梅湯の効果や効能とは?梅干しを使った作り方紹介!

女性に人気の「梅湯」とは?「梅湯」は、美容と健康に良いと言われ、最近注目を集めています。ダイエット効果やデトックス効果も?気になる効果や効能はどのようなものか詳しくお伝えします。また、梅湯の作り方や飲み方、梅湯流しというデトックス法もわかりやすくご紹介。

梅湯の効果や効能とは?梅干しを使った作り方紹介!のイメージ

目次

  1. 1女性に人気の梅湯にはダイエット効果やデトックス効果も?
  2. 2梅湯とは?
  3. 3梅湯の効果や効能
  4. 4梅湯の作り方
  5. 5梅湯を飲むタイミング
  6. 6断食後におすすめ【梅湯流し】
  7. 7健康で気持ちのいい日々を送るために

女性に人気の梅湯にはダイエット効果やデトックス効果も?


「梅湯」をご存知でしょうか?梅湯は昔から飲まれていましたが、最近梅湯の持つ高い効果が見直され、女性の間で注目を集めています。

その効果には、ダイエット効果やデトックス効果があると言われています。女性にとっては必見の美容・健康情報です。

そもそも梅ですが、奈良時代ごろに薬用として中国から日本に伝来したと言われています。当時は熱を冷ましたり、咳や吐き気を止める薬として重宝されていたようです。

梅はその後の各々の時代でも、人々の間でその効果の高さから薬として大事に扱われ、現代までの長い間、日本人に愛されて続けています。梅湯はそうやって日本人の健康を支え続けてきた梅を使った健康法です。そんな梅湯について、詳しく見ていきましょう。

梅湯とは?

梅湯とは、どんな飲み物なのでしょうか?実にシンプルな飲み物です。梅干しに熱いお湯や煎茶を注いだものが梅湯なのです。「こんな簡単な飲み物が身体にいいの?」とビックリされている方もいらっしゃるでしょうが、期待できる効果はダイエットやデトックス効果だけでありません。

女性に多い自律神経の乱れを整えたり、疲労を回復したりとスーパーフード並みの効果が期待できるのです。梅干しだけで簡単に作れる梅湯がこんなに素晴らしかったとは、女性にとって大変嬉しい情報です。

江戸時代には福茶として親しまれた

今でも飲まれている梅湯ですが、江戸時代には既に、お正月や節分、大晦日などに飲まれる「福茶」としても飲まれていたようです。

それまで梅は、主に薬用として利用されることが多かったため貴重なものでしたが、江戸時代になると梅の品種が増え、一般の家庭でも漬けられていました。梅そのものが広く人々の生活の中に浸透していため、福茶も一般的に親しまれていました。

ちなみに福茶は、梅の他に黒豆や山椒、昆布などを具にすることもあります。福茶を飲む習慣は、主に京都や関西地方に多く見られます。

簡単なので毎日続けられる

いくらダイエット効果やデトックス効果が高いと言われても、作り方が面倒くさかったら続きません。しかし、梅湯は梅干しにお湯を注ぐだけ。とても手軽なので、毎日続けやすいのが特徴です。

基本的に体の不調を整えていくためには、ゆっくりと時間をかけることが必要です。特にお薬などではなく、自然なもので体調を整える場合は、このことが当てはまります。梅湯もお薬ではありませんので、毎日続けること大切です。

材料費が手軽で安い

また「簡単」の他に、物事を続ける上で重要なのが、「安い」ということです。簡単だけど費用がかさんでしまうと、続けたくても続けられなこともあるでしょう。

しかし、梅湯はこの点でも安心できます。必要な材料は、基本的には梅干しとお湯、または煎茶ですから、とても手軽に続けることができるのです。簡単に、経済的に続けられる梅湯で、ゆっくりと体調を整えましょう。

梅湯の効果や効能

あなたが梅湯を飲む目的は、どんなところでしょうか?「最近、お腹周りが気になって。。」「何か最近肌にハリがなくて。。」といった声が聞こえてきそうです。

恐らくもっとも気になるであろう梅湯の効果・効能について、ここでは、ダイエット効果、美肌効果、デトックス効果の3点に絞って説明いたします。きっと梅湯の素晴らしさが分かり、多くの方が梅湯を始めたくなるでしょう。

効能①ダイエットの効果

まずは、ダイエット効果から見てみましょう。梅干しには、ダイエットに効果があると言われる次の3つの成分があります。

1.「クエン酸」は、血液をサラサラにする働きがあるので、ドロドロで流れが悪くなった血流を改善します。血流がよくなることで、体内の代謝も活発になり、脂肪が燃焼されます。これがダイエット効果です。

2.梅干しに含まれる「バニリン」という成分は、脂肪を蓄えている脂肪細胞に刺激を与え、脂肪細胞を燃焼させます。「クエン酸」と同じ脂肪燃焼作用があるのです。これがダイエット効果につながります。

3.「α-グルコシダーゼ」という血糖値の上昇や肥満などに関連する酵素があります。この「α-グルコシダーゼ」の働きを阻害する成分が梅干しに含まれていることが梅の医学的研究から明らかになっています。

つまり、この「α-グルコシダーゼ」阻害成分によって、血糖値が急上昇することによる脂肪の溜めこみを防ぐことができます。これがダイエット効果となります。3つのダイエット成分が含まれる梅干し。ダイエットにはもってこいの食材なのです。

効能➁美肌の効果

現代人は、仕事が忙しかったり、不規則な生活になったり、食事のバランスが悪かったりと、活性酸素がたまりやすい状況に晒されています。この活性酸素が肌のたるみやシワ、シミなどの肌の老化を引き起こす原因なのです。

この活性酸素を取り除いてくれる成分が、梅干しには含まれています。それは、「梅リグナン」という抗酸化作用をもつ成分です。この成分が肌の老化を防ぎ、美肌に効果的なのです。

また、梅干しの酸っぱさは唾液の分泌を促します。この唾液に実は、アンチエイジング効果がある「パロチン」という成分が含まれているのです。この成分には新陳代謝や皮膚などの成長を促す効果があるので、美肌にも有効的です。

このように梅干しには、「梅リグナン」と「パロチン」という2つの美肌効果成分が含まれているのです。

効能③デトックス効果

「梅干しは三毒を断つ」と言われるように、梅干しには解毒効果(デトックス効果)があることは昔から知られていました。

解毒に大きな役割を果たすのが、効能①でも挙げた「クエン酸」です。梅干しに豊富に含まれている「クエン酸」のさまざまな効能によって、デトックス効果が期待できます。

「クエン酸」の代表的な効能のひとつに疲労回復効果があります。これは、疲労物質である乳酸を取り除く効果です。筋肉に溜まった乳酸が除去されると、老廃物や無駄な水分が流され、デトックスにつながるのです。

また、効能のひとつに血液をサラサラにすることがありますが、これによって体内の新陳代謝が促され、老廃物が輩出されます。更には、便秘の解消にも効果的です。

梅干しの代表的な成分である「クエン酸」がデトックスに果たす役割には、大きいものがあります。梅湯や梅干しはもちろん、「クエン酸」を含む食材は積極的に取りましょう。

梅湯の作り方

手軽に作れる梅湯ですが、ここでは白湯を使った基本の梅湯の他、焼き梅を使った作り方や甘じょっぱい梅湯の作り方をご紹介いたします。

どんな梅湯にするか、その日の気分で作り方を変えるのもいいでしょう。楽しみながら梅湯を続けてみましょう。

作り方①白湯を使う基本の梅湯レシピ

マグカップや湯呑に入れた梅干しに白湯(さゆ)を注ぐだけで、出来上がり。梅干しは1~2個でいいでしょう。お好みで白湯の代わりに煎茶でもOKです。白湯の温度は、「ちょっと熱いな」と感じる50度程度が適温です。白湯や煎茶の量は、濃いめが飲みたいときは白湯の量を少なくしたりと、自分の好みや体調と相談してください。

梅干しは、昔ながらの塩だけで漬けた梅干しを使います。食べやすいようにいろいろと添加物を加えた梅干しはできれば避けたほうがいいでしょう。梅干しは潰しながら、梅湯と一緒にいただきます。

作り方➁焼き梅を使う梅湯レシピ

焼いた梅干しを使うこともオススメです。ダイエット効果のところでも取り上げた「バニリン」が、梅干しを焼くことで増加するそうなので、脂肪を燃焼させたい方は是非、焼き梅干しで梅湯を作ってください。

梅干しは、フライパンを使って弱火でゆっくりと焼くことがポイントです。油はひきません。中まで温かくなったらOKです。焦がさないように注意しましょう。

フライパンが面倒なら、オーブントースターで焼きましょう。こちらもフライパンで焼く場合と同様に、焦げない程度に焼き、中が温かくなればOKです。こうして焼いた梅干し1~2個をマグカップや湯呑に入れて、白湯(or煎茶)を注げば出来上がりです。

作り方③甘じょっぱい梅湯レシピ

マグカップや湯呑に梅干しとハチミツを入れて、白湯(or煎茶)を注ぎます。かきまぜた後、1~2分待ち、梅干しがやわらかくなったら完成です。白湯の温度は50度程度。梅干しは1~2個。ハチミツや砂糖の量はお好みで調整してください。梅干しを潰しながら、果肉と一緒に梅湯もいただきます。

梅湯を飲むタイミング

ここまで梅湯の効果効能や作り方を説明してきましたが、ではいつ飲むのが良いのでしょうか?それはあなたの体調やライフスタイルにもよりますが、一般的には朝と夜がオススメです。

また、毎朝、就寝前など、飲むタイミングを決めるとルーティンになるので、毎日忘れずに続けることができます。朝は忙しくて続けられないなどの場合は、お昼や夕方でもいいでしょう。あなたが続けられるタイミングで飲み続けることが、とても大事です。

朝起きたら

朝起きたら、朝食前に梅湯を飲むといいでしょう。温かい梅湯を飲むことで、寝ている間に冷えた体が温まるので、血流が良くなり、代謝が促されます。

また、朝食前に梅湯を飲むことで、胃腸の調子が整うので、食事の栄養を効率的に摂ることができるでしょう。朝から体を温めて、気持ちのいいスタートを切りましょう。

寝る前に

夜寝る前もオススメです。梅湯を飲むと血流がよくなり、体が温まることから、より深く眠ることができます。深い睡眠は疲労回復とダイエットにもつながります。梅湯を就寝前に飲んで、質の良い睡眠をとり、気持ちのいい元気な朝を迎えましょう。

お茶感覚で飲む

手軽にすぐにできるのも梅湯のいいところ。お茶やコーヒーのように梅湯は日常的に続けやすいでしょう。朝や就寝前のほかに、お昼や晩ごはん、おやつ時に、のどが渇いた時、体を温めたい時、運動後など日常の様々なシーンの中で梅湯を楽しんでみて、毎日続けやすいタイミングを探ってみるのもいいでしょう。毎日続けることで、より高いダイエット効果やデトックス効果が期待できます。

断食後におすすめ【梅湯流し】

「梅湯流し」をご存知でしょうか?断食後に梅湯を飲んだり、生野菜を食べたりしながら、胃腸のお掃除を行うデトックス方法です。断食と一緒に行うので、体内の老廃物が排出され、高いデトックス効果が期待できます。

「疲れが溜まっている」、「便秘だ」、「吹き出物が出がちだ」などでお困りの方は是非、梅湯流しを試して、その効果を体感してみてください。

梅湯流しのやり方

それでは、梅湯流しのやり方について説明いたします。

① 2日半(7食分)の食事を抜きます。断食です。⇒② 断食後、コップ一杯の白湯を飲みます。⇒③ 2リットルの水に梅干しを8個入れ、ほぐしながら5分間煮ます。⇒④ この2リットルの梅湯をゆっくりと飲み干します。ここは少々頑張りどころです。⇒⑤ ダイコンやキュウリ、キャベツ、ニンジン、セロリなどの5種類ほどの生野菜に味噌をつけて食べます。このとき、一緒に梅湯を飲みながら食べるのもいいでしょう。⇒⑥ 便意をもよおすまで⑤をゆっくりと続けます。個人差はありますが、およそ40~50分ほどで便意をもよおします。便意が現れない場合は、④と⑤を繰り返します。⇒⑦ ④と⑤を繰り返しながら、トイレには3回行きます。ここが一番の頑張りどころです。トイレに3回行ったら、大体便意は治まります。⇒⑧ 最後に、ショウガ入りのミルクティーを飲んで終了です。お疲れさまでした。

①~⑧までおおよそ、1時間半~3時間ほどかかりますので、休日など時間がある際に取り組むようにしましょう。また、便が途中から水だけになったり、食べた野菜がそのままで出てきたりすることがありますが、これは自然の下痢なので心配不要。身体に溜まった老廃物はこの際どんどん出してしまいましょう。

断食が初めての方は

上記ではさらりと「2日半(7食分)の食事を抜きます。」と書きましたが、断食が初めての方にとって、「2日半はハードルが高い」と思われる方も多いでしょう。そういう方はまず、朝と昼の食事を抜き、夜から梅湯流しを始めるなど、1日の断食から始めてみるのもオススメです。

梅湯流しの注意点

梅湯流しが終わった後は胃腸は敏感な状態ですので、翌日以降の食事は、油物や肉類は避けましょう。徐々に胃を慣らすために、初めは生野菜や果物を食べて、その後に野菜スープやおかゆなどを食べます。味付けはなるべく薄く。また、ヨーグルトや豆腐などを頂いてもいいでしょう。

断食をしたのと同じ日数(2日半)をかけて、梅湯流しを行う前の食事にゆっくりと戻します。せっかくなのでこの際に、それまでの食生活を見直し、胃腸に負担の少ない食事に変えるのもいいでしょう。

梅湯流しを実践してはいけない方

強制的に便を出す梅湯流しは、一時的に腸内を荒らすようですので、次の方は実践しないでください。・薬を飲んでいたり治療中の病気がある方・消化器系の病気の方、あるいは消化器の手術をして一年以内の方

健康で気持ちのいい日々を送るために

梅湯の効果や作り方、飲み方、そして梅湯流しと見てきましたが、いかがでしたでしょうか?梅は奈良時代に日本に伝わってきたと言われています。「万葉集」の中でも梅を詠った歌が多く残っているように、およそ1300年前から日本人の間で親しまれてきました。

こんなに長く愛され続けている理由は、きっと人々を健康にする力があるからでしょう。また、梅干しは日本人の体質に大変合った食材ゆえに、これだけ長い間、私たちの生活の中で生かされているのでしょう。

昨今、海外からのスーパーフードが注目を浴びていますが、梅干しはそういったスーパーフードに負けず劣らずの力を持っています。昔から日本人には梅干しというスーパーフードがあったのです。

ただ梅干しだけだと、その酸味から毎日頂くことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。でもその梅干しにお湯をかけ梅湯にすることで、酸味が和らぎ、日々続けやすくなります。

健康には日々の過ごし方が大きく反映されますので、毎日続けることはとても重要です。ぜひ、梅湯をお茶のように毎日の生活の中に取り入れて、健康で気持ちのいい日々を送ってください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ミッチー
お読みいただいて、あなたの生活がカエルの跳躍ほどでも前に進んでくれたら幸いです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ