コストコアイスが大容量で超おすすめ!人気の種類や値段など徹底解説!

コストコのアイスは大容量で販売されているので、アイスをよく食べる夏は特におすすめです。今回は、コストコで販売されている人気の大容量アイスをご紹介します。値段や持ち帰り方法なども解説するので、是非、購入を検討している人は参考にして下さい。

コストコアイスが大容量で超おすすめ!人気の種類や値段など徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1コストコのアイスの種類や値段などご紹介!
  2. 2コストコのアイスの魅力
  3. 3コストコのおすすめアイス10選!
  4. 4コストコのアイスを持ち帰るなら?
  5. 5コストコのアイスの口コミ
  6. 6コストコでお得な大容量アイスを買おう

コストコのアイスの種類や値段などご紹介!

コストコは大容量の食品が特に人気ですが、夏は大容量のアイスが特に人気となります。スーパーやコンビニで購入するよりもお得に購入できるので、アイスをよく購入する人にはおすすめです。今回はコストコで販売されているアイスの種類、値段、持ち帰る時のコツなど、お得な情報をご紹介します。

Homepage | Costco Japan

コストコのアイスの魅力

アイスはコストコの中でも人気商品として扱われています。それは、コストコのアイスに、他の店にはない魅力がたくさんあるからです。では、コストコのアイスならではの魅力とは何でしょうか。早速、コストコのアイスの魅力について解説します。

お得な大容量サイズ

コストコと言えば、大家族でも困らない大容量サイズの商品です。大家族はもちろん、育ち盛りの子供が居るご家庭では、コストコの食品類が常備されていることも少なくはないでしょう。そんな大容量サイズの食品を取り扱うコストコでは、アイスも大容量サイズのものが揃っています。

コストコのアイスは箱売りになっていたり、一つのパックがビッグサイズになっていたりと、大胆な売られ方となっています。コストコで大容量のアイスを購入していれば、しばらくアイスのストックには困らないのでおすすめです。

また、大容量サイズのアイスは、大勢の集まりがある時にもおすすめ。コストコのアイスをいくつか用意していれば、アイスバイキングのようなパーティーを開くこともできます。大人から子供まで幅広く楽しんでもらえるでしょう。是非、ホームパーティーなどを開く予定のある人は、コストコでアイスを手に入れて下さい。

コスパが良く値段も安いものが多い

コストコの魅力は大容量というだけではありません。大容量な上に値段が安いというのが最大のポイントです。コストコの大容量アイスは、スーパーなどで一つ一つ購入するよりも値段は安く済みます。アイスをよく購入する人は、コストコのアイスを購入する方が節約ができるでしょう。

あまりアイスを購入しないという人は、コストコの大容量アイスを購入しないことも多いでしょう。しかし、アイスは日持ちする食品なので、開封後もしばらくは保存できます。食べたくなる度にスーパーへ買いに行くよりも、コストコのアイスを少しずつ食べる方が値段は安くなるので、あまりアイスを購入しない人にもおすすめです。

ただ、1個あたりの値段が安いとは言え、大容量サイズのアイスなので一度に購入する値段は高くなります。購入する際には、まずは手持ちのお金に余裕があるか確認をしておきましょう。

種類も豊富で限定物も

コストコでは日本で販売されている定番の人気アイスから、海外製の珍しいアイスまで、たくさんの種類が揃えられています。日本のスーパーでよく見るアイスはもちろん、海外製のアイスも美味しいものが揃っているのでおすすめです。日本にはない、海外特有の甘さが好きな人は、コストコのアイスがおすすめです。

オーソドックスなバニラアイスやチョコアイスなどもあります。シンプルな大容量アイスは、パーティーなどの大勢が集まる場で活躍するでしょう。他にもアイスキャンディー、シャーベットなどがあります。お好みの種類のアイスを探してみましょう。

また、コストコには期間限定のアイスも見つかります。季節ごとに扱っているアイスが変わることもありますので、定期的にチェックするのもおすすめです。

コストコのおすすめアイス10選!

それでは、いよいよコストコにあるアイスの種類についてご紹介します。コストコには日本のスーパーでは手に入らないようなサイズのもの、海外製のアイスが豊富です。ここでは、日本製の人気アイスから海外製の珍しいアイスまで含めた、コストコおすすめのアイスを10種類ご紹介します。

①ホーキーポーキー

ホーキーポーキーとは、ニュージーランドで人気の高いアイスで、コストコで大容量のサイズが販売されています。800mlのパックが2個のセットで、値段は2,570円です。

こちらはキャラメルアイスで、バニラアイスをベースに濃厚なキャラメルがマーブル状に練りこまれています。日本のスーパーでは馴染みのないアイスですが、コストコでは日本でも人気の商品です。キャラメル好きにはたまらないアイスでしょう。

かなりサイズは大きいので、冷凍庫の大きさが十分か、他の冷凍食品で収納するスペースが埋まっていないかを確認してから購入して下さい。ちなみに、アイスクリーム用のディッシャーがあるとすくいやすいのでおすすめです。

②ソフトクリーム

コストコにはフードコートがあるのですが、そこでソフトクリームも販売されています。値段は200円程度で、カップにたっぷりとソフトクリームが入った満足度の高い一品です。味はシンプルな北海道ソフトクリームや、マンゴーソフトクリームなどがあります。

コストコのフードコートはガッツリとしたメニューも人気ですが、少し休憩したい時などにはソフトクリームがおすすめです。是非、買い物の合間にソフトクリームで一服しましょう。

③BEN&JERRY'Sアイス

BEN&JERRY'Sというアイスも、海外で人気のアイスです。コストコでは大容量パックで購入できるのですが、1パックがだいたい1,698円ほどなので、1個あたりの値段が256円となります。ミルキーなアイスが好きな人におすすめのコストコアイスです。

一つ一つパッケージされているアイスなので、保管しやすいのもこのアイスの魅力です。また、数種類の味が1パックに入っているので、たくさんの種類を楽しめます。期間をあけて少しずつ食べていきたい人、複数の味を食べたい人向けです。

④ゴディバ チョコアイス

誰もが知るチョコレート専門店ゴディバのアイスも、コストコで購入することができます。しかも、6個入りになっている大容量パックのアイスが1,458円です。1個あたり243円の計算となります。ゴディバで一つ一つ購入するよりも安く済むでしょう。

元々ゴディバのアイスは、通常のチョコレートよりも値段が安いので、お得にゴディバの味を楽しめます。味はもちろん、ゴディバで販売されているものと同じなので、ストックするほどゴディバが好きな人はコストコで購入することをおすすめします。

⑤定番バニラアイス

アイスと言えば定番のバニラアイス。バニラアイスを大容量で購入するなら、コストコがおすすめです。コストコには縦13cm×横17cm×高さ17cmの大容量パックが2つセットになっていて、1パックあたり1.89Lあります。値段は1セット2,298円です。

味はシンプルで、王道なバニラアイスという印象です。バニラアイスが大好きな人は、1セット購入していれば、しばらくストックに困ることはないでしょう。ただし、賞味期限は1年ほどらしいので、食べ切れる自信のある人のみ購入して下さい。また、こちらもアイスクリーム用のディッシャーがあるとすくいやすいので、用意することをおすすめします。

⑥ハーゲンダッツ

日本で定番の高級アイスと言えば、やはりハーゲンダッツでしょう。そんなハーゲンダッツも、コストコならお得に購入できます。

通常、ハーゲンダッツは110mlで販売しており、値段は280円前後です。しかし、コストコでは473mlのハーゲンダッツが500円で購入できます。通常と比べて倍以上のサイズとなったハーゲンダッツが、たったの500円で購入できるのなら、コストコで買う方が断然お得です。

何かのご褒美として購入されることの多いハーゲンダッツですが、コストコで購入すれば、ご褒美でなくても気軽に食べられるのでおすすめです。是非コストコで購入して、自宅にストックしておきましょう。

⑦アイガー 宇治抹茶アイスクリーム

抹茶アイスですが、こちらはニュージーランド製のアイスクリームです。世界的に人気のある抹茶アイスで、2,000mlのアイスが988円で販売されています。抹茶好きの多い日本人にとっては嬉しい商品です。

ニュージーランド製なので、濃厚なミルク感が楽しめるアイスとなっています。濃厚なミルクと宇治抹茶がマッチしたアイスは、このアイガーの商品ならではです。コストコで見かけたら、是非一度は食べてみて下さい。

⑧スイスミスのチョコアイス

スイスミスのチョコアイスも、コストコで人気のアイスです。こちらは棒アイスになっていて、1パックに18本入っています。値段は1,498円なので、1本あたり100円以下とかなりお得です。

さっぱりとしたアイスというよりも、濃厚なチョコアイスという印象なので、1本で十分満足できます。一つ一つ包装されているアイスなので、ストックがしやすいという意味でもおすすめです。

18本も入っているので、大人数に渡す差し入れとしても人気があります。何かの行事ごとなどで、軽い打ち上げの時に配ると喜ばれるかもしれません。

⑨ドルファン ポラレッティ フルーツ

こちらは自宅で凍らせて食べるアイスキャンディー、ドルファンポラレッティフルーツです。1パックに60本も入っており、値段は1,058円と非常に安くなっています。アイスキャンディーなので、さっぱりとした味わいのアイスが好きな人におすすめです。

自宅で凍らせてアイスにするので、持ち帰る際に溶ける心配をしなくてもいいという魅力もあります。また、全て同時に凍らせておく必要はないので、冷凍庫のスペースを確認しながら補充することもできます。何かと保存がしやすいので、1パックあると便利です。

そして、こちらのアイスは1本あたりのカロリーが33kcalなので、ダイエット中の人も安心して食べることができます。ダイエット中の人でアイスがどうしても食べたい場合は、こちらのアイスがおすすめです。

⑩チャオベラ ソルベ バー バラエティパック

チャオベラソルベバーのバラエティパックはシャーベット系のアイスで人気の商品です。1パックに12本入っており、ブラッドオレンジ・ブルーベリー&パッションフルーツの2種類があります。さっぱりとしているアイスで、カロリーも70kcal程度と低めなので、こちらもダイエット中の人におすすめです。

値段は1パックで1,000円程度とかなりお得です。コストコでセールをしている時には安くなることもあるそうで、その際には更にお得になるでしょう。

コストコのアイスを持ち帰るなら?

コストコのアイスは大容量でお得ですが、持ち帰り方法を誤ると、大量のアイスが台無しになってしまいます。コストコのアイスを購入した際には、必ず溶かさないようにするための対策が必要です。では、コストコでアイスを購入した後、どのようにするのがいいか、ここで解説しましょう。

クーラーバッグで溶け防止を

コストコのアイスは大容量なので、もちろん大きなパッケージに入っています。そんな大きなパッケージに入ったアイスを全て溶けないようにするためにも、大きめのクーラーバッグを用意しましょう。また、クーラーバッグに入れる保冷剤も必須です。

保冷剤が自宅にない場合は、100均でも販売されているのでチェックしてみて下さい。コストコのアイスの購入時に限らず、デザート類などを購入した際に付属で用意される保冷剤は、普段から保管しておくと便利です。貰う機会があれば自宅の冷凍庫に保管しておきましょう。

クーラーバッグは、大容量サイズのコストコアイスが入るような大きいものを用意して下さい。また、複数のアイスを購入する場合には、クーラーボックスなどを使用してもいいかもしれません。購入予定のサイズや個数を考慮して準備しましょう。

コストコのドライアイス自販機を利用

上記で保冷剤が必要と言いましたが、コストコには保冷剤の代わりとなるドライアイスが用意されています。もしも保冷剤がない場合、保冷剤が移動時間の関係で溶けてしまう場合には、コストコのドライアイスを利用しましょう。

コストコのアイスはサイズも大きいので、なるべく多めにドライアイスを用意することをおすすめします。ただし、一つの袋にたくさんのドライアイスを入れると、袋が破裂する恐れもありますので、いくつかに分けて入れる方がいいでしょう。

コストコのアイスの口コミ

コストコで食べられるアイスが美味しいと評判なので、SNSでも口コミがいくつか見られます。コストコへ行く人の中には、アイス目当てでコストコへやってくる人もいるようです。

コストコのアイスはカップにたっぷりとアイスが入っている上、値段も安く満足度が高いでしょう。一人で食べるのが難しい場合は、誰かと一つのアイスを一緒に食べるのもおすすめです。

コストコへ買い物目的で来る人がほとんどではありますが、休憩がてら、アイスを食べるという人も多いです。コストコは店内が広いので、アイスを食べて休憩し、ゆっくりと買い物を楽しむのもいいでしょう。

コストコでお得な大容量アイスを買おう

夏はアイスを自宅にストックしておく、という人も少なくはないでしょう。どうせストックをするなら、コストコの大容量アイスでお得に購入するのがおすすめです。是非、暑い夏を乗り切るためにも、コストコへ行ってお好みのアイスをたくさん購入しに行きましょう。

コストコに関する記事はこちら

Thumbコストコのフードコートがおすすめ!人気のメニューや使い方など解説!
今回はコストコのフードコートのメニューを紹介します。コストコのフードコートではどんなメニュー...
Thumbコストコのアーモンドミルクの味や価格は?おすすめの活用術も紹介!
海外で大人気のアーモンドミルク。日本においても、健康志向の高い女性達の間で広まりつつあります...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ