ピラミッドパワーとは?効果は?実験で検証されてる?

世界各地にあるピラミッドには神秘的な力があると言われています。その「ピラミッドパワー」とはどのような効果があるのか?本当なのか、嘘ではないのか?ピラミッドパワーの作り方とは?今回は「ピラミッドパワー」の不思議を探り、これらの嘘や効果などを検証していきます。

ピラミッドパワーとは?効果は?実験で検証されてる?のイメージ

目次

  1. 1ピラミッドパワーとは?効果や作り方!嘘かどうかも検証
  2. 2ピラミッドパワーとは?
  3. 3ピラミッドパワーの検証実験!嘘もある?
  4. 4ピラミッドパワーの作り方
  5. 5ピラミッドパワーのグッズ
  6. 6ピラミッドパワーの真実

ピラミッドパワーとは?効果や作り方!嘘かどうかも検証

エジプトのシンボルとも言えるピラミッド。「ピラミッド」は四角錐状の巨石建造物の総称で、四角錐ではないものの、同様の形状をしたものは総じてピラミッドと呼ばれています。

エジプト、メキシコ、スーダンなど、世界各地の様々な場所にピラミッドは存在しています。威風堂々たるビラミッドは何の為に建造されたのでしょうか?「王墓説」「公共事業説」「宗教施設説」「日時計説」「穀物倉庫説」「天体観測施設説」など、諸説あります。

そのうちの一説として、「ピラミッドには墓として以上の特異な機能が備わっており、その恩恵を受けるため、世界中の古代文明がピラミッドを量産したのかもしれない」というものがあります。それこそが「ピラミッドパワー」であり、古代の権力者たちが欲してやまない効果があったのかもしれません。

そして、現代でもそのピラミッドパワーを得られると言うのです。その作り方、そして効果を、嘘かどうか検証していきましょう。

ピラミッドパワーの始まり

それは1930年の事でした。ギザにあるクフ王の大ピラミッドを見学していたフランス人のアントワーヌ・ボビーという人物がある奇妙なものを見つけました。それは、ピラミッド内に迷い込んだと思われる猫が死んでいました。しかし、その体は腐敗もせずに、脱水状態のままだったのです。

なぜ、腐敗せず乾燥したままなのか?不思議に思ったボビーは、フランスに帰ってから再現実験を試みました。ベニヤ板で90cm四方ほどのピラミッドの模型を作り、その中に動物の内臓や肉などを入れ、それを放置して観察というものです。

そして、数日後でも腐敗は進行しなかったのです。この結果から、ボビーはピラミッドの形には、動物の身体などを腐敗させずに乾燥させ、ミイラ状にするという力「ピラミッドパワー」があるのでは考えます。以降、様々な実験が行われるようになったのです。

ピラミッドパワーとは?

いろいろな不思議な効果があると言われているピラミッドパワーには、腐敗遅延効果、植物の成長促進効果、食べ物が美味しくなる、周辺の波動が調和する、疲労した心身を癒す、元気を増進し、肉体を若返らせるなど、数多くの実験結果による効果が報告されています。

最初の実験と言われているボビーの腐敗を遅らす効果は何故起きたのでしょうか。四角錐という形状に何かがあるのか、はたまた、その材質のせいでピラミッドパワーは起きたのでしょうか?

ピラミッド内部のレナード効果とは

エジプト学者の吉村作治によれば、「ピラミッドの中で物が腐敗しないなどの、いわゆるピラミッドパワーが起こるのは、使用されている石材の石質による。その石質が磁性体であるために、ピラミッド内部に磁場が生じて起こるレナード効果現象である。ピラミッドの形と防腐作用には全く関係はない」との事で、形状による説は否定されています。

それでは、レナード効果とは一体何なのでしょうか。滝や噴水など水しぶきの多い場所はマイナスイオンが豊富だという事は古くから知られていました。

「レナード効果」は滝周辺に起きるこの現象を理論的に解明したもので、後のノーベル賞受賞者であるドイツの物理学者フィリップ・レーナルトが1892年に発表しました。

このマイナスイオンの発生する現象が日本で紹介された時に、フィリップ・レーナルト博士の英語読みのレナードで紹介され、以降日本では「レナード効果」と呼ばれるようになりました。

レナード効果①防腐効果

レナード効果の作用に「防腐効果」と言われるものがあります。これは環境への主な作用と言われるカビの発生防止と消臭、殺菌作用があります。ここから、腐敗を遅らせる効果があると言われているのです。

レナード効果②植物が元気になる

環境への作用としては、植物への好影響があります。鉢植えの植物が長持ち、種子の発芽が大幅に促進される、果物などの日持ちがよくなるなどが挙げられます。

レナード効果③空気の汚染を浄化

レナード効果によって生じたマイナスイオンは、大気中に浮遊する汚染物質(プラス電荷)に電子を与え(マイナス電荷)、これを取り囲み分解します。空気中に浮遊する塵埃・ホルムアルデヒド・焼却煤煙ダイオキシン・タバコの煙・花粉・バクテリア・カビ・ダニ・悪臭など)を減少させると言われています。

レナード効果④若さを保つ

レナード効果によって生じたマイナスイオンには、縮まった血管を拡張する作用や、血圧を抑える作用があると言われています。そうすると血行が促進され、身体に必要な栄養や酸素が全身の細胞に供給、細胞から出た体の中の不要物を回収するので、健康な身体になる手助けをします。

そうした血液の循環は身体の免疫力を向上させ、新陳代謝を促して若さを保ち、老いにくい身体になるのです

レナード効果⑤アトピー等の炎症を抑制する

アトピーなどのかゆみは、ロイコトリエンやヒスタミンなど、炎症を起こす物質が大量に生産されるために起こります。そのため、皮膚をかきむしって傷つけてしまい、さらに埃やダニの死骸などで症状を悪化させます。すると、白血球が炎症した所に集まり、身体を守ろうと活性酸素で攻撃します。しかし、それは過剰防衛でより症状が悪くなります。

レナード効果⑥自律神経のバランスを整える

携帯の電磁波、ストレス、大気汚染などでプラスイオンが増加、過剰摂取している現代は、交感神経が使い過ぎの状態です。レナード効果は交感神経から副交感神経が活発になるよう働きかけ、リラックス作用があると言われています。

そのため、自律神経の機能を向上させ、内分泌作用や造血作用を亢進させます。心を落ち着かせ、精神を安定させます。

ピラミッドパワーの検証実験!嘘もある?

ピラミッドに何らかの効果があると考えた人々は様々な実験を試み、ピラミッドパワーの検証を行っています。小型の甲殻類での生育実験、マイクロ波発生の発見、治癒力の向上、瞑想実験など、様々な観点から検証され、いろいろな効果が語られています。ここでは2つのピラミッドパワー検証実験を紹介しましょう。

剃刀刃の保存再生効果の検証

1949年、チェコスロバキア(当時)のプラハに住む無線技術者のカレル・ドラバルはピラミッドを用いた「剃刀刃の保存再生装置」を作り、特許申請をしました。

ドラバルはチェコスロバキアで話題になったピラミッドの持つ「モノを腐らせない」という話にヒントを得て、当時入手が困難だった剃刀の刃を長持ちさせたいといろいろな実験をした結果、クフ王のピラミッドの千分の一模型を作り、その中に磨耗した剃刀の刃を置くと切れ味が良くなるという、ピラミッドパワーの効果を発見しました。

当初は申請を却下されましたが、実験データなどを重ねて1959年についにプラハ特許庁が特許ナンバー91304でこの申請を受理されました。

その特許には「ピラミッドの形をした空間の中では、刃の材料の緻密な結晶構造の自動再生が起きる」と記され、「地球の磁場の方向に合わせてカミソリを置かなければならないと」述べられています。

巨大ピラミッドを建造しての治療効果実験の検証

ロシア国立科学アカデミーが大規模なピラミッドパワーの検証を行い始めたのが1990年。塩化ビニルとグラスファイバーを使用して、高さ最大44mという巨大なピラミッド を、わずか1年でロシアとウクライナに17基建造しました。そして、2010年までに50以上のピラミッドを作りあげました。

ロシアにおけるトップレベルの科学者たちがこれらのピラミッドを用いて、医学、環境、農業、物理学など、ありとあらゆる分野の実験が行われたのです。

その結果、「ピラミッドに入れた生命体の免疫力の向上、白血球の増加、組織再生力の増進が見られた」「ピラミッドに入れた薬剤を新生児に与えると、健康の増進が見られた」「ピラミッドに医薬品を入れると、その効果が増し副作用が減少した」などの効果が得られました。

さらには、「近くにある農場の小麦の収穫量が400%増えた」「空気中の放射能の値が激減した」「ピラミッド建設した付近の刑務所の、囚人たちの態度が劇的に変化した」「ピラミッドの上空にできていたオゾン・ホールが塞がっていた」など、多くの効果がピラミッドパワーの検証結果に現れたのです。

これらは「癒しのピラミッド」と呼ばれていましたが、2017年の歴史的な暴風により、残念ながら崩壊したそうです。

効果の嘘?検証の嘘とは?

ピラミッドパワーの効果の中で、スピリチュアル的なものも多数あります。「疲労した心身を癒し、肉体的な若返りもされる」「ピラミッドを通して宇宙と交信する窓を開けることができる」「想念を送受信でき、見知らぬ人たちに善の意識を送ることができる」「高次元からのメッセージを受ける」などです。

これらの効果はあくまでも「体験」であり、第三者に理論的に実証することが難しい事柄です。「私はこう感じた。だからピラミッドパワーはある」と主張されても、第三者には真実なのか嘘なのかはわからないのです。

では、物理的なピラミッドパワーはどうでしょうか?例えば防腐効果です。「ピラミッドで3300年前の蜂蜜が、変質しない状態で発見された」という話があります。この話は事実と嘘が混ざっているのです。

真相は「王家の谷で3300年前と思われる、蜂蜜かシロップのような液状の物が、凝固せずに発見された」というものです。「ピラミッドで」「蜂蜜が」が嘘で、都合よくすり替えられています。

前述した、ピラミッドで腐っていない猫の死体を発見したアントワーヌ・ボビーも、フランスから生涯一度も出た事がないとも言われており、しかし、ピラミッドの複製を作って実験は行なってはいたと言われています。

ピラミッドパワーの捏造されたエピソードが一人歩きをし、元の情報が消失してしまうと、嘘が嘘ではなく「真実」となってしまうのかもしれません。

ピラミッドパワーの作り方

ピラミッドパワーの真偽のほどはともかく、ピラミッドには「何かの力」はあるのかもしれません。全てが嘘であれば、これほどまでに人々を魅了する事はないでしょう。ここでは、ピラミッドの複製を自分で作り、そのピラミッドパワーを受ける方法を紹介します。

材料はなんでもいい

「形」には力があると古来より語られています。ピラミッドパワーを作り出すにも肝心なのはその形であるので、用いる材質はどんなものでもよさそうです。

厚紙やダンボールなどが手軽でしょう。けれど、金属の方が良いという説もあります。同じ大きさでいろいろな材質を使い、ピラミッドパワーの効果を検証するとおもしろいかもしれません。

比率をピラミッドと同じすることが重要

材料が用意できたら、正四角錐を作ります。クフ王のピラミッドのできるだけ正確な模型にする事が重要です。ピラミッドの底辺の長さは、縦横共に同じです。高さは底辺の約2/3です。これとおなじ比率で作ります。

簡単な方法は、厚紙などを一辺20cmの正三角形を3枚と、正方形を1枚用意します。これを貼り合わせればピラミッド完成です。ピラミッドパワーは正四角錐の内部でなければ得られないので、20cm以上のサイズで作りたいところです。

そして、設置するときは東西南北に面を一致させる事が条件です。それでピラミッドパワーが発生します。

市販の模型もamazonで販売

作るのが面倒という方はamazonや楽天を頼るのもよいでしょう。中には182cmの銅製でできているピラミッドもあり、ベッドが入るサイズです。瞑想や治療、より良い睡眠を得るピラミッドパワーには最適かもしれません。

宝くじを入れてみる使い方が有名

ミニピラミッドはいろいろな使われ方をされていますが、有名なのが宝くじのおまじないに用いるピラミッドパワーです。

20cmで作ったピラミッドの中に、購入した宝くじと自分の持ち物で高価なものを一緒に入れます。それを家の中心からみて真西か真北になるよう置いておくと宝くじの当せん確率がアップするのだそうです。この時、面を東西南北に合わせるのも忘れずに。ピラミッドパワーが十分に得られません。

中には、枕元にピラミッドを置いていた人が、宝くじに当選した夢を見て、同じように買ってみたら当たったという話もあります。ぜひ検証してみてください。

ピラミッドパワーのグッズ

未知のパワーを持つビラミッド。エジプトのピラミッドは天災、人災、戦災などの数々の歴史を乗り越えて、今日まで堂々とあの姿を保っています。ピラミッドが滅びることはありませんでした。

そんなピラミッドパワーの恩恵を受けるのに、パワーストーンを組み合わせると、その効果は倍増します。ここでは「形」と「材質」の組み合わせを紹介していきましょう。

水晶ピラミッド

水晶は強い浄化の力を持っています。天災、人災、戦災など、自分ではどうすることのできない災難を防ぐパワーを持っています。その水晶でできたピラミッドパワーは、ついていない波動を良い波動に変え、家族に良い循環をもたらす効果が期待できるといいます。

また、思いもかけない災難は、家の中にいる時よりも外を出ているときに起こってしまいます。持ち歩くことで災難よけのピラミッドパワーを高めることができます。お守りのように水晶ピラミッドを持つのも良いでしょう。

オルゴナイトピラミッド

オルゴナイトは日本でも注目され始めているパワーグッズで、「磁場変換装置」と言われています。その効果は悪い磁場を浄化し、パワースポットを作ってくれることにあります。

そのオルゴナイトは主に樹脂、水晶、金属で構成されています。ネガティブな生命エネルギーを吸収する樹脂(レジン)、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換する水晶、ポジティブなエネルギーを放射する金属(銅線、金属くず)の3つから作ります。

おしゃれで可愛いインテリアとしても人気で、完成されたグッズもよいですが、自分のエネルギーにあったオルゴナイトピラミッドを作るのも運気アップのよいピラミッドパワーの効果が得られるかもしれません。

ピラミッドパワーの真実

ピラミッドは世界各地にあります。代表的なエジプト、有名なメキシコ、グァテマラ、スーダン。新しいところでは、ボスニア、インドネシア、中国、アラスカ、果ては南極まで。一説には世界に83000ものピラミッドが存在し、日本にも100以上あると言われています。

なぜ古代人たちは、これほどピラミッドにこだわったのでしょう?アトランティスやムーなどの超古代文明発祥説、または宇宙人起源説。火星にピラミッドのような写真も撮影されています。

自然界に満ちるエネルギーはまだ解明されていないものが数多くあります。ピラミッドは、そんな太陽の光や月の重力、地球の磁場や重力といった自然界に存在するフリーエネルギーを集め、変換・増幅して、ピラミッド内部にエネルギーを貯蔵したり、頂点からエネルギーを放射したりしているというのです。

錬金術から化学が誕生したように、今は疑似科学と言われるピラミッドパワーも、いずれはしっかりと検証され、嘘が正され、その効果が理論的に解明される日が来るかもしれません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅野こと
健康、美容、恋愛、子宮、雑学を中心に活動

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ