セルライト潰しはしてはいけない!正しく潰す方法や効果など解説!

セルライト潰しをしたことはありますか?以下では、セルライト潰しはしてはいけないという点を詳しく解説していきましょう。また、セルライトを正しく潰す方法や、正しいセルライト潰しの効果なども紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

セルライト潰しはしてはいけない!正しく潰す方法や効果など解説!のイメージ

目次

  1. 1セルライト潰しはダメ!正しい除去方法や効果について!
  2. 2セルライトとは?
  3. 3セルライト潰しがダメな理由
  4. 4セルライトができる原因は?
  5. 5セルライト潰しの正しい方法は?
  6. 6正しいセルライト潰しの効果は?
  7. 7セルライト潰しの正しい方法を覚えよう!

セルライト潰しはダメ!正しい除去方法や効果について!

セルライト潰しをしてしまったという人もいるかもしれません。以下では、セルライト潰しは絶対にしてはいけないという点を詳しく解説していきましょう。また、セルライト潰しをしてはいけない理由や、セルライトの正しい除去方法、正しいセルライト潰しの効果などを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

セルライトとは?

まずは、セルライトとはどんなものなのかを詳しく紹介します。セルライトという言葉を聞いたことがないという人もいるかもしれません。また、セルライトという言葉は聞いたことがあるが、正確な意味を良く理解していないという人もいるでしょう。以下では、セルライトとは何なのかを見ていきます。

セルライトの正体は?

セルライトとは、肌表面の凹凸のことです。セルライトは、オレンジの皮に似ていることから、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれます。セルライトは、血の巡りが悪くなることを起因として、脂肪細胞が結びついて大きくなって、肌表面の凹凸となって現れたものなのです。

セルライトができやすい部位

では、セルライトはどの部位にできやすいのでしょうか?セルライトが最もできやすいのは、お尻や太ももです。お尻や太もも以外にも、二の腕、お腹、ふくらはぎなどにもセルライトはできます。お尻や太もものセルライトは見つけやすいので、一番セルライトが気になる部位だと感じる人が多いようです。

セルライト潰しがダメな理由

続いては、セルライト潰しがダメな理由を詳しく解説していきます。セルライトは、肌表面に凹凸として現れるので、見栄えが良くありません。そのため、気になってセルライト潰しをしてしまう人も少なくないでしょう。しかし、セルライト潰しは、しない方が良いのです。以下では、セルライト潰しがダメな理由を3つ紹介します。

潰すと増える

セルライト潰しがダメな1つ目の理由は、セルライト潰しをすると、セルライトが減るどころか増えてしまうからです。セルライト潰しをする人は、潰せばセルライトが綺麗さっぱり無くなると期待しているのでしょうが、残念ながら、逆効果となっています。セルライト潰しは、もっと見た目が汚くなってしまう可能性のある危険行為なのです。

皮膚や血管を傷つける

セルライト潰しがダメな2つ目の理由は、セルライト潰しをすることで、皮膚や血管を傷つけてしまうからです。セルライト潰しをする人は、セルライトを潰すことに全精力を傾けるので、非常に強い力でセルライトを潰します。強い力を加えると、大事な皮膚や血管を傷つけてしまうので、セルライト潰しは控えましょう。

セルライトを力任せに潰してしまうと、文字通り、体を傷つけてしまうのです。セルライトを力任せに潰すという行為は、セルライト以外にも影響を与えてしまいます。皮膚や血管は、非常に重要なものです。皮膚や血管を傷つけるセルライト潰しは、本末転倒なので、絶対にしないようにしましょう。

アザができることも

セルライト潰しがダメな3つ目の理由は、セルライトを潰すと、アザが出来てしまう危険性もあるからです。セルライトを潰す時に、セルライトを完全に無くそうと非常に強い力を加える人がいます。セルライトを潰すために強い力を加えると、血管が切れてしまい、アザになる可能性があります。セルライトを潰すのは、逆効果なのでやめましょう。

セルライトを潰したいと強く願って、力任せにセルライトを潰すと、消えないアザが生まれてしまう危険性があります。アザは最悪の場合、ずっと残ってしまうのです。綺麗な肌になりたいためにセルライト潰しをしているのに、アザが残ってしまっては泣くに泣けないでしょう。

セルライトができる原因は?

続いては、セルライトができる原因を紹介していきましょう。多くの女性を悩ませるセルライトは、一体どのような原因で発生するのでしょうか?セルライトが無くなることを願うなら、セルライトができる原因をしっかりと理解しておくことが重要です。以下では、セルライトができる原因を5つ紹介します。

運動不足

セルライトができる原因の1つ目は、運動不足です。デスクワークばかりでほとんど体を動かさないでいると、筋肉が全く使われない状態になります。筋肉が全く使われないと、細胞に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。そのため、運動が不足すると、次第に代謝機能やリンパの流れがダウンします。

代謝機能やリンパの流れがダウンした状態が長引けば、脂肪細胞の状態が変化してくるのです。脂肪細胞の状態が変化すると、脂肪細胞の周辺を繊維が取り囲んでしまい、結果としてセルライトが生まれてしまうでしょう。運動不足は、セルライトが発生する主原因となっています。

冷え

また、冷えもセルライトができる原因の1つとなります。冷えの症状を持っている人は、足や手など末端の血液循環が悪い場合が多いのです。末端の血液循環が悪いと、脂肪の燃焼もスムーズにいかなくなってしまいやすいでしょう。冷えは、セルライトを発生させやすく、増大させやすいのです。

冷えの症状を持っている人は、普通の人より、セルライトを悪化させやすいと言われています。また、立ったままの状態を長く続けていると、下半身の血行が悪くなるため、セルライトが発生しやすくなるでしょう。立っている時間が多い人は、なるべく立つ時間を減らす工夫をすることをおすすめします。

不規則な生活

また、不規則な生活もセルライトができる原因になります。寝不足など不規則な生活が続くと、ストレスが多くなるでしょう。ストレスが多くなると、自律神経の働きを乱すことになります。自律神経が乱れてしまうと、代謝機能などが低下するので、セルライトができやすい体質になってしまうでしょう。

セルライトができにくい体質になるためには、規則的な生活を心掛けることが重要です。特に、寝る時間は変えないようにしましょう。寝る時間を変えてしまうと、体内時計が狂いやすくなります。1度セルライトができやすい体質になってしまうと、元の体質に戻りにくいので、十分に気を付けましょう。

ホルモンバランスの乱れ

さらには、ホルモンバランスの乱れもセルライトができる原因になります。妊娠や更年期など、女性ホルモンが大きく変化する時期には、セルライトができやすくなります。また、月経による周期的なホルモンバランスの変化も、セルライトに影響を与えるのです。さらには、ピルの服用がセルライトができる原因になるとも言われています。

加齢

セルライトができる原因には、加齢もあります。加齢によって、代謝が低下し筋力が衰えるのです。また、加齢により皮膚にたるみを作られ、血管やリンパを圧迫してセルライトを生じさせます。多かれ少なかれ、誰しも加齢によってセルライトが発生しやすくなりますが、規則正しい生活を心掛けていれば、その程度を小さくすることができるでしょう。

加齢によってセルライトができやすくなるということは、セルライトは、全ての人にとって避けては通れないものだということです。セルライトは年々できやすくなっていくので、セルライトができにくい体質をキープすることが重要でしょう。そうした体質になるためには、日々の生活を見直すことが重要です。

セルライト潰しの正しい方法は?

続いては、セルライト潰しの正しい方法を紹介しましょう。セルライトは、肌表面に凹凸として現れるので、できれば無くなって欲しいと思っている人は多いはずです。セルライトを力任せに潰すことは控えるべきですが、正しくセルライトを潰すにはどうしたよいのでしょうか?

体を温める

正しくセルライトを潰す方法は、体を温めることです。体が冷えると、セルライトが生じやすくなります。逆に、体を温めれば、セルライトが発生しにくくなるのです。セルライトができにくい体になりたければ、常に体を冷やさず、温めることを意識しておくことが重要になります。

3首を温める

体を温める時には、3首を温めることを意識しましょう。3首とは、首、手首、足首です。3首を温めると、体全体が温かくなっていくことが分かるでしょう。逆に、3首のどこかが冷えていると、体は温まりづらいのです。体を温めると言うと漠然としていて分かりづらいですが、3首を温めることを意識しておけば良いと考えれば分かりやすいでしょう。

日頃生活している中で、3首が冷えていないかどうかを気にすることをおすすめします。自分では冷えていないと思っても、触ってみると、かなり冷えていることがあるのです。体の冷えは、自分ではなかなか気づきづらいものですが、3首を温めておくことを意識できていれば、冷えを解消できるでしょう。

湯船にしっかり浸かる

セルライトを発生させないためには、湯船にしっかりと漬かることも重要でしょう。体を温めるのに一番有効なのは、湯船にしっかりと使うことなのです。いつもシャワーばかりで済ましている人は、湯船に漬かることを意識しましょう。湯船にしっかりと漬かれば、体を芯から温めることができます。

体を温める食材を食べる

また、体を温めるには、体の中から温めることも重要です。具体的には、体を温める食材を食べるようにしましょう。体を温める食材を食べれば、体の中から温まるので、すぐには冷えません。外から体を温める方法よりも、体を温める効果が高いのです。例えば、しょうがを意識して食べてみると良いでしょう。

有酸素運動

セルライトを潰す正しい方法には、有酸素運動もあります。セルライトが発生する主原因は、運動不足です。運動不足は、セルライトが発生しやすくなるだけでなく、あらゆる病気の元にもなりかねません。生活の中に、有酸素運動を取り入れて、セルライトを正しく潰すことを考えましょう。

ウォーキング

セルライトを正しく潰す方法としておすすめなのは、ウォーキングです。ウォーキングを意識してすることで、セルライトが発生しにくい体になります。ウォーキングの時間を新たに設けるのも良いですが、生活の中で、歩く時間を増やすという発想も良いでしょう。ウォーキングは誰でもすぐに始められる有酸素運動です。

ウォーキングだけをするのは、面倒に感じてしまうかもしれません。そういう人は、歩く時間を増やすために、自転車で行けるところを歩いて行くと良いかもしれません。また、1駅分歩くという人もいます。ちょっとした意識でウォーキング時間を作ることができるので、ぜひ生活に取り入れてみましょう。

水泳

ウォーキングの他には、水泳もおすすめです。水泳は、体にかかる負担が小さいので、運動不足の人でも始めやすいでしょう。水泳を生活に取り入れれば、セルライトが発生しづらい体質に生まれ変われるはずです。泳ぎが苦手な人でも問題ありません。水の中に入って体を動かすだけでも、有酸素運動になります。

リンパマッサージをする

セルライトを正しく潰すには、リンパマッサージもおすすめです。リンパの流れが停滞していると、セルライトができやすい体になってしまいます。リンパの流れを良くするためには、リンパマッサージが一番良いでしょう。リンパマッサージでは、二の腕、太もも、ふくらはぎをマッサージしていきます。

二の腕のマッサージ

リンパマッサージとして最初に紹介するのは、二の腕マッサージです。二の腕は、セルライトはできやすい部位の1つでしょう。二の腕をマッサージすることで、二の腕にセルライトができることを防ぐことができます。また、二の腕をマッサージすれば、二の腕がより引き締まるという効果も期待できるでしょう。

太もものマッサージ

続いては、太ももマッサージを紹介します。太ももにもセルライトはできるのです。太ももにできたセルライトは目立つので、すぐに潰したいと思うかもしれません。太もものセルライトを正しく潰すには、力任せに潰すのではなく、丁寧にマッサージをしましょう。マッサージをすれば、引き締まった太ももになる効果も実感できるはずです。

ふくらはぎのマッサージ

最後に紹介するのは、ふくらはぎのマッサージです。ふくらはぎは、体の中で非常に重要な部位となっています。血液をポンプのように持ち上げる場所なので、マッサージによって血流を良くしましょう。ふくらはぎマッサージをすれば、ふくらはぎが引き締まって、美脚に見える効果も期待できるはずです。

正しいセルライト潰しの効果は?

続いては、正しいセルライト潰しの効果を紹介していきます。力任せにセルライトを潰すのではなく、上で紹介したように正しいセルライト潰しをすると、セルライトが綺麗に無くなっていくでしょう。正しくセルライトを潰すと、肌表面の凹凸が無くなり、綺麗な肌を取り戻すことができます。肌につやが戻る効果も期待できるでしょう。

セルライト潰しの正しい方法を覚えよう!

セルライト潰しについて詳しく解説してきました。セルライトを力任せに潰す方法では、皮膚や血管を傷つけてしまう危険性があるのです。セルライトを正しく潰す方法を理解すれば、体を傷つける心配はありません。正しく潰す方法を学んで、綺麗な肌を取り戻しましょう。運動やマッサージを習慣化することをおすすめします。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ