動物占いの5アニマルとは?5つのキャラや相性を解説!

動物占いの5アニマルをご存知ですか?1つのキャラを軸にして考える動物占いは昔からありますが、動物占いの5アニマルは、5つのキャラを総合して考える占いなので、より深く自分のことが分かります。5つのキャラの相性などを解説していきます。

動物占いの5アニマルとは?5つのキャラや相性を解説!のイメージ

目次

  1. 1動物占いの5アニマルとは?5種のキャラと相性解説
  2. 2動物占いの5アニマル(5つのキャラ)とは?
  3. 3動物占いの5アニマルの本質キャラ
  4. 4動物占いの5アニマルの意思決定キャラ
  5. 5動物占いの5アニマルの表面キャラ
  6. 6動物占いの5アニマルの隠れキャラ
  7. 7動物占いの5アニマルの希望キャラ
  8. 8動物占いの5アニマルの相性
  9. 9動物占い5アニマルの解説
  10. 10動物占いの5アニマルで自分自身を深く知ろう!

動物占いの5アニマルとは?5種のキャラと相性解説

動物占いの5アニマルという占いをご存知でしょうか?動物占いは、昔から存在していました。よくある動物占いは、1つの動物に絞って考えていました。

そのため、表面的な自分しかわからない傾向がありました。動物占いの5アニマルは、一つではなく、五つの動物を考えるので、よく当たる占いとなっています。

以下では、動物占いの5アニマルで用いられる5種のキャラと、そのキャラクター同士の相性を詳しく解説していきます。誰の中にも、5つの動物キャラがいます。本質的にはこのキャラだけれど、人にはこうやって見えているんだ、ということが分かるかもしれません。

動物占いの5アニマルは、従来の動物占いよりも格段に分かりやすいと評判です。自分の本質的な部分だけでなく、ピンチやがけっぷちの状態などに登場する自分のキャラも分かってしまいます。自分自身をより深く知ることができるので、自信につながるかもしれません。

動物占いの5アニマル(5つのキャラ)とは?

従来の動物占いは、基本的に一つのキャラを軸に考えてきました。それより多少詳しい占いでも、「〇〇なゾウ」という程度で、キャラが一つという点では変わりませんでした。しかし、今回ご紹介する動物占いの5アニマルは、5つのキャラクターを同時に考える占いです。

基本的な考えは、誰の中にも「本質キャラ」「表面キャラ」「意思決定キャラ」「希望キャラ」「隠れキャラ」がいるというものです。これらのそれぞれに動物が当てはめられます。こうした前提に立つので、従来の動物占いよりも深い自分を知ることができるわけです。

動物占いの5アニマルに登場する上記の5つのキャラが人生において、それぞれどの程度影響力を持っているのかを見ていきましょう。こうしたことを知れば、自分をより深く知れて、よりよく生きられるかもしれません。

四柱推命がベースで生年月日を使う

動物占いの5アニマルは、四柱推命がベースとなっています。四柱推命は、とても当たると言われている占いです。ただ、この四柱推命は難しそうで敬遠されがちであると言えます。

動物占いの5アニマルは、よく当たると言われる四柱推命がベースとなっていて、かつ、とても分かりやすいのが特徴です。四柱推命と同様に、動物占いの5アニマルでも、生年月日を使って占います。

四柱推命で出した結果がいまいちよく分からないという場合でも、動物占いならば分かりやすく納得できるという人もいます。よく当たる占いをベースにしていて分かりやすい5アニマルは、多くの人に受け入れられています。

従来の動物占いより深い

動物占いの5アニマルは、従来の動物占いよりも深いです。従来の動物占いでは、ほとんどの場合、一つのキャラを軸に考えていました。「あなたはこのキャラですね」と占ってきたということです。

それはそれなりに当たるのですが、表面的な理解に終わってしまうことも多かったでしょう。なぜなら、人間というものは、たった一つの切り口で説明できるものではないはずだからです。

「あなたはこういう人だ」という占いは、ある面ではその通りなのですが、もれ落ちてしまう要素もたくさんあります。従来の動物占いでは、どうしても占い結果に納得できないという感覚を持つ人もいたことでしょう。

動物占いの5アニマルでは、従来の動物占いとは、考え方が根本的に異なります。人間は複雑なものだという前提に立っています。そして、どの人の中にも、5つのキャラがいるという前提に立ちます。そのため、従来の動物占いよりも多面的な理解にたどり着けます。

動物占いの5アニマルの本質キャラ

動物占いの5アニマルのそれぞれのキャラについて見ていきましょう。まずはじめは、本質キャラです。本質という言葉があるように、このキャラは、その人自身の本質的な部分を表していると考えてよいでしょう。

自分自身の本質的な部分を説明するキャラです。本当の自分に一番近いキャラと言っても良いでしょう。自分自身の最も中心的な性格がこのキャラに現れていると言えます。

四柱推命では日柱に当てはまる

この本質キャラは、四柱推命では「日柱」に当てはまります。四柱推命における日柱は、自分自身を意味しています。また、四柱推命においては、配偶者を意味するものでもあります。人生において、40代くらいの運勢を見るものでもあるのです。

そのため、人生の最も中心的な運勢を占う重要なものになっています。人生を左右するような一番影響力のあるものと言えます。

本質キャラは運命の半分を左右する

動物占いの5アニマルでは、本質キャラは運命の半分を左右すると考えられています。そのため、最も重要視されるキャラと言えます。人生において影響する割合は、50パーセントですから、文字通り、自分自身を表していると考えてよいでしょう。

動物占いの5アニマルの意思決定キャラ

動物占いの5アニマルにおける意思決定キャラとは、どういう意味を持つ存在なのでしょうか?意思決定という言葉が意味するように、意思決定キャラは、人生の重要な場面における意思決定を担うキャラと言ってよいでしょう。

ふだんはおっとりしていたり、のんびり屋だったり、引っ込み思案なキャラであっても、この意思決定キャラが力強く決断力がある、という人もいます。人生において難しい瞬間では、この意思決定キャラが人生の重要な決定をしてくれるわけです。

四柱推命では年柱に当てはまる

動物占いの5アニマルの意思決定キャラは、四柱推命では、年柱に当てはまります。四柱推命における年柱は、ご先祖様を指しています。また、四柱推命においては、その人の社交性はどの程度かを見る場所でもあります。

この年柱は、その人が生まれたときから20歳前までの自分を見るものとしての役割もあります。未成年の段階においては、他人のためというよりは、自分のために生きる傾向が強いでしょう。

そうした年代において、年柱は、本能のままに自分の意志を貫くその人自身を表していると考えられています。

意識決定キャラは決断力を左右

動物占いの5アニマルにおける意思決定キャラは、その人の決断力を左右するものです。人生においてこのキャラが影響する割合は、10パーセント程度であると言われています。

普段の生活では特に意識されないキャラですが、決断を必要とするような重要な場面において登場するキャラです。普段かなりの優柔不断的な傾向がある人でも、意思決定そのものが優柔不断かどうかは分かりません。

この意思決定キャラが決断力のあるキャラなら、重要な決断には迷わず実行できる力を持っていることもあります。人生には様々な決断が求められます。人生は決断の連続だとも言えるでしょう。決断の場面でこのキャラが演じる役割はかなり大きいものがあります。

動物占いの5アニマルの表面キャラ

動物占いの5アニマルにおける、本質キャラと意思決定キャラを見てきましたが、続いては、表面キャラを見ていきましょう。表面キャラというのは、どういうキャラなのでしょうか?それは、その人の表面的な部分を表す言葉なのでしょうか?

5アニマルにおける表面キャラは、他人からどう見られているかを表していると考えてよいでしょう。自分自身が自分のことを表面的に理解しているキャラというよりは、人から見たときに自分がこう思われているというものを表しています。

四柱推命では月柱に当てはまる

動物占いの5アニマルにおける表面キャラは、四柱推命では月柱に当てはまります。四柱推命において、月柱は自分の両親を表しています。もっと言えば、自分のルーツを表しているものと理解できます。さらには、自分の兄弟や姉妹を意味しています。

そのため、月柱を見ることでその人の家庭運を見ることもできます。また、20代や30代における運勢を表してもいます。成人して、社会との接点を増やし、さらには、自分自身を成長させながら社会に貢献していく重要な時期の運勢を表します。

意識決定キャラは他人からの印象

5アニマルにおける表面キャラは、他人からの印象だと理解すると良いでしょう。自分を自分が理解するときは、自分の視点からしか判断できません。そのため、自分が他人からどう思われているかは、結局自分だけでは知りようがないのです。

そのため、自分というものがどう見られているかを気にする人も多いわけです。表面キャラは、自分という存在を他人がどう思っているかを教えてくれる貴重なキャラです。人生に影響する割合は、10パーセントと言われています。

表面キャラは、あなたという存在の第一印象ということです。「自分はこういう人間だから、相手からもこう見られているだろう」と思っている印象とは異なることも多いでしょう。表面キャラを理解しておくことで、スムーズに人と打ち解けられるかもしれません。

自分という人間は、人からはこう見られている、こういう印象を持たれている、ということが分かれば、人と仲良くなるために、どのようなことに気を付ければよいかが見えてくるはずです。

動物占いの5アニマルの隠れキャラ

表面キャラに続いて、隠れキャラを見ていきましょう。動物占いの5アニマルにおける隠れキャラは、どういうキャラを表しているのでしょうか?隠れキャラというと、「自分が人から見えないように隠してきたキャラ」だとも言えそうですが、実はそうではありません。

隠れキャラは、自分でも気づかないこともある秘められたキャラです。つまり、他人から隠れているのはもちろん、自分自身からも隠れているキャラなのです。隠れキャラを知れば、自分という人間に対する理解がより一層深まることでしょう。

隠れキャラを把握することで、自分自身の意外な一面を知ることができます。そして、そうした自分がいることを知れば、より深い理解に到達して、自信を持つことができるかもしれません。

四柱推命では干支に当てはまる

5アニマルの隠れキャラは、四柱推命においては干支に当てはまります。この場合の干支は、いわゆるよく知られている十二支だけでなく、それに十支がプラスされています。十支とは、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」を指しています。

このそれぞれに意味があります。十二支にさらにプラスされていることで、その人の隠れキャラがよくわかるようになっています。

隠れキャラのウェイトも大きい

5アニマルの隠れキャラは、隠れキャラという言葉とは裏腹に、ウェイトが大きいのが特徴です。隠れキャラが人生与える影響の割合は、20パーセントだと言われています。これは、影響度が50パーセントだった本質キャラの次に大きな割合を占めています。

このことが示すのは、隠れキャラの重要性です。隠れキャラは、普段の生活ではほとんど出てこないキャラです。日常生活を送る分には、隠れキャラは現れません。隠れキャラが現れるのは、人生における一大事の時です。

人生には、非常に重要な瞬間があります。一大事のようなここぞという場面では、その人の隠れキャラが登場して、普段とは違った振る舞いをすることがあります。物事が順調な時ではなく、非常にピンチになった時に、隠れキャラがそのピンチを切り抜けるわけです。

動物占いの5アニマルの希望キャラ

5アニマルの隠れキャラに続いては、希望キャラについて見ていきましょう。希望という言葉が示すように、希望キャラは非常に前向きな自分を表しているのでしょうか?以下では、希望キャラがどういう意味なのかについて見ていきます。

四柱推命では時柱に当てはまる

5アニマルにおける希望キャラは、四柱推命では時柱に当てはまります。四柱推命における時柱は、生まれた時間などをもとに占うものです。時柱がなくても四柱推命ができると言われることもあります。そのため、重要視されていない傾向があります。

しかし、時柱を知ることで、より一層深く自分を知ることができると言うこともできます。もっと詳しい自分を知りたいなら、時柱も大切なポイントなのです。

希望キャラは心の中にいる

5アニマルの希望キャラは、心の中にいます。人生に与える影響度は、10パーセントです。希望キャラは、その人の明るい面を表す言葉ではありません。希望キャラとは、あのようになれたらいいのに、という希望を表しているキャラです。

つまり、自分にない部分を持っているキャラということができます。このキャラは自分にないものを持っているのですが、そうしたものが心の中にあることで、夢や目標を抱くことができます。その夢や目標に届くように努力することもできます。

動物占いの5アニマルの相性

動物占いの5アニマルの5つのキャラについて見てきましたが、続いては、5アニマルの相性について見ていきましょう。5アニマルには、それぞれ違った性格があります。そのため、二つのキャラが出会うときに、相性のいいものと悪いものが生まれてしまいます。

以下では、相性がいいものを3つ、悪いものを3つそれぞれ見ていきましょう。自分の家族や友人、気になる人との相性をチェックしてみましょう。あの人とは相性が悪いから、と思っていたのに、実は相性抜群だという判定が出るかもしれません。

相性がいい①不思議なペガサス×ひょうきんなサル

最初にご紹介するのが、ペガサスとサルの相性です。この相性はとてもいいです。ペガサスは、つかみどころがなく、周りからは不思議な人だと思われやすいという傾向を持っています。そのため、一人でいると周りに人がいなくなってしまうこともあります。

一方、サルはひょうきんで人気者です。そして、サルはとても賢いという特徴があります。自由人で不思議なペガサスはこの賢いサルと一緒になることで、抜群の相性の良さを発揮します。賢いサルのおかげで、ペガサスの魅力が他の人に伝わることもあります。

相性がいい➁努力家のたぬき×自由人なペガサス

続いてのいい相性は、たぬきとペガサスです。すでに見たように、ペガサスは自由人で、つかみどころがなく、不思議な雰囲気をまとっています。

そのため、人から理解されないこともよくあります。ペガサスは一人でいるとだんだんと周りから人がいなくなってしまうかもしれません。

一方、たぬきは非常に努力家で、非常に優れた社交性を持っています。たぬきは人とうまくやれるので、周りに人が集まってきます。持ち前の人当たりの良さでどんどん友達を作っていくタイプです。

この人当たりの良いたぬきと自由人のペガサスが一緒になると、非常に良い相性となります。不思議なペガサスが、たぬきのおかげで周りの人間に理解されるようになります。ペガサスの魅力が多くの人に伝わり、たくさんの人に愛されることにつながります。

相性がいい③愛され上手なコジカ×向上心旺盛なチーター

コジカとチーターの相性もとてもいいです。コジカは、可愛らしく愛嬌があるので、人から愛されやすいのですが、極度の人見知りという側面を持っています。そのため、自分から人の輪に入っていくことを苦手としています。

一方、チーターは、向上心が旺盛で、頭がよく、要領が良いのが特徴です。このチーターは、引っ込み思案のコジカをカバーするだけの要領の良さを持っています。そのため、二人が一緒になると、コジカは生き生きと人の輪に入っていくことができます。

コジカは引っ込み思案ですが、わがままな一面も持っています。普通の相手だと、このわがままさに辟易してしまうものですが、チーターは要領がいいので、この点も障害にはなりません。この二人の相性は抜群です。

相性が悪い①わがままなゾウ×面倒見のいいトラ

相性のいい3つのペアを見てきましたが、続いては相性の悪いペアを見ていきましょう。まず最初は、ゾウとトラのペアです。このペアは、残念ながら相性が良くありません。ゾウは、非常に優しく、心が広いのが特徴の一つです。

ただ、ゾウは、わがままな一面を持っており、なんでも思い通りに動かしたいと強く思っている傾向があります。そのため、ゾウと一緒にいると、だんだんと疲れてしまうと感じるタイプの人もいます。ゾウのわがままさは付き合いづらさの原因にもなります。

一方、トラは非常に面倒見がいいタイプです。そのため、トラは、その忍耐強さからゾウのわがままさを受け入れるのですが、あまりに面倒見が良いので、甘やかしてしまいます。ゾウは自分のわがままを受け入れてもらえて、態度が大きくなってしまうでしょう。

相性が悪い➁のんびりコアラ×すばやいチーター

続いては、コアラとチーターです。このペアも相性が良くありません。コアラは、人気者で、サービス精神が旺盛で多くの人に囲まれています。ただ、非常にのんびりなタイプです。自分のペースでのんびりと物事を進めることを好みます。

一方、チーターは、何をやらせても素早く仕上げるタイプです。こんな二人が一緒になると、それぞれのペースが乱されてお互いの能力が発揮できません。

のんびりしたいコアラと、さっさと済まして次へ行きたいチーターは、言い争いになってしてしまうほど険悪な関係になりかねません。

相性が悪い③平和主義のヒツジと頭脳明晰なコアラ

最後にご紹介する相性の悪いペアは、ヒツジとコアラです。ヒツジは非常に傷つきやすく、寂しがり屋です。ですから、いつも誰かと一緒にいたいと願っています。ヒツジは平和主義なので、誰かと争うことを避けて生きています。

一方、コアラは、盛り上げ上手で人気者です。また、頭脳明晰なコアラは、計算高い側面を持っています。頭が非常にいいのが特徴の一つです。このペアが一緒になると、頼りがちなヒツジにコアラがペースを乱され、能力を発揮できない結果になりやすいです。

コアラは基本的に自立してのびのびとしているのが性に合っているのにもかかわらず、ヒツジが一人になるのを避けたい生き物なので、コアラの自立を阻害してしまいます。結果として、お互いに、不満を募らせていくことになるでしょう。

動物占い5アニマルの解説

動物占いの5アニマルにおけるいい相性と悪い相性を見てきましたが、続いては、5アニマルの解説をしていきます。5アニマルはすでに述べたように、従来の動物占いよりはるかに詳しく自分のことを知ることができる占いです。

ただ、その反面で、本質キャラとそれ以外のキャラがあまりに違っていてどういうふうに解釈したらよいかわからないという問題も生まれやすいです。以下では、5アニマルにおけるそういった点を解説していきます。

本質キャラが他のキャラと違いすぎる意味

5アニマルで占ったときに、本質キャラが他のキャラと違いすぎると感じることがあります。本質キャラは理解したものの、他のキャラが正反対の性格をしていて、いったい自分はどういう人間なんだろうと不思議に思う人もいます。

そういう場合、その人は多かれ少なかれストレスを抱えていることがあると考えておくと良いでしょう。例えば、本質キャラが明るく元気なのに、そのほかのキャラが暗くて落ち着いているという場合、普段の生活で明るい面が出せていないことも考えられます。

ですから、5アニマルで占って、5つのキャラに共通点が全くないという場合は、自分はもしかしたらある面を出さないように抑えているかもしれないと考えてみましょう。思い当たる節があるかもしれません。

年齢に応じての変化

人間は、年齢に応じて変化していきます。5アニマルの占いでは、このキャラはこの年齢のときに中心的なキャラになる、ということが言えます。本質キャラが半分で、隠れキャラが20パーセントで、それ以外がそれぞれ10パーセントであることを見てきました。

しかし、こうした割合は、年齢によって多少違いが生まれるものです。この年代では、このキャラを重視すると良いというものがあるので、以下ではそれを見ていきましょう。

若年期の解説

若年期は、意思決定キャラが中心的な役割を演じるでしょう。未成年の間は、本能的に行動しているという側面があります。誰かのために生きるというよりは、自分のために生きているという傾向が強いでしょう。本質キャラより意思決定キャラが前面に出やすいです。

中年期の解説

中年期は、表面キャラが中心的な役割を演じるでしょう。若年期を経て、自分自身のことに対する理解が進むので、本能で生きるだけではなくなります。

人にどう見られるかを意識するので、表面を取り繕う場面が増えることでしょう。本質キャラより表面キャラが前面に出ます。

老年期の解説

老年期は、本質キャラが中心的な役割を演じます。若年期、中年期を経て、ようやく自分の本質的な部分を前面に押し出して生きることができるようになってきます。

現役を退いて、社会との接点も多少減る中で、自分のありのままの性格で他者と接することができるようになっていきます。

動物占いの5アニマルで自分自身を深く知ろう!

5アニマルについていろいろな面を見てきましたが、いかがでしたか?5アニマルの5キャラを見つめて、自分自身のことをより深く知っていきましょう。

この5キャラで自分のありとあらゆることが理解できるとまでは言えませんが、従来の動物占いよりは自分を詳しく知ることができます。

5アニマルで知ることができた自分自身のいろいろな側面を、人生の中で生かせる機会に恵まれるかもしれません。自分でも気づかなかった自分自身の一面を知って、安心感や自信を感じられるかもしれません。ぜひ、5アニマル占いを試してみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ