オナニーと筋トレの関係性は?自慰行為は筋肉に影響する?

オナニーと筋トレには密接な関係性があることをご存知でしょうか?オナニーを禁止すると筋トレの効果がアップするのです。オナニーによってカロリーが消費されます。カロリーが消費されると同時に大事な物質が減少するのです。以下で詳しく見ていきます。

オナニーと筋トレの関係性は?自慰行為は筋肉に影響する?のイメージ

目次

  1. 1オナニー(自慰行為)と筋トレの関係性は?
  2. 2筋トレ中のオナニーは効果に影響が出る!
  3. 3オナニーを禁止(オナ禁)すると筋トレ効果がアップする!
  4. 4筋トレに効果の出るオナ禁方法や日数は?
  5. 5筋トレに影響しないオナニーのやり方は?
  6. 6オナ禁の効率的な筋トレのやり方
  7. 7オナ禁の筋トレで得られる効果とは?
  8. 8オナニーを禁止して筋トレ効果をアップさせよう!

オナニー(自慰行為)と筋トレの関係性は?

オナニー(自慰行為)と筋トレには関係があることをご存知でしょうか?オナニーをかなりたくさんしてしまうと、筋トレの効果が小さくなってしまうというのです。筋トレをしているからには筋肉をつけたいものですが、オナニーのやりすぎは禁物なのです。

オナニーをやりすぎなければ問題はないのですが、何事もやりすぎには気を付けましょうということです。オナニーをすることで、テストステロンというものが減少すると言われています。以下では、オナニーと筋トレの関係を詳しく見ていきましょう。

筋トレ中のオナニーは効果に影響が出る!

まずは、筋トレ中のオナニー(自慰行為)は効果に影響が出ることについて見ていきましょう。一見、筋トレとオナニー(自慰行為)の間には関係がなさそうですが、実は、見過ごせない関係があり、実際に筋トレの効果に影響が出てしまうのです。

オナニー(自慰行為)を行うと、二つのホルモンが分泌されると言われています。そのホルモンとは、オキシトシンとプロラクチンというものです。オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれていて、ストレス緩和や人間関係の信頼度を高める効果があるとされます。

実は、オナニー(自慰行為)をやりすぎてはいけない理由は、プロラクチンというホルモンが分泌されてしまうからです。オナニー(自慰行為)をすることで、このプロラクチンが分泌されると、筋肉を分解してしまうコルチゾールを活発にしてしまうのです。

オナニーで筋肉を分解させるプロラクチンが分泌される

オナニー(自慰行為)を行うと、プロラクチンというホルモンが分泌されます。このプロラクチンが分泌されることが問題なのです。プロラクチンというホルモンが分泌されることで、コルチゾールという副腎ホルモンを活発にしてしまいます。

つまり、オナニー(自慰行為)をすることで、筋肉を分解するホルモンの働きが活発になってしまうのです。そのため、筋肉の分解が促進されてしまうために、筋トレの効果に影響が出てしまうことになります。だから、オナニーのし過ぎは問題なのです。

オナニーでテストステロンが減少する

オナニー(自慰行為)を頻繁に行うと、筋トレ効果が落ちてしまいます。その原因は、テストステロンという男性ホルモンが関係しています。男性の場合は、睾丸で作られています。テストステロンには、筋肉を成長させる働きがあるのです。

オナニー(自慰行為)をすると、このテストステロンが減少してしまうのです。筋トレによって筋肉をつけたい人は、筋肉の成長を促すテストステロンを減少させてしまうオナニー(自慰行為)を頻繁にすることは避けると良いでしょう。

オナニーを禁止(オナ禁)すると筋トレ効果がアップする!

筋トレ中のオナニーは影響が出てしまうことを見てきましたが、続いては、オナニーを禁止すると、筋トレ効果がアップすることを見ていきましょう。筋トレによって筋肉をつけたいならば、オナ禁をすると良いでしょう。効果を感じられるはずです。

オナニーは気持ちの良いもので、何度でもやっていたいと思っている人もいるかもしれません。しかし、オナニーはほどほどにしておくのが良いと言えます。オナニーを禁止すれば、筋トレによる効果をよりリアルに感じられるはずです。

筋力がアップする

オナ禁をすると筋力がアップする効果が得られます。オナニー(自慰行為)をすると、筋肉を分解させる働きが活性化しますし、筋肉を成長させるホルモンが低下してしまいます。こうしたことから、筋トレによって筋肉を増強させたければ、オナ禁がおすすめです。

オナ禁をしていれば、同じ筋トレでも筋肉の付きが違うと感じられることでしょう。オナニー(自慰行為)によって抑えられる筋肉の成長が、オナ禁によって解放されるわけですから、同じ筋トレで、筋力がアップすることは自明と言えます。

筋トレが続きやすい

オナ禁していれば、筋力アップだけでなく、筋トレが続きやすくなります。筋肉がついていることがはっきりしてくるので、筋トレをやっていて楽しくなることでしょう。オナ禁をして筋トレすれば、今まで以上に効果を実感できるはずです。

こうした喜びが筋トレには必要なのです。筋トレは楽しみがないとなかなか長続きしないものです。筋トレをすればするほど効果を実感できるからこそ、長続きすることにつながるのです。オナ禁しておけば、筋トレによる影響をリアルに感じることができるはずです。

筋トレに効果の出るオナ禁方法や日数は?

オナニーを禁止すると、筋トレの影響をじかに感じることができるという話を見てきましたが、続いては、筋トレに効果の出るオナ禁方法や日数について見ていきましょう。むやみやたらにオナ禁していればよいというわけでもないのです。

オナニーという行為そのものを完全になくしてしまうことには難しさを感じる人もいることでしょう。永遠にオナニーをやめることは現実的ではありません。オナニーはそれ自体楽しいものですから、全くしなくなるのは空しいと感じることでしょう。

我慢するのみ

オナニーをしてしまうと筋トレの効果に影響を与えてしまいますが、オナニーをやめることは簡単ではないことでしょう。オナ禁をするときのコツは、ただ、我慢するのみです。日常には思いもよらない誘惑があるものです。ただ、我慢してやりすごしましょう。

ときには我慢するのが耐えられないときもあるかもしれません。そうしたときは、軽く触ると良いでしょう。決して射精を目的としないようにしましょう。射精してしまうとオナニーが完了してしまうので、射精しないように慎重に触れておしまいにしましょう。

オナ禁日数は7日~9日ぐらいがベスト

オナニーを禁止すると言っても、1か月もやめている必要はありません。ベストなのは、7日から9日程度だと言われています。1週間ともう少しだけ我慢すれば、筋トレにいい影響が出ることを実感できるでしょう。影響が実感できれば喜びにつながります。

具体的には1週間に1回というイメージを持つと良いでしょう。もちろん、可能なら、9日のオナニー禁止日数を目指しましょう。こうしたことは慣れもあるので、いきなり禁止するのが難しければ、徐々に禁止日数を多くしていくイメージを持つと良いでしょう。

オナ禁できない場合の対処法は?

オナニーを禁止すれば、筋トレの効果を実際に感じることができる点を見てきましたが、オナ禁ができない場合の対処法を見ていきましょう。オナ禁ができないときは、射精までいかせないようにしましょう。ある程度まででとめてしずめるようにしましょう。

オナニーを禁止してどうしても我慢できなくなったら、オナニーしてもかまいません。オナニーを我慢することで落ち着かなくなったり、精神的に動揺したりするようなら、オナニーしましょう。ただ、それ以降は、だんだんしない期間を多くしていきたいものです。

筋トレに影響しないオナニーのやり方は?

筋トレに効果がのあるオナ禁の方法や日数について見てきましたが、続いては、筋トレに影響しないオナニーのやり方について見ていきましょう。オナニーを完全に禁止することはストレスになりかねません。以下で紹介する方法を試してみましょう。

オナニー自体は気持ちが良いものなので、できればやめたくないと考える人が多いことでしょう。オナニーを完全にやめる必要はありません。ただ、なるべくなら射精は避けておくようにしたいものです。具体的には、軽く触る程度にして気持ちを落ち着かせましょう。

軽く触る程度に

オナニーをするときは、軽く触る程度にしておきましょう。オナニーによって射精までもっていかないことが重要です。射精によって失われる栄養素がたくさんありますし、分泌してほしくないホルモンも分泌してしまいます。軽く触って終えましょう。

軽く触ると最後までやりたいと思ってしまうかもしれませんが、射精までもっていくと、オナニーが完了してしまいます。軽く触って、多少の気持ちよさを味わったところで我慢しましょう。オナニーを禁止しているのですから、軽く触れるだけでやめておきましょう。

オナ禁の効率的な筋トレのやり方

筋トレに影響しないオナニーのやり方について見てきましたが、続いては、オナ禁の効率的な筋トレのやり方を見ていきましょう。筋トレを漫然とやっていてはあまり効果が期待できません。筋トレは使っている筋肉を意識することが重要です。

オナニーを禁止することで筋トレの効果はかなり高まります。しかし、オナニーを禁止すれば、どんな筋トレでも良いわけではありません。筋トレの効果を最大限に高めたいのなら、気を付けておくべきポイントがあります。以下では、それを整理していきましょう。

回数より質

筋トレをするときは、ただ回数をたくさんやればよいというものではないのです。筋トレは回数よりも質を重視しましょう。たくさんやれば筋肉が付くというのは誤解です。たくさんするより、一回一回を集中して筋トレに質を求めていくようにしましょう。

筋トレの効果を高めたいのなら、一回一回を大切にするのが良いです。今自分はどこの筋肉を鍛えようとしているのかを常に意識しながら、その筋肉と対話するイメージを持ちましょう。意識を高く持って、筋トレに質重視の発想を持ち込むようにしましょう。

姿勢を正しく

筋トレには回数ではなく質を求めていくと良いということを見てきましたが、筋トレ中は姿勢を正しく保つようにしましょう。悪い姿勢のまま筋トレしていても正しい効果は得られにくいです。筋トレ中は、自分の姿勢に注意して、良い姿勢をキープするようにしましょう。

筋トレをするのだからどういう姿勢でも同じだろうと考える人もいるかもしれませんが、筋トレをするときの姿勢が悪いと、筋を痛めてしまう可能性もありますし、筋肉がちゃんとつかないことも考えられます。筋トレの効果を得たいなら、正しい姿勢を意識しましょう。

使っている筋肉を意識する

回数よりも質、そして、正しい姿勢で筋トレをすると良いということを見てきましたが、一番重要なことは、筋トレをするときに使っている筋肉をよく意識することです。漫然と筋トレをしていればよいのではありません。今どこの筋肉を鍛えているのかを意識しましょう。

こうしたことは、一見無意味に思われるかもしれません。しかし、意識するのとしないのとでは効果に歴然とした違いが出るのです。筋トレをほとんど何も考えずに行うのと、筋トレしているときの筋肉に意識を集中させて行うのとでは、後者の方が効果が高まります。

オナ禁の筋トレで得られる効果とは?

筋トレのやり方について見てきましたが、続いては、オナニーを禁止しておこなう筋トレで得られる効果にはどんなものがあるのかについて見ていきましょう。オナニーを禁止することで、実にさまざまな良い効果が期待できます。以下では3つご紹介します。

筋トレの効果を得たいなら、オナニーを禁止することは非常に効果的です。すでに述べたように、オナニーをすることで筋肉の分解が進むばかりか、筋肉の成長を促すホルモンが減少してしまうのです。ですから、オナニーはほどほどにしておくのが良いでしょう。

ニキビが減少する

筋トレによってニキビが減少することがあります。筋トレの効果は、何も筋肉に限ったものではないのです。オナニーを禁止して筋トレをすると、ニキビが少なくなったり、あるいは、完全に消えてなくなってくれることがあるのです。筋トレはニキビを消してくれます。

目力が出る

筋トレをすることでニキビをなくすことができることを見てきましたが、筋トレによって得られる効果としては、目力が出ることも挙げられます。オナニーを禁止して筋トレすれば、力強い目を取り戻すことができます。目に力があれば、自信があるように見えます。

自分に自信が持てる

オナニーを禁止して筋トレすれば、目力が出て、実際に自分に自信が持てるようになります。オナニーを禁止すれば筋トレの効果を十分に感じやすくなるので、筋トレによって自分の体が変わっていくことが実感できます。筋トレによって、自分に自信が持てるでしょう。

オナニーを禁止して筋トレ効果をアップさせよう!

オナニーを禁止することで、筋トレの効果をアップさせられることについて見てきましたが、いかがでしたか?筋トレは漫然と回数をこなしても効果が現れないことがあります。筋トレの効果を最大限に高めるには、まず、オナニーを極力減らしましょう。

オナニーを減らして、筋トレするときに使っている筋肉を強く意識するようにしましょう。そうすることで、筋トレによって変わっていく自分の体を見ることができます。筋トレは、やればやるほど成果が出てくれる、嘘をつかないものなのです。

オナニー自体は大変楽しく何度でもやりたいと考えている人もいることでしょう。オナニーは気持ちのいいものですが、やりすぎると本当に筋トレの効果を奪ってしまいます。筋トレしてもほとんど筋肉がつかないということも考えられるのです。

そうした事態にならないように、筋トレの効果を維持するためにも、オナニーを制限していきましょう。できれば1週間に1回程度にしておきましょう。そうすれば、筋トレによる効果がよりリアルに感じられて、自分に自信を持つことができることでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ