娠を聞かされた際、どのような態度をとるものなのでしょうか。おそらく、そんなことを考えてもみなかった男性は、妊娠の知らせを聞かされるにあたり驚愕して、言葉がなかなかでてこないということがあり得る事態ではないでしょうか。まさに青天の霹靂(へきれき)というものです。

しかし、いつまでも驚いてばかりもいられません。その時、妊娠させてしまった男性が一般的に思ってしまうことはどのようなものなのでしょうか。ここでは、男性はこう考えてしまうと思われる事例をいくつか挙げていきます。それでは、以下に沿ってそれぞれ見ていきましょう。

誰にも相談しないでほしい

セフレを妊娠させてしまった男性は、その妊娠させてしまった女性が子供を産むか産まないかは置いておくとして、他の誰にも相談してほしくないと望むようです。セフレが子供を産むと決意する場合、自分の子供とは周知させずに育ててほしいと思い、セフレが中絶を選択した場合、中絶の費用は用意するから誰にも言わないでほしいと願うようです。

これは本当に勝手な言い分と言えますが、遊びとして付き合っていると思っていた男性にとっては自然な感情ともいえるかもしれません。

責任は取りたくない

男性はセフレが妊娠したと知った時、初めに思い浮かぶのは責任を取りたくないということのようです。遊びだと思っていたことが、子供が産まれてくるという現実が迫ってくると、途端に生活の変化に思いを馳せてしまうのです。中には、セフレが妊娠したと知ったことにより、音信不通になる男性すらいるようです。

妊娠させたという責任に向かいあうということに対し、このような酷い現実があるということは知っておくべきことだと言えます。

女性側で対処してほしい

セフレの女性が妊娠したと聞いたときに、男性の多くが思うことは、女性が自分で対処法を見つけて何とかしてほしいと思うようです。誠に身勝手な考えですが、自分は関係ないという現実逃避をしがちなのかもしれません。

しかし、考える間もなく妊娠させたことは事実であり、その現実からは逃げることはできません。もし、セフレの女性を妊娠させてしまったとしても、そこから逃げるのではなく現実と向き合うべきでしょう。

結婚を考えることも

セフレを妊娠させてしまった男性は、いくら体だけの関係とはいえ、多少の会話なりなんなりをしているはずです。本気で好きでもない相手と、セフレとの関係を継続することはないでしょう。そこで、男性はセフレが妊娠したということにより、結婚という選択肢を選ぶこともあります。

この結婚という責任の取り方は、一番まっとうな考えのように思えます。しかし、責任を感じすぎて結婚に至ったという経緯が実は愛ではないということがあることも心に置いておいた方がいいかもしれません。

セフレに妊娠させられた女性の本音

さて、男性がセフレを妊娠させてしまった場合の対応を見てきましたが、妊娠してしまった女性の本音はどのようなものなのでしょうか。子供を産むという実際の行動は女性にしかできないことです。

その現実において、女性が男性にどのようなことを望むのかはとても切実な問題と言えます。それでは、妊娠してしまった女性は男性にどのようなことを求めるのでしょうか。

責任を取ってほしい

妊娠してしまった女性は、その男性のセフレに対して責任を取ってほしいと思うようです。独身の男性ならセフレではなく結婚をしてほしいと望んだり、子供を出産する場合、子供の認知をして父子としての養育義務を負い、養育費を払ってほしいと望むようです。

既婚者の男性に対しても、子供を出産する場合は養育費を払うよう望むようです。中絶するにしても費用がかかるのであり、その中絶にかかる費用は責任をもって負担してほしいと思うのは不自然なことでもありません。

セフレが妊娠してしまったときの選択肢

セフレが妊娠してしまった場合、男性の対処法にはどのような選択肢があるのでしょうか。もちろん、セフレと男性がよく話し合って決める事柄ですが、その選択肢の中のどれか一つを選ぶとしても、男性による決断が必要なことがあるのは事実です。

それでは、男性がセフレの女性が妊娠した時に取りうる選択肢はどのようなものがありえるでしょうか。お互いに話し合うというのは当然の前提として、その後に来る決断のあとの結果をいくつか見てみましょう。

責任を取って結婚する

セフレが妊娠してしまい、男性がそれを聞かされた時、初めは焦りと驚きが勝り、なかなか考えがまとまらないかもしれません。でも、いくら体だけの関係であるといっても、多少のコミュニケーションを取っているはずです。そこのコミュニケーションの部分で本当に無理だとか嫌だと思ったら、セフレの女性との関係は継続しないのではないでしょうか。

ということは、多少の好意は少なからずあるということであって、色々考え合わせたうえで、結婚という結論に至るのは十分ありえるといえます。

中絶する

男性がセフレの女性の妊娠に対して取る対処法としては、中絶という選択肢もあります。この中絶するという選択は、遊びで体の関係を結んでいただけなのに、セフレの子供を認知するのは考えらないと思うことからのようです。

妊娠した女性と話し合い、考え抜いた結果、中絶という選択肢を選ぶというのは、近い将来産まれてくる子供に責任を取れないということだと言えます。責任を取れないと心から思うならば、中絶もいたしかないと言えるかもしれません。

シングルマザーとして女性が1人で育てる

妊娠したセフレの女性と男性が話し合った結果の対処法として、女性がシングルマザーとして子供を育てるという選択肢もありえます。男性と女性が話し合いをとことんやって考え抜いた結果にそうなるならば仕方のないことでしょう。

しかし、この場合は男性が産まれてくる子供を認知をして、養育義務を負い、養育費を払うということは大前提だと言えます。もし、男性が認知を拒んだ場合、強制認知という方法があるので、認知調停の申立をして父子関係を認めさせ、養育費を払わなければならないようにすることもできます。

セフレが妊娠してしまった時の対処法

男性がセフレの女性を妊娠させてしまった場合、まずはどのような対処法を取るべきなのでしょうか。妊娠してしまったというセフレの訴えにどのように答えればいいのか、それを聞いてすぐに混乱を抑えて答えることはかなり難しいことだと言えます。

しかし、女性の妊娠という事実がある以上、真剣に向き合わざるを得ません。それでは、この望まない妊娠という出来事にたいして、どのような態度でどのように対処するべきなのかを、以下、詳しく見ていきましょう。

冷静に話し合う

セフレの女性を妊娠させた男性が、妊娠の事実を知らされたときはとても混乱し、焦ってしまうでしょう。しかし、セフレの女性の方も同様か、それ以上に困惑しているのであり、お互いそれを認めつつ、冷静に話し合うことが必要です。感情的になってしまうと、その一時の衝動でのちにとても公開してしまうような決断をしがちです。

それに感情が高ぶるとそれが表情、行動等に表れてしまい、相手にそれが伝わり伝染して、円滑な話し合いを持つことが難しくなってしまいます。冷静に話し合うということを心に留めて、お互い話し合う必要があると言えます。

決断はスピーディーに

セフレの女性のとの話し合いを行うことにより、今後どのような対処法を取るかはなるべく早く決断した方がいいでしょう。もし、お互いの了承を経て、中絶を選択する場合、妊娠の期間によって手術の方法や費用が変わってきますし、女性の体への影響も妊娠の期間によって変わっていきます。中絶するのが遅ければ遅いほど、女性の体にダメージを与えてしまうのです。

そして、妊娠から数えて22週を超えた場合は、中絶の手術をすることができません。よって、男性、女性お互いに冷静に話し合い、スピーディーに決断をすることが大事だと言えます。

認知をする

セフレの女性の妊娠が発覚し、それを機会に結婚を決断した場合は問題は起こりません。しかし、結婚をしないままで子供を出産した場合、男性は認知をすることが必要になります。この認知をすることによって、父子関係が成立し、養育義務が発生することになります。

これにより、養育費も払わなければならないということになります。もし、男性が認知をしなかった場合は、出産した女性は強制認知という方法に訴えることができます。これによって、女性が出産した子供と男性の間に父子関係が強制的に認定され、養育費を払う義務が生じることになります。

中絶にかかるコストや注意点

セフレの女性が妊娠し、妊娠させてしまった男性と話し合いの末、中絶をすることに至ったとします。そこで気になるのは、中絶の費用や、中絶における母体への影響などです。中絶費用は10~30万円だといわれています。その中絶をする際、女性が妊娠している期間も重要です。

なぜならば、妊娠の期間の長さに応じて、手術の方法が変わるからです。それに加えて、女性の体へのダメージも妊娠の期間の長さによって変化します。それでは、以下詳細を見ていきましょう。

中絶費用は10~30万円

女性が中絶する場合、同意書にその女性を妊娠させた男性のサインが必要となりますので、男性も同行しなければなりません。中絶手術の費用は10~30万円が相場だと言われています。妊娠期間によって手術方法等が変わり、中絶手術をすることが遅ければ遅いほど、女性の体への負担が大きくなるため、なるべく早く決断をした方がいいでしょう。

妊娠しにくくなるリスクがある

セフレの女性が中絶をすることが決まったとします。しかし、中絶をすることは女性に精神的にも肉体的にもダメージを与えるということを心にとめておいた方がいいでしょう。

中絶手術をする際に、子宮にキズがついてしまい、それが原因で妊娠しにくくなるというリスクがあるのです。中絶した後に子供を望んだ時に、それは重くのしかかることがあるかもしれません。

流産しやすくなるリスクがある

女性が中絶手術を受けた後、その手術の影響で流産しやすくなるということがあります。中絶手術をした後の人生において、再度妊娠をし、それがもしかして流産になるかもしれないということは非常に哀しいことです。中絶手術というものにはリスクがあるということを心に留めておくべきでしょう。

結婚せずにセフレの子供を認知したらどうなる?

セフレの女性が妊娠し、その妊娠させた男性と結婚をしないまま子供を出産したとします。その後、男性は子供を認知することになるわけですが、その認知を行った場合は男性に対しては何がもとめられるのでしょうか。その男性に対して生じる義務を見てみましょう
 

養育費を支払う義務が発生

セフレの女性の子供を男性が認知した場合、その子供に対する養育義務が発生します。それは、養育費を支払うことを含むことです。もし、セフレの女性の子供をその男性が認知しなかった場合、その女性には強制認知を申請する権利があります。

強制認知とは、妊娠をさせた男性とその女性が産んだ子供の間に、強制的に父子関係を成立させるというものです。それにより、養育義務が発生することとなり、養育費を支払わなければならないということにも、つながることになります。

セフレとの間の望まれない妊娠の問題点

男性がセフレの女性を思いもよらず妊娠させてしまうということは、男女双方にとっても非常に大きな問題となってのしかかってくることです。その男性と女性の間の妊娠に対する話し合いも、精神的にも肉体的にも非常に辛いこととなりえます。独身者の男性の場合は結婚、もしくは、結婚しないで認知するという方法がありますが、これを決断するのも大変なことです。

既婚者の場合は、男性に奥さんや子供がいる場合、妊娠してしまった女性とその既婚男性だけではなく、周りも巻き込んでの大騒動となる可能性もあります。こういった非常に大きな悲劇に見舞われないためにも、避妊具を使用するということは本当に大事なことと言えるでしょう。

男性と女性

セフレという遊び感覚で関係を持っていたことが、女性の妊娠により大問題に発展するというのは非常に混乱させられるものです。しかし、男性、女性ともにセフレという体だけの関係だとしても、やはり両者が相手に敬意をもって、避妊をするということが一番大事だと言えます。それを心に留めて、付き合いをするということを心掛けたいものです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
鑑音ゆうき

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ