乳首が大きい原因って?乳首がでかい人必見の小さくする方法を紹介!

乳首は大きいですか?以下では、乳首が大きい原因を詳しく解説していきます。また、日本人の乳首の大きさの平均や、乳首がでかい人必見の乳首を小さくする方法、男性が乳首を気にしているかどうかなどについて詳しく紹介していきましょう。

乳首が大きい原因って?乳首がでかい人必見の小さくする方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1乳首が大きい原因や小さくする方法をご紹介!
  2. 2日本人の乳首(乳輪)の大きさの平均は?
  3. 3乳首(乳輪)の形は7種類!
  4. 4乳首(乳輪)が大きくなる原因は?
  5. 5乳首(乳輪)を小さくする方法
  6. 6男性は乳首を気にしてる?
  7. 7乳首を小さくする方法を実践してみよう!

乳首が大きい原因や小さくする方法をご紹介!

乳首が大きいことに悩んでいませんか?以下では、乳首が大きい原因や、乳首を小さくする方法を具体的に紹介していきましょう。また、日本人の乳首の平均的な大きさや、7種類の乳首の形、男性が女性の乳首を気にしているかどうかなどについて詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

日本人の乳首(乳輪)の大きさの平均は?

まずは、日本人の乳首(乳輪)の大きさの平均を紹介していきましょう。自分の乳首(乳輪)が大きいと悩んでいる人は少なくありません。自分の乳首(乳輪)が大きいのではないかと悩んでいる人は、日本人の乳首(乳輪)の平均的な大きさが気になることでしょう。

大きさは3~3.5cmで高さは8mm

日本人の乳首(乳輪)の平均的な大きさは、3~3.5cmとなっています。また、日本人の乳首(乳輪)の平均的な高さは8mmであると言われているのです。この日本人の平均的な乳首(乳輪)の大きさを知って、どう感じますか?この大きさと自分の乳首(乳輪)の大きさを比較して、平均よりも大きいかどうかをチェックしてみましょう。

男性も乳輪が大きいと悩む人が

実は、自分の乳首(乳輪)が大きいのではないかと悩んでいるのは女性だけではありません。男性の中にも、乳首(乳輪)が大きいと悩んでいる人がいるのです。乳首(乳輪)の悩みは、男性同士では共有しづらいことでしょう。そのため、乳首(乳輪)の大きさに悩んでいる男性は、自分一人で悩みを抱えやすいと考えられています。

ただ、乳輪が大きいという悩みには、個人差があります。たった1人の友人に乳首が大きいと指摘されただけで、長い間悩み続けてしまう人もいるのです。平均と比べてほんの少し大きいくらいでも、本人は自分の乳首が大き過ぎると深く悩んでいることがあります。悩みが深いなら、医者に行って、客観的に見てもらうと良いでしょう。

乳首(乳輪)の形は7種類!

続いては、乳首(乳輪)の形を具体的に紹介していきましょう。実は、乳首(乳輪)の形には7種類あると考えられています。以下では、乳首(乳輪)の形を7種類紹介するので、自分の乳首(乳輪)の形がどれに属するのかを調べてみましょう。乳首(乳輪)は、以下の7種類のいずれかに属するはずです。

①扁平乳頭タイプ

最初に紹介するのは、扁平乳頭タイプの乳首です。扁平乳頭タイプの乳首は、その名前の通り、扁平になっている乳首なので、高さがありません。扁平乳頭タイプの乳首は、横から見ると、乳首の盛り上がりがほとんど見えないでしょう。扁平乳頭タイプの乳首には、赤ちゃんが母乳を飲みづらいというデメリットがあるのです。

②風船タイプ

続いて紹介するのは、風船タイプの乳首です。風船タイプの乳首は、風船のように膨れ上がっている乳首となっています。風船タイプの乳首には、個人差があるのです。非常に膨れ上がっているために、常に乳首が勃起しているように見られてしまう人もいます。風船タイプは、乳首が目立ちやすいので、様々な場面で隠すのに苦労することでしょう。

③左右の形が違うタイプ

続いて紹介するのは、乳首の形が左右で違うタイプです。乳首の形が左右で違うタイプは、人から見られることに大きな抵抗を感じることでしょう。特に、男性とエッチをする時に、乳首を見せることを極端に恥ずかしがることがあります。このタイプには、ちょっとだけ左右差がある人と、大きく違っている人がいるのです。

④短乳頭タイプ

続いて紹介するのは、短乳頭タイプです。短乳頭タイプは、文字通り、乳頭がかなり短くなっているタイプなので、横から見た時に乳首がないかのように見えてしまうことがあります。短乳頭タイプも、扁平タイプと同様に、赤ちゃんが乳首を吸いづらいため、母乳をあげるのに一苦労する可能性があるでしょう。

⑤正常乳頭タイプ

続いて紹介するのは、正常乳頭タイプです。正常乳頭タイプは、乳頭が小さすぎず大きすぎないため、一番正常な乳首となっています。正常乳頭タイプを横から見ると、適度に高さがあるので、乳首の存在がはっきりと確認できるのです。正常乳頭タイプであれば、赤ちゃんが母乳を吸う時に苦労することはありません。

⑥陥没タイプ

続いて紹介するのは、陥没タイプです。陥没タイプは、乳首が陥没してしまっているために、見栄えがそれほど良くありません。陥没タイプの人もまた、男性から乳首を見られることに対する抵抗感が大きいことでしょう。陥没タイプの場合も、赤ちゃんが母乳を吸いづらい危険性があります。

⑦ぶつぶつタイプ

最後に紹介するのは、ぶつぶつタイプです。ぶつぶつタイプの乳首には、乳首の表面にぶつぶつとした突起物があります。そのため、ぶつぶつタイプの乳首を持つ女性もまた、人に見られることに恥ずかしさを感じていることがあるのです。ぶつぶつタイプの乳首のぶつぶつには、特に問題があるわけではありませんが、本人はかなり気にしていることがあります。

乳首(乳輪)が大きくなる原因は?

続いては、乳首が大きくなる原因を紹介していきましょう。乳首が大きいことに悩んでいる人は、乳首が大きくなる原因が知りたいはずです。乳首が大きいことに悩む人は、乳首が大きくなる原因を掴んで、対処方法を考えましょう。乳首が大きいことには、以下で紹介するようにはっきりとした原因があります。

ホルモンバランスの変化

乳首が大きいのは、ホルモンバランスの変化が原因として考えられます。ホルモンのバランスが変化すると、女性の体は大きな影響を受けるのです。そうした影響の中には、大きい乳首という結果を生むものも含まれています。大きい乳首は、何らかの影響でホルモンバランスが変化した結果と考えられるのです。

ホルモンのバランスは、年齢によって大きく変化してしまいます。特に女性は、年齢が上がるにつれて、ホルモンバランスが乱れやすくなるのです。ホルモンバランスを乱れにくくするには、心身のバランスが取れていることが重要でしょう。ストレスを溜め過ぎないように、リフレッシュする時間を意識的に作ることが重要です。

自律神経の乱れ

また、自律神経の乱れと大きい乳首にも関連性があります。自律神経が乱れることによって、人間の体はとてつもない影響を受けてしまうのです。その影響の1つが大きい乳首として現れてしまうことがあります。例えば、夜更かしをすると、自律神経が乱れやすくなり、結果として大きい乳首を生むことになってしまうかもしれません。

また、ストレスから暴飲暴食をしてしまうと、自律神経が乱れやすくなります。さらに、お酒の飲みすぎにも注意しましょう。食生活に改善の余地があるなら、少しずつ改善していくことをおすすめします。一気にいろいろなことを変えようとするとストレスを感じてしまうので、少しずつ変えて、達成感を感じられるようにしましょう。

下着と皮膚が擦れ合う

また、大きい乳首には、下着と皮膚が擦れ合っていることと無縁ではありません。下着と乳首が擦れ合うと、大きい乳首を生むことがあります。女性の中には、部屋の中ではノーブラで過ごすという人が少なくありません。ノーブラ状態は、ブラジャーをしている状態よりも乳首に刺激を与えやすいでしょう。

ノーブラの生活を長くしてしまうと、ブラジャーを面倒に感じてきてしまうでしょう。ブラジャーをすること自体が嫌になると、ブラジャーを一切したくないと考える人もいます。しかし、ブラジャーには非常に着け心地が良いものがあるのです。負担にならないブラジャーを探してみると良いでしょう。

体重の変化

また、大きい乳首は体重の変化とも関係があります。女性は、精神的な影響でも体重が増減することがあるのです。体重が変化すると、乳首が大きくなってしまう可能性があります。大きい乳首になりたくなければ、体重変化が起きる原因を排除しましょう。具体的には、ストレスを溜めないようにして、規則正しい生活を心掛けることが重要です。

乳首(乳輪)を小さくする方法

続いては、大きい乳首を小さくする方法を紹介していきましょう。大きい乳首を小さくする方法が気になる人も少なくないはずです。大きい乳首に悩んでいる人は、以下で紹介する小さくする方法を実践してみましょう。以下では、大きい乳首を小さくする方法を4つ紹介していきます。

ブラのサイズはぴったりのものを

大きい乳首を小さくする1つ目の方法は、ブラのサイズはぴったりのものを使うという方法です。実は、ブラジャーのサイズは非常に重要になっています。自分のおっぱいとぴったりのサイズのブラジャーを使えば、乳首に余計な負担がかかりません。ブラジャー選びは、慎重に行うことが重要なのです。

女性の中には、ずっと昔から同じ大きさのブラジャーばかりを使っているという人も少なくありません。自分の胸が成長しているのに、同じサイズのブラジャーを使い続ければ、乳首には大きな負担がかかってしまいます。ブラジャーは、自分のおっぱいの成長に合わせて、柔軟にサイズを変更すべきなのです。

しかも、女性の中には、自分のおっぱいの大きさを正確に把握していない人もいます。そのため、適切なブラジャーの大きさが分かっていない人もいるのです。ブラジャーを選ぶ時は、店員に相談して、ぴったりのものを買うことが重要でしょう。ブラジャー選びには時間を割いて、じっくりと考えることをおすすめします。

乳首ケアの石鹸を使う

大きい乳首を小さくする2つ目の方法は、乳首ケアの石鹸を使うということです。乳首をケアするために、何か特別なことをしていますか?そもそも、乳首をケアするという発想を持っているでしょうか?実は、女性の中には、乳首を全くケアしていない人もいるのです。そういう女性は、これから乳首のケアを考えていきましょう。

大きい乳首を小さくする方法としておすすめなのは、乳首をケアできる石鹸を用意して、それをお風呂の時間にしっかりと使うことです。乳首ケアの石鹸という存在を知らないという女性も少なくないでしょうが、探せばすぐに見つかります。大きい乳首で悩んでいるなら、乳首ケアを入念に行いましょう。

低刺激オイルで保湿

大きい乳首を小さくする3つ目の方法は、低刺激オイルで保湿するというものです。大きい乳首に悩んでいるなら、乳首を十分にケアすることが重要でしょう。乳首は乾燥に弱いので、しっかりと保湿してあげることが重要です。具体的には、お風呂から出た後に、保湿できるようなオイルを乳首に優しく塗ることをおすすめします。

乳首に塗る保湿オイルは、低刺激のものを使いましょう。乳首は非常に繊細な部位です。刺激の強いものを使ってしまうと、思わぬトラブルに見舞われてしまうことがあります。保湿オイルを買う時に、店員に相談して、低刺激のものを慎重に選択することが重要です。低刺激オイルで保湿すれば、大きい乳首に良い影響が与えられることでしょう。

黒ずみをクリームで治す

大きい乳首に悩んでいる人だけではなく、乳首の黒ずみに悩んでいる人もいるはずです。乳首の黒ずみに悩んでいる人は、クリームで治すと良いでしょう。乳首に黒ずみがあると、非常に気になるはずです。そうした黒ずみは毎日のケアで改善させることができます。お風呂から上がったら、クリームを優しく塗ってあげましょう。

男性は乳首を気にしてる?

続いては、男性は乳首を気にしているのかどうかを解説していきます。女性は、自分の大きい乳首に悩み、乳首を小さくする方法を実践しようとしますが、そもそも男性は女性の大きい乳首を気にしているのでしょうか?以下では、でかい乳首について男性がどう思っているのかを紹介していきます。

乳首の形ではなく色を見ている?

実は、男性はでかい乳首をそれほど気にしていないと考えられています。男性は、女性の乳首の形にはそれほど意識を向けていないのです。それよりも、男性は女性の乳首の色を気にしていると言われています。男性は、黒ずんだ乳首よりは、ピンク色により近い方の色を好む傾向があるのです。

でかい乳首に悩んでいる女性は、それほどでかい乳首を気にする必要はないでしょう。もし、でかい乳首ではな黒ずんだ乳首に悩んでいるなら、クリームで黒ずみを改善させていくことをおすすめします。でかい乳首を小さくするのには時間がかかるものですが、黒ずには比較的早く効果が出るので、入念にケアをしていきましょう。

しかも、乳首に対する意識は、男性によっても異なります。女性が大きいと悩んでいる乳首を全く気にしない男性もいるのです。女性がが気に入らない乳首の色を、男性が褒めてくれるかもしれません。男性は、あなたが気にしていることを、全く気にしていないかもしれないので、心配し過ぎなくても良いでしょう。

乳首を小さくする方法を実践してみよう!

でかい乳首を小さくする方法などについて詳しく見てきました。でかい乳首に悩んでいる女性は少なくありません。乳首がでかい原因にはいろいろありますが、でかい乳首を小さくする方法を1つずつ実践してみましょう。でかい乳首の原因が分かれば、改善する方法も見えてくるはずです。黒ずみがあるなら、クリームで改善させましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ