朝のセックスは最高!セックスを朝にすべき理由と楽しみ方を紹介!

カップルの間で「朝のセックスは最高」だという声がよく聞こえます。少し大胆な発言ですが、朝セックスには大好きな人が隣にいる事で心が満たされるなど、肯定的意見も多く挙がっています。今回はセックスを朝にする理由やその楽しみ方について解説しましょう。

朝のセックスは最高!セックスを朝にすべき理由と楽しみ方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1朝のセックスは最高?セックスを朝にする理由と楽しみ方を解説!
  2. 2朝のセックスが最高な理由
  3. 3朝のセックスのメリットとデメリット
  4. 4朝のセックスに対する男女の本音
  5. 5男性は朝セックスが一番興奮するのか動画で検証!
  6. 6朝セックスで快感を得やすくなる!

朝のセックスは最高?セックスを朝にする理由と楽しみ方を解説!

セックスとは夜の営みと言い換えられる程に、寝る前にするものという固定概念を抱いている人も多いハズです。しかし、朝起きぬけにするセックスには感じやすいなど、メリットが多く挙げられます。今回はセックスを朝にする理由と楽しみ方を詳しく解説していきます。

朝のセックスが最高な理由

「忙しくて無理」「誰にも邪魔されず寝てたい」など、朝セックスに対し消極的な声は少なくありません。なかなかスイッチが入らない事からも難しいと言われていますが、朝セックスには魅力的な理由が多く挙げられます。まずは朝セックスが推奨される2つの理由について紹介していきましょう。

朝のセックスは快感も増す

人の眠気を決める主な要因は、ホルモンと体内時計です。目覚めてから一定時間経つと、眠りを促すホルモンの分泌が始まり人は眠りにつきます。その後朝になると神経を興奮させる作用のあるホルモンが分泌され、人は目覚めるのです。目覚めの要因は他にもありますが、一般的にはこの要因だとされています。

神経の高まりを抑えて睡眠を誘うホルモンが分泌される夜よりも、神経を興奮させるホルモンが分泌される朝の方が快感は増すようです。そこからいつもと同じセックスでも、朝の方がより感じやすくなると考えられています。

時間がないのが逆に燃える

朝だと夜に比べて布団に入る時間が限られていますが、夫婦ともに臨戦態勢にある事から感じやすくなっています。人はある程度制限が定められている方が集中できるので、セックスにおいてもゲームセットの時間が決まっている方が快感を得られるという事でしょう。

長時間かけてあれこれ前戯を尽くす必要なく、短時間でクライマックスを迎える事が可能です。このようにお互いに負担がなく、短時間でもかなりの満足感を得やすくなるのが朝セックスが推奨される理由です。最近マンネリ気味な場合などは是非試してみましょう。

朝のセックスのメリットとデメリット

朝セックスには感じやすいなどのメリットがありますが、一方でデメリットも挙げられています。朝セックスのメリットとデメリットをそれぞれ挙げていきましょう。

朝のセックスのメリット

ここでは朝セックスのメリットを3つ紹介します。睡眠欲が満たされて心も朝から満たされているので、セックスを甘い時間と感じられるかもしれません。目を覚ましてすぐに愛を確かめ合うのは心にも体にもいい事なので、是非試してみましょう。

①「朝勃ち」で男性器が元気

夜だとどうしても疲れてセックスする気になれない時がありますが、朝は気力・体力ともに充実しているのでセックスしやすいです。人が目覚めるのは大抵眠りの浅いレム睡眠時で、その時に男性器の勃起現象も起こっています。

朝勃ち状態で隣に彼女が寝ていると、それに引っ張られてムラムラするでしょう。朝起きたばかりだと女性もリラックス状態にあるので、絶頂を迎えやすいと言われています。このリラックスした状態を利用して、朝セックスを活用しましょう。

②体力回復してからセックス出来る

夜寝る前にセックスするのが一般的ですが、眠くて疲れているという理由から集中できない場合もあるでしょう。一方で朝は疲れがしっかりととれているので、活力に満ち溢れたクリアーな状態でセックスに挑めるという訳です。

また食事やお酒に没頭する時間がないので、体力回復しながらセックスする事ができます。消化中だとなかなか快感を得られないので、この方法なら強い快感を得られるでしょう。

③他の女性にムラっと来ない

男性は性欲が溜まっていると、愛する女性がいても通勤途中や勤務中にムラムラしてしまうものです。しかし朝からセックスしていれば、性欲が解消されるので他の女性に目が行く事はありません。このお陰でいつまでもラブラブでいられそうです。

朝のセックスのデメリット

続いては朝セックスのデメリットを3つ紹介します。ここまで朝セックスの魅力的な点に触れてきましたが、やはり忙しくてできないなどの批判的な声も多いです。デメリットにも触れつつ、朝セックスの改善点を探っていきます。

①口臭が酷いことも

朝セックスのデメリットとしてまず挙げられるのが、口臭についてです。お互いの口が臭いと、せっかくのムードに水を差す結果となってしまいます。

1回起きて歯を磨いてからするという対処法もありますが、そこまですると既に1日が始まってしまい、セックスするにはちょっと冷めた気持ちになってしまうでしょう。なので朝セックス中のキスにはあまり期待できないと言えます。

②ムダ毛が気になる

夜寝ている間にムダ毛がニョキニョキと生えてくる事は珍しくありません。前夜にきちんと処理していたとしても、肉眼では確認できないサイズの出っ張りがポツポツと目立つようになっています。できるだけ永久脱毛に近い状態で、前夜に気になる箇所があったらちゃんと処理する位の心構えが必要です。

③焦ってしまっていけない

気持ちに焦りがあると、絶頂を迎える事はなかなかできません。何もかも安心した状態でなければ気持ち良くなれないという人には、朝セックスは難しいでしょう。

時計がチクタクと気になって集中できないという人も、焦ってしまってセックスに集中できなくなるかもしれません。時間に余裕を持って行うようにしましょう。

朝のセックスに対する男女の本音

ここでは朝セックスに関する男女の本音を紹介します。実はセックスに対する考えは男女それぞれで異なり、それに至るまでのプロセスにも明確な違いがあります。朝セックスに関する本音を見ながら、男女間の意識の違いを見ていきましょう。

遅刻してしまう

仕事や学校がある場合、朝からセックスすると遅刻のリスクが高くなります。いつもの準備に加えてセックスの時間、シャワーを浴びる時間などが加わるので無理もありません。

セックスの後だとイチャイチャしたい、ピロートークを楽しみたいという人も多いでしょう。しかし、朝だとそんな時間も取れないので、朝セックスに批判的な声もあります。

風邪など病気にかかりやすい

朝など時間帯に限らず、セックスにおいて注意が呼びかけられているのが風邪や病気への感染です。特に性感染症はあらゆる性行為から感染し発症するので、セックスの際は体を傷付けないのが重要視されています。

妊娠している女性が性感染症にかかっていると、お腹の中の胎児や新生児まで病気にかかってしまいます。この事からセックス自体を控えるカップルも少なくないようです。

セックス時の匂いが気になる

セックス時は口臭に限らず、色々な匂いが染みついている可能性があります。人によってはその匂いが気になって、集中できなくなるかもしれません。

朝セックスでは時間がなく、シャワーを浴びてからでないとできない事もあるので悩みどころになります。どうしても匂いが気になる人は、朝セックスを控えた方がいいでしょう。

男性は朝セックスが一番興奮するのか動画で検証!

ここまでは朝セックスのメリットとデメリットを紹介してきましたが、男性は朝セックスが一番興奮するのかを動画で検証していきます。起床3時間後は性欲を高める男性ホルモンの分泌量がピークを迎えるため、朝は気持ちいいセックスをするのにベストな時間帯と言えます。

この動画では街頭インタビューという形で、数人の男性に朝セックスの方が興奮するかを質問しています。経験者から朝セックスの魅力について知りたい場合は、是非参考にして下さい。

街頭インタビューでは「朝セックスに満足している」「夜の方が興奮する」「朝夜両方で興奮できる」など、様々な回答が挙がっています。他にも朝セックスの嫌なところ、女性からせがまれた時にどう思うかといった質問が聞かれていました。

時間帯にこだわりを持たない人もいたものの、朝セックスに批判的な声はあまり挙がっていませんでした。朝セックスも日々によってする事がままあり、概ね好意的に受け入れられているようです。

朝セックスで快感を得やすくなる!

朝セックスのメリットとデメリット、それに関する男女の本音などを紹介してきました。朝は忙しいのでなかなかできないという声もありますが、朝は気力・体力ともに充実しているので快感を得やすくなっています。夜のセックスにマンネリを感じているカップルなどは一度試してみて下さい。

起き抜けだと2人きりなので、他の女性に目移りする心配がないのも魅力です。朝セックスのお陰でいつまでもラブラブでいられるかもしれません。

セックスに関する他の記事

Thumbセフレの作り方を解説!簡単にセックスフレンドを作る方法を知りたい!
付き合っているわけではなく、セックスをする相手「セフレ」ですが、セフレがほしいと思っている男...
Thumb高校生のセックス事情!高校生のセックスあるあるや注意点など!
高校生にもなると恋人を持ち始める人もいることでしょう。以下では、高校生のセックス事情を詳しく...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
木戸楠龍
「きどくす りゅう」と読みます。多くのキュレーションメディアで活躍するWebライターです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ