高校生のキス!学生カップルの恋愛を加速させるキスの仕方!

高校生になって恋人ができたら「キスしたい」と思うのは自然なことで、高校生だからキスは早いということはありません。学生カップルには学生らしい恋愛やキスがあります。高校生カップルらしい爽やかなキスで青春の1ページを彩りましょう。

高校生のキス!学生カップルの恋愛を加速させるキスの仕方!のイメージ

目次

  1. 1高校生カップルの恋愛を加速させるキスの仕方とは?
  2. 2高校生のキスの場所やタイミングとは?
  3. 3高校生のキスの種類と仕方とは?
  4. 4学生カップルのキスを成功させるコツ!
  5. 5高校生カップルのキスエピソード
  6. 6高校生は節度あるお付き合い

高校生カップルの恋愛を加速させるキスの仕方とは?

高校生になると、異性を意識しはじめ恋人ができる人もいるでしょう。一昔前なら「高校生がキスなんて早い!不順性行為だ!」などと言われてしまったでしょうが、今は学生カップルの恋愛の中でもキスはスキンシップの一つとして大切なものだと言われています。

高校生カップルの恋愛において、お互いの好きな気持をより加速させて学生らしい恋愛を送るにはどのようなキスをするとよいのでしょうか。今回はキスのタイミングや高校生カップルでもいやらしくないキスの種類などをまとめました。

高校生のキスの場所やタイミングとは?

高校生のカップルは、お互いまだ学生の身ですからなかなか2人きりになる場所はありません。そんな高校生カップルがキスできる場所やタイミングはチャンスさえしっかり掴むことができれば結構あります。ただ、お互いが高校生である、ということを考えて周りに人がいないことをしっかり確認してからキスするようにしましょう。

学生らしい爽やかなキスのタイミングやシチュエーションで、人生で1度しかない高校生の頃の恋愛を楽しいものにしましょう。

学校の帰り道で

高校生の学生カップルであれば、学校が終わって一緒に帰るカップルもいるでしょう。高校生ですから徒歩や電車、自転車など家に帰るまでにある程度時間をゆっくりと使うことができますし、放課後デートをするカップルもいるでしょう。高校生のカップルが学校の帰り道でキスをする時は、別れ際に軽く「チュ」っとするキスがよいでしょう。

触れるだけの軽いキスでお別れをして、翌日また笑顔で学校生活を送る恋愛は恋愛漫画のような憧れがあります。

学校の帰り道、彼女を家まで送り届けた学生カップルの彼氏が、帰り際にチュッとキスをしているシチュエーションは、爽やかで初々しく、美しい恋愛の一つです。ただ、彼女の家の前や近くで別れ際にキスをする場合は彼女の家族や近所の人がいないか確認してからにしましょう。まだお互い学生の身ですから、外でキスをすることを良く思わない大人もいます。

学校のイベントで

高校生の学生カップルなら、学校で開催されるイベントもキスのシチュエーションとしてバッチリです。学園祭や体育祭など、学生時代にしか経験できない特別な時間の中で、高校生のうちにしか体験できないキスをする事ができる、まさに「プレミアキス」といえるでしょう。

学校のイベントでキスをする時は、周りに友人や先生がいる可能性があります。友人はまだしも先生に見られてしまうと学生として良い印象がないので、先生が見ていないタイミングを探しましょう。さらに、部室や体育館倉庫、理科室や音楽室など、高校生のうちにしか利用できない場所でのキスは特に思い出に残るものになるでしょう。

「この人は私の恋人!」と見せつけたい人は、友人の前でキスするのも良いかもしれません。ただ、万が一別れてしまうと「黒歴史」になってしまう可能性がありますので、見せつけすぎには気をつけましょう。

どちらかの部屋でのお家デート

高校生で一人暮らしをしている学生は少なく、どちらも実家住まいであることがほとんどでしょう。その場合は、どちらかの部屋でお家デートをするタイミングでキスをするのも良いでしょう。「ファーストキスは恋人の部屋だった」と言う人も多く、高校生の学生カップルにとってどちらかの部屋というのは唯一誰にも邪魔されずに2人きりになれる空間といっても過言ではないでしょう。

お家でお部屋デートをする時に気をつけなければならないのは、相手の家族にたいしてきちんと礼儀正しくあいさつをしたり、無礼な態度をとらないという人として基本的な部分です。親の立場からすると自分の娘や息子があいさつも出来ない恋人を連れてくるのはとても嫌な気分になります。

「高校生だから」と言い訳せずに、どちらかのお家に行く時はしっかりあいさつをしましょう。部屋に入って2人きりになれば、タイミングをみてキスしてみてください。

カラオケボックス

高校生のカップルなら、デートでカラオケに行くことがあります。カラオケの部屋はドアから中の様子が見えてしまうので、完全に2人きりの空間とは言えませんが、照明を暗めにすればカップルにとって良いシチュエーションとなります。

高校生だと直接「キスしたい」と口にだすのが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、カラオケなら歌でキスしたい気持ちを伝えることもできます。キスという歌詞が出てくる曲を歌って、「キスしてもいいよ、キスしたいよ」という雰囲気を作ってあげると、キスできる確率があがります。

カラオケデートなら、2人きりになれる空間で楽しみながらキスのタイミングを探すことができるので、まだキスをしたことない初々しいカップルにもおすすめのシチュエーションと言えます。

高校生のキスの種類と仕方とは?

高校生がするキスには、いくつかの種類があります。名前は聞いたことがあっても実際にはどうやってやるのかわからないという人もいるでしょう。まだお付き合いを始めて日が浅く、これから恋人とキスをするという人はぜひ参考にしてみてください。

ライトキス

ライトキスとは、唇ではなく相手の頬に軽くキスすることを言います。キスというと、唇と唇をあわせることと思っている人が多いですが、軽いライトキスは頬に「チュ」とするだけなので、唇にキスするのが恥ずかしいというシャイな人でもできます。

頬にするライトキスですが、押し付け過ぎると頬にアザのような痕が残ってしまうので強くなりすぎたり勢いが余ってしまわないようにしましょう。

ファーストキス

文字通り「初めてのキス」です。高校生の時に恋人ができた人は、高校生のうちにファーストキスを経験することが多く、恋愛に興味がある高校生の間では「ファーストキスいつ?」という会話も出てくるでしょう。ファーストキスのタイミングは人それぞれですが、キスできるタイミングがれば雰囲気作りなどを意識してみると良いです。

周りの友達がファーストキスを済ませているからと、焦って好きでもない人とファーストキスをしてしまうと、後々「やっぱり取っておけばよかった」と後悔することがあります。一度しかいないファーストキスですから、本当に好きな人とすることをおすすめします。

ディープキス

ディープキスとは、お互いの舌と舌を絡め合うような情熱的で深いキスですが、高校生でディープキスを経験している人は意外と多いようです。体を密着させて舌を絡め合うディープキスですが、外でしているカップルは傍から見ると「下品、イタイ」と思われてしまいます。高校生でディープキスを経験する人は、どちらかの家の部屋やカラオケなど、2人きりになれるところでしているようです。

高校生は、性的なことにも興味がある時期なので「恋人ができたらエッチなことをしてみたい」と思っている人もいるかもしれません。ディープキスは普通のキスよりもエッチなことを連想させるので、2人きりになったタイミングで我慢できずにやってしまうという人も少なくないでしょう。

スパイダーマンキス

スパイダーマンキスは、映画「スパイダーマン」でスパイダーマンに助けられたヒロインのMJがスパイダーマンのマスクを半分だけ下ろしてキスをしてあげるシーンからきたものです。この時、スパイダーマンは蜘蛛の糸で逆さにぶら下がっており、男女の顔が逆の状態でキスするものを「スパイダーマンキス」というようになりました。

高校生のカップルがスパイダーマンキスをする時は、どちらかが寝そべっている時に覆いかぶさるような形でキスをすると良いでしょう。普段とは違う表情を見ることができるので、恋人とのキスにある程度慣れた時に使ってみると変化が出て新鮮に感じます。

学生カップルのキスを成功させるコツ!

「ファーストキスは歯がぶつかってしまった」「恥ずかしすぎて覚えていない」と、高校生の時にキスを体験した人は、あまり良い思い出がない人もいます。なぜそんなことになるのかと言うと、もちろん緊張もありますが、高校生の学生カップルが、心の準備や雰囲気作りが足りなかったり、勢いでしてしまった場合が多いからです。

経験が浅い高校生では、ロマンチックな雰囲気を作ったり、心の準備で余裕を持つのは難しい場合があります。それでもいい雰囲気を作ってキスを成功させるには、心の準備をして、雰囲気をつくり、焦らずゆっくりお互いの意思を確認しながらキスをする必要があります。

心の準備を怠らない

高校生のカップルがキスをする時は、予め「今日こそはキスするぞ!」と心の準備をしておくことが重要です。経験の多い大人の場合は、心の準備がなくても「あ、今キスしよう」と一瞬で判断することができますが、高校生のカップルがキスをする時は、今していいのは判断に困る場合が多いでしょう。

キスする為の心の準備をしていれば、キスできるタイミングを探しやすいという利点もあります。キスできるかどうかドキドキして落ち着かない姿を見せてしまうのも少し恥ずかしいですから、余裕をもった心の準備は大切だと言えます。

また、キスをすることだけに気を取られがちですが、キスした後にどういった言葉をかけるかという心の準備もしておくと「キスした後から気まずい」という状態を回避することができます。

雰囲気を大切にする

高校生のカップルがキスをする時は、雰囲気を大切にすると上手くいくことが多いです。大人ほどしっかりと雰囲気を作らなくても、「キスしたい」という気持ちが明確にわかるような雰囲気にすればお互いにキスするタイミングをさぐることができるので、雰囲気はとても大切です。

例えば、人がたくさんいるのに人目も気にせずキスしたり、突拍子もないタイミングでキスされるとびっくりするだけでなく「タイミングが合わない人なのかな」と思われてしまいます。高校生のキスは、刺激的な突然のキスよりも、雰囲気をつくってお互いにキスしたいという意思がある時にキスすることが大切です。

焦らない

ファーストキスのタイミングが近づいてくると、そわそわと落ち着かなくなることが多いでしょう。焦ってしまい、タイミングを逃したり勢い余って歯がぶつかってしまうなど、焦りからファーストキスが残念な思い出になってしまうことはよくあります。

焦らずに落ち着いて、普段どおりにすればキスのタイミングも自然に分かるようになるでしょう。高校生のカップルで必ずキスしなければならないということはありませんから、お互いのタイミングを焦らずにさがしていきましょう。高校生のキスは焦らなくても大丈夫です。

高校生カップルのキスエピソード

恋愛においてキスは大切なスキンシップの一つですが、高校生の恋愛でもキスをすることで良い思い出になります。高校生のカップルの恋愛におけるキスエピソードは、青春を感じる爽やかさがあります。

大人の恋愛では、高校生のような爽やかさがないので、学生時代の恋愛はとても貴重なものです。高校生ならではの微笑ましいキスエピソードを見て、キュンとしましょう。

付き合って数秒でのキス

高校生の恋愛では、告白して付き合う時の緊張感は大人よりも多いでしょう。「付き合ってください」と言われて、OKした後ドキドキした気分のままキスをするのはとても青春を感じます。

付き合ってすぐにキスする雰囲気になる時は、最初からお互い両思いで付き合えることを確信していた時が多いでしょう。キスした後に照れくさくて笑い合うのも高校生カップルならではという初々しさがあります。

約束のチュウ

高校生というと、学校のテストや受験などももちろんあります。そんな時に「テスト頑張ったらキスして!」と約束して、テストが終わってから約束通りキスすることもできます。頑張るための約束があればそれに向かって頑張れるパワーがあるのも高校生のフレッシュさでしょう。

約束のチュウは、なかなかキスできない高校生のカップルが一歩踏み出す時にも使えるキスのキッカケと言えます。「受験終わったらキスして!」と明確な時期が分かれば、それまでに心の準備もできます。

遠距離でドラマチックなキス

高校3年生になると、進学や就職で遠距離になってしまうカップルも多いです。出発の日、新幹線のホームや空港に見送りにきた恋人と、次に会える日までの別れを惜しんでキスをすることがあります。遠距離になってしまうのは寂しいことですが、離れ離れになる前のキスはとてもドラマチックです。

遠距離になってしまっても長続きするカップルもいれば、別れてしまうカップルもいますが、高校生の時に経験した恋愛は大人になっても忘れることはありません。遠距離になるからとすぐに別れを選択せず、最後にドラマチックなキスを経験してみるのも良いでしょう。

高校生は節度あるお付き合い

思春期である高校生は、恋愛に敏感な年齢であり初めての恋人ができたのは高校の時という人も多いです。そんな時に好きな人と付き合うことが出来たら、焦ってキスや体の関係を持とうとせずに、高校生カップルのときにしか経験できない事を楽しみましょう。

焦って大人に近付こうのしなくても、高校生らしい節度あるお付き合いで十分に楽しい恋愛をすることができます。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ