上付きと下付きの意味とは?割合や気持ちいいセックスの体位を紹介!

上付きと下付きという言葉を知っていますか?以下では、上付きと下付きの意味を詳しく解説していきましょう。また、上付きと下付きの割合や、上付きと下付きのそれぞれにとって気持ちいいセックスの体位を具体的に紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

上付きと下付きの意味とは?割合や気持ちいいセックスの体位を紹介!のイメージ

目次

  1. 1上付き・下付きの意味や気持ちいいセックスの体位をご紹介!
  2. 2上付きと下付きの意味とは?
  3. 3上付きと下付きの割合
  4. 4上付きと下付きの気持ちいいセックスの体位
  5. 5上付きか下付きかの見分け方は?
  6. 6上付きか下付きかを把握するメリットは?
  7. 7上付きと下付きは年齢によっても変化する?
  8. 8上付きか下付きかを把握しよう!

上付き・下付きの意味や気持ちいいセックスの体位をご紹介!

上付きと下付きがどんな意味かを知っていますか?以下では、上付きと下付きの意味や、上付きと下付きのそれぞれにとっての気持ちいいセックスの体位を、具体的に紹介していきましょう。また、上付きと下付きの見分け方や、上付きと下付きを見分けるメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

上付きと下付きの意味とは?

まずは、上付きと下付きの意味を詳しく解説していきましょう。上付きと下付きという言葉を、全く聞いたことがないという人もいるはずです。また、上付きと下付きという言葉を聞いたことがあるけれど、意味は詳しく知らないという人もいることでしょう。上付きと下付きには、どんな意味があるのでしょうか?

上付きの意味

まずは、上付きの意味を説明しましょう。女性が仰向けに寝て足を広げた状態で、膣の入り口がお腹側に近ければ、上付きということになります。上付きの目安としては、肛門から膣までが3~4cm以上、クリトリスから膣口下部までが3.5cm以内、膣口下部からアナルまでが7cm以上となっているのです。

下付きの意味

続いては、下付きの意味を説明します。女性が仰向けに寝て足を広げた状態で、膣の入り口が肛門に近ければ、下付きということになるのです。下付きの目安としては、肛門から膣までが4cm以内、クリトリスから膣口下部までが6.5cm以上、膣口下部からアナルまでが5cm以下となっています。

上付きと下付きの割合

続いては、上付きと下付きの割合を紹介していきましょう。上付きと下付きの割合が、どのくらいなのかが気になる人もいるはずです。上付きと下付きでは、どちらか一方ばかりになっているのでしょうか?それとも、両者は同じくらいの割合なのでしょうか?

上付きの割合

まずは、上付きの割合から紹介します。上付きの割合は、40代までの女性で、25%ほどだと言われているのです。25パーセントということは、4人に1人しか上付きではない、ということになります。ただし、40代以上になると、上付きと下付きの割合は、同じくらいになると言われているのです。

下付きの割合

下付きの割合は、40代までであれば、75%になります。比較的若い女性は、下付きの人が多いと言えるでしょう。75%ということは、4人のうち3人が下付きであるということになります。ただ、上付きと下付きの割合が、年齢が高くなることにより近づいてくる、ということは覚えておきましょう。

上付きと下付きの気持ちいいセックスの体位

続いては、上付きと下付きの気持ちいいセックスの体位を紹介していきます。実は、上付きと下付きでは、気持ちいいと感じるセックスの体位が違ってくるのです。自分が上付きか下付きかが分かれば、以下で紹介する体位をセックスに取り入れてみましょう。

上付きにおすすめの体位

まずは、上付きの女性におすすめの体位を紹介していきましょう。上付きの女性の場合、どんな体位をセックスに取り入れると、気持ちいいと感じられるのでしょうか?以下では、上付きの女性が気持ちいいと感じるセックスの体位を4つ紹介していきます。

騎乗位

上付きの女性におすすめの1つ目のセックスの体位は、騎乗位です。上付きの女性は、騎乗位によってたくさんの刺激を感じられるでしょう。騎乗位は、どちらかと言うと、女性に主導権がある体位となっています。そのため、女性は自分の腰を上手に動かし、快感を感じられる場所を探していきましょう。

騎乗位は、仰向けになっている男性の上に、女性がまたがる体位です。そのため、男性を征服しているかのような感覚を味わうことができます。女性は、騎乗位を選択することによって、肉体的な満足感だけでなく、精神的な充足感も感じられるでしょう。騎乗位をしていないカップルは、この機会に騎乗位を取り入れることをおすすめします。

正常位

上付きの女性のおすすめの2つ目の体位は、正常位です。正常位で女性が仰向けになって足を広げると、膣がやや上を向いた角度りなります。そのため、男性からすると、ペニスを挿入しやすい角度になるのです。上付きの女性には、正常位のように、男女が対面する体位がおすすめとなっています。

正常位は、男女が密着できることから、人気の高い体位の1つなのです。正常位で射精を迎えるというカップルも少なくありません。上付きの女性と正常位をすれば、男性はペニスのピストン運動がしやすくなり、非常に快感を感じやすくなるでしょう。上付きの女性とセックスをするなら、正常位でフィニッシュを迎えることをおすすめします。

側位

上付きの女性におすすめの3つ目の体位は、側位です。側位は、男女とも横向きになって、男性が女性のお尻側からペニスを挿入する体位となっています。上付きの女性は、バックでは痛みを感じる場合がありますが、側位であれば、痛みを感じることはないでしょう。体の密着度が高いので、男女とも人気の高い体位の1つです。

側位の魅力は、セックスに使う体力的な負担が小さいということが挙げられます。そのため、側位をしていて気持ちいいと感じられれば、長い時間側位をしていても良いでしょう。また、男性は側位の最中に両手が空くので、女性の体を両手で愛撫することができます。側位をすれば、女性に多くの刺激を与えることができるでしょう。

対面座位

上付きの女性におすすめの4つ目の体位は、対面座位です。対面座位は、男性があぐらをかいて座っているところに、女性が男性に向き合う形で座る格好になります。対面座位をすれば、上付きの女性は心地よい挿入感を味わえるでしょう。対面座位は、男女の密着度が高く、女性人気が高い体位の1つです。

下付きにおすすめの体位

続いては、下付きの女性におすすめの体位を紹介していきましょう。下付きの女性は、上付きの女性とは異なる膣の構造をしているので、おすすめの体位も変わってきます。では、下付きの女性におすすめの体位とは、一体どのようなものなのでしょうか?以下では、下付きの女性におすすめの体位を4つ紹介します。

バック

下付きの女性におすすめの1つ目の体位は、バックです。下付きの女性には、正常位よりバックが向いています。下付きの女性にバックをすれば、男性はかなり奥までペニスを挿入できるでしょう。女性は、ペニスが奥まで挿入されることから、他の体位では味わえないような大きな快感を得られるはずです。

ただ、あまりに奥までペニスを入れると、痛みを感じてしまう危険性もあります。男性はバックでペニスを挿入する時には、いきなり奥まで入れないようにしましょう。少しずつペニスを入れていけば、女性が痛みを感じることもないはずです。それでも女性が痛みを感じたら、すぐにバックをやめることをおすすめします。

バックは、正常位とは違って、お互いの顔が見えません。女性の中には、相手の顔が見えないバックを嫌う人もいます。しかし、相手の顔が見えないからこそ、快感に没頭できるという側面もあるのです。バックによる快感を知れば、バックに病みつきになるでしょう。下付きの女性は、バックをセックスに取り入れることをおすすめします。

背面騎乗位

下付きの女性におすすめの2つ目の体位は、背面騎乗位です。この体位は、体育座りをしている男性の上に、女性が背中を向けてまたがる体位となっています。背面騎乗位では、ペニスが挿入されたら、女性は男性の膝に手を付いて前かがみになると、ペニスがGスポットに当たりさらに気持ちよくなることでしょう。

寝バック

下付きの女性のおすすめの3つ目の体位は、寝バックです。寝バックは、女性が体を動かしやすく、気持ちいい場所を自分で探ることができます。そのため、寝バックは、女性人気の高い体位の1つです。寝バックの状態でペニスが挿入されると、ポルチオのあたりに鬼頭が当たるため、中イキしやすくなると言われています。

立位

下付きの女性におすすめの4つ目の体位は、立位です。立位とは、文字通り、立った状態で行う挿入行為のことになります。例えば、立ちバックをすると、下付きの女性は多くの快感を感じられることでしょう。立ちバックの時には、机や台などに手を置いて、体を支えることが重要です。立ちバックをすれば、ペニスが奥まで届くに違いありません。

上付きか下付きかの見分け方は?

続いては、上付きか下付きかの見分け方を紹介していきましょう。自分が上付きか下付きのどちらなのかが気になる女性も少なくないはずです。上付きか下付きかを判断するには、どうしたら良いのでしょうか?以下では、上付きか下付きかを見分ける方法を、4つ紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

直接触って確認

上付きか下付きかを見分ける1つ目の方法は、直接触って確認するという方法です。上付きと舌付きの意味がしっかりと理解できていれば、直接手で触ることで、自分が上付きか下付きかが分かることでしょう。ただ、女性の中には、判断しづらい人もいます。直接触って判断しづらければ、以下で紹介する別の方法を試しましょう。

鏡でチェック

上付きか下付きかを見分ける2つ目の方法は、鏡でチェックするという方法です。直接手で触って判断できれば問題ありませんが、手だけではなく、目を使って判断すると間違いが起こりにくいでしょう。膣が良く見えるように鏡を置いて、よく観察します。上付きと舌付きの意味が分かっていれば、見分けることは難しくないはずです。

色々な体位を試す

上付きか下付きかを見分ける3つ目の方法は、色々な体位を試す方法です。上で紹介したように、上付きと舌付きでは、気持ちいいと感じる体位が異なります。例えば、正常位とバックで、どちらが感じるでしょうか?正常位の方が感じるという人は、上付きの可能性が高く、バックの方が感じるという人は、下付きの可能性が高いでしょう。

オナニーで指を入れやすいか

上付きか下付きかを見分ける4つ目の方法は、オナニーで指を入れやすいかどうかで判断するという方法です。オナニーの時に、指を入れやすいと思いますか?もし、オナニーの時に指を入れやすいと思うなら、上付きの可能性が高いでしょう。もし、指を入れづらいと感じるなら、下付きである可能性が高いはずです。

上付きか下付きかを把握するメリットは?

続いては、上付きか下付きかを把握するメリットを紹介していきましょう。そもそも、上付きか下付きかを把握することには、どんなメリットがあるのでしょうか?上付きか下付きかを把握するメリットが分かれば、しっかり把握しておきたいと思うでしょう。

オーガズムを感じやすくなる

上付きか下付きかを把握できれば、オーガズムを感じやすくなるでしょう。上付きか下付きかが把握できていれば、上で紹介したように感じやすい体位を選ぶことができます。そのため、セックスの時に、快感を感じやすくなるのです。結果として、オーガズムを感じやすくなり、セックスが楽しく素晴らしいものに思えてくるでしょう。

実は、セックスの時にオーガズムを感じたことがない女性は少なくないのです。そもそも、オーガズムがどんなものなのか、経験したことがないのでピンと来ないという人もいるでしょう。自分が上付きか下付きかをしっかり把握し、適切な体位を選べば、快感を感じられるはずです。上付きか下付きかを把握して、未体験の快感を味わいましょう。

セックス挿入時の痛みがなくなる

上付きか下付きかを把握するメリットは、オーガズムを感じやすくなることだけではありません。上付きか下付きかをしっかりと把握できていれば、セックスの挿入時の痛みがなくなります。上付きか下付きかを把握できていなければ、上付きなのにバックで思い切り突いたり、下付きなのに正常位ばかりしたりして、痛みを感じてしまうでしょう。

セックスの時に痛みを感じている女性は少なくありません。女性の中には、セックスにはある程度の痛みは避けられないと、思い込んでしまっている人もいます。しかし、本来であれば、セックスに痛みを感じることはないはずです。セックスで痛みを感じている人は、自分が上付きか下付きかを、しっかりと把握して体位を選びましょう。

上付きと下付きは年齢によっても変化する?

続いては、上付きと舌付きは年齢によっても変化するのかどうかについて解説していきます。結論から言えば、年齢によって変化するのです。これは、彼によって、ヒップが下がってしまうことが関係しています。加齢によってヒップが下がると、膣壁が押し上げられ、次第に膣入り口が上がるのです。結果として、下付きから上付きに変わる人がいます。

上付きか下付きかを把握しよう!

上付きとした月について詳しく解説してきました。上付きと下付きという言葉を聞いたことが無かったという人もいたことでしょう。上付きと下付きでは、気持ちいいと感じる体位が異なります。セックスで痛みを感じずに、快感を強く感じるためには、自分が上付きか下付きかを把握することが重要でしょう。

体位に関する記事はこちら

ThumbAV男優も認める体位「ロールスロイス」の気持ちいいやり方とは?
「ロールスロイス」というセックスの体位をご存知でしょうか。ロールスロイスと聞いて車を思い浮か...
Thumbしめ小股とは?おすすめ体位•締め小股のやり方解説!
江戸時代から伝わっている48手の一つと言われているしめ小股をご存知ですか?しめ小股は浅い挿入...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ