【ぬまっき伝説】沼津北(誠恵)高校とは?日本一偏差値が低い?現在は?

ぬまっき伝説をご存知でしょうか?ぬまっきとは沼津北高校のことです。現在は誠恵高校と名前を変更しています。あまりに簡単な入試問題がネットでさらされ、ぬまっき伝説が広まりました。日本一偏差値が低いとされるぬまっきについてまとめました。

【ぬまっき伝説】沼津北(誠恵)高校とは?日本一偏差値が低い?現在は?のイメージ

目次

  1. 1日本一偏差値の低い高校・沼津北高校の現在を調査!
  2. 2沼津北高校・ぬまっき伝説とは?
  3. 3沼津北高校の入試は?
  4. 4沼津北高校の授業レベルは?
  5. 5沼津北高校の進学先とは?
  6. 6沼津北高校出身の有名人
  7. 7現在の沼津北高校は?
  8. 8これからも誠恵高校(沼津北高校)に注目しよう!

日本一偏差値の低い高校・沼津北高校の現在を調査!

沼津北高校は、日本一偏差値が低いとされる高校です。その異常なほどに簡単な入試問題がネット上でさらされ、様々な真偽不明な情報が拡散されました。それらをまとめてぬまっき伝説として呼ばれることがあります。ぬまっきは、沼津北高校の愛称です。

日本一偏差値が低いことから、生徒にはバカばかりがいると想像されますが、実態はどうなのでしょうか?そして、現在では名前を変えて、誠恵高校となっています。

この辺りの事情についても見ていきましょう。日本一偏差値が低い高校がどんな伝説を持っていて、現在はどう変化しているのかをまとめます。

沼津北高校・ぬまっき伝説とは?

沼津北高校は、静岡県の沼津市にあります。ぬまっきの愛称で呼ばれる沼津北高校は、さまざまな驚くような実態をさらされ、ぬまっき伝説として知られています。偏差値が低いため、いわゆるバカな生徒がたくさん集まっていたと言われています。

では、日本一偏差値が低い沼津北高校のぬまっき伝説とはどんな伝説なのでしょうか?伝説と言われるくらいですから、その内容は文字通り驚くものばかりです。

現在は誠恵高校と変更されている沼津北高校の驚くようなおバカな面や、ありえない校風をまとめたぬまっき伝説を見ていきます。

「ぬまっき」の由来とは?

日本一偏差値が低い高校である沼津北高校は、ぬまっきと呼ばれています。ぬまっきの由来はもちろん「ぬまづきた」から来ています。昔は、「ぬまっき」ではなくて「ぬまっきー」と伸ばして発音していたそうです。

日本一偏差値が低い高校の驚くような校風や実態がネットでさらされるようになり、ぬまっきの愛称がまたたくまに広まったと考えられています。愛すべき高校というニュアンスが含まれているのでしょう。ぬまっきと呼ばれる沼津北高校の伝説について見ていきましょう。

3時のおやつがある

日本一偏差値が低いとされるぬまっきには、3時のおやつがあるという伝説があります。3時のおやつがあるとは、まるで幼稚園の話かと疑ってしまうほどです。ただ、3時におやつがあるのには、日本一偏差値が低い高校ならではの理由があるようなのです。

というのも、日本一偏差値が低いからなのか、沼津北高校の生徒の中には、万引きをしてしまう生徒もいるようなのです。お腹を空かせて犯罪行為に走られるよりは、学校側としては、おやつの時間を用意して犯罪行為を未然に防ぐ狙いもあったようです。

他にも、早退してしまう生徒を減らす目的があったともいわれています。3時くらいになって勝手に家に帰ってしまう生徒がいることに頭を悩ませていた学校側は、3時のおやつを用意することで、最後の授業まで受けてもらうようにしたと言われています。

こうした理由が日本一偏差値が低い学校ならではのものと言えます。日本一偏差値が低い高校には、それなりの悩みがあるようなのです。3時のおやつは学校特有の対策だったそうです。さすがにこの仕組みは抗議が集まったことで取りやめになったと言われています。

構内のいたるところに監視カメラがある

3字におやつがあることを見てきましたが、続いても日本一偏差値が低い高校ならではの伝説です。それは、校内の至る所に監視カメラがあるというものです。監視カメラと言えば、少年院や刑務所を想像してしまいますが、高校の中に監視カメラがあるというのです。

こうした監視カメラは高校の至る所にあったと言われていて、職員室からずっと監視されていたとか、実は3分の1はダミーだったとか、実はトイレの中にも監視カメラがあったとか、さまざまなことが言われています。

実際の審議は定かではないですが、監視カメラがあったことは事実のようです。ただ、これも日本一偏差値が低い高校ならではの理由があったそうです。それというのも、学校内でのトラブルを回避する目的があったそうです。

監視カメラによって、タバコを吸うことを未然に防ぐことができたり、けんかやもめごとが起きないようにできたりしたと言います。日本一偏差値が低い高校には、それなりの事情があるので、監視カメラもやむなしという判断になったと思われます。

関東の高校に入れないスーパーDQNばかり

ぬまっきのおバカな伝説には、さらに続きがあります。沼津北高校には、関東の高校に入れないスーパーDQNばかりが在籍していたと言われています。関東では入る高校がない生徒が、最終的に沼津北高校にやってくるというわけです。

偏差値が低いのでこれはあり得る話です。そして、興味深い点としては、地元の沼津にいるいわゆるDQNはぬまっきを避けていたという点です。

地元では、ぬまっきの異常さが広く知れ渡っていたので、地元のDQNはあんな所にはいきたくないと、入試前になると勉強を始めたと言われています。

ぬまっきの存在が、地元のDQNの学力を向上させていたとすれば、面白い話と言えそうです。実際、ぬまっきに在籍していたのは、地元の生徒より、他の県の生徒が多かったそうです。ぬまっきは地元では恐れられる高校だったわけです。

飲酒金券は当たり前

ぬまっきのおバカ伝説は、さらにひどいものがあります。それは、学校内での飲酒や金券が当たり前だという伝説です。高校の中にお酒を持ってくることなど普通の高校では考えられませんが、ぬまっきではそれがあったと言われています。

高校という場に、お酒を持参して、隠れて飲むようなことが繰り返されていたと言われています。飲酒や金券が当たり前の高校は全国でもここくらいではないでしょうか。

窓には鉄格子がはめられている

ぬまっきにはおバカな生徒がほとんどだったので、窓には鉄格子がはめられていたそうです。先ほど、学校に監視カメラがあったと説明しましたが、監視カメラだけでなく、鉄格子もありました。これだけ聞くと、少年院や刑務所と何ら変わりないように思えます。

ぬまっきにいるおバカな生徒が何かをしでかすのを防ぐためでしょうか。ぬまっきでは、学校内の安全を確保するためには、鉄格子が必要だったのでしょうか。詳しいことは定かではありませんが、鉄格子がある高校があるとしたらぬまっきだけかもしれません。

中途退学・登校拒否が半数以上

ぬまっきにいるおバカな生徒たちは、中東退学や登校拒否が当たり前のようでした。しかもその数は、全体の半数に及んだと言われています。ぬまっきという日本一偏差値が低い高校に入学したものの、授業に出る気が起きず、中途退学をした生徒も多いそうです。

また、途中から学校に来なくなる生徒も多く、そうした点を学校側は苦慮していたと思われます。3時のおやつがあることに触れましたが、学校側は何とか最低限の学力をつけたいと願っていたことがうかがえます。

沼津北高校の入試は?

日本一偏差値が低いと言われる高校である沼津北高校の入試はどのようなものだったのでしょうか。日本一のおバカが集まる高校の入試ですから、さぞ簡単なものだったのだろうと推測されます。以下では、具体的な入試の内容について見ていきましょう。

筆記試験と面接

沼津北高校の入試は、筆記試験と面接からなるそうです。芸術コースを受験する人には、実技があります。ただ、筆記試験と言っても、その内容は驚くほど簡単なものばかりだったと言われています。なにしろ、日本一偏差値が低い高校ですから、それも致し方ありません。

以下では、具体的な試験の内容とレベルについて見ていきます。そして、沼津北高校の偏差値がどのくらいなのかについても見ていきます。

筆記試験は幼稚園レベル

沼津北高校のおバカっぷりは、その入試の筆記試験のレベルを見ると一目瞭然です。その内容は、文字通り幼稚園レベルと言えるレベルなのです。具体的には、次のような問題が出されたことがあると言います。

「かずおくんはりんごを3つ持っています。そのうちけいこさんに2つのりんごをあげました。では、かずおくんは何個ミカンをもっていますか?」途中で、りんごがミカンに代わっていることに注目しましょう。正解は「分かりません」だそうです。

このレベルの問題を入試に用いてよいのかと心配になってしまうレベルと言えます。筆記試験では、名前さえ書いていれば受かったのではないかとささやかれています。おバカな高校として知られるようになったのは、こうした入試の驚くほどの簡単さからでした。

沼津北高校の偏差値は?

ぬまっきこと沼津北高校がおバカな高校であると説明してきましたが、具体的に沼津北高校の偏差値がどのくらいかが気になる人もいることでしょう。実は、ぬまっきこと沼津北高校の偏差値は、なんと27だったのです。

偏差値にこれほど低い数字が存在するのか疑問に思うほど、極端に低い偏差値が出ています。ただ、現在は、誠恵高校と変更され、偏差値も向上しました。具体的には、現在の誠恵高校の偏差値は、37だそうです。ぬまっき時代から10も偏差値が上がっています。

現在の誠恵高校では、さすがに上に挙げたような入試問題が出されてはいないようです。おバカな高校として知られたぬまっきですが、現在では名前も変更され、おバカな高校とは呼ばれないほどに学力が向上しているようです。

偏差値27の底辺高校

ぬまっきこと沼津北高校の偏差値は27でした。27という偏差値は、文字通り日本でも最底辺に存在します。日本一偏差値が低い高校として有名な沼津北高校は、文字通り、日本一おバカな高校と言えてしまうのです。

偏差値が低いのは問題児の数が桁違いのため

ぬまっきこと沼津北高校の偏差値が27であることを見てきましたが、偏差値が低いのは、問題児の数がけた違いであるためと言われています。ぬまっきの名誉のために述べておきますが、ぬまっきに在籍していた生徒の中には、問題児ではない生徒もいたそうです。

学校側は、問題児ばかりになると運営が大変なため、金銭的に事情を抱えている家族に、沼津北を勧めていたそうなのです。問題児ではない生徒をしっかり優遇していたと言われています。ただ、圧倒的な大多数は問題児だったため、偏差値が極端に低くなったようです。

沼津北高校の授業レベルは?

おバカな高校として知られているぬまっきこと沼津北高校の授業レベルは一体どの程度たったのでしょう。日本一偏差値が低い高校では、普段の授業でどんなことを学んでいたのでしょう。

普通の高校で学ぶことを教えても付いてこられる生徒が少ないでしょうから、何か特殊なカリキュラムが組まれていたに違いありません。

おバカな生徒でも授業についていけるようにするために、学校側としては、授業に苦慮していたようです。高校に入るまでほとんど勉強してこなかったような生徒にも教える必要があるからです。では、具体的には何を教えていたのでしょうか。

算数は九九や分数

ぬまっきこと沼津北高校では、算数の次官に九九や分数を教えていたと言われています。まず、高校では普通「数学」を学ぶわけですが、沼津北高校では「数学」ではなく、小学校までの呼び名である「算数」をお教えていたという点が興味深いです。

数学では難しすぎるのでしょう。数学を理解するためには、算数をある程度理解している必要があります。算数のことをほとんど理解していない生徒には、いきなり数学ではなくて、算数を教える必要があるのでしょう。

普通の小学校では低学年に教える九九から始めるあたりが、この高校の学力の低さを物語っています。九九や分数を教えることで、本当に最低限の知識でも持ってほしいと願っている学校側の希望が見えてきます。

英語はアルファベットから

算数では、九九や分数を教えていましたが、英語ではアルファベットから教えていたと言われています。これも沼津北高校では仕方のないことだったのでしょう。

英語というものを高校に入るまで全く理解していない生徒が大多数である場合、真っ先に始めるべきは、アルファベットしかないでしょう。

算数や英語で教えている内容を考えれば、高校に入って初めて勉強を始めるという生徒にも対応したいという学校の狙いが見えてきます。高校を卒業する段階で、本当に最低限の知識だけでも身につけていた欲しいという学校の親心があるのでしょう。

コース別授業

沼津北高校は、コース別の授業が行われています。普通コース、進学コース、情報処理コース、芸術コースです。この4つのコースのいずれかに属する必要があります。以下では、それぞれのコースがどのような授業を進めているのかについて見ていきましょう。

普通コース

沼津北高校の普通コースは、体育の授業の時間が少し位多めに取られている、バランスを重視したコースとなっているようです。ほかのコースと違ってさまざまなものをバランスよく学習することを狙いとしています。

普通コースに在籍している生徒は、多くの場合、特に進学を考えているわけではないようです。進学を考える生徒は進学コースに入るからです。

普通コースの生徒は、多くの場合、高校を卒業後は、進学せずに就職するようです。ここで良い成績を取れば、良い就職先に就職できる場合もあります。

進学コース

沼津北高校には、普通コースの他に進学コースがあります。進学コースは文字通り、大学進学を狙いとしているコースです。大学進学のために、受験に対応したカリキュラムが組まれています。さらには、個別指導も充実していて、進学したい生徒をサポートしています。

情報処理コース

沼津北高校には、普通コース、進学コースの他に、情報処理コースがあります。この情報処理コースでは、週の授業の三分の一は情報処理の授業が組み込まれています。

このコースの最大の目的は、将来のために、資格習得することです。そのためのサポートをしているコースです。

芸術コース

沼津北高校には、普通コース、進学コース、情報処理コースの他に、芸術コースというコースがあります。このコースでは、デザインの基礎を学びます。このコースはさらに、デザイン・絵画・陶芸に分かれていて、さらに専門的に学習できる体制になっているようです。

沼津北高校の進学先とは?

沼津北高校の授業について見てきましたが、続いては、沼津北高校を卒業した生徒の進学先を見ていきましょう。沼津北高校には、進学コースなど4つのコースがあることを見てきました。この4つのコースのうち、進学を目的としているのは進学コースと芸術コースです。

人気の私立大学への進学が多い

進学コースに在籍していた生徒の進学先は、人気の私立大学が多く含まれています。具体的には、青山学院大学、昭和女子大学、神奈川大学、山梨学院大学、帝京大学、東京理科大学などです。これらの私立大学は人気があり、日本全国から入学希望者が集まります。

日本一偏差値が低い高校と言われる沼津北高校の生徒が、人気の私立大学に進学できている事実を知ると、努力が実を結んでいることが実感できるでしょう。現在は、誠恵高校と名を変えている沼津北高校は、ぬまっき伝説を乗り越えて変わりつつあると言えそうです。

成績が良い生徒は良い就職先も

ぬまっきこと沼津北高校にある4つのコースのうち、進学をしない普通コースや情報処理コースに在籍していた生徒の中には、成績が良い生徒も含まれています。成績が良い生徒は、良い就職先に進める生徒もいます。

沼津北高校出身の有名人

沼津北高校を卒業した生徒の進学先などについて見てきましたが、続いては、沼津北高校出身の有名人について見ていきましょう。昔のぬまっき時代の沼津北高校出身者に有名人がいるのかは定かではないですが、誠恵高校の時代からは有名人も出ているようです。

柿沼友哉(プロ野球選手)

誠恵(沼津北)高校出身者として、プロ野球選手の柿沼友哉さんが有名です。千葉ロッテに入団し、捕手として活躍している選手です。誠恵高校は、野球にも力を入れています。こうした高校からプロ野球選手が出てくることに驚く人もいることでしょう。

現在の沼津北高校は?

沼津北高校出身者の有名人について見てきましたが、続いては、現在の沼津北高校について見ていきましょう。上で何度も触れているように、現在は沼津北高校と呼ばれる高校は存在しません。実は、沼津北高校は校名を変更して、現在、誠恵高校と呼ばれています。

では、なぜ、誠恵高校と呼ばれるようになったのか、現在は実際の学校はどんな雰囲気で、そこに通っている生徒さんはどのような人たちなのかなどについて見ていきましょう。

学校名を誠恵高校に変更

塗末期伝説で有名になった沼津北高校は、現在、誠恵高校と呼ばれています。学校名を沼津北高校から誠恵高校に変更したからです。では、なぜ、学校名を変更したのでしょうか。そこには、あのぬまっき伝説が大きくかかわっているのです。

ぬまっき伝説はさまざまな尾ひれがつきながら、ネット上で話題になりました。沼津北高校と校名が似ている高校もあり、ぬまっき伝説は地元の人たちにとっては疎ましい話題だったのです。地元で1万名以上の署名が集まり、1999年に無事校名が変更されました。

真面目な生徒が多い

誠恵高校と校名変更された現在は、真面目な生徒が多いと言われています。生徒の中には、昔のぬまっき伝説のことなど知らない人も多いことでしょう。

偏差値は昔の27から37に上がりました。37という偏差値はそれほど高いとは言えませんが、校風はずいぶんと落ち着いたそうです。現在の誠恵高校は、冷暖房が完備されていると言います。

こうした点は、ぬまっき伝説にあった、鉄格子や監視カメラの時代とは大きくかけ離れた印象を与えます。他には、綺麗な学食もあるそうです。現在の誠恵高校は、ぬまっき伝説の頃の学校とは似ても似つかない高校となったようです。

黒板アートで最優秀賞受賞

誠恵高校には、黒板アートで最優秀賞を受賞した生徒がいたそうです。黒板アートとは、チョークで絵を描いていくアートのことです。この黒板アートの「日学・黒板アート甲子園」で、誠恵高校の生徒が最優秀賞を受賞し、めざましテレビで紹介されたそうです。

部活動が盛ん

部活動が盛んなことでも知られています。いろいろな部活で少しずつ良い成績を収めつつあると言います。こうした点は、沼津北高校とは大きく変わった点と言えるでしょう。部活動どころではなかったはずの昔と比べれば、普通の高校になったと言えそうです。

これからも誠恵高校(沼津北高校)に注目しよう!

ネット上で人々の注目を集めたぬまっきこと沼津北高校の伝説の数々と、それの詳細、さらには現在の誠恵高校についてなど見てきましたが、いかがでしたか?ぬまっきを知らなかった人は、ぬまっき伝説の詳細と現在の変貌ぶりに驚いたのではないでしょうか。

ぬまっき伝説には、おそらく誇張されて広まったものもあることでしょう。しかし、その中には間違いなく真実も含まれていたはずです。また、鉄格子や監視カメラ、おやつの時間などの言葉だけを見ると、あり得ない学校に見えますが、そこには事情があったのでしょう。

実際に日本一偏差値の低い生徒を担当している学校側からすれば、どうすればこの生徒たちに安全に安心して学校生活を送ってもらおうかと苦慮したはずです。そうした結果が、監視カメラかもしれないし、おやつの時間かもしれないのです。

このぬまっき伝説の救いは、現在の誠恵高校の素晴らしい変貌ぶりにあります。校名を変えたことで、ぬまっき伝説を知らない生徒が大半になったことでしょう。これからも誠恵高校の部活動の活躍に注目していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ