京塚昌子の死因とは?女優•京塚昌子の家族や性格は?

京塚昌子という女優をご存知でしょうか?割烹着の似合う恰幅が良く涙もろい母親役を演じた昭和を代表する名女優です。母親役をやらせたら右に出る者はいない京塚昌子の家族や性格、若い頃の噂など様々な側面を取り上げてまとめていきます。

京塚昌子の死因とは?女優•京塚昌子の家族や性格は?のイメージ

目次

  1. 1京塚晶子の死因は何?家族構成や性格など
  2. 2京塚晶子とは?
  3. 3京塚晶子の死因は?
  4. 4京塚晶子の家族や結婚歴
  5. 5若い頃の京塚晶子は?
  6. 6京塚晶子の性格を現わす作品
  7. 7京塚晶子が出演した作品を見てみよう!

京塚晶子の死因は何?家族構成や性格など

京塚昌子という昭和を代表する名女優をご存知でしょうか?「肝っ玉母さん」や「ありがとう」といったホームドラマで母親役を演じ、たちまち人気女優となった女性です。京塚昌子はお酒が好きで、よく俳優仲間と共に食べ歩いていました。

そうしたことの影響なのか、体調面で不安を抱えていました。糖尿病を患っていましたし、脳梗塞で倒れたこともあります。芸能界を引退した後も長い間闘病生活をしていたと言われています。そんな京塚昌子の死因とは何だったのでしょうか?

また、京塚昌子の家族構成や性格などについても見ていくことにします。若い頃には少なからず噂になったこともあったようですが、生涯独身を貫いた京塚昌子には、妹がいました。妹は臨終の間際まで付き添ったと言われています。

京塚晶子とは?

京塚昌子という女優について詳しく見ていくことにしましょう。京塚昌子が有名になったのは、数々のホームドラマで母親役を演じたところ、それが非常にはまり役で世間に広く認知されたことがきっかけです。恰幅が良く涙もろい母親を熱演したのです。

以下では、京塚昌子のプロフィールをまず整理することにしましょう。その後、人気女優になるまでの道のりや、私生活での暮らしぶりなどを見ていくことにしましょう。京塚昌子を語るときに、病気のことを触れないわけにはいきません。

死因については後程触れるとして、死因につながるような暴飲暴食ぶりにも言及していくことにします。母親役がはまり役だったことから、来る役来る役がすべて母親であったことが京塚昌子を苦しめた面があったと考えられています。

京塚晶子のプロフィール

名前 平塚マサ子
生年月日 1930年3月16日
没年月日 1994年9月23日
出身地 東京府
活動内容 テレビドラマの母親役

京塚昌子は芸名で、本名は上に書いたように平塚マサ子です。64歳の時に亡くなっています。東京府というのは、1868年から1943年までの間に存在していた日本の府県の一つです。もちろん、東京府は現在の東京都の前身に当たります。

高校卒業後「新派」に入団

京塚昌子は、1946年戦争のため疎開していた疎開先の佐野高等女学校(現在の栃木県立佐野女子高等学校)を卒業しました。高校を卒業後は、劇団「新派」に入団し、研究生として活動し始めました。若い頃から芸に秀でていたことが知られています。

劇団「新派」で演劇の基礎を学んだ京塚昌子は、才能を開花させていきます。新派にいる間は、舞台女優として腕を磨いていきました。東宝演劇部の映画を中心に活動していたのがこのころです。やがて、テレビにも出始めるようになっていきます。

母親役で人気女優に

京塚昌子と言えば、母親役です。京塚昌子は1968年、石田ふく子プロデュース作品である「肝っ玉母さん」に出演します。この作品の中で、京塚昌子は蕎麦屋を切り盛りする女性を演じました。しっかり者で、同時に非常に涙もろい母親役を好演しました。

母親役がはまり役だったため、他の作品でも母親役を引き受けるようになっていきます。「ありがとう」でも母親役を熱演し、お茶の間に母親役として認知されるようになっていきます。恰幅の良い女性が割烹着姿で動き回る姿が京塚昌子のイメージとなりました。

京塚昌子の母親役は世間に受け入れられ、家庭用品のCMにもよく登場するようになります。日本人が思う母親としてのイメージを京塚昌子が演じることで、CM商品がずいぶん売れたと言われています。京塚昌子は母親役で名実ともに人気女優の仲間入りをしました。

芸能界引退後闘病生活

京塚昌子は母親役で活躍する女優人生を謳歌していましたが、私生活ではかなりの酒豪だったことで知られています。来る役来る役が母親役であることに不満を持っていたとの声もあるようです。そうしたことが影響したのか、若い頃からお酒をかなり飲んでいたようです。

そうした生活が糖尿病を招いた側面があるようです。1971年に糖尿病を患い、辛い思いをしていたようです。また、糖尿病とは別に、1983年には、脳梗塞で倒れています。こうしたことが積もり積もったせいで、1986年に芸能活動を休業することを宣言しています。

芸能活動ができないほどに体調がすぐれなかった京塚昌子ですが、芸能界復帰の夢は叶わず、これが事実上の芸能界引退となりました。芸能界引退後は、ずいぶん長い間闘病生活をしていたようです。暴飲暴食が彼女の体を蝕んだと考えられています。

日本のお母さんと言えば、京塚昌子と言われるほどにはまり役だったお母さん役でしたが、本人はもっと別の役がしたかったと考えていたようです。こうした思いが、京塚昌子をお酒や食べ物には知らせた面があると考えられています。

64歳で死亡

芸能界引退後もずっと闘病生活をしていた京塚昌子ですが、64歳のときに亡くなっています。死因は以下で詳しく述べますが、心不全です。1994年9月23日に、息を引き取っています。64歳という年齢は若いと言えるでしょう。

結局、若い頃からの暴飲暴食がたたったのか、女優活動をしている間からずっと体調の不調を抱えて演じてきていたようです。糖尿病や脳梗塞で日常生活にも支障が出るほどだったと言われています。芸能活動を終えても、最後まで病気と闘っていた女優と言えそうです。

京塚晶子の死因は?

京塚昌子という女性について詳しく見てきましたが、続いては、京塚昌子の死因について見ていきます。京塚昌子の死因を知ると、なぜその死因だったのかと思わざるを得ません。若い頃から糖尿病を患っていた京塚昌子の体は、様々な病気に襲われていたようです。

また、京塚昌子のことを語るときに、22歳の時に行った盲腸の手術について触れないわけでにはいきません。この手術を経て、体質に変化が出たと考えられているからです。手術以前はほっそりとした体型をしていたと言われています。

一方、盲腸の手術を経て、太りやすい体質に変わってしまったようです。そうしたことから、あの恰幅の良い母親役が生まれたことは皮肉と言えるかもしれません。太りやすい体質に変わってしまったことで、体調面でも優れない日々が続くことになります。

死因は心不全

糖尿病や脳梗塞などさまざまな重い病気を抱えていた京塚昌子ですが、死因は心不全です。死因が心不全ということで、心臓を悪くしていたことが分かります。若い頃に糖尿病を患っていたことから、死因もそれらと関連したものになると思った方もいるかもしれません。

死因は文字通り死因なので、死因だけが体の病気であるということではありません。心不全が死因というと心臓だけが悪いと思われがちですが、心不全が直接的な死因であるというだけです。芸能界引退後も闘病生活をしていた京塚昌子は、最終的に心不全に倒れました。

22歳で盲腸手術後に肥満体に

すでに述べましたが、京塚昌子はもともとは非常にほっそりしていたようです。ほっそりしていたことを示す写真を見つけることは難しいようですが、ほっそりしていた体質があることで変わってしまったようです。それが手術の影響なのです。

京塚昌子は、22歳の時に盲腸の手術を受けています。盲腸の手術を受けた後に、どういうわけだか、体質が変わったそうです。具体的には、太りやすい体質に変わってしまったのです。そのため、もともとほっそりだった京塚昌子は徐々に肥満体になっていきます。

こうしたことが、体の不調を悪化させたことは容易に想像できます。京塚昌子は太りづらい体質から、太りやすい体質に変わったことで、体調を崩していくようになります。あいかわらずの大酒飲みだったため、こうした体質の変化はよくない影響を与えたことでしょう。

糖尿病や脳梗塞の病歴あり

22歳というときのも盲腸の手術によって体質が変わってしまったことで、それ以降、様々な病気と闘うことになります。それは具体的には、糖尿病や脳梗塞です。糖尿病に関しては、長らく彼女を苦しめることになる病気です。

劇団新派に入団してから、徐々に母親役が決まるようになると、一気に母親として起用されるようになっていきます。来る役来る役がすべて母親役になるようになったのです。そうしたことは、彼女の心に少しの影を落としていたと考えられています。

母親役がはまり役なるということは、それ以外の役がしづらくなることだったからです。京塚昌子は母親役以外の役ができないことに強い不満を持っていたと言われています。そうしたことが、彼女をお酒に走らせた可能性があるのです。

お酒を飲むのが好きで、俳優仲間と連れ立って食べ歩いている様子が知られています。そうしたことの影響からか、糖尿病を患い、やがては脳梗塞を患うことになるのです。こうした病歴から分かることは、京塚昌子の体は満身創痍の状態だったということです。

京塚晶子の家族や結婚歴

京塚昌子の死因や病歴について見てきましたが、続いては、京塚昌子の家族についてや、そもそも結婚していたのかなど結婚歴について見ていくことにします。結論から言えば、京塚昌子は生涯独身を貫いています。戸籍上は結婚をしていません。

しかしながら、内縁の夫がいたのではないかと言われています。しかも、そのことが公になったのは、京塚昌子が死亡した後だったのです。しかもその内縁の夫は芸だったのではないかと言われているので、このことが世間をざわつかせることになります。

京塚昌子は生涯独身を貫いていますが、それなりに恋はしていたようです。しかし、いずれの出会いも結婚へは結び付かなったのです。京塚昌子には妹がいます。京塚昌子の妹は、晩年まで付き添うなど親密な関係だったそうです。

30代の頃内縁の夫がいた?

京塚昌子は生涯独身を貫いていますが、若い頃には自動車会社の部長のパトロンがいたと言われています。また、新橋の烏森駅近くの、当時は珍しかったゲイバーに通い、そこのゲイボーイと恋に落ちています。そして、上記のパトロンとは正式にお別れしています。

パトロンと別れてから、上記のゲイボーイと同棲を始めます。人気女優がゲイボーイと同棲していたことは、当時は知られていませんでした。もし知られていれば、日本中に大きなニュースになったことでしょう。

ゲイという存在が珍しかった当時に、女優がゲイバーに足しげく通っていたことは意外だと感じる人もいることでしょう。当時はほとんど受け入れられなかったゲイという存在に親近感を感じたのか、京塚昌子はゲイボーイと仲良くなっていきます。

内縁の夫はゲイ

内縁の夫がゲイであることは世間に知られることはありませんでした。内縁の夫がゲイであることが知られたのは、京塚昌子の死後だったからです。二人は、戸籍を共にすることなく、同棲を続けました。

新橋で出会ったゲイボーイと同棲を始めてから3年がたった頃、京塚昌子を悲劇が襲います。京塚昌子が子宮筋腫にかかったのです。そのため、京塚昌子は子宮を全摘出せざるを得なくなりました。こうしたことが原因となったのか、二人の同棲生活は解消されたのです。

妹が臨終まで付き添う

子宮筋腫によって子宮を全摘出するなど、辛い人生を歩んだ京塚昌子でしたが、糖尿病や脳梗塞の影響で、徐々に芸能活動にも支障が出るようになりました。やがて、芸能活動の休止を宣言し、事実上芸能界からの引退に追いやられたのです。

芸能界を引退しても、京塚昌子は長い間闘病生活をしていました。女優だったころの暴飲暴食がたたったのか、体の調子が完全回復することはなかったようです。京塚昌子には妹がいました。その妹が京塚昌子の臨終まで付き添って看病していたと言われています。

若い頃の京塚晶子は?

京塚昌子の家族や結婚歴などについて見てきましたが、続いては、京塚昌子の若い頃の様子について見ていくことにしましょう。京塚昌子と言えば、恰幅の良い体格が印象深いのですが、若い頃はほっそりとしていたと言われています。

若い頃のほっそりした京塚昌子の写真を入手することは難しいのですが、実際に京塚昌子はほっそりしていたようです。体質の変化が起きたのは、22歳の時に受けた盲腸の手術の影響だと言われています。手術後に太りやすい体質に変わってしまったそうです。

当時としては高身長

京塚昌子の身長についてはっきりしたことは分かっていませんが、当時としては比較的高身長だったのではないかと言われています。具体的なデータがあるわけではないのですが、京塚昌子と共演している沢田雅美の慎重が153センチメートルであることが一つの指標です。

というのも、沢田雅美と京塚昌子が一緒に写っている写真が残っているのです。その写真を見ると、ほんの少しだけ京塚昌子の方が背が高いように見えます。したがって、京塚昌子の慎重は153センチメートルから155センチメートルの間だったと推測されます。

当時の女性の平均身長が148.5センチメートルだったことを考慮すれば、京塚昌子は当時において比較的高身長だったと言えそうです。高身長と言っても、周りと比べてかなり高い、というほどではありませんが、画面に映えるだけの身長だったようです。

手術前はほっそり体型

身長に続いては、体型について見ていきましょう。体型について言えることは、ある手術の前後で変わっているということです。22歳の時に盲腸の手術を受け、それによって体質が変わってしまったことが有名です。

手術前はほっそりとした体型だったようです。具体的な写真が残っているわけではないのですが、そのような証言があります。しかしながら、22歳の時に受けた盲腸の手術によって、太りやすい体質に変わってしまったようです。

したがって、盲腸の手術以降は、徐々に太り気味になっていったようです。そうして、ドラマなどで恰幅の良い母親役が認知されるようになっていきます。皮肉なことですが、恰幅の良さはあるべき母親像にとって必要だったと考えられています。

京塚昌子としては、母親役以外の役もやってみたかったようで、母親役ばかりのオファーが来ることに不満を持っていたと言われています。その不満が、暴飲暴食につながったのかもしれません。太りやすくなったことで体調面での不安を抱えていくことになります。

名脇役としても活躍

当時としては比較的高身長で、手術を経て太りやすい体質に変わってしまった京塚昌子は、お茶の間に日本の母親として認知されるようになっていきます。肝っ玉母さんがヒットするなど、割烹着姿の京塚昌子がはまり役で、名脇役として活躍していきます。

ホームドラマが徐々に増えていく中で、理想の母親役として重宝されていくのです。ドラマを盛り上げる母親役として、ホームドラマに引っ張りだこになっていきます。そうしたこともあって、家庭用品のCMにも多数起用されるようになっていきます。

京塚晶子の性格を現わす作品

若い頃の京塚昌子について見てきましたが、続いては、京塚昌子の性格を表す作品群を見ていくことにしましょう。京塚昌子という女優はどのような作品と通して、お茶の間に認知され人気女優となっていったのでしょうか?

以下では、ドラマを2本、映画を2本ご紹介します。いずれも京塚昌子が母親役として出演しています。実力のある俳優たちに囲まれて、当時の日本のどの家庭にもいそうな母親を熱演しています。

ドラマ「肝っ玉かあさん」

京塚昌子を語るうえで、絶対に外せないのがTBS系ドラマ「肝っ玉かあさん」です。このドラマは京塚昌子を文字通り人気女優へと押し上げたドラマと言えます。昭和43年(1968年)から昭和47年(1972年)まで放送されています。

全3シリーズに渡って放送されたドラマです。このドラマは日本中で話題となり、平均視聴率は30パーセントを超えていました。多くの日本人が視聴する中、京塚昌子は母親として演じ、日本人に母親役がぴったりの女優という印象を与えることになりました。

ホームドラマのさきがけともいえる作品で、この作品以降、ホームドラマタイプのドラマが量産されていくことになります。ホームドラマの先駆けともいえるこの作品で、母親とはこういう存在であるという一つの答えを出したのが京塚昌子でした。

ドラマ「ありがとう」

京塚昌子は「肝っ玉かあさん」に続いて、TBS系ドラマ「ありがとう」に出演しました。昭和49年(1974年)から昭和50年(1975年)に放送されたドラマです。京塚昌子は、このドラマの第4シリーズのカレー屋編で登場しました。

第1シリーズから第3シリーズまでは、水前寺清子が主演として出演していましたが、歌手に専念したいとのことで、京塚昌子に役が回ってきたという経緯があります。脚本は、肝っ玉かあさんと同じく、平岩弓枝でした。

京塚昌子と平岩弓枝とのコンビは、ゴールデンコンビと言われ、日本のホームドラマとはどうあるべきかを提示していきました。京塚昌子は肝っ玉かあさんに続き、母親役を熱演し、ますます母親役として認知されていくようになります。

映画「日本一の色男」

ドラマに続いて、京塚昌子が出演した映画についても見ていくことにします。京塚昌子は、映画「日本一の色男」に出演しています。昭和38年(1963年)に公開された映画で、主演は植木等が勤めています。

京塚昌子はハナ肇の相手役を演じました。出演している女優はそうそうたるメンバーで、そうしたメンバーの中で京塚昌子が重要な役どころを見事に演じ、存在感を放っています。

映画「空想天国」

続いて紹介する京塚昌子が出演した映画は、「空想天国」です。昭和51年に公開された東宝映画です。主演は谷啓が勤めています。酒井和歌子との痛快コメディーとも言える映画です。京塚昌子はこの映画で、谷の母親役を演じています。

京塚晶子が出演した作品を見てみよう!

日本の母親役を任せたら右に出る者はいないとも言われた京塚昌子という女優について見てきましたが、いかがでしたか?京塚昌子という女優について知らなかったという人もいることでしょう。亡くなってからずいぶん時間が経っているので仕方のない面もあります。

ホームドラマは今でこそ当たり前ですが、当時はまだほとんどそういったドラマがない時代でした。そうした時代において、京塚昌子という女優は、ホームドラマの先駆けともいえる「肝っ玉かあさん」で母親役を熱演したのです。

比較的身長が高く恰幅の良い女性が涙もろくも力強く生きていく姿に日本中が共感したのです。母親役と言えば京塚昌子とまで言われる存在になったのです。同時に、そうした周囲の受け止め方に、京塚昌子自身が戸惑っていたのかもしれません。

私生活ではお酒を手放せず、俳優仲間を誘っては飲み歩いていたようです。そうしたことが原因なのか、糖尿病や脳梗塞を経験してしまうのです。また、若くして子宮を全摘出するなど女性としてもつらい人生を歩んでいたと考えられています。

私生活ではドラマのようにはいかなかった京塚昌子ですが、今でも彼女の演技を見ることができます。時代が変わったとはいえ、古き良き母親役を見ておくことも無駄ではないでしょう。これを機に、京塚昌子の母親の立ち居振る舞いを見てみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ