はちみつの賞味期限は?期限切れでも食べられる?正しい保存方法は?

はちみつの賞味期限はどのくらいなのかを調べました。はちみつは期限切れした場合、いつまで大丈夫なのでしょうか?またはちみつの正しい保存方法や、賞味期限が近いはちみつの使い方、はちみつのアレンジレシピも紹介しますので、最後までご覧ください。

はちみつの賞味期限は?期限切れでも食べられる?正しい保存方法は?のイメージ

目次

  1. 1はちみつの賞味期限は?正しい保存方法など解説!
  2. 2はちみつの賞味期限はどれくらい?
  3. 3はちみつの賞味期限切れはいつまで大丈夫?
  4. 4はちみつの正しい保存方法
  5. 5賞味期限が近いはちみつはどうしてる?
  6. 6正しい保存方法をすれば賞味期限がないはちみつ

はちみつの賞味期限は?正しい保存方法など解説!

甘くて美味しいはちみつの賞味期限を調べました。はちみつの賞味期限は、一体どのくらいなのでしょうか?期限切れのはちみつは、いつまで大丈夫なのでしょうか?はちみつの正しい保存方法や、賞味期限が近いはちみつの使い方、はちみつのアレンジレシピも紹介していきましょう。

はちみつの賞味期限はどれくらい?

はちみつはパンに付けたり、ヨーグルトに入れたり、料理の隠し味に入れてみたりと、様々な料理で重宝されます。また栄養価も高いため、はちみつを常備している家庭は多いのではないでしょうか。

しかしはちみつは大量に使うものではないため、はちみつを使い切るのに時間がかかるでしょう。そこではちみつの賞味期限を紹介します。

そもそも賞味期限と消費期限の違い

はちみつの賞味期限を見ていく前に、賞味期限と消費期限の違いを調べました。お店で売っている商品には、賞味期限か消費期限が表示されているでしょう。そもそも賞味期限と消費期限の違いは何なのでしょうか?

まずは消費期限から見ていきましょう。消費期限とは商品に書かれている保存方法などを守っていた場合に、安全に食べられる期限のことです。消費期限はすぐに傷みやすいお惣菜やケーキ、サンドイッチなどに表示されています。

次に賞味期限を見ていきましょう。賞味期限とは商品に書かれている保存方法などを守っていた場合に、品質が変わらず美味しく食べられる期限のことです。消費期限と違って傷みにくい、スナック菓子やカップラーメン、ペットボトルなどの食品に表示されているでしょう。

賞味期限は過ぎてしまっても、すぐに商品が傷むわけではありません。期限切れの商品を食べる場合は、傷んでいないか確認してから食べるようにしてください。

2~3年が賞味期限の目安

それでは本題のはちみつの賞味期限を見ていきます。はちみつの賞味期限は、メーカーによって若干異なりますが、大体2~3年までが多いでしょう。

しかしはちみつは、保存方法や保存場所を守っていれば、腐ることはなく、賞味期限は関係ないと言われているのです。日本の法律で、食品に賞味期限を設けないといけないことから、賞味期限が記載されているのでしょう。

蜂蜜が腐らない理由

正しい保存方法をすれば、はちみつに賞味期限は関係なく腐らないと言われていますが、一体どうしてなのでしょうか?はちみつが腐らない理由を考えていきましょう。

水分が少ないから

はちみつが腐らない理由1つ目は、実ははちみつ自身に強い殺菌作用があり、自分で殺菌するということと、はちみつには水分がほとんどなく、細菌が繁殖できる環境にありません。そのためはちみつは腐らないというのです。

糖分が多いから

はちみつが腐らない理由2つ目は、はちみつは糖度が80%程と、かなり高い糖度になることが挙げられます。そのため、腐敗菌が繁殖出来ないという訳です。

しかし腐らないはちみつというのは、天然のはちみつに限ります。加工物が入っているはちみつは、腐る可能性があるでしょう。はちみつを購入する時に、成分を気を付けて見てください。

はちみつの賞味期限切れはいつまで大丈夫?

天然のはちみつに賞味期限は関係なく、保存方法を正しく守っていれば、はちみつは腐らないというわけですが、実際期限切れのはちみつは、いつまでも大丈夫なのでしょうか?

賞味期限は関係ないと言われても、期限切れになっていたら、本当に大丈夫なのか心配する人は沢山いるでしょう。期限切れのはちみつが、いつまで大丈夫なのかを調べました。

1年経過

それでは賞味期限が1年経過したはちみつを見ていきましょう。はちみつは、ミツバチが花から採取してきた蜜ですので、花の香りがするでしょう。はちみつの花の香りは、賞味期限から1年経過してもまだ残っているかもしれません。

しかし賞味期限内のはちみつと比べると、風味は落ちるでしょう。風味などは落ちますが、しっかりと保存方法を守っていた、天然のはちみつなら食べても大丈夫です。

2年経過

賞味期限から2年経過したはちみつですが、やはり花の香りは薄れてきます。また柑橘系の花から採取したはちみつでしたら、年々柔らかい風味に変化してくるでしょう。香りや風味は落ち、柔らかい風味になりますが、食べるのには問題ありません。色は褐色を帯びてくるでしょう。

10年経過

10年経過したはちみつですが、保存方法を守った天然のはちみつでしたら、たとえ10年経過したはちみつでも、食べるのには問題ありません。しかし先ほども話した通り、年々褐色を帯び、香りや風味が薄れていくでしょう。

10年も経過したはちみつを食べるのには、少し勇気がいるかもしれません。香りや風味もあまり良くありませんので、料理の隠し味に入れたり、スキンケア用品にしたりすると、抵抗なく使えるかもしれません。

賞味期限がないはちみつですが、しっかりと保存方法を守ることが大切です。はちみつを保管している間、はちみつの状態を確認しながら保管してください。

白い塊は結晶なので大丈夫

白く固まってしまったはちみつを見たことがあるかもしれません。冬場など気温が低くなると、はちみつの底の方から全体に広がっていくでしょう。

この白く固まったはちみつは、結晶ですので問題ありません。冬場の寒い気温以外にも、ブドウ糖が果糖より多いはちみつは、日射や保管場所によっても結晶が出来る場合があるでしょう。

カビではない

はちみつが結晶化すると、白いツブツブしたものや、雲状のモヤモヤしたものが出来てしまいます。結晶することがわからないと、カビが生えたとビックリするかもしれませんが、カビではありませんので安心してください。

鍋に45度~60度のお湯を張り、結晶してしまったはちみつを容器ごと入れて、スプーンなどでかき混ぜると、30分~1時間で元に戻るでしょう。

はちみつの正しい保存方法

賞味期限がないはちみつですが、正しい保存方法を守らないと傷んでしまいます。そこではちみつの正しい保存方法を紹介していきましょう。

冷暗所で常温保存がベスト

はちみつの正しい保存方法ですが、直射日光を避け湿気の少ない冷暗所で、常温保管するのがいいでしょう。夏の暑い時に常温保存しても、品質に問題はありませんので安心してください。日の当たらない戸棚などに入れて保管することをおすすめします。

プラスティックではなくガラス瓶を使用

スーパーなどで売られているはちみつは、プラスチック容器に入っていることが多いでしょう。重たくなく、万が一落としても割れないので安心です。しかしはちみつを保存するには、遮光性が低くはちみつの成分に影響してしまうので、向いていないでしょう。

また匂いも移ることがあるでしょう。プラスチック容器よりも、ガラス製か陶器製の容器に使用すると匂いが移らずいいかもしれません。陶器製であれば遮光性も上がります。

冷蔵保存は結晶化が進むので向かない

はちみつを冷蔵庫で保管するとどうなるのでしょうか?冷蔵庫で保管すると、はちみつに結晶が出来てしまいます。安全には問題ありませんが、溶かす手間がかかりますので、はちみつを冷蔵庫での保管するのは向いていないでしょう。

冷凍保存は駄目

はちみつを冷凍保存するのはどうでしょうか?はちみつを冷凍庫で保管すると、逆に結晶化しにくくなりますが、液状ではなくなり扱いにくくなります。パンに塗ったりヨーグルトに入れたりするのに、使いにくくなりますので、冷凍保存するのは避けた方がいいでしょう。

賞味期限が近いはちみつはどうしてる?

はちみつに賞味期限はありませんが、記載されている賞味期限が過ぎると、徐々に香りや風味が落ちてきます。賞味期限が近いはちみつはどうしたらいいでしょうか?世間の声を聞いてみましょう。

賞味期限が近いはちみつはスイーツに!

スコーンにはちみつを使ったようです。賞味期限が近いはちみつは、スイーツを作る時に使うと、風味などが気にならず安心して使えます。はちみつの賞味期限が気になってきたら、ぜひスイーツに入れて作って見てください。

賞味期限が近いはちみつのアレンジレシピ

賞味期限が近いはちみつのアレンジレシピを紹介します。賞味期限が近いはちみつと、皮まで使うため無農薬のレモンを用意してください。レモンを3mm~5mm幅の輪切りにし、種を取り除きましょう。煮沸消毒したガラス製の容器に、レモン、はちみつと交互に入れていきます。

容器いっぱいにレモンが入ったら、はちみつをたっぷりとかけましょう。蓋をして冷暗所で1週間程寝かせれば「レモンのはちみつ漬け」の完成です。

正しい保存方法をすれば賞味期限がないはちみつ

パンやヨーグルト、料理などに入れると美味しいはちみつ。天然のはちみつは賞味期限がなく、正しい保存方法をすれば、いつまでも食べることが出来るでしょう。もし賞味期限が近づいてきて、香りや風味などが気になる時は、ぜひはちみつアレンジレシピを、参考にしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
山内香織
30代主婦のカオリです。 よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ