アンチラ事件とは?グラブルのガチャ炎上騒動について解説!

アンチラ事件をご存知ですか?アンチラ事件とは、スマートフォンのアプリで行うゲームで起きた事件です。グランブルーファンタジーというゲームに登場するキャラクターを巡って炎上騒動が起きました。騒動の原因と背景、また、その後の経過についてまとめていきます。

アンチラ事件とは?グラブルのガチャ炎上騒動について解説!のイメージ

目次

  1. 1グランブルファンタジーのアンチラ事件とは?ガチャの炎上騒動を解説!
  2. 2グランブルファンタジーとは?
  3. 3アンチラ事件概要
  4. 4アンチラ事件の対応は?
  5. 5アンチラ事件の関係者
  6. 6アンチラ事件のその後
  7. 7グラブル他の炎上まとめ
  8. 8アンチラ事件を乗り越えてグランブルファンタジーを楽しもう!

グランブルファンタジーのアンチラ事件とは?ガチャの炎上騒動を解説!

スマートフォンではアプリをダウンロードしてたくさんのゲームを楽しむことができます。今回ご紹介するアンチラ事件とは、このアプリゲームのグラブルファンタジーに登場するキャラクターであるアンチラをめぐって起きた騒動のことを刺します。

グラブルファンタジーに限らず、スマホのアプリゲームは課金制度が用いられているため、強いキャラやレアなキャラを獲得するため、また、キャラを強くしていくために課金していくという構造があります。今回の事件はこの課金制度が背景にあるのです。

キャラを強くするためにガチャと呼ばれる有料サービスを利用する必要があります。ガチャはお金を払っても何が出てくるかわからないという楽しみがある一方で、多額のお金をつぎ込んでも欲しいキャラクターが手に入らないことがあるという弊害も生まれます。

今回のアンチラ事件では、あるレアなキャラクターをほしいがために、かなりの金額とつぎ込んだのにもかかわらず、全くそのキャラクターが出現しなかったことによる大騒動なのです。以下では、まずは、グラブルファンタージについて解説していきます。

グランブルファンタジーとは?

アンチラ事件が起きたゲームの名前は、グランブルーファンタジーと言います。これを簡略化してグラブルと呼ぶことにします。グラブルは、スマートフォンのアプリゲームの一つです。アプリをダウンロードしてオンラインで行うゲームになっています。

グラブルはRPGなので、大好きな人は熱中してしまうことでしょう。好きなキャラクターを使いたいと思い、また、キャラクターをどんどん強くしていきたいと思って、ゲームを進めていきます。アンチラ事件は、現代のゲーム界において非常に重要な事件と言えます。

RPGは熱中するとやめられなくなる場合があります。しかも、グラブルの場合、お金を払えば、キャラクターを強くできる仕組みがあったのです。

スマホ用RPG

グラブルはスマホ用のRPGです。ゲームと言えば、以前はゲーム機が必要でしたが、スマートフォンが登場し、アプリゲームがさかんになってくると、携帯電話だけあればたくさんのゲームができるようになりました。

グラブルはそこに課金制度があったため、たくさんの人がキャラクターを強くしたい一心でたくさんのお金をつぎ込むことになります。こうした構造が今回の騒動の遠因となっていると言えます。

アプリを使ったオンラインゲーム

グラブルはアプリを使ったオンラインゲームです。オンライン上でゲームを進めていくわけです。自分が使っているキャラクターが成長しどんどん強くなっていくことを楽しめるゲームになっています。実はそこには、ガチャと言われる有料サービスがあります。

有料サービスのガチャを使うことでキャラクターを強くすることができるのです。こうした構造は、グラブルに限った話ではありません。アプリゲームでは課金制度が用いられています。自分のキャラクターを強くしたいと、多額のお金をつぎ込む人もいます。

2014年からスタート

グラブルは、スマホ用のRPGで、アプリを使ったオンラインゲームであることを見てきましたが、グラブルがスタートしたのは、2014年です。今回の騒動が起きたのは、2016年ですから、スタートから二年ほどして騒動が起きたことになります。

アンチラ事件概要

グラブルがどういうものかについて見てきましたが、続いては、アンチラ事件についてまとめていきます。スマホ用のRPGで、アプリをダウンロードしてゲームするグラブルで起きた今回の騒動が一体どういうものだったのか気になる人も多いことでしょう。

オンライン上のゲームなのに炎上し、大騒動に発展したと言われてもピンとこないかもしれません。そこで以下ではまず、アンチラとは何か、そして、なぜ、炎上という大騒動に発展したのかについて見ていくことにしましょう。

アンチラは2016年の限定キャラクター

グラブルで起きたアンチラ事件を理解するには、アンチラを理解する必要があります。アンチラとは、2016年の申年限定のキャラクターのことを刺します。この申年限定と謳われたことで、多くの人が珍しいキャラクターをぜひ獲得したいと考えたわけです。

こうしたことがアンチラ事件の背景にあります。人間は、限定という言葉に弱いものです。ある期間限定でしか手に入らないと言われたら飛びついてしまう人もいることでしょう。

今回の騒動では、アンチラと呼ばれるキャラクターが珍しくて多くの人が欲しがったという点がスタートになります。

有料ガチャでしか出現しない

アンチラ事件を理解するうえで、アンチラというキャラクターが珍しい存在だったことが重要であったことを述べましたが、このキャラクターが有料のガチャでしか出現しないという点も忘れてはいけません。

このスマホアプリゲームでは、ガチャという有料サービスがあります。強いキャラクターを獲得するためだったり、キャラクターを強くするためだったりするときにガチャを利用するわけです。

ガチャでお金を使ってゲームの世界をより楽しめるようにしているわけです。こうした構造から、アンチラという珍しいキャラクターを手に入れたいと望む人が、多額のお金をガチャにつぎ込んでいくということが起きます。これが後々の炎上騒動に発展します。

高額課金でも出現せず

アンチラというキャラクターを得たい人たちは、ガチャという有料サービスに多額のお金をつぎ込むようになります。そして、アンチラが出てくるまでお金を投入し続けた結果、何と70万円以上のお金をつぎ込んでも、アンチラが登場しなかったという人が現れます。

70万円であれば、実に2500回以上のガチャが利用できます。それにもかかわらず、お目当てのアンチラが出なかったという人が現れたのです。こうした人が出たことで、だんだんと騒動が広がり始めます。

SNSの画像投稿で問題に

70万円以上をつぎ込んで、実に2500回以上のガチャを利用したのにもかかわらず、お目当てのアンチラが出てこなかったという人がいることをご紹介しましたが、こうした様子をスクリーンショットした画像が投稿されて話題になりました。

実際に70万円を超える課金をしてもガチャによって、お目当てのキャラクターが登場しない人がいることを知った多くの人は、徐々にこの騒動にはもっと大きな問題があるに違いないと感じ始めます。徐々に、運営側に立ち入り検査をすべきだという声が出始めます。

消費者問題に発展

多額のお金をガチャにつぎ込んでも、お目当てのキャラが出ないという人が相次いだため、騒動は大きくなり炎上し始めます。ついには、数千人もの署名が消費者庁に出されることになりました。単なる一ゲームの課金騒動が、消費者問題に発展したのです。

こうした炎上によって、政府も動かざるを得なくなりました。消費者庁は今回の騒動では、違法行為があったとは言えないと述べていますが、多くの人の怒りは収まりませんでした。アンチラ事件において、運営側はどういう対応をしたのかについて見ていきます。

アンチラ事件の対応は?

アンチラというキャラクターをめぐる今回のアンチラ事件では、運営側はどのような対応を見せたのでしょうか。こうした騒動では、対応を誤ると騒動が収束しないばかりか、ますます拡大していく原因にもなります。

今回の騒動では、運営側は必死になって対応策を考え検討したことでしょう。しかしながら、騒動はなかなか収まらず、ついには、消費者庁へ届くことになります。単なるアプリゲームの中の話だったにもかかわらず、ついには、政府機関にまで届いてしまったのです。

アンチラ事件の返金制度

今回のアンチラ事件においては返金制度というものは存在しませんでした。実際、多額のガチャにお金をつぎ込んだ人に現金で返金されてはいません。以下で述べるように、ゲーム内の救済措置が取られただけです。

こうした対応に不満を抱えるアプリ利用者も多いと言えるでしょう。アンチラ事件は、グラブルだけの問題とは言えません。アプリゲームの課金制度そのものが抱える構造的問題とも言えます。そのため、アンチラ事件の対応には疑問が残ると言えそうです。

現金の返金を望む声も

アンチラ事件では、多額のお金をガチャにつぎ込んだことで現金の返金を望む人がたくさんいました。しかし、実際は、現金の返金はありませんでした。

いつかお目当てのキャラクターが出てくるはずだと信じて、多くのお金を使った人たちは、そうした運絵英側の対応に不満を持ったことでしょう。

しかし、運営側からすれば、現金での返金は失うものが多すぎて無理だったのでしょう。結局、現金での返金は全くなく、ゲーム内での救済措置が取られただけでした。ネット上では、現金での返金がないことにいら立つ声が多数見られました。

消費者庁も対応に動く

このアンチラ事件の炎上騒動では、消費者庁も対応に動きました。何しろ、騒動がかなり大きくなって、数千人規模の署名が集まったからです。政府としても今回の炎上騒動を見て見ぬふりはできませんでした。

数千人規模の署名が消費者等へ届けられましたが、このグラブルの炎上騒動では、運営側に違法性がないことが発表されています。ただ、単なる一つのアプリゲームの炎上騒動が、政府にまで届くとはだれも想像していなかったはずです。

アンチラ事件の関係者

今回のアンチラ事件には、関係者がいます。以下では、そうした関係者のうちの二人を取り上げることにします。以下にあげる二人の関係者は、騒動の渦中にいた人たちです。実際に炎上の被害を直接受けた人たちと言っても良いでしょう。

声優「田中理恵」

アンチラ事件の関係者として、まず挙げておくべきなのは、声優の田中理恵さんです。田中理恵さんは、1979年1月3日生まれの声優さんで、1997年から声優活動をされている方です。ドラゴンクエストライバルズのミレーユの声を担当しています。

田中理恵さんがアンチラ事件に登場するのは、当然グラブルの声優をしているからです。グラブル内のロゼックというキャラクターの声を担当しています。しかし、今回の炎上騒動では田中理恵さんのツイッターが関係しています。

田中理恵さんがアンチラの炎上騒動が起きる前に、10連1発目でアンチラをゲットしたとツイートしたのです。田中理恵さんはグラブルの関係者側にいる人です。その人が、ゲットするのは至難の業であるアンチラをいとも簡単に獲得したことで炎上しました。

田中理恵さんがステマではないかと疑われたのです。多くのお金をつぎ込んでも珍しいキャラクターのアンチラを獲得できない多くのアプリ利用者からしたら、田中理恵さんのような関係者が簡単にそのキャラクターを獲得できると知れば、不思議に思うのも当然です。

プロデューサー「春田康一」

アンチラ事件の関係者としては、プロデューサーの春田康一を忘れてはいけません。春田康一さんは、田中理恵さんがステマではないかと疑惑を持たれた騒動を知り、田中理恵さんはステマではないとツイッターで表明しました。

しかし、炎上騒動はまったく収束していきませんでした。田中さんがステマではないと否定し、今後の運営改革に努めると表明したことで、多くのアプリ利用者の怒りは収まると考えていたようですが、実際はそうはなりませんでした。

多くのアプリ利用者は、そういうことを聞きたいんじゃない、具体的な救済措置を教えてほしいという気持ちになっていました。

アンチラ事件のその後

アンチラ事件は、田中プロデューサーがツイッターで謝罪した程度では収束しませんでした。では、アプリゲームのグラブルで起きた炎上騒動は一体その後どのようになっていったのでしょうか?運営側は具体的にどのような対応を取ったのでしょうか?

以下では、騒動のその後を流れとして説明していきます。アプリゲームの騒動を落ち着かせるまでに起きたことをご紹介していきます。

プロデューサーの謝罪

今回の炎上騒動では、プロデューサーが正式に謝罪しました。事件が大きくなってしまったことで、アプリ利用者の不安を招いたこと、そして、課金した人に不信感を抱かせてしまったことなどを謝罪しました。

ガチャの出現率を記載する

アプリ利用者からすれば、謝罪だけでは物足りないと思うのは当然でしょう。今回の騒動を受けて、グラブルの運営側は、ガチャの出現率を記載することを発表しました。事件を受けて、ガチャの個別の出現率を公表することに決めたのです。

ガチャの出現率は、レアキャラの場合、0.007パーセントという低いものもいました。ただ、ガチャの出現率があらかじめ公表されていることは、アプリ利用者からすればガチャが使いやすくなったと言えるでしょう。

ガチャの出現率が分からない状態では、ずっと次こそ出るはずとガチャを利用し続けなくてはいけません。そうした背景が今回の事件を生んだわけです。しかし、ガチャの出現率が分かっていれば、だいたいこのくらいやれば出現するだろうと予測を立てることができます。

それに、そうした予想が全く当てはまらないほど出現しなかった場合は、運営側に文句を言うこともできるでしょう。運営側としてはガチャの出現率は公表したくなかったはずですが、利用者側としては大事な情報が開示されたと受け止めることができます。

緊急メンテで下方修正

グラブルの運営側は、炎上騒動を受けて、ガチャの出現率を記載することの他に、緊急のメンテナンスで下方修正しています。運営側は今回の炎上騒動でかなり苦しんだようで、対応に苦慮している様子がうかがえます。

全プレイヤーに石3000個で終結

運営側は結局、全プレイヤーに石3000個をあげることで騒動を集結しようとしました。アプリ利用者の中には、炎上騒動を受けて、多額のお金をガチャにつぎ込んだのだから、現金での返金を望む声が根強くありました。

しかし、運営側が選択したのは、現金による返金ではなく、グラブルのゲーム内での救済措置でした。具体的には、石3000個なので、返金というより、ガチャをやり直せるようにしたと言えそうです。こうした運営の対応に不満を持った人も少なくなかったことでしょう。

グラブル他の炎上まとめ

グラブルにおけるアンチラ騒動の詳細を見てきましたが、続いては、グラブルにおける他の炎上をまとめていきます。グラブルはアンチラ騒動以外にも数々の炎上騒動を引き起こしています。どのような炎上騒動があったのでしょうか?

以下では、4つの騒動をご紹介していきます。どれも運営側は良く調べて対応していれば防げた炎上騒動と言えます。中には、もしかしたら刑事事件にまで発展しかねないものも含まれています。グラブルは騒動の多いゲームと言えてしまうかもしれません。

クレジットカード問題

グラブルにおける騒動の中には、クレジットカード問題があります。これは、三井住友銀行のVISAカードでグラブルのカードを作ると、特典でキャラクターがもらえるというものから来ています。

こうした構造のために、クレジットカードが作れない人が問題を起こすのではないかと考えられたのです。具体的には、未成年のことを刺しています。未成年はクレジットカードを持つことができません。

クレジットカードを作れない未成年でもキャラクターがもらえるとなったら何としてもクレジットカードを持ちたいと思うことでしょう。正規ルートではクレジットカードを得られないと分かった未成年が、違法なやり方を利用しかねないと問題視されました。

大人にならないと作れないクレジットカードというものと、子供にも人気のあるアプリゲームとを結びつける今回のやり方は、以上のような問題点が指摘されることで大きな騒動となりました。深く影響を考えていなかった運営側に非難の声が集まりました。

アルコールの提供が問題に

ブラブルの騒動は、アンチラ、クレジットカードだけではありません。アルコールの提供が問題になったことがあります。グラブルでは、ノンアルコールを提供するはずだったのですが、何らかの手違いでアルコールを提供してしまったのです。

アルコールを提供された人がSNSでアルコールを提供されたと明らかにしたことで今回のアルコール騒動が表ざたになりました。アルコール騒動を受けて、グラブルの運営側は、翌日から該当ドリンクの提供を中止しました。

このアルコール騒動は、その影響の大きさから問題視する声が高まりました。もし、ノンアルコールと思って提供されたものがアルコールだと知らずに車の運転でもしていたら、事故を起こしていたかもしれません。

事故にならなかったから良いものの、一方間違えれば騒動では済まなかったかもしれません。そういう意味では、この騒動はほかの騒動と比べても深刻度が高いと言えそうです。

ユーザーIDの漏れ

グラブルが関係する炎上騒動は、アルコール騒動以外にもあります。それは、ユーザーIDの漏洩問題です。グラブルのディレクターがツイッターで、ユーザーIDを漏洩したのです。

グラブルの開発者がこうしたことをするとは、何か不正をしているに違いないと考えた人も多かったようです。アプリを介して行うゲームの場合、こうしたIDの漏洩は大問題となります。グラブルの運営側は、この騒動を受けて、ユーザーIDが漏洩しない措置を考えました。

キャラクターのパクリ問題

グラブルにまつわる騒動はまだあります。それは、キャラクターのパクリ問題です。グラブルに登場するキャラクターがある会社のゲームキャラクターと似ていると指摘されて騒動になりました。

新しいゲームを作る際には、過去のゲームと類似しているキャラクターがいないかのチェックを綿密にするものです。キャラクターのパクリ問題は本来なら絶対に起きてはいけないものですが、グラブルの場合は、類似が指摘されてしまいました。

この騒動は、結局、会社間で解決したようで、上で紹介した他の騒動ほどには大きなものになりませんでした。

アンチラ事件を乗り越えてグランブルファンタジーを楽しもう!

グラブルにおけるアンチラ事件の概要や他の事件について見てきましたが、いかがでしたから?今は、スマホのアプリをダウンロードしてゲームすることができる時代です。今回ご紹介したアンチラ事件は、そうした時代の最初に起きた大事件と言えます。

アプリゲーム内でキャラクターを強くするために使うガチャという有料サービスが炎上騒動の発端になりました。多くの人がレアキャラを獲得しようとガチャに多額のお金をつぎ込んだからです。レアキャラの出現率を小さくしたと疑われて騒動が大きくなりました。

騒動後の対応に不満が残る人もいることでしょう。結局、現金での返金はありませんでした。グラブル運営側からすれば、ゲーム内での救済措置で騒動が収まったわけですから、あまり痛い経験ではなかったかもしれません。

アンチラ事件は、アプリゲームの構造に問題があることを教えてくれます。騒動を経て、キャラの出現率が公表されるようになったのは、進展と言えるでしょう。アプリゲームが登場してまだ間もない時代ですから、これからも試行錯誤があることでしょう。

ゲーム自体は非常に面白く熱中できるものなので、アプリ利用者からすれば、運営側にはしっかり対応してもらいたいと願うところでしょう。アンチラ騒動を経てもなお、アプリゲームの楽しさを求めて、グラブルを楽しみましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ