ホッピーの美味しい飲み方!ホッピーに合うおすすめ焼酎での作り方など!

美味しいホッピーの飲み方や作り方をご存知ですか?ホッピーにもさまざまな種類がありますので、飲み方・作り方もたくさんあります。そこで、ホッピーの美味しい飲み方やおすすめのおつまみ、ホッピーに合うおすすめ焼酎での作り方などをご紹介します。

ホッピーの美味しい飲み方!ホッピーに合うおすすめ焼酎での作り方など!のイメージ

目次

  1. 1ホッピーの美味しい飲み方やおすすめ焼酎での作り方などをご紹介!
  2. 2ホッピーとは?
  3. 3居酒屋でのホッピーの基本の飲み方・作り方とは?
  4. 4ホッピーの種類別飲み方・作り方とは?
  5. 5ホッピーオリジナルカクテルの飲み方・作り方!
  6. 6初心者におすすめのホッピーとは?
  7. 7ホッピーにおすすめのおつまみは?
  8. 8美味しいホッピーの飲み方をマスターしよう!

ホッピーの美味しい飲み方やおすすめ焼酎での作り方などをご紹介!

ホッピーは、1940年に誕生したビール風の味わいが楽しめる炭酸飲料として大人気となっています。ホップと麦芽を原料としているホッピーの美味しい飲み方や作り方をご存知ですか?

そこで、ホッピーの美味しいおすすめの飲み方や作り方をご紹介していきましょう。ホッピーは、リーズナブルな価格でビール風のテイストが味わえる炭酸飲料となっていますのでおすすめです。ホッピーの基本的な飲み方をマスターしていきましょう。

ホッピーの美味しい飲み方の基本がマスターできたら、ジュースなどで作るオリジナルのカクテルの飲み方・作り方もマスターしていくといいでしょう。また、ホッピーには欠かせないおすすめのおつまみもご紹介します。

ホッピーとは?

ホッピーは1940年に誕生してから、日本では1948年にホッピービバレッジ株式会社がノンアルコール飲料として発売してから大人気の商品となっています。ホッピーは、プリン体がゼロでカロリーがビールの4分の1、低糖質ということで大人気です。

日本では、酒税法によってアルコール度数が1度未満の場合はお酒に含まれないので、ノンアルコール扱いとなっています。それゆえにホッピーの商品ラベルには炭酸飲料となっています。ホッピーのアルコール度数は約0.8%となっています。

ホッピーはビールと味がよく似ているのが特徴です。ホッピーとビールとの違いは発酵日数となっています。健康的にビールを味わいたい、健康に気をつかっている人、ビールが苦手な人にはホッピーはおすすめです。

居酒屋のホッピー「なか」と「そと」とは?

ホッピーは大衆居酒屋で人気のドリンクとなっています。関東を中心に人気を集めていましたが、最近ではホッピーの人気はチェーン店などの影響もあって全国でも親しまれているようになりました。居酒屋などでよく提供されているのがホッピーセットです。

ホッピーセットとは、グラスに入った焼酎とホッピーがセットになったものです。居酒屋ではこのホッピーセットの独自の呼び方があります。ホッピーの瓶の方を「そと」、グラスに焼酎が入っている方を「なか」と呼んでいます。

ホッピーは、ビールテイストの炭酸飲料として高価なビールの代わりとしても、美味しいと人気を得るようになったのです。ホッピーセットという、ホッピーを焼酎で割る飲み方が大人気となって、ホッピーと焼酎のホッピーセットが定番化したのです。

5つの種類がある

ビールテイストの炭酸飲料として大人気となったホッピーですが、ホッピーには5つの種類があります。主にホッピーのリターナブル瓶の360mlと、黒ホッピーのリターナブル瓶の360mlは飲食店向けとなっています。

しかし、一部のリカーショップや酒類小売店でも販売されています。残りの3つのホッピーは、ワンウェイボトルが使用されている一般向けとなっています。

ホッピー330やホッピーブラック、55ホッピーはいずれも330mlで販売されています。ホッピーの味としては、ホッピー(白)と黒ホッピーの2種類の味が基本ということができるでしょう。

居酒屋でのホッピーの基本の飲み方・作り方とは?

居酒屋でのホッピーの基本的な飲み方や作り方をご紹介していきましょう。基本のホッピーの飲み方や作り方をマスターしたら、アレンジもできるようになります。まずは、基本のホッピーとグラスに焼酎が入ったホッピーセットの飲み方をマスターしましょう。

グラスに入った焼酎とホッピーのホッピーセットの飲み方は、とても簡単です。焼酎の入ったグラスにセットのホッピーを泡を立てるように勢いよく注いでいきます。ホッピーの瓶を一気に逆さまにするくらいでちょうどいいでしょう。

グラスに入った焼酎とホッピーのホッピーセットには、マドラーがついてきますが、マドラーでグルグルとかき混ぜてしまうとホッピーの炭酸と風味が飛んでしまいますので要注意です。ホッピーセットは、焼酎のグラスにホッピーを勢いよく注ぐのがポイントです。

美味しく作るポイント!

ホッピーを美味しく作るポイントをご紹介していきましょう。グラスとホッピーはキンキンに冷やしておくのが美味しいホッピーを作るポイントです。グラスとホッピー、焼酎はキンキンに冷やしておきましょう。

次に、焼酎の入ったグラスにホッピーの泡が立つように勢いよく注ぎます。ホッピーの注ぐ角度としては、ホッピーの瓶が一気に逆さまになるくらいがおすすめです。ゆっくりと注いでいると泡が立ちませんので、ここは勢いよくホッピーの瓶を傾けるといいでしょう。

ホッピーと焼酎の旨味をホッピーの泡で閉じ込めることで、ビールテイストの炭酸飲料であるホッピーを美味しく頂くことができます。グラスの焼酎にホッピーを勢いよく注いだらマドラーではかき混ぜないようにしましょう。

2杯目以降の飲み方・頼み方

グラスに入った焼酎のなかと、ホッピーのそとのセットが一般的に定番となっているホッピーセットとなっています。このホッピーセットで2杯目以降の美味しい飲み方・頼み方をご紹介していきましょう。お店の焼酎の量によってもいろいろと異なります。

ポッピーを飲み終わったら、残ったホッピーと割るための焼酎のなかを注文します。「なか、おかわりお願いします」と言えば、おかわり用の焼酎を持ってきてくれます。注文の仕方としては、おかわり焼酎というところもあります。

ホッピーを注いでなかをおかわりするの繰り返して注文していけばいいでしょう。ちまたでは、ホッピー一瓶でどれくらいおかわりできるか?なども議論になるようですが、お好みで自分が美味しいと思う割り方で自由に飲むといいでしょう。

ホッピーの種類別飲み方・作り方とは?

ホッピーの基本的な飲み方をご紹介しましたが、種類別によってもさまざまな飲み方・作り方があります。ホッピーの種類別の飲み方・作り方をご紹介します。

三冷

ホッピーの美味しい飲み方としては、三冷ホッピーがあります。三冷ホッピーとは、焼酎、ホッピー、グラスをキンキンに冷やして飲む飲み方となっています。

三冷ホッピーの作り方は、まずはグラスは冷凍庫で凍らせておきます。焼酎とホッピーはキンキンに冷やしておきます。凍らせたグラスにキンキンに冷やしておいたものを、焼酎、ホッピーの順に注いでいきます。黄金比は1:5と言われています。

グラスの焼酎にホッピーの泡が立つように勢いよく注いでいきます。マドラーなどでかき混ぜないのがポイントです。また、氷を入れることで風味を損ねてしまうことがありますので、おすすめできません。

ハーフ&ハーフ

ホッピーの美味しい飲み方・作り方としては、ハーフ&ハーフをあげることができるでしょう。ハーフ&ハーフは大人気の飲み方となっています。

まずは、ジョッキを冷凍庫で凍らせておきます。凍らせておいたグラスにキンキンに冷やしておいたホッピーと黒ホッピーを勢いよく1:1の割合で注いだら完成です。

この時も、マドラーでかき混ぜないのがポイントです。かき混ぜることで炭酸と風味をなくしてしまいますので要注意です。

シャリシャリホッピー

ホッピーの美味しい飲み方・作り方としては、シャリシャリホッピーがあります。シャリシャリホッピーとは、ホッピーセットの焼酎を凍らせてシャーベット状にすることで実現する美味しい飲み方となっています。

シャリシャリホッピーの作り方としては、焼酎をペットボトルに移し替えます。ペットボトルの焼酎を冷凍庫で凍らせておきます。ホッピーを飲むグラスも冷凍庫で凍らせておきます。冷凍庫に入れた焼酎が凍ったら取り出して軽くペットボトルを揉みます。

焼酎がシャーベット状になってきたら、凍らせておいたグラスに適量を入れます。そこへホッピーや各種割り材などを入れて完成です。シャリシャリ感がたまらないホッピーを楽しむことができます。

生ホッピー

ホッピーの美味しい飲み方としては、生ホッピーがおすすめです。生ビールがあるように、ホッピーにも生ホッピーが存在しています。生ホッピーは、関東の都内を中心としたお店で楽しむことができます。

しかし、生ホッピーは、都内でもわずか十数店舗でしか扱っていない貴重なホッピーとなっています。生ホッピーは、生ビールと同じように樽に入ったホッピーをサーバーで注いでいきます。

それゆえに、クリーミーで細かい泡とホッピー本来の旨味を堪能することができるのです。生ホッピーを飲んでみたい方は、事前に生ホッピーがあるかチェックしてからお店に行ってみるといいでしょう。

赤ホッピー

ホッピーの美味しい飲み方としては、赤ホッピーもおすすめです。ホッピー55と呼ばれているホッピーは、ホッピー55周年を記念して作られたプレミアムホッピーとして大人気です。

赤ホッピーもなかなか巡り合うことができないレアなホッピーとなっています。赤ホッピーは、海洋深層水と麦芽率100%を使用しています。また、赤ホッピーは従来のホッピーの醸造時間の倍以上の時間をかけて製造されています。

赤ホッピーは、ホッピー好きが赤ホッピーの味わいを堪能することでファンになってしまうくらいのプレミアムなホッピーとなっています。とっても美味しいと評判が高いホッピーです。

ホッピーオリジナルカクテルの飲み方・作り方!

基本のホッピーの飲み方・作り方をマスターしたら、ホッピーのオリジナルカクテルの飲み方・作り方をマスターしていくといいでしょう。ここでは、ホッピーのオリジナルカクテルの飲み方・作り方をご紹介していきましょう。

ホッピーコーラ(ホッピー&焼酎&コーラ)

ホッピーのオリジナルカクテルの飲み方・作り方としては、ホッピーコーラ(ホッピー&焼酎&コーラ)をあげることができるでしょう。コーラで割ることで、爽やかな風味が人気のホッピーコーラとなっています。

ホッピーとコーラの炭酸が刺激的で心地よいオリジナルカクテルとなっています。お酒が少々苦手な人でも気軽に飲むことができるオリジナルカクテルですのでおすすめです。

焼酎とコーラ、ホッピーの割合はお好みで微調節していくといいでしょう。自分が美味しいと感じる割合を見つけながら飲んでいくのもオリジナルカクテルの醍醐味でもあります。

ホッピースプリッツァー(ホッピー&白ワイン)

ホッピーのオリジナルカクテルの飲み方・作り方としては、ホッピースプリッツアーがあります。ホッピースプリッツアーとは、ホッピーと白ワインで割ったオリジナルカクテルの飲み方となっています。

ホッピーと白ワイで割ることで完成するホッピーカクテルは、スパークリングワインのような味わいを楽しむことができます。ワインが好きで辛口好みの人にはおすすめの人気のホッピーのオリジナルカクテルです。

白ワイン好きの方は、ホッピースプリッツアーにぜひ挑戦してみましょう!この時にもキンキンに冷やしてある白ワインとホッピー、凍らせておいたグラスで作ることで最高に美味しいオリジナルカクテルを楽しむことができます。

初心者におすすめのホッピーとは?

初心者におすすめのホッピーをご紹介していきましょう。初心者におすすめのホッピーとしては、白ホッピー、黒ホッピー、赤ホッピーをあげることができるでしょう。白ホッピーは、苦みや酸味、ビールテイスト、甘みなどを楽しむことができます。

凍らせておいたグラスで、焼酎や白ホッピーと割って飲むことで美味しいホッピーを堪能することができるでしょう。白ホッピーをそのまま飲んでも美味しいのですが、カクテル風にジュースやお酒で割ったり、飲んだりしてみるといいでしょう。

ホッピーにおすすめのおつまみは?

美味しいホッピーには、美味しいおつまみが欠かせません。ここでは、ホッピーにぴったりのおすすめのおつまみをご紹介していきましょう。

枝豆

ホッピーにおすすめのおつまみとしては、枝豆をあげることができるでしょう。枝豆はホッピーとの相性も抜群ですので、飲み会の始まりには最適なおつまみということができるでしょう。

ホッピーの苦みや酸味の味わいが、枝豆のほどよい甘みを引き立たせてくれるので最高のおつまみとなるでしょう。枝豆はすぐに用意できる簡単なおつまみですので、自宅でのホッピーを楽しみたいときにもおすすめのおつまみということができます。

揚げ物

ホッピーを飲む際におすすめのおつまみとしては、揚げ物をあげることができるでしょう。揚げ物全般はホッピー以外にもビールのおつまみとしても抜群の相性となっています。串揚げや唐揚げなどをつまみながら、ホッピーを飲むと最高です。

ボリューム感存在感のある揚げ物も苦みや酸味のあるホッピーと一緒に楽しむことで、後味もサッパリと堪能することができるでしょう。ハムカツやカキフライなどもおすすめです。

美味しいホッピーの飲み方をマスターしよう!

ビールテイストでリーズナブルな価格で楽しめるホッピーは、居酒屋でも家飲みでも大人気です。美味しいホッピーの飲み方、作り方をマスターすることで、色々な楽しみ方をすることができます。ホッピーと相性の良いおつまみと一緒に楽しんでしまいましょう!

Thumb焼酎•黒霧島の美味しい飲み方とは?おすすめの割り方など!
黒霧島という焼酎をご存知でしょうか?黒霧島という焼酎は、かなり人気を博している芋焼酎です。黒...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
いまるん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ