厚揚げの賞味期限は?期限切れでもいつまで大丈夫?適切な保存方法は?

厚揚げはお好きですか?以下では、厚揚げの賞味期限を詳細に解説していきます。また、厚揚げは賞味期限が切れてもいつまで大丈夫なのかという点についてや、厚揚げの適切な保存方法、傷んだ厚揚げの見分け方なども詳細に解説していきましょう。

厚揚げの賞味期限は?期限切れでもいつまで大丈夫?適切な保存方法は?のイメージ

目次

  1. 1厚揚げの賞味期限や保存方法について解説!
  2. 2厚揚げの賞味期限
  3. 3期限切れの厚揚げはいつまで大丈夫?
  4. 4厚揚げの適切な保存方法
  5. 5厚揚げは冷凍保存できる?
  6. 6傷んだ厚揚げの見分け方
  7. 7厚揚げを食べよう!

厚揚げの賞味期限や保存方法について解説!

厚揚げが好きな人も少なくないでしょう。以下では、厚揚げの賞味期限や保存方法などについて詳細に解説していきます。また、厚揚げが冷凍保存できるのかという点についてや、傷んだ厚揚げの見分け方などを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

厚揚げの賞味期限

まずは、厚揚げの賞味期限を詳しく解説していきましょう。厚揚げの賞味期限を解説する前に、そもそも賞味期限と消費期限の違いとは何なのかについて説明していきます。また、厚揚げの賞味期限は、その厚揚げが未開封の場合と開封後の場合で異なるという点についても紹介していきましょう。

賞味期限と消費期限の違い

まずは、賞味期限と消費期限には、どんな違いがあるのかを見ていきましょう。消費期限と賞味期限は非常に似ている言葉です。そのため、この2つ言葉の違いが良く分からないという人も少なくないでしょう。消費期限と賞味期限は、似ている言葉ですが、当然同じ意味ではないのです。

まずは、賞味期限という言葉から説明していきましょう。賞味期限とは、定められた方法で保存した場合において、その食品に期待されるすべての品質を十分に保っていると認められる期限のことを言います。賞味期限とは、その期間であれば、美味しく食べられるという期間のことなのです。

一方、消費期限とは、定められた方法で保存した場合において、品質が劣化しやすくすぐに消費しなくてはいけない食品に関して、腐敗などの劣化に伴う衛生上の危害が発生する恐れがない期限です。この定義によれば、消費期限が切れた食品は食べてはいけません。賞味期限が切れた食品は食べられますが、品質が落ちてくるでしょう。

未開封の場合

賞味期限と消費期限の違いを見てきましたが、続いては、いよいよ厚揚げの賞味期限を見ていきましょう。厚揚げの期限は、消費期限ではなくて、賞味期限です。厚揚げの賞味期限は、その厚揚げが未開封である場合と開封後である場合で異なってきます。まずは、厚揚げが未開封の場合の賞味期限を紹介していきましょう。

厚揚げが未開封の場合の賞味期限は、3日ほどです。3日を過ぎてくると、厚揚げから水が出てきて、ふっくらとした食感は失われてしまうでしょう。厚揚げは、気温の高いところに放置すると、腐りやすくなります。厚揚げを買ってきたら、すぐに冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

開封後の場合

未開封の場合の厚揚げの賞味期限を見てきましたが、続いては、開封後の場合の賞味期限を見ていきましょう。厚揚げを開封した後の賞味期限は、2日ほどでしょう。一度開封してしまった厚揚げの賞味期限は、決して長くありません。開封した厚揚げは、なるべくすぐに食べることをおすすめします。

開封した厚揚げをちょっとでも日持ちさせたければ、一工夫すると良いでしょう。具体的には、開封した厚揚げをラップに包んで冷蔵保存することをおすすめします。ラップに包むことで、厚揚げの鮮度が落ちにくくなります。次に厚揚げを食べる時は、必ず加熱してから食べるようにしましょう。

期限切れの厚揚げはいつまで大丈夫?

消費期限と賞味期限の違いと、厚揚げの賞味期限を詳しく見てきましたが、続いては、期限切れの厚揚げはいつまで大丈夫なのかという点について解説していきましょう。期限切れの厚揚げを持っているという人は、いつまで大丈夫なのかが気になるはずです。以下では、1~3日、1週間、10日の3つの場合に分けて紹介していきます。

1~3日の場合

まずは、賞味期限切れして1~3日経った場合の厚揚げから見ていきましょう。賞味期限切れして1~3日経った厚揚げは、まだ、問題なく食べることができます。賞味期限切れしてから1~3日しか経っていない厚揚げは、冷蔵保存をしている限り、腐ることはありません。

ただ、3日あたりになると、厚揚げから水が出てくることがあります。厚揚げから水が出てくると、ふっくらとして厚揚げの食感は失われてしまうでしょう。多少の食感は失われますが、賞味期限切れして1~3日程度であれば、ほとんど何も気にならず、美味しく食べられるはずです。

1週間の場合

続いては、賞味期限切れをして1週間経った場合の厚揚げを見ていきましょう。賞味期限切れをして1週間経った厚揚げは、味が酸っぱくなってくるでしょう。ただ、厚揚げの見た目の変化はそれほどありません。いざ料理に使おうとなると、かすかに酸っぱい匂いがして、食べる気が薄れてしまうかもしれません。

厚揚げから酸っぱいにおいがして、酸っぱい味がするということは、厚揚げが腐り始めている証拠です。このような厚揚げは、食べないことをおすすめします。このような厚揚げを食べたからと言って大問題になるわけではないでしょうが、完全に安全であるとは言い切れないのです。

10日の場合

最後に紹介するのは、賞味期限切れをして10日経った場合の厚揚げです。賞味期限切れして10日経った厚揚げは、絶対に食べないようにしましょう。賞味期限切れをして10日経った厚揚げからは、かなり酸っぱいにおいがしてきます。さらには、厚揚げにぬめりが出てくることもあるでしょう。

この状態の厚揚げは、袋から出しただけでも、つんとした酸っぱいにおいが立ち込めてきます。この時のにおいはかなりひどいので、誰もこんな厚揚げを食べようとは思わないことでしょう。明らかに傷んでいることが分かるにおいなので、間違って食べる心配はいりません。

10日経った厚揚げを触ってみると、油が酸化して、厚揚げの表面が粘りのあるぬめりに覆われていることが分かるのです。このような厚揚げを食べようと思う人はいないに違いありません。間違って子供などが食べることがないよう、すぐに処分してください。

厚揚げの適切な保存方法

期限切れの厚揚げはいつまで大丈夫なのかについて詳しく見てきましたが、続いては、厚揚げの適切な保存方法を紹介していきましょう。厚揚げは、基本的には、低温で保存します。また、一度開封した厚揚げは、油抜きをしてから保存すると良いでしょう。

低温で保存する

厚揚げは、低温で保存しましょう。厚揚げを常温保存するのは、どんな季節であれ、やめておいた方が良いです。厚揚げは非常に傷みやすい食材なので、保存するなら低温状態に限ります。例えば、夏場など暑い時期に数時間でも放置されていたら、すぐに厚揚げは傷んでしまいます。

常温状態で放置してしまった場合は、酸っぱくなっていないかどうか、ぬめりは出ていないかどうか、油臭い変なにおいがしていないかどうかなどをチェックしましょう。こうした問題が1つもなくても、食べる時は、中心部分が75℃以上になるように1分以上加熱調理することをおすすめします。

開封後は油抜きをしてから保存

また、一度開封した厚揚げは、油抜きをしてから保存すると良いでしょう。開封した厚揚げは、油抜きをして、表面の水分をキッチンペーパーで良く拭き取ることをおすすめします。ここでのポイントは、しっかりと油抜きをすることです。油抜きをしておくと、厚揚げを日持ちさせることができます。

油抜きをしたら、水分をしっかりと拭き取りましょう。水分があると、劣化しやすくなるからです。水分をキッチンペーパーで丁寧に拭き取ったら、ラップで包みます。厚揚げをラップに包むことで、劣化するのを遅らせることができるのです。ラップに包んだら、タッパーや保存用の袋に入れて冷蔵保存しましょう。

厚揚げは冷凍保存できる?

厚揚げの適切な保存方法を具体的に見てきましたが、続いては、厚揚げは冷凍保存できるのかどうかを見ていくことにしましょう。厚揚げは、冷凍保存することができます。以下では、厚揚げを冷凍保存するやり方を詳しく解説しましょう。ただ、厚揚げを冷凍保存することには、メリットだけでなく、デメリットも存在するのです。

厚揚げの冷凍保存のやり方

まずは、厚揚げの冷凍保存のやり方を具体的に見ていきましょう。厚揚げを冷凍保存する時には、最初に油抜きをしておきます。続いては、油抜きした厚揚げの水気を拭き取りましょう。油と水分をしっかりと抜いておけば、劣化するのを遅くすることができるのです。

油と水分を抜いたら、冷凍用の保存袋に入れましょう。ここでのポイントは、油と水気をできる限りしっかりと拭き取ることです。油と水気が残っていれば、劣化しやすくなります。油と水気を抜いた厚揚げをラップに包んで保存袋に入れたら、冷凍庫に入れて保存しておきましょう。

厚揚げを冷凍保存するメリット

厚揚げを冷凍保存するやり方を見てきましたが、続いては、厚揚げを冷凍保存するメリットを紹介していきます。厚揚げを冷凍保存するメリットは、厚揚げを長期的に保存しておけるというものです。厚揚げを長期にわたって保存したければ、冷蔵保存ではなく、冷凍保存に限ります。

厚揚げは暑さに弱いので、常温はもちろん、冷蔵でも長期保存はできません。厚揚げを冷凍で保存しておけば、それなりに厚揚げを日持ちさせることができます。とは言え、ずっと日持ちさせることはできません。冷凍保存していても、徐々に劣化していることを忘れてはいけないのです。

厚揚げを冷凍保存するデメリット

厚揚げを冷凍保存することには、メリットだけでなく、デメリットも存在します。厚揚げを冷凍保存するデメリットは、本来の食感が失われてしまうということです。厚揚げ本来の食感を楽しみたい人は、厚揚げを買ってきたら、冷凍庫に入れず、すぐに食べることをおすすめします。

厚揚げを冷凍保存すると、厚揚げが本来持っているふっくらした食感は、失われてしまうでしょう。厚揚げのふっくらとして食感を楽しみにしている人も少なくないはずです。厚揚げのふっくらした食感をどうしても楽しみたい人は、冷凍保存はしない方が良いでしょう。

冷凍保存をすると、解凍した時に、風味や味が落ちてしまうと言われています。厚揚げのこのようなデメリットは避けがたいのです。冷凍保存で比較的長く保存はできるものの、デメリットはどうしても発生してしまいます。厚揚げを冷凍保存する時には、デメリットがあることをしっかり意識しておきましょう。

傷んだ厚揚げの見分け方

厚揚げは冷凍保存することができるのかという点について詳しく見てきましたが、続いては、傷んだ厚揚げの見分け方を具体的に見ていきましょう。厚揚げを保存している人は、厚揚げが傷んでいるのかどうかを見分ける方法が気になるはずです。以下では、傷んだ厚揚げの見分け方を2つ紹介していきましょう。

ぬめりがある

厚揚げが傷んでいるかどうかを見分けるには、厚揚げにぬめりがあるかどうかを見ましょう。厚揚げにぬめりがある場合、厚揚げが傷んでいる可能性が高いです。厚揚げの表面に粘りのあるぬめりが感じられたら、その厚揚げは食べないようにしましょう。ぬめりのある厚揚げは、すぐに処分することをおすすめします。

厚揚げは劣化してくると、ぬめりが発生しますが、さらに劣化すると、糸を引くほどぬめりがひどくなることがあります。ぬめりが発生した段階で食べることは控えた方が良いですが、糸を引くほどのぬめりになったら、絶対に食べてはいけません。糸を引くほどのぬめりがある厚揚げを食べれば、お腹を壊す危険性が高いのです。

酸っぱいにおいがする

厚揚げが傷んでいるかどうかは、ぬめりがあるかどうかを見るという点を解説してきましたが、続いては、においに着目した見分け方を紹介しましょう。厚揚げから酸っぱいにおいがしてきたら、厚揚げが傷んできていると判断することをおすすめします。酸っぱいにおいは、危険信号なのです。

厚揚げをちょっと暑い場所に放置しただけでも、ほんのり酸っぱくなってくる場合があります。ほんの少し酸っぱい程度なら、加熱料理すれば食べられるでしょう。しかし、気になるようなら、食べるのは控えることをおすすめします。劣化がひどくなると、酸っぱいにおいはどんどんと強烈になってくるのです。

厚揚げはかなり傷んでくると、袋を開けた瞬間につんとする酸っぱいにおいが部屋中に広がるほどになります。厚揚げのにおいがきつくなってきていたら、絶対に食べてはいけません。厚揚げは傷んでくると、においが酸っぱくなるので、傷みに気づきやすいでしょう。厚揚げを食べる時は、ぬめりとにおいに注意することをおすすめします。

厚揚げを食べよう!

厚揚げについて詳しく見てきました。厚揚げの期限は、消費期限ではなくて、賞味期限です。消費期限ではないので、期限切れをしても食べられる場合があります。ただし、厚揚げにぬめりがあったり、酸っぱいにおいが漂ってきたりしたら、食べるのは控えましょう。厚揚げを適切に保存して、積極的に食べていきましょう。

Thumb豆腐の賞味期限の目安は?期限切れでも食べても大丈夫?
日本人の間では昔から親しまれている豆腐は、安くて様々な料理に使える為便利です。しかし、唯一の...
Thumbハムの賞味期限は?期限切れでも大丈夫?開封前と後でも違う?
チャーハンやサラダ、サンドイッチなど様々な用途があるハムの賞味期限は、どれくらいあるのでしょ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ