アイヌの女性は美人?アイヌ民族の顔立ちの特徴や写真など紹介!

アイヌの女性には美人が多いと言われていることをご存知でしょうか?アイヌ民族の顔立ちにはいくつかの特徴があります。アイヌの美人女性の特徴を写真などで紹介し、さらにアイヌ美人に近づくためのアイメイク・眉メイクの方法もまとめています。

アイヌの女性は美人?アイヌ民族の顔立ちの特徴や写真など紹介!のイメージ

目次

  1. 1アイヌの女性は美人?顔立ちの特徴などをチェックしてみよう!
  2. 2アイヌ民族とは?美人が多い理由も
  3. 3アイヌの女性の顔立ちや容姿の特徴
  4. 4写真で見るアイヌの美女
  5. 5アイヌの美人芸能人
  6. 6憧れのアイヌ美女に近づけるメイク方法
  7. 7現在のアイヌ民族はどう暮らしてる?
  8. 8アイヌ民族が出てくる作品
  9. 9メイクでアイヌ美人の顔立ちを目指してみよう!

アイヌの女性は美人?顔立ちの特徴などをチェックしてみよう!

アイヌ民族の女性には美人が多いことをご存知でしょうか?アイヌ民族の女性の顔立ちには、様々な特徴があり、どれもが多くの日本人にとってあこがれとなるようなものなのです。以下では、美人と言われるアイヌ民族の女性の顔立ちの特徴を整理してご紹介します。

純血を保ったアイヌ民族は今現在も住んでいるのでしょうか?また、アイヌ民族とかかわりの深い芸能人の人々をご紹介します。アイヌ民族という近いけれど深くは知らない民族のことをより深く知って、アイヌ民族のルーツに迫っていきます。

アイヌ民族とは?美人が多い理由も

そもそもアイヌ民族とはいったいどのような民族なのでしょうか?アイヌ民族と言えば、北海道を中心とする寒い地域に住んでいる人たちというイメージの人もいることでしょう。以下では、アイヌ民族がいったいどのような人々なのかについて見ていきます。

また、アイヌ民族の女性が美人と言われる理由についてもまとめていきます。日本人に多い「弥生顔」というタイプと違い、美人と言われるアイヌ民族の女性たちは「縄文顔」と呼ばれるタイプに近いのです。では、この縄文顔とはどのような顔立ちなのでしょうか?

南方からの移住民

まずは、アイヌ民族はいったいどこから来たのかについて見てきます。北の方に住んでいることから、北海道などにもともと住んでいた土着民ではないかと考えられてきましたが、どうやらそうではないことが分かってきたのです。

大方の予想を裏切るようにして分かってきたことは、アイヌ民族が南方からの移住民であるということです。アイヌ民族が継承してきた文化の中にもそうした説を裏付ける痕跡が残っています。アイヌ民族はもともと北海道に住んでいた民族ではないのです。

今の北海道と言われる場所に住むようになったのは、7世紀以降ではないかと言われています。そういう意味では、長らく北海道周辺に住んでいることはなるのですが、それ以前は、南方の方で暮らしていたと考えられているのです。

アイヌの女性は美女が多いと言われている

アイヌ民族が南方からの移住民であることを見てきましたが、続いては、アイヌ民族の女性に美人が多いと言われている点について見ていきます。アイヌ民族の女性は美人が多いと言われていますが、そもそも美人の定義を見ていく必要があります。

日本人の平均顔と言われている弥生顔の特徴は、鼻が低く、一重瞼で、彫りがほとんどない平坦な浅い顔と言えます。そうしたことから、多くの日本人にとって、鼻が高く、二重瞼で、彫りが深い顔は美人とかイケメンの条件として考えられています。

そうした考え方に基づくと、アイヌ民族の人たちの顔立ちは、美人と言われるタイプと言えるでしょう。鼻が高く、二重瞼で、彫りが深いという美人の条件を満たしているからです。日本人の平均顔より、欧米人の顔立ちに似ていると言えるかもしれません。

アイヌに美人が多い理由とは?

アイヌ民族の女性に美人が多い理由をさらに詳しく見ていくことにしましょう。アイヌ民族の女性に美人が多いと言われているのには、いくつかの特徴があることが影響しています。以下では、美人と言われるアイヌ女性の特徴を整理してまとめてみます。

縄文顔で目鼻立ちがくっきりしている

美人と言われるアイヌ民族の女性の顔立ちは、縄文顔で目鼻立ちがくっきりしていることが特徴です。すでに述べたように、日本人の平均的な顔立ちは、弥生顔と呼ばれる顔立ちです。弥生顔は、目鼻立ちがくっきりしておらず、平坦な顔立ちと言えます。

それに対して、縄文顔は顔の彫りが深く、目鼻立ちがくっきりしている点が特徴的です。アイヌ民族の女性が美人であると言われる理由は、彫りの深く、目鼻立ちがくっきりしている顔立ちから来ています。多くの日本人が、そうした顔を美人であると認識しているのです。

アイヌ人とのハーフ

美人と言われるアイヌ民族の顔立ちが縄文顔で目鼻立ちがくっきりしていることをお伝えしましたが、現在、純血のアイヌ民族はいないのではないかとする説が有力視されています。つまり、アイヌ民族は途絶えてしまったのではないかと考える人もいるのです。

多くのアイヌ民族は、北海道明との混血の道を選んでいます。つまり、アイヌをルーツに持つ人たちが北海道にはたくさん住んでいるのです。彫りの深い縄文顔のアイヌ人と比較的平坦な弥生顔の北海道民が結婚し、アイヌ人とのハーフがたくさん生まれている状況です。

アイヌ人のハーフの人の中には、縄文顔の特徴を色濃く残している人も多く、そうした人たちも美人とかイケメンとか称される機会があることでしょう。以下で取り上げますが、芸能界でもアイヌをルーツに持つ人は何人か知られています。

アイヌ人は欧米人に近い顔立ち

アイヌ民族とのハーフがたくさんいることを見てきましたが、美人と言われるアイヌ人は欧米人に似た顔立ちをしているとも言えます。これは、縄文顔の特徴と言っても良いでしょう。縄文顔は、鼻が高く、二重瞼で、彫りが深いのが特徴です。

こうした特徴は、欧米人の特徴と似ている点があります。日本人の多くが、欧米的な顔立ちに魅力を感じ、美人と思っていると言えるでしょう。そうした背景があるために、欧米人と似ているアイヌ人の顔立ちを持つ女性を美人だと考えているのかもしれません。

アイヌの女性の顔立ちや容姿の特徴

美人と言われるアイヌ民族とはどういう人たちか、また、アイヌ民族の女性が美人であると言われる理由とは何かについて見てきましたが、続いては、美人と言われるアイヌ民族の女性の顔立ちや容姿の特徴について見ていくことにしましょう。

美人と言われるアイヌの女性の顔立ちには、多くの日本人にはないいくつかの特徴があります。そうした特徴を具体的に紹介するので、参考にしてメイクで取り入れていくと良いかもしれません。美人と言われる人たちはどんな特徴を持っているのかが分かることでしょう。

鼻筋が通っていて高い

アイヌ民族の女性の顔立ちで特徴的なのは、鼻です。多くの日本人の鼻は、それほど高くありません。一方、美人と言われるアイヌの人たちの鼻はかなり高いのです。鼻筋も通っているので、鼻の存在感がどっしりとあります。

美人と言われるアイヌ女性は、鼻筋が通っていて高いので、顔立ちがはっきりした印象を与えます。すっきりした顔立ちになるので、聡明な印象を与えることもあります。美人と言われる理由の一つは、顔の中央にある鼻の高さです。

彫りが深い

美人と言われるアイヌの女性の顔立ちの特徴としては、顔の彫りが深いことが挙げられます。顔の彫りが深いので、非常に印象に残りやすい顔と言えます。顔のそれぞれのパーツが存在感を持っています。一度見たら忘れない顔立ちなので、美人と感じられるのかもしれません。

鼻筋が通っていて高い鼻が中央にどっしりと構えていて、顔の凹凸がはっきりしているのが特徴です。横から見てみると、顔の凹凸の様子がよくわかることでしょう。美人と言われる要素として、顔の彫りの深さが欠かせないと言えそうです。

二重瞼が多い

鼻や顔の彫りの深さとともに重要なのが、目元です。美人と言われるアイヌの女性の目は、二重瞼が多いことで有名です。二重瞼は、柔らかい印象を与えますし、美人の要素としては重要な要素と考えている人も多いことでしょう。

日本人に多い弥生顔の場合は、一重瞼が多いことが特徴です。従って、多くの日本人があこがれる目元をしているのが美人と言われるアイヌの女性なのです。美人のアイヌの女性は、鼻が高く、彫りが深い上に、目元が二重瞼なので、「美人」と認識されやすいのです。

手足が長い

次ビンと言われるアイヌの女性の顔立ちの特徴について見てきましたが、アイヌの女性は手足が長いことも徴の一つです。アイヌの女性は手足が長いので、すらっとした印象を与えることが多く、美人と感じる人が多いのです。

多くの日本人は背が大きくないので、手足が短い印象を与えがちです。美人と言われるアイヌの女性は手足が長く、日本人とは違う印象を与えやすいのです。そのため、自分にないものを持っているように見えて、日本人の多くがアイヌの女性を美人と感じるのでしょう。

小麦色の肌に近い

美人と言われるアイヌの女性は手足が長いことを見てきましたが、肌も特徴的です。美人のアイヌの女性の肌は、小麦色に近いと言われています。北海道を中心とする寒い地域に住んでいるため、白い肌と思われがちですが、美人のアイヌの女性の肌は小麦色に近いです。

日本という国は南北に長いため、地域によって肌の色に違いが出やすい国と言えます。沖縄県のように南の地域では、比較的肌が黒くなるでしょう。一方、東北や北海道のような北の値域では、白い肌の人が多いです。

美人のアイヌの人々も北の地域に住むので肌が白いと考えられやすいですが、アイヌの人々は南方から来ているせいか、白い肌とは言えないようです。かといって、肌が黒いまではいかず、小麦色の肌と形容できる肌の色をしています。

美人の要因として、肌が小麦色であることを挙げる人もいるようです。小麦色に焼けた肌という言葉があるように、アイヌの人々の小麦色の肌を見て、美人であると感じる人も多いのでしょう。

写真で見るアイヌの美女

アイヌの女性が美人であると言われる理由について見てきましたが、続いては、アイヌの美女たちを写真でご紹介していきます。アイヌの女性たちは、上で挙げたように、顔立ちがはっきりしていて、手足が長いのが特徴です。

実は、アイヌの特徴は、女性たちだけに当てはまるものではありません。目鼻立ちがはっきりしているなどという特徴は、男性の場合はイケメンと称される理由にもなります。

特徴的な刺青

アイヌの女性は刺青を入れる習慣があります。これはアイヌの文化的な背景が関係しています。アイヌの女性は結婚した後に、唇の周りに刺青をします。これは、髭を模した刺青と言われています。これは、アイヌの伝統的な文化として継承されてきたと考えられています。

男性もイケメンが多い

アイヌ人の顔立ちは縄文顔と言われています。縄文顔の特徴は、鼻が高く、彫りが深く、二重瞼になっているなどというものです。こうした特徴は、女性の場合は美人であるということの理由になっています。

一方で、同じ特徴を持つ男性は、イケメンと考えられている場合が多いようです。アイヌの男性の顔立ちははっきりしていて、彫りが深いので、欧米人に間違われることもあるようです。

アイヌのクォーターとして知られる平井堅さんの顔立ちを見ると納得される人も多いことでしょう。あっさりした顔立ちが多い日本人から見るとイケメンに見えることでしょう。

沖縄の顔立ちと共通する部分が多い

アイヌ民族の顔立ちは、沖縄の顔立ちと共通する部分が多いともいわれています。沖縄の顔立ちの特徴も、目鼻立ちが発揮しているところだからです。

日本の最南端に相当する場所に住んでいる沖縄の人々の特徴と、日本の北の地域に住んでいるアイヌの人々の顔立ちが似ているという点は興味深いと言えそうです。

欧米人の顔立ちにも近い

アイヌの人々のはっきりした顔立ちは、欧米人の顔立ちに似ていると言えます。アイヌ民族そのものが欧米にルーツがあるというわけではないようですが、長い歴史の中で、環境的な要因からか似てきたと考えられています。

目鼻立ちがはっきりしていて、二重瞼で、手足が長いという特徴は、日本人が欧米人に対して抱いている印象に近いものがあります。そうした背景もあって、多くの日本人がアイヌの人々を見て美人であるとかイケメンであるとか感じるようになったのでしょう。

アイヌの美人芸能人

アイヌの美女やイケメンについて見てきましたが、続いては、アイヌにルーツを持つ芸能人について見ていきます。アイヌの人々は混血が進んでいるので、日本各地に住んでいると言えます。そして、そうした人たちの中には芸能界で活躍している人もいるのです。

以下では、アイヌにルーツを持つ芸能人を4人紹介します。アイヌをルーツに持っていることを知らなかったという人もいることでしょう。今は公開していない人でもアイヌにルーツを持つ芸能人は多いと考えられています。

酒井美直

1983年に帯広市で生まれた酒井美直さんは、アイヌ民族舞踏家として知られています。「AINU REBELS」の代表をしていました。美直は「ミナ」と読みます。そして、この「ミナ」はアイヌ語で「笑う」という意味だそうです。

2006年に「AINU REBELS」を結成して、歌手として活躍していましたが、音楽活動以外にも公演活をして活躍しています。

OKI

OKIさんの本名は、加納沖です。1957年生まれで、樺太アイヌの伝統弦楽器であるトンコリの奏者として知られています。アイヌの伝統音楽を大事にして音楽活動をしているOKIさんですが、伝統音楽に世界中の音楽を取り入れて曲を作っています。

宇梶剛士

30603423 352745848568856 3447152331001430016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ruyramos10official

1962年8月15日生まれの宇梶剛士さんは、東京の新宿で生まれ育っています。俳優やタレントとして活躍している宇梶剛士さんは、アベベネクストに所属しています。母親である宇梶静江さんは、アイヌの詩人です。

アイヌとの関係が深く、アイヌに対しても貢献したいと考えているようです。宇梶さんは、アイヌ民族博物館内で、アイヌ文化を紹介するVTRに出演しています。

平井堅

50638503 2176850782358251 1859688187136442293 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
motokano117

シンガーソングライターとして活躍している平井堅さんは、1972年1月17日生まれです。大阪府に生まれた平井堅さんは、彫りが深いため、欧米人と間違われることも多いようです。実際は、アイヌ人のクォーターです。

憧れのアイヌ美女に近づけるメイク方法

アイヌにルーツを持つ芸能人を見てきましたが、続いては、アイヌ美女に近づけるメイク方法を見ていきましょう。アイヌ美女の特徴は、彫りが深く、鼻が高く、二重瞼であるという点です。こうした点をうまくメイクで実現できれば、アイヌ美女に近づけるわけです。

以下では、アイメイクと眉メイクを見ていくことにしましょう。顔の印象で最も重要なのは目元です。目元で印象を残せれば、顔全体の印象がガラッと変わります。目元をアイヌ美女に近づけることで、アイヌ美女の美人の要素を取り入れることができるでしょう。

アイメイク

アイヌ美女に近づけるメイク方法としては、目元をはっきりさせるメイクをすることです。アイヌ美女の特徴である、目がはっきりしていて、二重瞼である点をメイクで実現しましょう。目力をつけることができれば、美人へ一歩近づいたと言えるでしょう。

眉メイク

アイメイクに続いては、眉メイクです。眉メイクでも考え方は同じです。アイヌ美女に近づくためには、はっきりと力強い眉を実現するようにしましょう。眉が薄いと顔の印象が薄くなってしまいやすくなります。そうしたことを避けるために、眉を力強く描きましょう。

現在のアイヌ民族はどう暮らしてる?

アイヌ美女に近づけるメイク方法に続いては、現在のアイヌ民族について見ていくことにしましょう。美人やイケメンが多いと言われるアイヌの人々は現在どのように暮らしているのでしょうか?今現在、アイヌの純血を守っている人はどの程度生きているのでしょうか?

現在アイヌ民族はどのくらいいる?

現在アイヌ民族はどのくらいいるのかという質問に正確に答えることは非常に難しいと言えます。いろいろな説がある中で有力なのは、アイヌ民族の純血を守っている人は0人であるという説です。アイヌの純血は日本に限らず世界のどこにもいないと考えられています。

今存在しているのは、アイヌをルーツに持つ混血の人たちだけであると考えられています。そのため、アイヌ民族は今どのくらいいるかという質問には、いないと思われると解答するしかないでしょう。ただし、アイヌの文化が途絶えたとは言えません。

アイヌの混血として生きている人たちの中に、アイヌの伝統を継承しようと努力している人たちがいるからです。アイヌ民族の純血は途絶えてしまっても、アイヌの文化は混血の人々の中で継承され続けていくことでしょう。

北海道民とほぼ同じ暮らし

アイヌの純血であるという人は現存していないと考えられますが、今存在している混血のアイヌ人はほとんどが北海道民と同じ暮らしをしていると言えます。つまり、表向きはアイヌ人であるか北海道民であるかは区別がつかないということです。

もちろん、北海道は非常に広いので、山の奥の方でアイヌの伝統をしっかり守りながら暮らしている人がいるかもしれません。そうした可能性を排除することはできませんが、数としては非常に少ないと言えるでしょう。

そうしたことから、アイヌの混血の人たちはアイヌ人以外の人と結婚し、北海道民と何ら変わりなく生活をしているわけです。それゆえ、芸能界にもアイヌにルーツを持つ人たちがいて、活躍しているのです。

未だ亡くならない差別問題

アイヌのことを差別問題の授業で知ったという人もいるでしょう。アイヌに対する差別はかつては当然あったし、今もなくなったとは言えないのが現状です。アイヌの人々の実に72.1パーセントもの人々が「アイヌ人に対する差別があると思う」と回答しています。

一方、アイヌ人以外の人たちの中で「アイヌ人に対する差別があると思う」と回答したのは、たったの17.9パーセントです。こうしたことは、差別をされた側としている側の意識の違いを浮き彫りにしている言えそうです。

アイヌの人々に対する差別が表面化するのは、人生の大きな節目の場面です。結婚の段階になって、アイヌ人だからと結婚破棄になってしまったという例や、子供が生まれたら、アイヌ人は私たちの子供ではないと言って拒否されたという例が知られています。

アイヌ民族が出てくる作品

アイヌ民族の現在について見てきましたが、続いては、アイヌ民族が出てくる作品について見ていきます。アイヌ民族が出てくる作品は非常に少ないです。アイヌ民族を取り上げた作品が少ないということは日本人がアイヌの人々にどう接してきたかを物語っています。

とはいえ、アイヌ民族を取り上げた作品がないわけではありません。アイヌのことが登場する漫画が存在します。以下では、アイヌが登場する漫画を一つご紹介します。

『ゴールデンカムイ』

野田サトルによってつくられた「ゴールデンカムイ」という漫画は、アイヌのことを取り上げた貴重な作品になっています。時代背景としては、明治時代末期の北海道・樺太が舞台となっています。「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載されている漫画です。

この漫画ではアイヌの民族文化が紹介されています。英語のGoldenとアイヌ語のKamuyが合わさったタイトルは、作者の思いが投影されています。悲惨なアイヌではなく、明るく面白いアイヌを描きたいという作者の思いが詰まった作品となっています。

メイクでアイヌ美人の顔立ちを目指してみよう!

アイヌ民族の女性が美人と言われていること、アイヌの人々がどこから来て今現在どういうふうに暮らしているのかなどについて見てきましたが、いかがでしたか?アイヌにことをほとんど知らなかったという人もいたことでしょう。

アイヌの人々の顔立ちの特徴は、多くの日本人の顔立ちの特徴とは違います。鼻が高くて、彫りが深くて、二重瞼をしているという特徴は、多くの日本人が持っていない特徴なので、憧れを抱いてしまう対象なのでしょう。

アイヌの人々の顔立ちの特徴を整理することで、そうした顔立ちにまねることが可能になります。目鼻立ちをはっきりさせて、目元を力強く印象付けることを意識すれば、アイヌの美女に近づける顔をメイクで作ることができるでしょう。

アイヌ人に対する差別問題を学校で習ったという人もいることでしょう。アイヌのそうした面だけを見ると全体像が見えてこないかもしれません。アイヌの人々の顔立ちやルーツなどを知れば、親近感がわいてきて、アイヌに興味を持つようになるかもしれません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ