ジンの美味しい飲み方!ジンのおすすめの割り方など紹介!

自宅でお酒を楽しみたいときにはジンがおすすめです。しかし、飲み方がわからないという方も多いのではないでしょうか?そこで、ジンの美味しい飲み方についてご紹介します。ジンのおすすめな割り方などの飲み方をご紹介するので、チェックしてみてください。

ジンの美味しい飲み方!ジンのおすすめの割り方など紹介!のイメージ

目次

  1. 1ジンの美味しい飲み方やおすすめの割り方などご紹介!
  2. 2ジンってどんなお酒?
  3. 3ジンの種類とは?
  4. 4ジンのおすすめの選び方
  5. 5ジンの美味しい飲み方は?
  6. 6ジンのおすすめの割り方は?
  7. 7ジンにおすすめなおつまみは?
  8. 8ジンの保存方法は?
  9. 9色々な飲み方を試してみよう

ジンの美味しい飲み方やおすすめの割り方などご紹介!

自宅でお酒を飲むことが好きだという方も多いのではないでしょうか?自宅で美味しいお酒を楽しみたいという方にはジンがおすすめです。ジンはいろいろな飲み方をすることができる美味しいお酒として人気があります。しかし、ジンの美味しい飲み方がわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回はジンの美味しい飲み方やおすすめの割り方などをご紹介します。ジンの美味しい飲み方や割り方をチェックして、ジンの飲み方を楽しんでみましょう。

ジンってどんなお酒?

ジンは美味しい飲み方ができるお酒として人気がありますが、ジンについて詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで、まず最初にジンがどんなお酒なのかについてご紹介します。ジンがどんなお酒なのかチェックしてみましょう。

1600年代のオランダが起源

ジンは世界的に人気なお酒となりましたが、ジンは1600年代のオランダで生まれたお酒です。オランダといえばハイネケンなどビールのイメージが強いのではないでしょうか?ビールもオランダで人気があるお酒のひとつですが、オランダはジンの発祥地でもあるのです。

オランダにはジュネヴァという人気なお酒があるのですが、ジュネヴァがジンの原型なんだそうです。ジュネヴァは大麦麦芽を多く入れているため、ジンよりも麦芽の香りが強いという特徴があります。ジュネヴァがイギリスに渡り、イギリスでジュネヴァを元にドライジンが作られるようになりました。

オランダではジュネヴァと呼ばれているのですが、ジンの元になったということで世界的には「ジュネヴァ・ジン」と呼ばれています。

アルコール度数40~50度のスピリッツ

世界4大スピリッツをご存知でしょうか?世界4大スピリッツとは、カクテルに使われることの多いお酒のことなのですがウォッカ・テキーラ・ラム・ジンが当てはまります。ジンは世界4大スピリッツでもあるのです。スピリッツとはお酒を蒸留することでアルコール度数を高めたものです。

そのため、スピリッツであるジンはアルコール度数が40~50度と高くなっています。アルコール度数が高いということで、ジンを飲むときは何かと割ってカクテルにするという方が多いのではないでしょうか?

古くは薬用

世界4大スピリッツとして知られているジンですが、ジンは元々熱病の特効薬として使われていました。利尿効果のあるジュニパー・ベリーをアルコールに浸し、蒸留することで利尿剤を作ったのですが、このときにできたのがジンなんだそうです。

そのため、当時は薬局で販売されていたのです。ジュニパー・ベリーを使っていることで、爽やかな香りがする安い薬用酒としてオランダで人気の国民酒となったのです。

ウォッカとの違いは?

先ほどご紹介したようにジンは世界4大スピリッツなのですが、世界4大スピリッツにはウォッカがあります。世界4大スピリッツであるジンとウォッカの違いが分からないという方が多いようです。そこで、ジンとウォッカの違いについてご紹介します。

ジンもウォッカも原料は大麦・じゃがいも・ライ麦などです。そのため違いが分からないという方が多いのですが、ジンとウォッカはつくり方に大きな違いがあります。ジンは蒸留するときに薬草成分を加えてつくります。しかし、ウォッカは蒸留した原酒をろ過させてつくるのです。

そのため、ジンは飲むと薬草成分由来の鋭い切れ味や独特の香りが広がります。また、ウォッカは癖が少なく水のようにまろやかな特徴があるのです。ジンとウォッカの違いが分からないという方もいるのですが、ジンとウォッカにはつくり方や風味に違いがあります。

ジンの種類とは?

ジンがどんなお酒なのかについてご紹介しましたが、ジンにはいろろな種類があるということをご存知でしょうか?ジンといってもジンにはいろいろな種類があるのです。そこで、ジンにはどんな種類があるのかご紹介します。ジンの種類や種類によって違う特徴をチェックしてみましょう。

ドライジン

ジンといえばドライジンを思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか?ドライジンは現在のジンの主流となっているので、ジンの種類を指定せずにジンを頼むとドライジンをだすことがほとんどのようです。ドライジンはロンドンが発祥地のため、ロンドン・ジンやイングリッシュ・ジンと呼ばれることもあります。

ドライジンは19世紀にイギリスで出来た新しい蒸留器を使ってつくられたジンのことです。クセが強いのでストレートで飲むと好みがわかれるのですが、カクテルにすると飲みやすくすることができます。

ジュネヴァ

先ほどご紹介したようにジュネヴァはオランダで人気のあるジンの原型となったお酒です。ジンの原型になったお酒として1800年代からあったので、クラシックジンと呼ばれることもあります。また、オランダが発祥地ということでオランダ・ジンと呼ばれることもあるようです。

製造方法はドライジンと同じなのですが、麦芽を多く加えて糖化発酵させたジュニパーベリーを漬け込んでいるという特徴があります。蒸留回数が少なく濃くなるため、ドライジンより風味が強くコクのある味わいになっています。

オールド・トム・ジン

オールド・トム・ジンとは、ドライジンが主流になる前に砂糖を加えて雑味のないようにつくられていたジンです。製造方法はドライジンと同じなのですが、ドライジンに砂糖を2%加えることでオールド・トム・ジンになります。そのため、ドライジンに砂糖を2%分加えるとオールド・トム・ジンになります。

ジンのおすすめの選び方

ジンの種類についてご紹介しましたが、ジンの選び方が分からないという方も多いのではないでしょうか?そこで、ジンのおすすめな選び方についてご紹介します。ジンを選ぶときにどうやって選んだらいいのかわからないというときは、ぜひ参考にしてみてください。

割り方に合わせて選ぶ

ジンを購入していろいろな飲み方を楽しみたいという方も多いのではないでしょうか?いろいろな割り方をしていろいろな飲み方を楽しみたいという方にはドライジンがおすすめです。先ほどご紹介したように、カクテルの主流となっているのがドライジンです。多くのカクテルに使われているドライジンは、いろいろなカクテルを楽しむことができます。

ジンの独特な香りが苦手だという方は、冷凍庫でしっかりと冷やすことで香りをおさえて飲みやすくすることができます。ドライジンはアルコール度数が高いので冷凍庫に入れても凍ることはありません。ドライジンを買っておけばいろいろな美味しいカクテルを楽しむことができます。

甘いお酒が好きな人

お酒には甘いものから辛いものなどいろいろな種類がありますが、特に甘いお酒が好きだという方にはオールド・トム・ジンがおすすめです。先ほどご紹介したようにオールド・トム・ジンには2%の砂糖が加えられています。そのため、他のジンと比べると風味が甘くなっているのです。

甘口のジンということでお酒が苦手な方でも飲みやすいという特徴があります。そのため、ジン初心者だという方にオールド・トム・ジンはとてもおすすめです。

ジンの味わいを楽しみたい人

ジンには独特な風味があります。ジンの独特な味わいをしっかりと楽しみたいという方にはジュネヴァがおすすめです。ジュネヴァはジンの数ある種類の中でも、特に濃厚でコクがあるという特徴があります。そのため、ジンの独特な味わいを楽しみたいという方にジュネヴァはぴったりなのです。

ジンの美味しい飲み方は?

ジンがどんなお酒なのか、種類・選び方などについてご紹介しましたが、やはりジンの美味しい飲み方が気になるという方が多いのではないでしょうか?ジンの種類や選び方を知っていても、美味しい飲み方を知らないとジンを楽しむことができません。

そこで、ジンの美味しい飲み方についてご紹介します。ジンを楽しみたいという方は、ジンの美味しい飲み方を参考にしていろいろな飲み方を試してみてください。

ストレート(ショット)

お酒が好きな方には基本的に飲み方はストレートが好きだという方も多いのではないでしょうか?ストレートがぴったりな飲み方のお酒は他にもありますが、ジンの飲み方としてストレートはおすすめです。ストレートといえばウイスキーというイメージを持っている方もいるのですが、ジンの飲み方としても人気があるのです。

ジンには他のお酒と比べて香りが高いという特徴があります。先ほどご紹介したように、ジンにはボタニカルと呼ばれる薬草成分が使われています。そのため、ジンは「飲む香水」とも呼ばれるほど香りの高いお酒なのです。飲み方をストレートにすることで、ジンの香りを楽しむことができます。

また、ストレートは苦手だけどストレートで飲んでみたいという方には、ジンを冷凍庫でしっかりと冷やして飲むという飲み方がおすすめです。冷凍庫でしっかりと冷やすことで、アルコールの刺激を感じにくくすることができるのです。

ロック

ジンを味わう飲み方をしたいけど、ストレートは苦手だという方にはロックがおすすめです。ロックはジンに氷を入れて飲むという飲み方なのですが、氷は徐々に溶けていくのでだんだんジンが薄まっていきます。そのため、ジンの香りを楽しむことができるだけではなく、徐々に変わっていくジンの味わいを楽しむことができる飲み方なのです。

ホット

ジンは寒い地域が発祥地のため、ホットで飲むという飲み方も一般的です。ジンをホットにして飲むときは、マグカップを温めて砂糖を入れたら少量のお湯を注ぎます。砂糖をしっかりと溶かしたら、ジンを入れて軽くステアしたら完成です。

とても簡単な作り方なのですが、ストレートやロックとは少し違ったジンを楽しむことができます。特に寒い季節におすすめな飲み方です。

ジンのおすすめの割り方は?

ジンにはいろいろな飲み方がありますが、特にカクテルにして飲むという飲み方が人気です。しかし、いつも同じ割り方で飽きてきたという方も多いのではないでしょうか?そこで、ジンのおおすすめな割り方をご紹介します。ジンのいろいろな割り方を試してみましょう。

ジントニック

ジンの一般的な割り方としてジントニックがあります。ジントニックとはジンとトニックを1:3の割合で混ぜることで作ることができるカクテルです。簡単に濃さや薄さを調整することができるカクテルとして人気があります。レモンやライムを添えるとさらに美味しく飲むことができます。

ジンライム

ジンライムとはジンをライムで割ったカクテルです。ジンのカクテルとして有名なので、バーや居酒屋で飲んだことがあるという方も多いのではないでしょうか?さっぱりとした味わいなので、暑い季節におすすめな飲み方です。

マティーニ

マティーニはバーでもとても人気がある飲み方です。とても人気な飲み方ですが、つくり方を覚えることで自分でも簡単に作ることができます。マティーニはジン・ベルモット・オリーブを使ってつくるカクテルです。

おしゃれで美味しいのですが、アルコール度数が高いカクテルなのでアルコールが弱い方は注意が必要です。ジンの飲み方はストレートが好きだという方におすすめな飲み方です。

ジンオレンジ

ジンオレンジはジンとオレンジジュースを使ってつくるカクテルです。ジンオレンジはジンの爽やかな香りとオレンジジュースの相性が抜群の飲み方です。簡単につくることができるので、自宅でジンを楽しみたいときにとてもおすすめな飲み方です。

ブルームーン

ジンをおしゃれな飲み方で飲みたいというときには、ブルームーンというカクテルがおすすめです。ブルームーンとはジン・ボルスパルフェタムール・レモンジュースを使ったカクテルです。甘い味わいのカクテルなので、甘いカクテルが好きだという方におすすめな飲み方です。

ダービー

ダービーとはミントの香りとピーチの甘さが特徴的なカクテルです。ダービーはドライジン・ピーチブランデー・ミントでつくることができます。自宅でも簡単につくることができるのですが、おしゃれで美味しいカクテルなのでとてもおすすめな飲み方です。

ジンにおすすめなおつまみは?

ジンのおすすめな飲み方をご紹介しましたが、ジンにぴったりなおつまみを選ぶことでさらにジンを美味しく飲むことができます。そこで、ジンの飲み方別におすすめなおつまみをご紹介します。

ストレートで飲むとき

ストレートはジンの味わいを楽しむ飲み方なので、ストレートで飲むときにはジンの味わいや香りを邪魔しないおつまみがおすすめです。そのため、ストレートで飲むときはレモンやライムがおすすめです。レモンやライムの酸っぱさはジンとの相性が抜群です。

ロックで飲むとき

ジンをロックで飲むときは濃厚な味わいのおつまみがピッタリです。特にチーズやナッツはロックで飲むときにおすすめです。ジンをロックで飲むときは、チーズやナッツを食べながらジンをゆっくり飲んでみましょう。

柑橘系カクテルで割って飲むとき

ジンを柑橘系カクテルにして飲むときは、ドライフルーツをおつまみにしてみましょう。柑橘系カクテルのおつまみにドライフルーツを合わせることで、柑橘系カクテルをさらに楽しむことができます。飽きずにカクテルを楽しむことができます。

フルーツカクテルで割って飲むとき

フルーツなど甘いカクテルにするときは、生のフルーツをおつまみにしてみましょう。甘いカクテルにグレープフルーツのようなさっぱりとしたフルーツを合わせることで、口の中の甘さをリセットすることができるのです。

ジンの保存方法は?

ジンの保存方法に悩んだことがあるという方も多いのではないでしょうか?ジンを美味しく飲むためにも保存方法に注意する必要があります。ジンを保存するときは、必ず直射日光の当たらないところで保存するようにしましょう。

ジンはアルコール度数が高いので、常温で保存していても問題はありません。栓をしっかりして直射日光の当たらないところに保存しておけば、いつでも美味しいジンを飲むことができます。

色々な飲み方を試してみよう

今回はジンのおすすめな飲み方についてご紹介しました。ジンにはいろいろな飲み方があります。自宅でも簡単にいろいろな飲み方を楽しむことができるお酒なので、ぜひ今回ご紹介した飲み方を参考にしてジンを楽しんでみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
SK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ