セルフクンニをしてみたい!正しいやり方と注意点など紹介!

セルフクンニをしたことはありますか?以下では、セルフクンニをしてみたいという人のために、セルフクンニに関する詳しい情報を紹介します。セルフクンニの正しいやり方や注意点、セルフクンニのメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

セルフクンニをしてみたい!正しいやり方と注意点など紹介!のイメージ

目次

  1. 1セルフクンニの正しいやり方や注意点などご紹介!
  2. 2セルフクンニってなに?
  3. 3セルフクンニの正しいやり方
  4. 4セルフクンニのメリット
  5. 5セルフクンニの注意点
  6. 6セルフクンニをするためのトレーニング法
  7. 7他にもある!セルフクンニ以外のオナニー
  8. 8セルフクンニをしてみよう!

セルフクンニの正しいやり方や注意点などご紹介!

セルフクンニをご存じですか?以下では、セルフクンニの正しいやり方や注意点などを詳細に紹介していきましょう。また、セルフクンニのメリットや、セルフクンニをするためのトレーニング法、セルフクンニ以外のオナニーなども紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

セルフクンニってなに?

まずは、セルフクンニとは何なのかについて詳しく解説していきましょう。セルフクンニという言葉を聞いたことがないという人もいるかもしれません。セルフクンニという言葉は、「セルフ」と「クンニ」という言葉からできている言葉ですが、一体どのような意味を持っている言葉なのでしょうか?

自分で自分の性器を舐める

セルフクンニとは、自分で自分の性器を舐める行為を指す言葉です。セルフクンニとは、オナニーの1つの種類だと考えて良いでしょう。女性の場合、自分の性器を愛撫するなら、ほとんどの場合手を使うでしょうが、セルフクンニでは手ではなくて自分の舌を使って愛撫することになります。

女性の90%以上が出来ない

セルフクンニとは、自分で自分の性器を舐める行為ですが、女性の90%以上が出来ていないと言われています。女性の90%以上がセルフクンニが出来ない理由は、その体勢をするのが難しいからでしょう。セルフクンニをするためには、体を丸める必要があるので、出来る人が限られてしまうのです。

女性の90%が出来ないということは、ほとんどの女性が出来ていないということでしょう。しかし、逆に言えば、非常に難しいセルフクンニが出来ている女性が存在するということです。セルフクンニは、簡単にはできませんが、出来ている人が存在するということは、出来る可能性がゼロではないということでしょう。

出来る人は毎日している人も

女性の中でセルフクンニが出来ている人は少数派ですが、出来ている人の中には、毎日セルフクンニをしている人がいるのです。セルフクンニは、手で性器を愛撫するよりも断然気持ち良いのでしょう。セルフクンニが出来る人は、手で自分の性器を愛撫するよりも、自分で性器を舐めて快感を感じているのです。

女性の中には、毎日オナニーをしているという人もいます。しかし、そうした女性はどちらかと言うと、少数派でしょう。一方、セルフクンニが出来る人の中で毎日セルフクンニをしている人は、かなりの割合でいると言われています。セルフクンニは、単なるオナニーとは違う快感を感じられるので、出来る人は毎日でもやりたいと感じるのでしょう。

セルフクンニの正しいやり方

続いては、セルフクンニの正しいやり方を詳しく解説していきましょう。セルフクンニは気持ち良いオナニーなので、出来るならばやってみたいと考えている女性も少なくないはずです。では、セルフクンニをするにはどうしたら良いのでしょうか?以下では、セルフクンニの正しいやり方を紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

①まずしっかりと性器を洗う

セルフクンニをする時には、まずしっかりと性器を洗いましょう。セルフクンニでは、手で性器を愛撫するのではなく、自分の口を使います。そのため、性器が不潔な状態だと、口が不潔になってしまうでしょう。セルフクンニをする時は、性器をいつも以上に丁寧に洗うことをおすすめします。

②足を持ち上げて顔を性器に近づける

性器を綺麗に洗ったら、いよいよセルフクンニを開始します。セルフクンニをする時には、自分の足を持ち上げて、顔を性器に近づけていきましょう。性器に顔を近づける時には、体をかなり曲げる必要があります。体を曲げる時に痛みを感じるようであれば、中断した方が良いでしょう。無理をすると怪我をしてしまうかもしれません。

③性器を手で開きクンニする

足を持ち上げて顔を性器に近づけたら、性器を手で開いてクンニをしていきましょう。手で性器を開くと、クンニがしやすくなります。体が柔らかい女性であれば、クンニをすることにそれほど難しさを感じないかもしれません。しかし、大抵の女性は、クンニをすることが出来ても、体勢がきついため長時間は出来ないでしょう。

④指入れを同時にすると快感アップ

セルフクンニをする時には、指入れを同時にすると、快感がアップするでしょう。セルフクンニの素晴らしいところは、自分の舌で性器を愛撫することができる点です。手で愛撫するより、舌で愛撫した方が快感を感じられるでしょう。ただ、一番良いのは、手と舌を同時に使う方法です。指を入れながらクンニをすると、大きな快感を味わえるでしょう。

セルフクンニのメリット

続いては、セルフクンニのメリットを紹介していきましょう。自分一人でクンニをすることには、どんなメリットがあるのでしょうか?自分一人でクンニをするメリットが分かれば、セルフクンニをしてみたいと感じるはずです。以下では、一人でクンニをすることのメリットを3つ紹介していきましょう。

彼氏がいなくてもクンニが可能 

一人でクンニをするメリットは、彼氏の存在が必要ないというところです。彼氏がいない女性でも、一人でクンニをすることができれば、大きな快感を感じることができます。一人でクンニをすることは、単なるオナニーよりも大きな快感を感じられるので、オナニーの時間がより楽しくなるに違いありません。

彼氏がいる女性は、彼氏に頼めばクンニをしてもらえるでしょう。セックスの際に、お互いに性器を舐め合うことで、相手を気持ち良くすることを楽しんでいるカップルは多いはずです。しかし、彼氏がいない多くの女性は、手でオナニーをするしかありません。セルフクンニが出来る女性は、彼氏に頼らず、大きな快感を得る方法を手にしているのです。

セックスの感度を上げられる

一人でクンニをする2つ目のメリットは、セックスの感度を挙げられるというものです。一人でクンニをすると、性器の感度が間違いなく上がります。そのため、セックスの時にいつも以上に感じることができるでしょう。セックスでもっと感じてみたいなら、一人でクンニをしてみることをおすすめします。

セルフクンニが出来ない女性は、男性にクンニされる以外にクンニされることがありません。そのため、女性は男性にクンニをしてもらいたいと思うでしょう。女性は、男性にクンニされればされるほど、感度が上がっていくと考えられています。セルフクンニが出来る女性は、自分一人でセックスの感度を挙げることができるのです。

ストレス解消になる

一人でクンニをする3つ目のメリットは、ストレス解消になるというものです。一人でクンニをすると、日常生活で感じたストレスが解消されていくことでしょう。普通に手で性器を愛撫しても快感を感じられますが、一人でクンニをする方法では、もっと大きな快感を味わえるので、ストレス解消につながると考えられています。

女性に限らず、オナニーはストレス解消につながると考えられているのです。ストレスを解消したい時に、オナニーをする人は大勢いることでしょう。普通のオナニーでもある程度ストレスは解消できますが、普通のオナニーよりも断然気持ち良いセルフクンニは、より大きなストレスを解消できるはずです。

セルフクンニの注意点

続いては、セルフクンニの注意点を解説していきましょう。セルフクンニは、単なるオナニーと違って大きな快感を味わえるため、メリットしかないと思われるかもしれません。しかし、セルフクンニには、いくつか注意しなくてはいけない点が存在するのです。セルフクンニの注意点とは、一体どんなものなのでしょうか?

衛生面に注意する

セルフクンニの1つ目の注意点は、衛生面に関するものです。セルフクンニでは、自分の舌で直接自分の性器を舐めることになります。自分の舌で自分の性器を舐めれば、大きな快感を味わえますが、口を不潔にしてしまう危険性もあるのです。セルフクンニをする時には、事前に性器を入念に洗っておきましょう。

準備運動をしっかりとする

セルフクンニの2つ目の注意点は、準備運動をしっかりとするというものです。セルフクンニでは、かなり体を曲げる必要が出てきます。そのため、準備運動をしないでセルフクンニをしてしまうと、体を痛めてしまう危険性があるのです。セルフクンニをする前には、十分な時間を取って準備運動をしましょう。

普通のオナニーの前に準備運動をする人は、稀なはずです。普通のオナニーでは無理な体勢は取らないので、いきなりオナニーを始めることができます。セルフクンニはオナニーの1つですが、体にかかる負荷が多く、普通のオナニーとは別物なのです。セルフクンニをする時は、運動前のように、しっかりと準備運動をして体を温めておきましょう。

人に見られないようにする

セルフクンニの3つ目の注意点は、人に見られないようにするというものです。セルフクンニは、オナニーの1つですから、人に見られると、気まずい状況になりかねません。セルフクンニをする時は、部屋の鍵を閉めたり、お風呂場でしたりするなどして、人に決して見られない状況を作り出しましょう。

セルフクンニをする時には、すぐに体勢を変えることができません。そのため、セルフクンニをしている時に、部屋に人が近づいていることが分かっても、対処するのに時間がかかることがあるのです。セルフクンニをする時は、落ち着いた状況でセルフクンニが出来るように、前もって準備をしておくことが重要でしょう。

無理をすると腰痛の原因に

セルフクンニの4つ目の注意点は、無理をすると腰痛の原因になってしまうというものです。セルフクンニでは、かなり体を曲げる必要があります。そのため、セルフクンニをすると、体にある程度の負荷がかかるのです。セルフクンニで無理をしてしまうと、腰を痛める危険性があります。腰に違和感を感じたら、セルフクンニを中断しましょう。

もともと腰に痛みを抱えている女性には、セルフクンニはおすすめできません。まずは、腰をしっかりと治療することを優先しましょう。腰に痛みがない人でも、セルフクンニをする前は、入念に腰回りを動かしておくことが重要です。1度腰を痛めてしまうと、癖になりやすいので十分に注意しましょう。

セルフクンニをするためのトレーニング法

続いては、セルフクンニをするためのトレーニング法を紹介していきましょう。セルフクンニのメリットを知って、セルフクンニをしてみたいと思った人が多いかもしれません。しかし、セルフクンニはやろうと思ってすぐに出来るとは限らないのです。しっかりと事前にセルフクンニのためのトレーニングをしておきましょう。

タオルを使ってストレッチ 

セルフクンニをするためにトレーニングをするなら、ストレッチを入念に行いましょう。セルフクンニのためのトレーニングでは、タオルを使ったストレッチがおすすめです。体を柔らかくするために、タオルを両手で持って、足先にかけて体を曲げましょう。タオルを使うことで、ストレッチがしやすくなるに違いありません。

開脚ストレッチ

また、セルフクンニのためには、開脚ストレッチもおすすめです。セルフクンニをするためには、体を柔らかくする必要があります。例えば、お風呂から出てきたら、開脚ストレッチをしてみてはいかがでしょうか?お風呂から出てすぐであれば、ストレッチ効果が得られやすいのです。開脚ストレッチを続ければ、体が柔らかくなっていることを実感できるでしょう。

他にもある!セルフクンニ以外のオナニー

続いては、セルフクンニ以外のオナニーを具体的に紹介していきましょう。セルフクンニは非常に気持ち良いオナニーの1つですが、セルフクンニ以外にも気持ち良いオナニーは存在します。以下では、セルフクンニ以外のオナニーを2つ紹介するので、ぜひ試してみると良いでしょう。

こんにゃくでオナニー

セルフクンニ以外のオナニーには、こんにゃくオナニーというものがあります。こんにゃくオナニーとは、文字通り、こんにゃくを使ってオナニーのことです。まず、こんにゃくを用意して、それをペニス状になるように切ります。ペニス状になったこんにゃくを女性器に挿入すると、気持ち良さを感じられるはずです。

ウォッシュレットでオナニー

また、ウォシュレットオナニーというものもあります。ウォシュレットのノズルから出る水を、女性器に当てると快感を感じることができるでしょう。ただ、ウォシュレットオナニーをする時は、女性器に強い水圧がかかり過ぎないことが重要です。ウォシュレットオナニーをする時は、水圧を弱くしてから始めるようにしましょう。

セルフクンニをしてみよう!

セルフクンニについて詳しく解説してきました。セルフクンニという言葉を知らなかったという人もいたことでしょう。セルフクンニは、簡単ではないので、出来ている女性は少数派です。しかし、適切にトレーニングすれば、セルフクンニができるようになるでしょう。セルフクンニをして、大きな快感を感じてみることをおすすめします。

オナニーに関する記事はこちら

Thumb床オナニーの気持ちいいやり方やコツとは?実は危険性もある?
男性で癖になる人が多いと言われる「床オナニー」は、気持ちがいいと言われています。しかし、やり...
Thumb女性のオナニーのやり方を解説!気持ちのいい方法や注意点など紹介!
オナニーは、男性だけのものではありません。以下では、女性のオナニーのやり方を詳しく解説してい...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ