外だしは避妊にならない?ゴムなしセックスの妊娠率や避妊方法を紹介!

外出しをすれば避妊をしなくても妊娠しないと考えている男性も多いようですが、外出しは避妊になりません。それゆえに、排卵日付近で外出しする場合は、妊娠の確率がグッと上がります。そこで、ゴムなしセックスの妊娠の確率や避妊方法を紹介していきましょう。

外だしは避妊にならない?ゴムなしセックスの妊娠率や避妊方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1外出しは避妊にならない?ゴムなしセックスの妊娠率や避妊方法!
  2. 2外出しによる妊娠の確率
  3. 3外出しのベストなタイミングはいつ?
  4. 4外出しで妊娠する理由
  5. 5妊娠しやすい時期とは?
  6. 6望まない妊娠を避ける避妊方法とは?
  7. 7外出しのリスクとは?
  8. 8妊娠のリスクがあるゴムなしセックスをする理由
  9. 9避妊しても妊娠するケースとは?
  10. 10外出しは妊娠する可能性が非常に高い!

外出しは避妊にならない?ゴムなしセックスの妊娠率や避妊方法!

外出しの場合、タイミング次第では、妊娠する可能性も十分あります。そこで、ゴムなしセックスの妊娠の確率や外出しのベストなタイミング、外出しで妊娠する理由、避妊方法などをご紹介していきましょう。セックスの際は、正しい知識を持つことが重要です。

外出しによる妊娠の確率

外出しをしていれば、まず妊娠する確率はないだろうと安易に考えている男性がいます。外出しをしていれば妊娠する確率がないと考えるのは間違っているでしょう。そこで、外出しによる妊娠の確率をご紹介します。

外出しによる妊娠の確率は4~18%

外出しによる妊娠の確率は、4~18%となっています。この確率を見て、やはり外出しは、妊娠の確率が低いから安全だと考えるのはよくありません。これはあくまで統計上の話です。それどころか、人によっては100%妊娠する可能性もあります。

外出しとは、コンドームなどの避妊具を使用しないでセっクスをして、射精する時に膣から抜いて外に出すことです。

外出しは、ゴムなしですが、外に精液を出しているので妊娠しないだろうという考えの男性は非常に多いでしょう。しかし、妊娠の確率が4~18%となっている以上、妊娠の可能性はあるのです。

安全日の外出しによる妊娠の確率は0%ではない

安全日の外出しによる妊娠の確率は、なんとも言えませんが、0%でないことは確かです。安全日は、最も妊娠しずらい時期と言われています。安全日とは、排卵後から生理前を意味しているのです。

しかし、生理周期が不純な人がいるように排卵は、その時の身体の調子やストレスなどによって、自分で判断することはほとんど難しいでしょう。

それゆえに、安全日を正確に割り出すことができず、妊娠の確率を導き出すこともできません。100%安全な日などはどこにもないということをしっかりと認識することが重要です。

避妊せず中出しでの妊娠の確率は20~30%

避妊をしないで中出しした場合の妊娠の確率は、20~30%と言われています。この20~30%という確率は、排卵日前後の最も妊娠しやすい時期に中出しをした場合の数字です。

しかし、タイミングによっては1回の中出して妊娠することもあるでしょう。中出しだろうと外出しだろうとタイミングが合えば確実に妊娠するということを忘れてはいけません。

外出しのベストなタイミングはいつ?

外出しの場合、妊娠する可能性があるとわかっていても、人によっては生でセックスをする気持ち良さを捨てきれない人がいます。どれだけ薄いコンドームを使用しても、「やはり生に勝るものはない」という人もいるのです。

外出しを続ける際は、自己責任になります。そのため、外出しのベストなタイミングは把握しておきましょう。そこで、外出しのベストなタイミングをご紹介します。

ガマン汁が出る前

外出しのベストなタイミングは、ガマン汁が出る前です。多くの男性は、射精する直前に膣外に射精すれば、大丈夫だろうと考えています。しかし、それでは遅すぎるでしょう。

ガマン汁の場合は、射精とは違って精子が入っていないと認識している人が多いですが、ガマン汁には、精子が少なからず含まれています。それゆえに、ガマン汁が出ている状態でゴムなしでセックスをすると妊娠する可能性はグッとアップするでしょう。

また、ガマン汁は自分でコントロールできるものではありません。気が付いていたら出ていたというのが普通でしょう。それゆえに、外出しは、ガマン汁が出る前がベストなのです。

排卵が終わって2~3日後から生理前の安全日

排卵が終わって2~3日後から生理前は安全日となっています。それゆえに、外出しをしたいのであれば、ベストなタイミングと言えるでしょう。しかし、安全日と言っても100%安全ではないことを認識しておくことが重要です。

また、排卵日は自分で見極めるのが非常に難しいです。適当に「多分ここかな?」という認識の人が多いでしょう。排卵日は、病院で調べないとはっきりとわからないことを覚えておく必要があります。

完全な外だしは存在しない

外出しのベストなタイミングをご紹介してきましたが、妊娠しない完全な外出しは存在しないということを認識しておきましょう。射精する直前に抜くという外出しは、タイミングによっては非常に危険です。

男性は、そもそも中で射精したいという本能があります。それゆえに、わずかに抜くのが遅くなって妊娠してしまうということも十分あり得るのです。

ゴムなしで「ちょっと中で出ちゃった」という男性も少なくはありません。ちょっとだとしても妊娠する時は妊娠するということを覚えておきましょう。また、お酒が入っている時の外出しは、判断が鈍りやすいのでかなり危険です。

外出しで妊娠する理由

外出ししていたのに妊娠してしまったという人もいるでしょう。外出しは、ただのゴムなしのため避妊ではありません。それゆえに、妊娠してもおかしくはないでしょう。そこで、外出しで妊娠する理由をご紹介していきましょう。

ガマン汁には精液が混ざっている

ガマン汁には量は少ないですが、精子が混ざっていることを知っていましたか?それゆえに、ガマン汁によって外出しでも妊娠する可能性は高いです。ガマン汁の正式名はカウパー液と言います。

カウパー液には、量は少なくても精子が混ざっています。ゆえに、膣内に射精していなくても妊娠する可能性を秘めているのです。カウパー液に精子が混ざる理由は、尿道に精子が流れているからとなっています。

自然現象のため、意識してコントロールすることは不可能です。また、コンドームをしていても妊娠した場合は、前戯の段階でカウパー液が付いた手で触ったせいかもしれません。

射精は完璧にコントロールできない

セックスで基本外出しの男性の中には、「今まで外出しで失敗したことがない、完全にコントロールできる」と自負している人もいるでしょう。しかし、射精は完全にコントロールできるものではありません。

自分の気が付かないうちに精液が漏れているということは、よくあることです。今まで妊娠しなかったのはたまたま運が良かっただけということに早く気が付いが方がよいでしょう。外出しは避妊だと感じている男性も考えを改めた方がよいです。

妊娠しやすい時期とは?

妊娠しやすい時期とは、いつでしょうか?外出しセックスをしている人は、妊娠しやすい時期をしっかりと把握しておくことが重要です。妊娠しやすい時期とは、排卵が起こる前後数日となります。

この時期に、外出しセックスをすると妊娠する可能性は非常に高くなるでしょう。妊娠は排卵された受精卵に精子が受精することで可能となります。排卵日は、生理と生理の中間にあたりますが、誰も正確に把握することはできません。

基礎体温やオギノ式を活用することで、排卵日などを予測することは可能です。しかし、完全な安全日はないことを理解して、妊娠を望まない場合は避妊をしましょう。

望まない妊娠を避ける避妊方法とは?

ゴムなしのセックスがいくら気持ちがいいからと言って、外出しばかりして、避妊をしない場合は妊娠してもおかしくありません。

ゴムなしセックスで後悔しないためにも、セックスでの正しい避妊方法をマスターしておくことが重要です。そこで、望まない妊娠を避けるための避妊方法をご紹介していきましょう。

98%の避妊効果のあるコンドーム

最も手軽で多くの人が活用している避妊具が、コンドームです。コンドームは98%の避妊効果があるといわれています。最近は、コンビニでも通販でも購入することができます。正しく活用できるようになりましょう。

98%の避妊効果を誇るコンドームも使い方を間違えたり、破れたりしている場合は、効果は一気に低下します。また、男性によってはコンドームを付けてくれない人もいるようです。このよう場合は、女性を大切にしているとは言えないでしょう。

ピルの避妊率は98%

ピルは、婦人科で診察を受けてから処方してもらう避妊薬となっています。ドラッグストアやコンビニでは購入することはできません。女性によっては、副作用が出る場合もあります。それゆえに、診察をしてもらいながら体質に合ったものを処方してもらうのです。

ピルの避妊率は、コンドーム同様に98%となっています。ピルは避妊率も高く、男性に頼らなくても自分で服用すれば済むというメリットがあるでしょう。しかし、飲み忘れてしまうと効果がありませんので気を付けましょう。

5年間の避妊が可能なIUS(ミレーナ)

IUSとは避妊する器具でミレーナとも呼ばれています。ミレーナは、子宮内に装着して避妊を行う避妊する器具です。子宮内に一度装着してしまえば、5年間は避妊が可能になります。

ピルの場合は、副作用の心配がありますが、ミレーナの場合はそのようなリスクはありません。また、受精卵の着床をを防ぎ、子宮内に精子が侵入するのも防いでくれます。それゆえに、ピルよりも高い避妊率を誇っている今注目の避妊方法です。

月経困難症や月経過多にも効果があります。また、ミレーナは一部保険適用で利用することができるので便利です。避妊効果はもちろん、月経で悩んでいる女性におすすめです。

2~5年間効果がある銅付加IUD

銅付加IUDとは、ミレーナと同様に子宮内に装着して避妊することが可能な避妊具です。銅付加IUDは、銅イオンを放出して精子の侵入や受精卵の着床を防ぎます。1回の挿入で2~5年の効果が期待できる避妊具です。

切手ほどのサイズの避妊具のため、麻酔などを使用せずに婦人科で挿入することが可能になります。ピル以上の避妊効果があり、女性ができる避妊方法と言えるでしょう。避妊を男性任せにしたくない人におすすめです。

外出しのリスクとは?

外出しは、避妊方法ではありません。それゆえに、望まない妊娠というリスクが常に伴います。望まない妊娠ということにならないためにも、外出しのリスクをしっかりと理解しておく必要があるのです。そこで、外出しのリスクをご紹介していきましょう。

性感染症

コンドームは、98%の避妊率を誇っていますが、避妊の他にも性感染症にも効果的です。性感染症とは、セックスによって感染する病気になります。外出しのようなセックスをしていると感染のリスクが一気に高まるでしょう。

性感染症で有名な病気は、エイズです。エイズ以外にもクラミジアもあります。クラミジアは自覚症状がほとんどなく、流産や不妊の原因になる怖い病気です。性感染症に感染した場合は男性も一緒に治療する必要があることも覚えておきましょう。

望まない妊娠

外出しのセックスをすることで、望まない妊娠をする確率は高くなります。結婚前提のお付き合いで、子供を望んでいるのであれば問題ないでしょう。しかし、子供を望んでいるわけではないのに、一時の快楽を求めて外出しにするのはよくありません。

子供ができた時に責任が取れるのかをしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。男性によっては妊娠したことで逃げてしまう人もいます。最終的には女性に負担がかかるため、自分の身体を大切にした方が良いでしょう。

妊娠のリスクがあるゴムなしセックスをする理由

妊娠リスクがあると分かっていながら、ゴムなしセックスをする理由は何でしょうか?ゴムなしセックスをする理由をよく理解することで対処することができます。妊娠のリスクがあるゴムなしセックスをする理由をご紹介していきましょう。

コンドームが手元になかったから

ゴムなしでセックスをする理由で一番多いのが、コンドームが手元のなかったからです。恋人とそのような雰囲気になった時にその場の雰囲気を壊したくなくて、そのままゴムなしでしてしまうカップルは多いでしょう。

恋人と会う約束をしているのであれば、いつそのような雰囲気になっても対処できるように男性や女性は準備をする必要があります。

生の方が気持ちいいから

ゴムなしセックスをする理由で圧倒的に多いのは、生の方が気持ちいいからです。妊娠のリスクはわかった上で、快楽を優先するパターンです。気持ちが良いことはとても重要でしょう。しかし、女性の身体のことを考えて行動する必要があります。

避妊しても妊娠するケースとは?

避妊しても妊娠するケースというのもあります。コンドームなどで避妊をしている場合に起こりがちな避妊をしても妊娠するケースをご紹介していきましょう。避妊も正しい方法で行うことがとても重要なのです。

射精の直前にコンドームを装着した

射精の直前にコンドームを装着した場合、避妊しているつもりでも妊娠するケースは多いです。ガマン汁でも妊娠することをしっかりと理解することが重要でしょう。コンドームを使用するのであれば、挿入する前に付けることが重要です。

コンドームが破れていた

知らない間にコンドームが破れていていて、避妊をしたのに妊娠してしまったということもあります。コンドームは薄いゴムで作られています。そのため、丁寧に扱わないとすぐに破けてしまうでしょう。装着時も破れていないかしっかりとチェックをする方がよいです。

外出しは妊娠する可能性が非常に高い!

外出しは、妊娠する可能性が非常に高いです。男性も女性も外出しは妊娠する可能性があることをよく理解しましょう。1回なら大丈夫だろうという安易な考えも捨てて、相手の女性のことを思って正しい避妊方法をマスターすることが重要です。

妊娠に関する記事

Thumbセフレが妊娠してしまった!男性の本音や具体的な対処法を解説!
肉体だけの関係であるセフレ。もし、その体だけの関係でセフレが妊娠してしまったらどうすればいい...
Thumb小学生での妊娠!低年齢での出産問題の日本や世界の現実!
小学生での妊娠や出産について真剣に考えたことはあるでしょうか。今や、小学生で妊娠しているとい...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
いまるん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ