カバラ数秘術の相性とは?運命数や誕生数で相性占い!

ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスによって数秘術が編み出され、タロットとユダヤのカバラの書によって更に強化されたカバラ数秘術という相性診断ができる占いがあります。生年月日を用いてカバラ数秘術の誕生数や運命数を算出し、大好きなあの人との相性を占ってみませんか?

カバラ数秘術の相性とは?運命数や誕生数で相性占い!のイメージ

目次

  1. 1カバラ数秘術の運命数や誕生数で占い相性が当たる!
  2. 2カバラ数秘術とは?
  3. 3カバラ数秘術の数字の意味とは?
  4. 4カバラ数秘術の運命数の出し方
  5. 5カバラ数秘術の相性一覧
  6. 6カバラ数秘術で恋愛の相性が良い運命数は?
  7. 7カバラ数秘術で仕事の相性が良い運命数は?
  8. 8カバラ数秘術から見る2019年の運勢は?
  9. 9進化を続けるカバラ数秘術

カバラ数秘術の運命数や誕生数で占い相性が当たる!

タロットよりも的中率が高いと評判のカバラ数秘術という占いを知っていますか?この占いは、誕生日から独自の数式で計算されて出る運命数と誕生数を用いて好きな相手の相性を見る方法ですが、この的中率が半端ないそうです。

ピタゴラスが、数字の持つ神秘性に魅せられ、解読していくうちに数秘術が作られたと言われていますが、その思想は哲学者プラトンに受け継がれ、更に進化して現在の数秘術により近づいていったそうです。ここでは、高い的中率を誇るカバラ数秘術占いで誕生数を算出し、気になるあの人の相性等を占ってみましょう。

カバラ数秘術とは?

数秘術は、ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスが作ったのはご存じでしょうか?カバラとは、旧約聖書に登場するモーゼがト―ラ―と呼ばれる律法に記録しきれなかったものを口伝えに伝えたものを示していると言われています。そのため、カバラは口伝とか伝承という意味を持ちます。

カバラにはユダヤ・カバラとクリスチャン・カバラがあり、もともと始まりはユダヤ・カバラの旧約聖書の解読に用いられていました。キリスト教がこのユダヤ・カバラの解釈に目をつけ、キリスト教の普及の一環としてやがて新約聖書に当て込んで、新しい解釈と研究がなされ、西洋占星術やタロット占いが編み出されていきました。

ユダヤ・カバラが本来の魔術の礎ですが、そのほとんどを口伝であったためその手法が日の目を見るのは、クリスチャン・カバラ誕生した後の12世紀以降であると言われています。

古代ユダヤの神秘思想

そもそもカバラとはユダヤ教の創造論や終末論、メシア論等による神秘主義思想からきています。その思想は、日本でいうところの、例えば真言宗のような密教によく似ているとも言われています。後にカバラは前述のようにキリスト教にも用いられるようになり、大きくユダヤ・カバラとクリスチャン・カバラに分類されていきます。

クリスチャン・カバラがセフィロトと呼ばれる生命の樹の活用を中心としているのに対して、ユダヤ教徒が旧約聖書の解釈として用いたのがユダヤ・カバラであり、後に西洋の魔術の根拠とされました。

ユダヤ教のカバラ思想というのは、神からの直接の叡智であったり、師弟間の伝承、神からの律法の真意を学ぶことを目的とし、必ずしも密教のような神秘思想が出発ではなかったようです。やがて、この思想に目をつけたキリスト教の神秘思想家によって、ユダヤ教の伝統からかい離した個人的な神秘体験への探求の手法へと姿を変えていきました。

運命数が意味するものとは?

数秘術はとにかく足しきることがきもです。そして足し続けてこれ以上足すものがなくなって出た最後に1ケタになったその数字から運命を占うというものです。運命数からはその人の生まれ持った才能や性格、傾向が読み取れます。

運命数には大きく2種類の意味合いがあり、生まれ持った才能や資質を現す誕生数と生きていく中で備わっていく覚醒数が、数字の中に内包されています。カバラ数秘術ではどちらかというと誕生数を重要視しているようです。

カバラ数秘術の数字の意味とは?

カバラ数秘術の数字の意味はご存じでしょうか?カバラと数秘術は本来はカバラの方がより奥が深いと言われています。そもそもカバラはユダヤ教の聖典です。そこに書かれる物は、創造論や終末論、メシア論等と前述しましたが、カバラを理解するためには、西洋占星術やタロットも熟知する必要があります。

このカバラ数秘術占いより算出された誕生数にあなたの才能であったり、性格や特徴、傾向を見てとることができると言われています。

「1」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおける『1』が意味するものは、物事の始まりであったり、指導者のようなトップであったり強い意志を意味ています。また、完璧主義者でもあるため、少々物事をはっきり言って知らぬ間に敵を作ってしまうこともありそうです。ただし、明るく行動力もあるため、好かれる人には本当に好かれる人柄と言えます。

「2」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『2』の意味するものは、包容力や均衡、といったバランス感覚に優れた思いやりのある人を意味します。それはまるでお母さんのような母性で、人を包み込みます。またそのバランス感覚から芸術面にも秀でているようです。

「3」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『3』の意味するものは、成長とクリエイティブ、好奇心旺盛、明るさです。自分の道を切り拓いていく力のある人が多いのが特徴です。自由奔放さと上品で礼儀正しいという極端な面もありますが、強運の強さも見受けられます。

「4」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『4』の意味するものは、安定感や真面目、控え目さといったところでしょうか。人間関係や恋愛関係は、ともに慎重な面が見受けられます。コミュニケーション力に乏しいですが、話すと意外な部分に詳しかったり、独創性にも富んでいると言った魅力もあります。

「5」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおける『5』の意味するものは、自由と冒険、チャレンジがキーワードとなります。変化に富んだことが大好きで、仕事も海外等グローバルに飛び出すことでより運が拓けていく人のようです。

「6」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『6』の意味するものとは、平和や交わり、誠実であるというのが特徴です。穏やかで真面目ですが、突然怒り出すこともあるようです。それは、真面目さゆえであり、ないがしろにした対応は気をつけるべきです。

「7」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおける『7』の意味するものは、一匹狼のような変わり者な面と孤高で神秘さを感じる人、と言えそうです。人より1歩前を行ったその独創的な物事の捉え方から、近寄りがたい冷静さを感じる人も多いでしょう。

「8」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『8』の意味するものは、繁栄と金運、内的エネルギーの強い人と言えそうです。白黒つけたがるところがあり、曖昧さを嫌います。困難に立ち向かう勇気と行動力を兼ね備えていますが、同時に悩みも深い人と言えそうです。

「9」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『9』の意味するものは、深い博愛精神と忍耐、非常に繊細な面を持ち、その感性は複雑です。これは9という複雑な誕生数が関係していると言われています。

あまのじゃくなため、自分の本心を偽ることができてしまい、たまにそのことで感情のバランスを崩す人がいるようです。打算的で他人からの見られ方を気にするため気が小さいと言えます。

「11」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『11』の意味するものは、その才能と判断力、芸術面にたけていると言った点でしょうか。才能があって判断力にたけており、また、人の感情の流れにも敏感です。感受性が強く、他人の言動にいちいち傷つくという繊細な一面もあります。またこの数字は、足しきると『2』になることから『2』の要素もある人でしょう。

「22」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『22』の意味するものは、現実主義で勤勉、欲深く疑い深いです。22という数字自体がカバラ数秘術において特殊です。頭の回転が早く、常に物事を先へ先へと考えています。ま、運動神経が良いのも、この数字の人の特徴です。この『22』も足しきると『4』になることから『4』の要素を含んだ人と言えます。

「33」が持つ意味

カバラ数秘術占いにおいて『33』の意味するものは、革命力と独創力で、自ら困難に飛び込んでいく変わった一面があります。『33』は破壊と創造を意味しているため、ビックな人と言えます。この数字もまた、足しきると『6』になるため、『6』の要素を兼ね備えた人と言えるでしょう。

カバラ数秘術の運命数の出し方

カバラ数秘術やその神秘思想、運命数について理解できたところで、いよいよ運命数の出し方について説明していきます。例えば、占う人の生年月日が2000年5月25日が生まれた日であったと仮定します。自分の誕生年月日を年(西暦)、月、日で切り離します。

西暦から誕生日の数字をすべて足す

2+0+0+0=2(西暦)5(月)2+5=7(日)です。次に(西暦)で出した1桁の数字と(月)で出した1桁の数字と(日)で出した1桁の数字を足します。そうすると2+5+7=14になります。1の位まで足しきるため、14を切り離し、1+4にし、最終的に出るのは『5』になります。

西暦と誕生日をそれぞれ1桁にしてから足す

西暦と誕生日が1桁になるまで足していくのですが、例えば1984年11月22日生まれの人では、1+9+8+4=22です。特殊数の11,22,33になった場合はその時点では足しきらず、22なら22で終えてください。22+11+22=55で、さらに5+5=10、さらに1+0=1でこの人の運命数は1となります。

カバラ数秘術の相性一覧

ここでは、カバラ数秘術占いでみる、相性の一覧を出して見て行きましょう。カバラ数秘術占いの誕生数は1,2,3,4,5,6,7,8,9,11,22,33の12種類に分類されています。11,22,33については特殊数と言われていてこの数字を誕生数に持つ人は1の位まで足しきった時の数字の運命数の性格も併せ持っています。

運命数   1   2   3   4   5   6   7   8   9   11   22   33 
 1  ◎    ◎    ◎    ◎  ○        ◎
 2    ◎    ◎    ◎      ◎  ◎  ◎  
 3  ◎    ◎    ◎    ◎  ◎        ◎
 4    ◎    ◎    ◎      ◎  ○    
 5  ○    ◎    ○      ○        
 6    ◎    ◎    ◎      ◎  ○  ◎  
 7              ○          ◎
 8                ○        
 9                  ◎      
 11                    ◎    
 22                        
 33                        

カバラ数秘術の運命数「1」の相性

カバラ数秘術占いの運命数『1』と相性のいい誕生数は、同じ『1』と『3』、『5』の人と相性が良いようです。

高い指導力を持つリーダータイプの『1』ですが、その数字の通り、何でも1番であろうとします。お互いキラキラした存在なので、強く惹きつけあいますが、どちらも目立とう精神がありますので、どちらかがうまくひくようにしないと喧嘩も絶えなさそうです。

成長と創造力に恵まれた『3』の人とは、意気投合するとお互い時代の先端を歩んでいける理想の相手と言えそうです。運命数『3』の人には、エリートになる人が多く、長い付き合いの中には、主導権において時には譲り合わないと喧嘩してしまうこともありそうです。

冒険心にあふれた運命数『5』の人とは、グローバルな感性でお互いを刺激できる関係と言えそうです。自由なその感性に『1』の人も心地良いのではないでしょうか。ただ、お互い関心が少なくならないように注意しましょう。

カバラ数秘術の運命数「2」の相性

カバラ数秘術占いの運命数『2』の人と相性の良い誕生数は、同じ『2』と『4』、『6』の人と相性が良いようです。

運命数が同じ『2』の人同士は、お互いが穏やかで優しく、争いを好まないため心地よく過ごしていけそうです。ただし、お互い自分から前に出るタイプでないため、物事の重要な決断時に、お互いなあなあになって決断できないなんてこともありそうなので、注意が必要です。

運命数が『4』の人も、その真面目で誠実なところと安定感で『2』の人との相性が良いと言えます。『4』の人は慎重で石橋を叩いて渡る人が多いので、決断が鈍る人は少ないでしょうが、答えをせかさない方が円満です。

運命数が『6』の人も、平和的で誠実で真面目な人が多いです。ですので、穏やかで癒し系の『2』の人と相性が良いと言えます。しかし、『6』の人は怒らせると怖いので、ないがしろにしたりはしない方がいいでしょう。

カバラ数秘術の運命数「3」の相性

運命数が『3』の人と相性が良い誕生数は、同じ『3』と『1』、『5』の人になります。『3』の人はコミュニケーション能力も高いので、リーダータイプの『1』の人、グローバルな『5』の人とは意気投合しやすいのでしょう。

同じ運命数の『3』同士であれば、お互いに楽観的ですし、お互いに成長と創造を求めるためプラス思考で付き合えそうです。ただ、さばさばしすぎているので、もう少し踏み込んだ付き合いに中々ならないのが少々たまにキズといったところでしょうか。

運命数が『1』の人とは、前述したとおりですが、『5』の人とは、『5』の人がとても冒険心とフレキシブルな面があるため、お互い楽に付き合える関係のようです。多才な面が豊富な相手ですが、トラブルが起きやすい相手でもあるため、注意も必要です。

カバラ数秘術の運命数「4」の相性

運命数が『4』の人と相性が良い誕生数は、同じ『4』と『2』、『6』の人になります。この組み合わせの共通点は、一見穏やかで平和的であるという特徴があります。

同じ運命数が『4』同士であれば、真面目で誠実な努力家、といったところでしょうか。地味な人ではありますが、自分の空間を大事にすることから、相手にも真面目さを求めるため、同じ運命数同士気が合うと言えそうです。ただし、お互いストレスをため込んでしまう性質のため、常々少しずつ吐き出すようにした方が良いでしょう。

運命数が『2』の人とは、前述に紹介したとおりですが、『6』の人とはどうでしょうか。穏やかで思いやりのある『6』の人ですが、怒らすと怖い相手です。執着心だとか所有物と考えるところがあるため、気になってしまうと相手の感にさわってしまうかもしれません、気をつけましょう。

カバラ数秘術の運命数「5」の相性

運命数が『5』の人と相性の良い誕生数は、『1』と『3』のようです。同じ『5』とは仕事のパートナーとしては良さそうですが、人生のパートナーとしては少し相性が薄いようです。運命数『5』の人は、アグレッシブに行動するため、肉体と精神のバランスを崩さないよう注意が必要です。そのため、楽観主義の『3』の人とは気楽に付き合えるのでしょう。

カバラ数秘術の運命数「6」の相性

運命数が『6』の人と相性の良い誕生数は同じ『6』の人と『2』、『4』の人です。同じ誕生数というのは、お互いが理解できると言うことです。『2』と『4』については前述したとおりになります。

『6』同士のメリットは、お互い穏やかで思いやりがある優しい人です。感受性が豊かなため、芸術面への美的感覚も優れた人ですが、執着心や所有欲が強いという難点もあります。お互いのベクトルがそれに傾くと、激しい嫉妬が起きたりして破滅的になるので、注意が必要です。

カバラ数秘術の運命数「7」の相性

運命数が『7』の人と相性が良い誕生数は、『1』と『3』で、意外に同じ『7』とはライバル関係になりやすく良いとは言えません。

スピリチュアルな感覚の『7』の人ですが、直観力と観察力に優れ、『1』の人の頭脳になることができそうです。しかし、直観力に頼り過ぎてトラブルを招くこともあるようですので、分析することは忘れないようにしないと、『1』の人にも迷惑をかけそうです。

『3』の人は、コミュニケーション力が高いため、運命数『7』の人の良い潤滑油になりそうです。学者タイプの『7』の人ですから、あまり孤独になると考え込んだりふさぎこんでしまうと周囲とのコミュニケーションが欠乏しやすいです。そのため『3』の人が『7』の人に積極的にコミュニケーションをとってくれると『7』の人も楽なはずです。

カバラ数秘術の運命数「8」の相性

運命数『8』の人と相性が良い誕生数は、ずばり『3』の人です。『1』と『5』、『8』も悪くはないですが、ライバル関係になってしまうようです。

『3』の人は、クリエイティブで成長を求めることから、勇気と困難に立ち向かう力強い『8』の人と相性が良いのです。自分の信念を貫こうとするその力強さは、時に極端に悪い道へ進むこともあるため、『3』の人のプラス思考が手助けになると良いでしょう。

カバラ数秘術の運命数「9」の相性

運命数が『9』の人と相性が良い誕生数は、同じ『9』と『2』、『4』、『6』の人です。人に対して深い思いやりと優しい心の持ち主であるため同じような平和的な誕生数の人と気が合うようです。

同じ『9』同士の場合、お互いが似たもの同士のため、許しあえたりするので相性も良いです。ただし、『9』の人の特徴として、本心を押し殺してしまうくせもあるため、蓄積して内面と外面のバランスを崩し、本当の自分の気持ちを見失わないようにする必要があります。

『2』の人とは、穏やかで癒しの相手であるため、落ち着いた気持ちで一緒に過ごすことができる関係です。ただし、『2』の人は自己主張が少ないため、『9』の人が本心を掴めないと感じ、顔色をうかがうようになってしまうと、お互いの関係がぎくしゃくしてしまいますので注意しましょう。

『4』の人も穏やかで真面目な人なので、『9』の人は安心して付き合うことができるでしょう。ただし、『9』の人は両極端な性格も持ち合わせているため、昨日言ったことと今日言ったことが変わって『4』の人を混乱させないようにしましょう。

『6』の人も優しく思いやりのある誠実な人です。博愛主義者同士相性は良いです。しかし、『9』の人は、本心を隠してしまう傾向もあるため、その掴みどころのなさから、『6』の人に勘違いされて浮気をしているのでは、等と思われないようにしましょう。

カバラ数秘術の運命数「11」の相性

運命数『11』の人と相性の良い誕生数は、同じ『11』と『2』の人で、『4』と『6』の人ともまあまあ良い相性です。前述でお伝えしたように、『11』の人は同時に『2』の性質も持ち合わせていますから、同じ系統の要素からも相性が良いのでしょう。

『11』の人にとって恋愛は生きる上でのガソリンのようなものです。恋愛することで、仕事にもはりがでたりするため、『11』の人にとっては恋愛は欠かせません。同じ『11』同士なら、本能的にそこを理解しているため、うまくいくというものですが、お互い周囲が見えなくなるくらいのめりこむのは本末転倒なので注意しましょう。

『2』の人とは、包み込んでくれるその包容力から、とても居心地が良いと言えます。ただし、のめりこんで周りが見えなくなるようでは、バランスを崩して仕事等にも影響がでそうです。気をつけましょう。

『4』の人は、真面目で誠実なため、『11』の人は安心してお付き合いができるようです。ただし、『11』の人は、距離ができてしまうと浮気してしまう傾向があるため、共通の趣味を持つなどして、円満な関係を維持できるようにしましょう。

『6』の人は、穏やかで優しい半面、独占欲も強いので、距離はできませんが、窮屈に感じることが出てくるかもしれません。お互い恋愛第一という考え方をしない方が関係がうまくいきます。

カバラ数秘術の運命数「22」の相性

運命数『22』の人と相性が良い誕生数は、『2』と『6』の人です。運命数『22』というのは、ヘブライ語が22文字あることからも、ユダヤの人からはとても特別な数字です。そのため、『22』の人は、天才肌やカリスマ性のある人という意味合いが強いです。

『22』の人は実力もさることながら、行動力や才能等全てを兼ね備えた最強の人であるため、サポート役となれる癒し系の『2』の人とは好相性なわけです。『22』の人が自信過剰になって自分を見失わなければ良好な関係を維持していけます。

感受性の豊かな『6』の人とも相性は良いです。思いやりもあり、美的センスの優れた『6』の人なら、隣にいて気分もあげあげなのでしょう。しかし、『6』の人は嫉妬深いので、あまり調子に乗っていると、トラブルになるので、気をつけましょう。

カバラ数秘術の運命数「33」の相性

運命数が『33』の人と相性が良い誕生数は、『1』と『3』、『7』の人です。破壊と創造の両面を兼ね備える『33』の人はやることはビックで大胆でありますが、あまり器用ではないため、案外自分の足元が見えていないことがあります。

『1』の人はリーダータイプのため『33』の人にとっては、頼りがいのある頼もしい存在と言えそうです。自分自身困難に飛び込んでいく度胸があるため、丁度良い2人なのでしょう。しかし、無理は禁物です。

『3』の人は、物の考え方が似ているようです。そのため、考えていることがわかりやすく、同じようなものに目が行くため、お互いが居心地良いと感じられそうです。また、『3』の人もクリエイティブな上強運の持ち主のため、『33』の人には頼もしく映るのでしょう。

『7』の人は孤高の1匹狼のような変わり者なところが、大胆な『33』と意気投合する面なのかもしれません。お互い変わり者なので、考え方が合う者同士と言えそうです。お互いの話のスケールがずれると支障をきたすので、そこは注意が必要です。

カバラ数秘術で恋愛の相性が良い運命数は?

カバラ数秘術占いにおいて恋愛の相性が最も良いのは、『33』と『3』の組み合わせでしょう。ぞろ目の『11』、『22』、『33』は、そもそもマスターナンバーと呼ばれる特殊数で、『33』はその最高峰に君臨しています。その運命数で恋愛の相性の抜群度を見たときには、この組み合わせは、どの組み合わせよりも最強と言えるでしょう。

Thumbカバラ数秘術・運命数(誕生数)33の性格!適職や相性を解説!
世の中には数字に性格を見出して占う「カバラ数秘術」という占いがあります。これは誕生日の数字を...

カバラ数秘術で仕事の相性が良い運命数は?

では、カバラ数秘術占いの仕事での最強相性はどうでしょうか?まず、前述でお伝えしたように、ヘブライ語は22文字あることから、ユダヤの人にとって『22』というのは大変特別な意味を持ち、最強の数字と考えられています。

『11』と『22』、『33』は別格のマスターナンバーとも言われていますから、それぞれ、複数の運命数の意味も兼ね備えています。そのため、『22』であれば、その中に含まれている『2』の要素、足しきった場合の『4』の要素を持ち合わせた人というわけです。

そのため、先見の明がある天才肌、カリスマ性を持った指導者という人が多く存在します。そんな最高のリーダーである『22』と相性の良い『2』は、最強の相性と言えるでしょう。皆さんにお父さんとお母さんが必ずいるように、外でお金を作ってくるお父さん要素の『22』といつも優しく見守るお母さん要素の『2』は、運命数上最強のパートナーなのです。

Thumb数秘術•運命数 (誕生数)22の性格や恋愛は?【カバラ数秘術】
カバラ数秘術は未来予測の的中率が高く、最強のユダヤ占術といわれています。ここでは、カバラ数秘...

カバラ数秘術から見る2019年の運勢は?

カバラ数秘術から見る2019年の運勢を見てみましょう。数秘術はもともと人生のサイクルを9年で1つの単位とし、繰り返しているとされていましたが、現在ではマスターナンバーの存在意義から33を含む12年で考えられてもいます。

運命数『1』の人は、2019年は春にハプニングが起きやすく、バタバタしそうです。持ち前の行動力を活かし、冷静に対処できれば運気はあがりそうです。運命数『2』の人は、新しいことにチャレンジすると運気が回るようです。新しい趣味を見つけたりなんか良いかもしれません。

運命数『3』の人は、安定した運気のようです。迷いが生じても前向きにチャレンジすればますます好調していくでしょう。運命数『4』の人は、新しい分野に縁がありそうです。真面目なあなたには新しい世界は少し不安を感じるでしょうが、果敢にチャレンジすることで道は拓けるでしょう。

運命数『5』の人は、全体を通して安定しています。アグレッシブに動けば動くほど成果も出せますが、無理をすると健康を害することもあるので注意が必要です。運命数『6』の人は、ちょっとしんどい年になるかもしれません。今は力を蓄える時期と考え、指差し確認だけは忘れずに、慎重に対処していきましょう。

運命数『7』の人は、ビックチャンス到来です。思い描いた通りに物事が進みやすい反面、自分が感じたネガティブなことも実現してしまうこともあるため、反省点については気にしないようにしましょう。運命数『8』の人も運気は安定しています。忙しく過ごしていることで、やりがいの感じる1年となるでしょう。

運命数『9』の人も、運気が好調です。困難が立ちはだかっても、この1年はあまり気にならなそうです。人間関係も良好ですが、中には気をつけた方が良い場合もありますので、いつも通りの謙虚な気持ちを心がけると良いでしょう。運命数『11』の人は、良い波と悪い波が交互にありそうです。運気がいいと思っても突然悪くなることもあるので気持ちのゆとりが大切になるでしょう。

運命数『22』の人は、大きな幸運がやってきます。フットワークよく動いた分だけチャンスを掴めそうです。全体を通して運がいいので新しいことを始めてもいいかもしれません。運命数『33』の人は、健康面での注意が必要ですが、体を動かしたり、健康な食生活を心がけたり、適度な睡眠時間をとるという当たり前なことに着目することで運気も維持できるでしょう。

進化を続けるカバラ数秘術

世界で最も古い秘術と言われるカバラ数秘術。それは、全ての神秘を解くカギとも言われており、西洋占星術やタロットでも計りしえない更に突き詰めた最高峰の占いです。現在我々が利用する西暦は、カバラを元にするために考えられたそうです。それゆえ、数秘術は西暦を使用していると言われています。

現存する情報の中では、ピタゴラスが数秘術の創始者と言われていますが、その更に昔、実はギリシャや中国、エジプト、ローマにおいても数秘術が使われていたという説があります。その当時は、モーゼのように、口伝でのみその方法を伝えられていたとか。

そう考えると本当に旧約聖書で描かれているように、元々世界は本当に1つで、話す言語も1つだったと言われたら少しだけそんな気もします。そして、様々なあり得ない神話もまた古代の神秘な文明があったことを示唆しているかもしれません。

元々1から9までの運命数で算出されていたカバラ数秘術も、近年では11,22,33をプラスする考え方もあります。また新たに44の運命数も検討される場合もあるそうです。今後現代の科学との融合で、また新しい数秘術の考え方が生まれ、そしてより一層カバラ数秘術が進化していったら、ますますカバラ数秘術が面白くなりそうです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
suusan1824

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ