胸を小さくする方法を伝授!簡単に胸が小さくなる運動やマッサージなど紹介!

胸は女性にとって自慢にもコンプレックスにもなるもの。中でも大きくて悩んでいる人は、胸を小さくする方法を知りたいと思っているでしょう。マッサージやダイエットなど、比較的簡単に胸を小さくする方法を集めましたので大きくて悩む女性は必見です。

胸を小さくする方法を伝授!簡単に胸が小さくなる運動やマッサージなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1胸を小さくする方法は?運動やマッサージなどご紹介!
  2. 2胸が大きい女性の悩み
  3. 3胸を小さくする方法【運動やエクササイズ編】
  4. 4胸を小さくする方法【食べ物編】
  5. 5胸を小さくする方法【短期間編】
  6. 6胸を小さくしたいならやってはいけないこと
  7. 7胸を小さくして、毎日を楽しく過ごそう!

胸を小さくする方法は?運動やマッサージなどご紹介!

おっぱいが大きくて悩んでいませんか?胸を小さくする方法を知りたいと思っていても、なかなか人には相談しづらいもの。そこで、マッサージやダイエットなど様々な角度から胸を小さくする方法を調べました。簡単な方法もあるので、今まで1人で悩んでいた人は、ぜひこの記事を読んで自分にあった解決方法を実践してください。

胸が大きい女性の悩み

ふっくらと膨らんだ胸は男性にはなく、女性にとってとても大切なもの。しかし、「おっぱいが小さい」「おっぱいが大きい」と胸に関して悩んでいる人は多くいます。中でも、胸を小さくする方法を知りたいとまで思っている人の理由は切実です。どうして、胸を小さくする方法を探しているのか。まずは、考えられる理由をいくつかあげてみます。

肩が凝ってしまう

まず、1つ目の理由としてあげられるのが、肩こりです。女性にとって当たり前にある胸ですが、実は相当な重量があります。Cカップで片胸約200〜240gあり、それがFカップになると約500〜810gと小玉のメロン1個分にもなります。

それだけの重さのものをいつも抱えているのですから、おっぱいが大きい人が肩こりに悩み、胸を小さくする方法を知りたいと考えていてもおかしくありません。

男性の視線が嫌

男性に女性の好きなパーツを尋ねるアンケートをとると、必ずと言っていいほど上位に入ってくるのが「おっぱい」です。それほど、男性にとっておっぱいは魅力的なパーツですから、目が行くのも仕方ありません。

しかし、胸を小さくする方法が知りたいと思うほどおっぱいの大きさに悩んでいる人は、その視線がストレスになってしまうこともあります。どうにか大きさを隠して注目されないようにしたり、好みでないファッションに身を包んだりしてごまかそうとする人も少なくありません。

汗疹ができやすい

夏になると多く聞かれるのが、汗疹の問題です。おっぱいが大きな女性は、谷間がしっかりとできます。そこで、真夏に限らず谷間に汗が流れたりたまったりしてしまいます。

しかし、胸は公衆の面前で開けっぴろげにするわけにいかず、顔や腕などのようにすぐにタオルで拭くなどの対処ができません。そのため、普通の人に比べて胸元に汗疹ができやすくなってしまうのです。汗疹は、かゆみがひどく見た目も良くないので、これが原因で胸を小さくする方法を知りたいと思い始める人もいるでしょう。

服のサイズが少ない

女性にとってファッションは楽しみの1つですが、おっぱいが大きい人は着たい服を着られないという悩みもあります。

洋服は、基本的には標準体型を元にパターンが作られているので、おっぱいが大きいと胸元がパツパツになって、元々のシルエットを保てないからです。また、デザインによってはおっぱいの大きさを誇張してしまうものもあるので、いくら好きな洋服でも着られない場合もあり、胸を小さくしたいと考える要因になります。

胸を小さくする方法【運動やエクササイズ編】

胸が大きい人は、いろいろな悩みを抱えているということがわかりました。そして、多くの人が1つではなくいくつもの胸に関する悩みを持ち、それをなんとか解決したいと、胸を小さくする方法を探しています。そんな人たちのために、ダイエットやマッサージなど簡単にできる胸を小さくする方法を紹介します。

ジョギング

胸を小さくする方法としてまずおすすめしたいのが、ジョギングです。ジョギングは有酸素運動といって、体内に蓄積している体脂肪を燃焼させるため、ダイエットに効果的なことで知られています。

そして、ジョギングをしている時は、胸が上下左右に大きく揺れるのでマーサージ効果があり、その周辺の脂肪から燃焼されていきます。健康的に運動をしながら、簡単に胸を小さくする方法の1つとして取り入れてみてください。

ウォーキング

ジョギングを続けられるほど運動をすることが得意ではないもいるでしょう。そういう場合におすすめの胸を小さくする方法はウォーキングです。ジョギングほどではありませんが、歩いている時に胸が揺れるので、同様のマッサージ効果が期待できます。

なるべく歩幅を大きめにとることを意識して歩くことが胸を小さくする方法のポイントです。通勤の際に1駅だけ歩いたり、休日に景色を楽しみながら歩いたりと、簡単に日常生活に取り込めるので、過度な運動はできないという人は、まず手始めに試してみましょう。

縄跳び

胸が上下に揺れることで胸を小さくする方法としてもう1つあげられるのが縄跳びです。飛び跳ねることで、胸が上下に大きく揺れるので、ジョギングなどと同様の効果があります。

誰もがこどもの頃に経験があると思うので、簡単に取り組めるでしょう。普通に前跳びをするだけでなく、後ろ跳びをしたり、片足跳びやあや跳びをしたりと技を組み合わせることをおすすめします。胸を小さくする方法としてだけでなく腕や足などのダイエット方としても効果があり一石二鳥です。

スクワット

ダイエットには有酸素運動が効果的ですが、効率的に体脂肪を消費させるためには筋肉をつけることも大切です。そこでぜひ取り組んでもらいたいのが、スクワットです。

太ももは、筋肉の中でも特に大きな部位なので、スクワットをして鍛えることで、代謝を上げることができます。代謝を上げることで、ダイエットの効率ももちろん上がり、何より場所を選ばないこと、道具が必要ないことで、簡単に実行できる点が重要です。

水泳のクロール

水泳は水の中で行う運動なので、当然ながら水の抵抗があります。その分、陸上で同じ運動をするときに比べて効果的に負荷をかけられるので、ダイエットに効果があると言われています。また、浮力がかかってクーパー靭帯を痛める可能性が少ない点でもおすすめできる方法です。

水泳の中でも特にカロリー消費が高いと言われるクロールは、脂肪を燃焼させるために最も良い泳ぎ方です。脂肪の燃焼は運動を始めてから30分経った頃から始まると言われているので、休憩を適度に挟みながら1時間を目安に続けると良いでしょう。

胸を小さくする方法【食べ物編】

運動が苦手なので動くこと以外の胸を小さくする方法が知りたいという人や、運動をしつつさらに効果を高めたいという人のために、次に紹介したいのが食事に関してです。

人間の体は食べたものからできているので、適切な食材を選ぶことで、ダイエット中の人にだけでなく胸を小さくしたいと考えている人にも効果が期待できます。

大豆製品は食べるのを控える

大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれています。これは、女声ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。エストロゲンは、乳腺細胞を増やすので、胸を小さくしたいと考えている人には不向きな食材です。

胸を小さくする方法としては、大豆イソフラボンを含む食品である豆乳や納豆、きな粉、味噌汁などは極力取らないように気をつけることです。

タンパク質を取り過ぎない

胸を小さくする方法に、たんぱく質は関係ないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、実はたんぱく質も大きな関係があります。

たんぱく質は、筋肉や血液などを作るとともに、女性ホルモンの分泌を促す効果があります。そのため、胸を小さくしたいと考えている人は、たんぱく質を取りすぎないように気をつけましょう。また、たんぱく質の中でも植物性の方がより胸を大きくする効果が高いようです。

たんぱく質は、人間が生きていく上でとても重要な栄養素なので、完全に控えるわけにはいきませんが、過度に取りすぎないように注意するのも胸を小さくする方法として有効です。

コーヒーを飲む

毎朝のコーヒータイムを楽しみにしている人もいるかもしれませんが、実はコーヒーを飲むことが胸を小さくする方法として効果があるという研究成果が発表されました。

まだ、研究の段階ではありますが、コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで胸が小さくなるというのです。アメリカの健康専門サイトには、1日に3杯以上のコーヒーを飲む女性はバストが縮小するという研究結果が掲載されています。

コーヒーには、脂肪分解酵素であるリバーゼを活性させることでダイエット効果もあります。また、利尿作用があり、老廃物の排出を促進させたり、自律神経の働きを高めたりと、健康を保つにも効果的です。胸を小さくする方法としては簡単にできるので、毎日のブレイクタイムにコーヒーを取り入れてみるのも良いでしょう。

アブラナ科の野菜を多めに取る

アブラナ科の野菜といえば、カブ、大根、小松菜、ブロッコリー、白菜などの日常的に良く使われる野菜や、青汁の原料として使われるケールなどがあげられます。これらの野菜の特徴は、インドールという成分が含まれていることです。

このインドールは、女性ホルモンを抑制する働きがあるので、胸を小さくする方法の1つとして積極的に食べるのがおすすめです。アブラナ科の野菜は、スーパーで簡単に手に入るので、ダイエット中で野菜中心の生活をしている人にも、胸を小さくしたい人にももってこいの食材でしょう。

また、アブラナ科の野菜といえば、心疾患や脳卒中、がんの罹患リスクを下げるという研究もあるので、胸を小さくする方法としてだけではなく、健康に気を使うすべての人に積極的に食べて欲しい食品です。

胸を小さくする方法【短期間編】

胸を小さくしたい人の中には、「薄着の季節になる夏までに!」「ドレスを着る予定のこの日までに!」と、早急に結果を出したいという人もいるかもしれません。そこで、運動や食事以外の、比較的早く効果が出る胸を小さくする方法を紹介します。

マッサージでバストダウン

まず紹介したいのがマッサージをするという方法です。ダイエットやリラックス効果を目的としてマッサージをしている人もいるかもしれませんが、やり方によってはバストを小さくする方法としても効果があります。

最大限に効果を発揮するためには、マッサージをする際にバストダウンクリームを使いましょう。そうすることで、胸の脂肪組織を分解して、引き締め効果が発揮されます。

マッサージをするタイミングとしては、入浴後の血行が良くなっているタイミングがおすすめです。1日に2〜3分で効果が現れるので、胸を小さくする方法としては簡単に取り入れられます。

補正ブラジャーをつける

今日にでも胸を小さくしたいという人は、補正ブラジャーをつけるのも1つの手段です。胸を小さくしたいと思っている人が増えているので、いろいろなブランドから販売されています。

補正ブラジャーは、胸を抑えてコンパクトに見せてくれる機能があります。ただし、無理に押さえ込むものは、胸の形が崩れてしまう可能性があるので良くありません。自然に、優しく包み込みながらシルエットをコンパクトに見せてくれるものが良いでしょう。

人によって体型が異なるので、実際に試着をして、最も自分にあった補正ブラジャーを選ぶ必要があります。自分にあったもものが見つかれば、着るだけで良いので最も簡単な胸を小さくする方法と言えます。

乳房縮小手術を受ける

運動をして食事に気をつけてもなかなか効果がない上に、下着で小さく見せるのではなく実際に小さくしたいという人には、乳房縮小手術というものもあります。

この手術は、胸の余分な脂肪や皮膚を取り除き理想のサイズへと縮小させるものです。ただし、手術なので費用がかかるうえ、傷跡が残ってしまう可能性もあります。胸を小さくする方法の中でも、最終手段として覚えておいてください。

胸を小さくしたいならやってはいけないこと

ここまで、胸を小さくする方法を紹介してきました。運動やマッサージなど簡単なものもあるのですぐに実践しようと思っている人もいるかもしれません。しかし、一度立ち止まってください。胸を小さくしたいと思っている人が陥りがちな間違いがあるので、必ず一読しましょう。

大胸筋を鍛えてはいけない

まず1つ目にあげられるのが大胸筋を鍛えることです。胸を小さくする方法としてスクワットを紹介したように、筋肉をつけることで代謝が上がり脂肪を消費しやすくする効果がありますが、胸を小さくしたい場合は大胸筋を鍛えてはいけません。

大胸筋は、おっぱいを持ち上げるための土台の役割をしています。そのため、鍛えてしまうと胸が持ち上がり大きさを強調してしまうことになりかねません。また、大胸筋を鍛えることでその周辺の血行が良くなり、胸を大きくするためのホルモンや栄養を行き届けさせる結果が危惧されます。

過度の食事制限はNG

胸を小さくする方法として、食事に気をつけることも有効ですが、食事制限のやりすぎは禁物です。過度に食事制限をすると、急激に脂肪が減り体が飢餓状態になったと勘違いしてしまいます。すると、なんとか元の状態に戻そうと、脂肪を溜めやすい体になってしまうのです。

また、すでに体についている脂肪が消費されにくくなることもあります。そして、脂肪を燃焼させるために必要な筋肉も徐々に減っていくので、胸を小さくしたいと思っている人には逆効果です。

食事制限を行う場合はやりすぎに気をつけて、基礎代謝量を下回ることのないよう適切な食事量を心がけ正しい胸を小さくする方法を実践しましょう。

猫背にならないようにする

大きな胸をごまかすために自然と猫背になってしまう人もいるかもしれませんが、これはあまり良くありません。猫背は、体の筋肉だけではなく、体の中心にある内臓にも大きな負担をかけてしまうからです。

また、長期間猫背の姿勢を続けていると、体に歪みが生じて痛みを感じるようになる可能性もあります。さらに、老けて見えるといった見た目のマイナスもあるので気をつけましょう。

いくら胸を小さく見せたいからといっても、健康を損なっては意味がありません。胸を小さくする方法は、運動や食事、マッサージなどに頼り、健康的な美しさを目指してください。

胸を小さくして、毎日を楽しく過ごそう!

胸を小さくする方法には、様々な種類があります。ここで紹介したものは、簡単に実践できるものが多いので、自分に合った胸を小さくする方法を続けてみてください。そして、胸になんのコンプレックスもない明るい毎日を過ごしましょう。

胸に関する記事はこちら

Thumbきれいなおっぱいってどんなの?美乳の特徴や基準を解説!
今回はきれいなおっぱいについて紹介します。きれいなおっぱいとはどんなものなのでしょうか。きれ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
kema

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ