電気ブランの美味しい飲み方や作り方!おすすめのおつまみも!

電気ブランという飲み物の名前を聞いたことがあるでしょうか?電気ブランとは、ブランデーベースの甘いカクテルの名前で、いくつかの飲み方が知られています。電気ブランの飲み方や作り方、おすすめのおつまみなどについてまとめていきます。

電気ブランの美味しい飲み方や作り方!おすすめのおつまみも!のイメージ

目次

  1. 1浅草の名酒「電気ブラン」とは?美味しい飲み方や作り方をご紹介!
  2. 2電気ブランってなに?
  3. 3電気ブランの美味しい飲み方と作り方
  4. 4電気ブランにおすすめのおつまみは?
  5. 5電気ブランが飲めるお店は?
  6. 6浅草の名酒である電気ブランを美味しく飲もう!

浅草の名酒「電気ブラン」とは?美味しい飲み方や作り方をご紹介!

電気ブランという言葉を聞いたことはありますか?電気ブランとは実はお酒の名前なのです。浅草で隠れた名酒と言われる電気ブランは、美味しいと評判のカクテルです。電気ブランの飲み方や作り方、おすすめのおつまみなどについて見ていきます。

電気ブランという名前からはどんな味かは想像できないことでしょう。電気ブランと言っても、飲み方や作り方に電気は関係ありません。まだ、電気という言葉が非常に新鮮だった時代につけられた名前なのです。ブランは、ブランデーから来ています。

電気ブランは浅草の神谷バーというところの創業者の神谷さんが命名した美味しいカクテルです。以下では、電気ブランの飲み方や作り方だけでなく、おすすめのおつまみや取り上げた小説など、電気ブランにまつわる詳細についてまとめていきます。

電気ブランってなに?

まずは、電気ブランというものについて詳しく見ていきましょう。電気ブランとは、ブランデーベースの甘いカクテルです。浅草では隠れた名酒として有名な存在なのです。おすすめのつまみやおすすめの飲み方が存在しています。

発祥は浅草と言われています。電気ブランは美味しいと評判で、電気ブランを求めてお店にやってくる人もたくさんいます。電気ブランとはどういう存在なのかについて、詳しくまとめていくことにしましょう。

ブランデーベースの甘いカクテル

電気ブランは、ブランデーベースの甘いカクテルです。名前と中身があまり合っていないと感じる方もいるかもしれません。電気ブランは、名前に電気という言葉が入っていますが、飲み方や作り方において電気は全く関係ありません。

電気ブランはそのままストレートに飲めば、かなり強くてきつい感じがすることでしょう。度数を和らげるためにビールを合間に飲むという飲み方をしている方が多いようです。電気ブランはきついのですが、甘いために飲みやすいお酒と言えます。

発祥は浅草のバー

電気ブランはブランデーベースの甘いカクテルであるということを見てきましたが、電気ブランの発祥は浅草のバーです。具体的には、神谷バーという場所で生まれました。神谷バーの創業者である神谷さんが作り方を見つけ、電気ブランと命名しました。

電気ブランという名前だけを聞けば、何か電気を使った作り方をしているのかとか、飲むときに電気が走っているような感覚になるのかと思われがちですが、作り方や飲み方と電気は関係ありません。電気という言葉は、電気がまだ新鮮だったころの名残なのです。

電気という言葉が出始めで、新鮮な響きをしていたことに神谷バーの神谷さんは気づき、お酒の名前に使うことを決めたのでした。電気ブランのブランは、ブランデーのブランです。電気ブランは、電気という言葉とブランデーのブランから来ているのです。

レシピは極秘

電気ブランは非常に美味しいと評判なため、レシピを知りたいという人がたくさんいます。しかしながら、電気ブランのレシピは極秘です。美味しい電気ブランのおすすめの飲み方や作り方、おすすめのつまりなどについては知られています。

しかしながら、電気ブランそのものの作り方は公開されていません。レシピを公開してしまえば、すぐにそうしたことが知れ渡ってしまうことは容易に想像できます。そうしたことを警戒しているのか、電気ブランのレシピは全く知られていないのが現状のようです。

似た味の偽電気ブランも存在

電気ブランのレシピが全く公開されていないという点について見てきましたが、そうしたことが原因なのか、似た味の偽電気ブランというものも存在しています。なんとか電気ブランに近づけようとして作られた偽物が存在しているのです。

電気ブランが好きな人がかなりいるために、似た味の偽電気ブランが登場してしまったのでしょう。電気ブランのおすすめの作り方や飲み方、おすすめのつまみなどの情報は知られていますが、レシピが知られていないために、偽物を作る人が出てきたようです。

小説「夜は短し歩けよ乙女」にも登場

電気ブランは実は、いくつかの小説に登場したことでも知られています。作家である森見登美彦の作品「夜は短し歩けよ乙女」には、電気ブランを真似して作られた偽電気ブランと思われる飲み物が登場しています。

さらに、同じ著者の「有頂天家族」にも偽電気ブランが登場しているのです。この作者は電気ブランに関心があるようで、二つの異なる作品に電気ブランを登場させています。気になる人は、この二つの著作を手に取ってみると良いでしょう。

また、太宰治は「人間失格」の中で、「酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはないと保証し」と書いています。いくつかの小説にも登場するほど、愛されたお酒と言えそうです。曲にも登場したこともあります。

電気ブランの美味しい飲み方と作り方

電気ブランとは何かについて見てきましたが、続いては、電気ブランの美味しい飲み方と作り方について詳しく見ていきましょう。電気ブランの美味しい飲み方や作り方には、いくつかのタイプがあります。いろいろ試してみると楽しいことでしょう。

電気ブランの飲み方や作り方には、正解はありません。自分なりにいろいろと試してみて、自分に合った飲み方や作り方を見つけていけばよいだけです。以下では、電気ブランの5つの飲み方・作り方を紹介していきます。

口直しにビールを使う

電気ブランは比較的強いお酒です。そのため、度数を和らげるために、口直しにビールを使うことが多いとされています。特に、美味しい電気ブランをストレートで飲むときに、電気ブランを飲みつつ、ビールで度数を和らげると飲みやすいと言われています。

氷で割ってロックで

電気ブランを氷で割ってロックで飲むのも美味しいのでおすすめです。まずは、グラスを用意して、そこに大きめの氷を入れましょう。そして、電気ブランをその氷にゆっくりと注ぐようにしましょう。氷が解けるごとに味の変化を楽しめます。

ロックの良さは、徐々に美味しい電気ブランが味を変えていくことです。おすすめなのは、氷が解けるごとの味の違いを感じてみることです。最初はストレートに近いですから、強い味わいです。しかし、氷が解けていくごとに、徐々に柔らかい甘い味わいになります。

ハイボールにして飲む

電気ブランをロックで飲む飲み方の他には、ハイボールにする飲み方もおすすめです。こちらの場合も、グラスを用意して、グラスに電気ブランをゆっくりと注いでいきます。ある程度注いだら、氷をいっぱいに入れて、ソーダを注ぎましょう。

ソーダを注いだら、良くかき混ぜるようにしましょう。そうして、最後にレモンスライスを乗せれば、完成となります。ハイボールにして独得の深い香りを楽しみながらつまみを満喫すると、極上の幸せを感じられるでしょう。

コーラで割る

ロック、ハイボールという飲み方の他には、コーラで割るという飲み方も存在します。コーラで割ると、その甘さが際立ち、非常に飲み心地の良い飲み物に生まれ変わります。電気ブランのきつい感じがまろやかになり、飲みすぎてしまいそうになるので気を付けましょう。

コーラで割るとより一層甘さが際立ちます。そのため、非常に飲みやすい飲み物になることでしょう。とはいえ、それなりに度数はあるので、あまり一気にがぶ飲みするようなことは避けましょう。美味しいからこそ、ゆっくり味わうと良いでしょう。

ストレートで飲む

電気ブランをストレートで飲む飲み方も非常におすすめです。電気ブランをそのまま味わいたい人は、ぜひトライしてみましょう。ストレートで飲んでつまみを味わえば、なんとも言えない幸せな時間を味わえるでしょう。

ストレートで電気ブランを飲む場合は、電気ブランをよく冷やすと良いでしょう。よく冷えた電気ブランを用意して、小さめなグラスに注いでいきましょう。一気に飲み干すより、ゆっくりと味を楽しみながらのどに流し込みましょう。

ストレートで電気ブランを楽しむ合間に、度数を和らげるために、ビールを飲むという飲み方が知られています。電気ブランだけではきついと感じる方は、ビールを混ぜつつ飲むと良いでしょう。つまみを味わいながら、ストレートとビールを交互に飲みましょう。

電気ブランにおすすめのおつまみは?

電気ブランの美味しい飲み方や作り方を見てきましたが、続いては、電気ブランに合うおすすめのおつまみについて見ていきます。電気ブランの飲み方を知っておく必要もありますが、電気ブランに合うおつまみを知っておくとより一層楽しめることでしょう。

鶏のから揚げ

電気ブランのおすすめの飲み方は、好きなように電気ブランを作って、鶏のから揚げをつまみにしていくことです。この飲み方は、電気ブランを心行くまで味わえる飲み方と言えます。よく冷えた電気ブランと熱々の鶏のから揚げのセットがおすすめです。

ジャーマンポテト

電気ブランの飲み方としては、鶏のから揚げの他には、ジャーマンポテトをおつまみにする飲み方もおすすめです。電気ブランに正しい飲み方は存在しませんが、おすすめのおつまみはぜひトライしてほしいと言えます。

皮のままカリッと焼いたジャーマンポテトをつまみに食べながら、電気ブランの甘い味わいを楽しむのは何とも贅沢と言えます。電気ブランの飲み方としては、甘い電気ブランに対してややしょっぱいつまみを合わせるのが王道と言えそうです。

もつの煮込み

鶏のから揚げ、ジャーマンポテトに続くおつまみとしては、もつの煮込みもかなりおすすめのおつまみです。熱々のもつの煮込みを味わいながら、よく冷えた電気ブランをのどに流し込めば、最高の幸せを感じることができるはずです。

電気ブランの飲み方としては、まずは、良く冷えた電気ブランを用意しましょう。そのうえで、冷えた電気ブランに合うつまみを考えるのです。飲み方に正解はありませんが、上で挙げたようなおつまみは、ぜひ一度トライしてみることをお勧めします。

電気ブランが飲めるお店は?

電気ブランに合うおすすめのつまみについて見てきましたが、続いては電気ブランが飲めるお店をご紹介していきます。電気ブランの飲み方や作り方を見てきましたが、実際に電気ブランを飲めるお酒を知っておくことはかなり重要です。

電気ブランが飲めるお店に行けば、電気ブランのもっといろいろな飲み方を教えてくれるかもしれません。いろいろな飲み方をしている人に出会えるのも楽しいことでしょう。飲み方ひとつとっても、実に様々な飲み方を開発している人がいるはずです。

以下では、電気ブランを飲めるお店を二つご紹介します。電気ブランという隠れた名酒を味わうには、お店の雰囲気も重要な役割を演じるでしょう。いろいろな飲み方を試して、自分に合った飲み方を見つけることができるかもしれません。

神谷バー(浅草)

最初にご紹介するのは、浅草にある神谷バーです。神谷バーの創業者である神谷さんが、この電気ブランの命名者なのです。まだ電気という言葉が一般的でなかった時代に、電気という言葉の面白さに気づいて神谷さんが電気という言葉を入れたのです。

電気ブランの電気には、当時の時代背景が関係しているのです。電気ブランのブランは、ブランデーのブランです。電気ブランの飲み方はいくつかありますが、電気ブランの正しい飲み方は、この神谷バーで飲むことと言えるかもしれません。

電気ブランが命名された神谷バーで、いろいろな飲み方を試してみましょう。いくつかの飲み方を試せば、自分に合った飲み方にたどり着けることでしょう。電気ブランの正しい飲み方は、神谷バーで最高のおつまみとともに電気ブランを楽しむ飲み方かもしれません。

昭和浪漫(品川区)

続いてご紹介するのは、品川区にある昭和浪漫です。大井町の西口から徒歩で2分の場所にある昭和浪漫は、焼き鳥で有名です。国内産の鶏肉を備長炭で焼き上げた素晴らしい焼き鳥を提供しています。電気ブランのつまみには、焼き鳥もおすすめです。

浅草の名酒である電気ブランを美味しく飲もう!

浅草の隠れた名酒である電気ブランについてまとめてきましたが、いかがでしたか?電気ブランという飲み物の名前を初めて聞いた人は、電気という言葉に驚いたかもしれません。電気ブランに入っている電気は、電気という言葉が新鮮だったころの名残です。

神谷バーで命名され生まれた電気ブランには、多くのファンがいます。浅草では知らないものがいないほどの名酒なのです。電気バーの楽しみ方は実に様々です。ロックでもいいですし、ストレートで味わうのもいいでしょう。

電気ブランをより一層楽しむなら、美味しいおつまみを選ぶ必要があります。鶏のから揚げやジャーマンポテト、もつの煮込みをご紹介しましたが、おつまみこそ自分に合ったものを探すのが楽しいと言えるでしょう。

電気ブランをちゃんと味わうなら、神谷バーへ足を運びましょう。命名された場所に足を運んで、そこで電気バーを味わうことは最高の思い出となるでしょう。電気バーを楽しみにしている人たちといろいろな話をして、意気投合するかもしれません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ