騎乗位の腰の動かし方!セックスで男を喜ばす腰使いのコツを伝授!

女性が一番気持ち良い体位と言われているのが騎乗位です。しかし、騎乗位は腰の動かし方が難しいと思っている方も多いでしょう。そこで、騎乗位での動き方や、男性を喜ばせる腰使いについてコツをご紹介します。この動き方をマスターすればお互いに気持ちよくなること間違いなし!

騎乗位の腰の動かし方!セックスで男を喜ばす腰使いのコツを伝授!のイメージ

目次

  1. 1騎乗位の腰の動かし方や腰使いのコツを伝授!
  2. 2騎乗位とは?どんな種類がある?
  3. 3騎乗位の気持ちいい動き方5選
  4. 4騎乗位で男性を喜ばす腰使いのコツ
  5. 5騎乗位で女性がイクための動き方は?
  6. 6騎乗位で気持ちよくなるための練習方法
  7. 7騎乗位での動き方やコツをマスターしよう!

騎乗位の腰の動かし方や腰使いのコツを伝授!

男性にとって好きな体位の一つである騎乗位。しかし、女性にとっては動き方がわからない、すぐに疲れてしまうと難しい体位だと考えられています。そこで、騎乗位で気持ちよくなる腰の動き方や腰使いのコツをご紹介します。騎乗位が苦手だという女性はぜひ一読してください。

騎乗位とは?どんな種類がある?

それではまずは騎乗位とは一体どのような体位なのか、騎乗位の種類は何があるのかをご紹介します。騎乗位とは、セックスの体位の一つであり、仰向けになっている男性の上に女性がまたがり挿入することです。

女性のポーズがまるで馬に乗った騎手のような姿であるということから「騎乗位」という名前がつけられました。セックス中に女性が主導権を握って動ける体位である、男女ともに人気がある体位です。

女性が最も気持ちいいセックスの体位

騎乗位は様々あるセックスの体位の中でも、女性にとって最も気持ちいいセックスの体位だと言われています。というのも、女性が上にまたがることによって自分のペースで動くことができ、主導権を握ることができます。

セックス自体、男性が主導権を握って動くことが多いです。しかし騎乗位の場合は男性は女性のいいなりで、女性は好きなように動くことができるので非常に気持ちいいのです。

騎乗位の種類

一言で騎乗位と言っても、細かくは様々な種類に分けられます。大別すると対面騎乗位と背面騎乗位の2種類です。そこで、それぞれの体位について特徴をご紹介します。

それぞれに特徴があり、どちらも気持ちいいと人気です。ぜひ両方試してみて、自分の好みの騎乗位の体位を見つけてみてはいかがでしょう。

対面騎乗位

まずは「対面騎乗位」についてご紹介します。一般的に騎乗位といえばこの対面騎乗位を想像される方が多いでしょう。これは、名前の通り「対面」、つまり男女がお互いに顔を見合わせながら女性が上にまたがって挿入する騎乗位です。

お互いに顔を見たり、挿入している部分を見たりできるので非常に興奮する定番の騎乗位です。騎乗位が初めてだという方は対面騎乗位から初めてみるのがおすすめとなります。

背面騎乗位

騎乗位の種類、続いては「背面騎乗位」です。背面騎乗位は対面騎乗位の逆で、女性が男性に背中を向けた状態で挿入する体位のことです。いわゆるバックでの騎乗位のことで、男性にとってはペニスが沿った状態で挿入されるので非常に気持ちいいと人気があります。

また、対面騎乗位はお互いの顔を見ることができますが、背面騎乗位は男性からは女性の背中やお尻しか見ることができません。そのため、お尻フェチの男性にとっては至福の体位と言えるでしょう。

背面騎乗位は対面騎乗位よりも少しテクニックが必要となります。今までにバックや対面騎乗位をしたことがないという方には少々難しいかもしれません。しかし慣れてくると非常に気持ちよく動くことができると男女ともにハマる方も多いです。

騎乗位の気持ちいい動き方5選

女性の中には騎乗位が苦手という方も多いでしょう。そういった方は騎乗位で自分が主導権を握ることができるけれど、どうやって動けばいいのか動き方がわからないというケースが多いようです。そこで、騎乗位での気持ちいい動き方をご紹介していきましょう。騎乗位をしたことがないという方や、騎乗位に苦手意識を持っているという方、必見です。

動き方①前後にゆっくり

まず最初の動き方は「前後にゆっくり」です。最初から激しい動きをする必要はありません。前後にゆっくりと動かしていきましょう。

イメージとしては正常位の体位が上下逆になったような動き方です。男性が前後に動く姿を女性でも再現すると徐々に気持ちが盛り上がっていきます。

動き方②上下にピストンする

続いての動き方は「上下にピストンする」ということです。前後もいいけれど、上下に動くと男性にさらなる快感を与えることができます。

上下にピストンする場合、女性の手は男性の腰あたりに置いておくと動きやすくて安定感が増します。また、足を開脚されると挿入部分が男性から丸見えなので男性は興奮するでしょう。ピストンの速さを変えてみるのもおすすめです。

動き方③上体を反らせて腰を突き上げる

慣れてくると「上体を反らせて腰を突き上げる」という動き方もおすすめです。上体を反らせることによって、男性のペニスも反るためにさらなる刺激が加わります。

また、奥まで入るので女性はGスポットを刺激されることもあるでしょう。自分が気持ちがいい場所を探すのにもこの動き方は必須です。

動き方④円を描くように

続いての動き方は「円を描くように」です。前後や左右もいいけれど、どちらもあわせた気持ちよさを感じることができるのがこの動き方です。

少し腰を浮かせた状態で、時計回りもしくは反時計回りに腰を動かしていきます。腰を大きく回転させるため、少々上級者向けの動きです。

動き方⑤体を密着させて腰だけ動かす

騎乗位の動き方、最後は「体を密着させて腰だけ動かす」です。男性の体に密着するので、騎乗位は恥ずかしいという方でも気軽に試すことができる動き方でしょう。体を密着させている状態なので、キスをしたり乳首なめたりすることもでき、より興奮度が増すという方も少なくありません。

体は密着していながらも、女性がまたがっているのでしっかりと腰は動かしましょう。お尻をあげて上下に小刻みに動かしたり、大きく動かしたりと緩急をつけながら動くのがポイントです。

騎乗位で男性を喜ばす腰使いのコツ

騎乗位での基本の動き方をご紹介しましたが、余裕がある方はぜひ男性を喜ばせる腰使いを身につけましょう。騎乗位での腰使いにはいくつかのコツがあります。

その中でも特に男性に快感を感じてもらい喜ばせることができる腰使いがあるのでご紹介していきましょう。

挿入後すぐに動かず膣を締める

騎乗位で挿入した後、すぐに動いてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。挿入後はすぐに動かさずに少しの間静止してみるのがおすすめです。

すぐに動かないことによって焦らしの効果があり、男性は興奮度が増すでしょう。また、動かずに待っている間は膣を締めるとペニスが締め付けられるため、男性はそれだけでも気持ちよく感じられます。

また、挿入自体も一気に全部入れるのではなく、少しずつゆっくりと入れていくのもポイントです。これも焦らし効果につながります。

動きが単調にならないように

上で騎乗位の動き方をご紹介しましたが、様々な動き方を組み合わせた腰使いが男性を飽きさせないポイントです。同じ動きがずっと続いてしまうと男性も飽きてしまいます。

そのため、上下にピストンの後は円を描いたり、前後にゆっくり動いたあとは腰を突き上げたりとそれぞれの動き方を組み合わせて単調にならないようにすると、男性も長い間興奮状態が続きます。

騎乗位で女性がイクための動き方は?

騎乗位は女性が最も気持ちい体位だと言われていますが、動くことに集中してしまいなかなか自分自身はイクことができないというケースもあるようです。

そこで、騎乗位でも女性が満足してイクことができるための動き方をぜひマスターしましょう。女性が主導権を握ることができる騎乗位だからこそ、自分も満足して終わりましょう。

クリトリスをこすりつける

まずは「クリトリスをこすりつける」ことです。騎乗位は女性がまたがっているので、前後や上下の腰使いの最中にクリトリスを男性の肌にこすりつけることが可能です。

挿入部分がこすり合わされることによる快感に、クリトリス自体がこすられる快感もプラスされて満足度が上がります。

Gスポットに当てる

続いては「Gスポットに当てる」ということです。これは特に状態を浮かせて腰を突き上げるという動きのときに行いやすいです。

腰を突き上げる際に、自分のGスポットにペニスの先を当てるようにしてみましょう。うまく当たるとそれだけで快感が感じられます。また、上下ピストンの際に当たるように動くのもおすすめです。

深くしてポルチオに当てる

女性にとってクリトリスやGスポットよりも気持ちいいと言われるスポットが「ポルチオ」です。ポルチオは膣の奥の子宮口の入り口にあり、快感を連続で感じやすいと言われています。

ポルチオに当てるには基本的にGスポットに当てるやり方と同様で、それよりもさらに深くまで当ててみましょう。動き方をマスターできれば今までにないほどの快感を感じることができます。

騎乗位で気持ちよくなるための練習方法

騎乗位が苦手だという方は一人で練習するのもおすすめです。騎乗位は普段の生活であまり使わない太ももの筋肉を使います。そのため、少し動いただけですぐ疲れてしまうという女性も多いでしょう。

そこで、太ももエクササイズやディルドを使っての練習をすると騎乗位での動き方をマスターでき、さらに気持ちよく感じることができるようになるでしょう。

ディルドを使用する

練習方法として、まずはディルドを使ってみるのがおすすめです。ディルドを使って、騎乗位と同じ体位にして下から挿入してみましょう。

挿入したまま、上でご紹介した動き方を練習しておくと、本番でもうまく動くことができるようになることでしょう。また、ディルドを使った練習中に自分が一番感じる動き方やポイントもマスターすることができます。

太ももエクササイズも

騎乗位でセックスするとすぐに疲れてしまう、という方は普段から太ももエクササイズで練習しておくのもおすすめです。騎乗位で上下に動くのは、スクワットをしているのと同じぐらいのエネルギーを使います。

そこで、普段から騎乗位と同じような動き方の太ももエクササイズをしておくと、疲れにくくなりそれでいてダイエットにもつながるという一石二鳥の効果が期待できます。

騎乗位での動き方やコツをマスターしよう!

騎乗位での動き方や腰使い、練習のコツなどについてご紹介しました。騎乗位が苦手だという方やまだやったことがないという方、ぜひ参考にしてみてください。動き方のコツをつかめば騎乗位は女性にとって最も気持ちよくなれる最高の体位です。

体位に関する記事はこちら

ThumbAV男優も認める体位「ロールスロイス」の気持ちいいやり方とは?
「ロールスロイス」というセックスの体位をご存知でしょうか。ロールスロイスと聞いて車を思い浮か...
Thumbしめ小股とは?おすすめ体位•締め小股のやり方解説!
江戸時代から伝わっている48手の一つと言われているしめ小股をご存知ですか?しめ小股は浅い挿入...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
reiko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ