オナニーでカロリーを消費する?消費カロリーの計算方法や効果!

オナニーすることでダイエット効果あるというのは本当なのでしょうか?また、オナニーによる消費カロリーはどれくらいなのでしょうか?そこで、オナニーでカロリーを消費する方法や消費カロリーの計算方法、効果、注意点などもご紹介します。

オナニーでカロリーを消費する?消費カロリーの計算方法や効果!のイメージ

目次

  1. 1オナニーでの消費カロリーの計算方法やダイエット効果などをご紹介!
  2. 2オナニーでカロリーを消費することはできる?
  3. 3女性のオナニーのメリットは?
  4. 4オナニーでのダイエット効果とは?
  5. 5オナニーでの消費カロリー男女別の違いとは?
  6. 6オナニーでの消費カロリーの計算方法とは?
  7. 7オナニーでの注意点!
  8. 8オナニーで上手にカロリー消費をしよう!

オナニーでの消費カロリーの計算方法やダイエット効果などをご紹介!

オナニーにはダイエット効果があることをご存知でしたか?オナニーによる消費カロリーはどれくらいなのでしょうか?また、オナニーでの消費カロリーの計算方法はあるのでしょうか?

ここでは、オナニーでの消費カロリーの計算方法や、ダイエット効果、男女別の消費カロリーについて、オナニーでの注意点などもご紹介していきましょう。オナニーに限らず、エッチや恋人とイチャイチャするだけでもダイエット効果は意外と期待できるようです。

それゆえに、女性は恋をするときれいになるといわれるのかもしれません。オナニーを上手に活用することで女性はますますきれいになることができるでしょう。それには、オナニーによるダイエット効果や注意点をよく理解することが重要です。

オナニーでカロリーを消費することはできる?

オナニーやセックス、キスなどは快楽や性欲を満たすものだと思っている方も多いようです。もちろん、人間の三大欲求の一つである性欲を満たす効果を期待することができます。しかし、性欲を満たすと同時に一定のカロリーを消費することができます。

オナニーやセックス、キスを上手に活用することで、女性には嬉しいダイエット効果を期待することができます。女性は恋をすることできれいになると言いますが、オナニーやセックス、キスなどにはカロリーを消費する効果があるからなのでしょう。

オナニーやセックス、キス以外にも恋人とイチャイチャしたり、楽しい気持ちになったりするだけでもカロリーを消費することはできるようです。女性はドンドン恋をするといいでしょう。また、オナニーを上手に活用することでダイエット効果を期待できます。

女性のオナニーのメリットは?

女性はオナニーを上手に活用することでのメリットがたくさんあります。女性のオナニーを上手に活用することでのメリットとしては、オナニーをすることで女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。女性ホルモンが活発に分泌されることで肌がきれいになります。

オナニーをすることで、若返ったかのようなツヤツヤの肌になることができるのです。また、オナニーをすることで、性感帯を知ることができますのでセックスでもイキやすくなります。オナニーをすることで、脳内ではさまざまな快楽物質が分泌されます。

オナニーをすることで、ドーパミンの量は、薬物以外で最大の量を示すとも言われています。オナニーをすることでストレス解消、ダイエット効果、美肌効果、若返り効果、セックスをより楽しめる効果などのメリットがたくさんあるのです。

オナニーでのダイエット効果とは?

オナニーではダイエット効果が期待できるのでしょうか?オナニーでカロリーを消費することができるのでしょうか?ここでは、オナニーでのダイエット効果や消費カロリーなどをご紹介していきましょう。

オナニーでのダイエット効果や消費カロリーを知ることで、オナニーを上手に活用することでのメリットが実感できるようになるでしょう。

ゆっくりジョギング20分の効果

オナニーを上手に活用することでのメリットがたくさんあります。オナニーは男女によって消費カロリーが異なってきます。女性は30分、男性は20分ほどオナニーに時間を使うことで60~70kcalほどになります。

オナニーの時間が長くなるほど消費カロリーもアップします。オナニーの消費カロリーが60~70kcalと聞いてピンとこないかたもいるでしょう。60~70kcalという消費カロリーは、運動ではゆっくりとジョギングを20分した効果が期待できます。

また、家事などに置き換えるとアイロンがけよりも少し低いカロリーということができるでしょう。床拭きを1時間した時も60~70kcalのカロリーを消費することができるのです。そう考えるとオナニーでの消費カロリーは侮れません。

その他のダイエット効果・消費カロリーは?

オナニーでの消費カロリーが意外と高くて驚かれた方も多いのではないでしょうか?ここでは、オナニー以外のダイエット効果のあることやその消費カロリーをご紹介していきましょう。

オナニー以外にもキスや、恋人とイチャイチャ、セックス、マッサージなどでの消費カロリーをご紹介していきましょう。日常の生活での消費カロリーを理解していくことでダイエット効果を期待することができるようになるでしょう。

マッサージでの消費カロリーは?

オナニー以外での消費カロリー・ダイエット効果をご紹介していきましょう。オナニー以外での消費カロリーが見込めるダイエット効果のあるものとしては、マッサージをあげることができるでしょう。

オナニーでは60~70kcalのカロリー消費を期待できますが、マッサージではどうでしょうか?マッサージでの消費カロリーは、恋人同士がイチャイチャしながらマッサージをした時には、80~90kcalのカロリーを消費することができます。

30分みっちりマッサージをした時は、40kcalのカロリーを消費することができます。マッサージも仕方によってカロリーの消費が異なるのです。恋人同士でのイチャイチャしながらのマッサージは消費カロリーもオナニー以上ですのでおすすめです。

キスでの消費カロリーは?

キスでの消費カロリーやダイエット効果にはどのようなものがあるのでしょうか?大好きな恋人とのキスは1日に何回でもしたいのではないでしょうか?キスの消費カロリーとしては、1時間キスをし続けた場合は、60~70kcalのカロリーを消費することができます。

これは、オナニーでの消費カロリーと一緒です。しかし、キスで1時間ずっとというのはあまり現実的ではないでしょう。カップルが数分のキスを一日に何度もすることでの消費カロリーは、大きく伸ばすことができるかもしれません。

キスは、消費カロリーも期待できますが、キスするときのドキドキ感は健康に良いと言われています。心臓がドキドキするということは、体内の血流が促進されていることを意味しています。血行が良くなることでのメリットは消費カロリー以外にもあります。

セックスでの消費カロリーは?

セックスでの消費カロリーは、どれくらいなのでしょうか?セックスでの消費カロリーは、オナニーでの消費カロリーよりも期待できるのではないでしょうか?セックスでの消費カロリーは、男女ともに800kcalのカロリーを消費することができます。

男性によっては、1000kcalのカロリーを消費することができます。30分のセックスでは、15分程度のジョギングに匹敵する消費カロリーだと言われています。

セックスでは男女ともに800kcalのカロリーを消費することができますのでかなりのダイエット効果を期待できます。また、男女ともに1回のオーガズムでは100kcalのカロリーを消費することができるとも言われています。

イチャイチャしている時の消費カロリーは?

カップルでイチャイチャしている時の消費カロリーは、どれくらいなのでしょうか?カップルでイチャイチャしている時の消費カロリーは、400~500kcalのカロリーを消費することができると言われています。

カップルであれば自然とイチャイチャすることが多くなりますので、恋をするほどに健康的にダイエット効果を期待できるということです。

イチャイチャするだけで400~500kcalのカロリーを消費することができるなんてすばらしいダイエット効果だということができるでしょう。好きな人とのイチャイチャでは、脳の興奮度もアップしてドキドキ感もありますので血行促進にも効果アリです。

オナニーでの消費カロリー男女別の違いとは?

オナニーでの消費カロリーは、男性、女性によって異なるようです。ここでは、オナニーでの消費カロリーを男性、女性別にご紹介していきましょう。男女によってのオナニーでの消費カロリーの違いがどれくらいなのか気になるところです。

男性編

男性のオナニーでの消費カロリーとしては、1回のオナニーでは150~220kcalのカロリーを消費することができると言われています。しかし、男性のオナニーでの消費カロリーといっても男性によって大きく異なるようです。

男性によっては数分でイってしまう人もいるようです。その場合はそこまでの消費カロリーは期待できないでしょう。早漏の方はあまりダイエット効果を期待できないので注意しましょう。

男性がオナニーでの消費カロリーを多くするためにはどれだけ粘ることができるかにかかってきます。早くイってしまうほど、消費カロリーは低くなりますので、ダイエット効果を期待できません。男性の平均時間は20分ですが、30分以上だといいでしょう。

女性編

女性のオナニーでの消費カロリーは、どのようになっているでしょうか?女性のオナニーでの消費カロリーは、120~160kcalのカロリーを消費することができると言われています。

女性はなかなかオナニーでもイキにくいという特徴を持っています。体の構造的にもそうなっています。それゆえにすぐにイって終了することはありませんが、それほどオナニーでの消費カロリーは見込めません。

しかし、オーガズムに達することでの消費カロリーとしては、男女ともに100kcalのカロリーを消費することができるとなっていますので、オーガズムに達することが重要になってくるでしょう。オーガズムに達することでダイエット効果を期待することができます。

オナニーでの消費カロリーの計算方法とは?

オナニーでの消費カロリーを男女別にご紹介してきましたが、オナニーでの消費カロリーを計算する方法があるのをご存知でしたか?ここでは、オナニーでの消費カロリーの計算方法をご紹介します。

計算方法をご紹介!

オナニーでの消費カロリーの計算方法をご紹介します。オナニーでの消費カロリーの計算方法は、男性、女性によって異なります。女性のオナニーでの消費カロリーの計算方法としては、体重(kg)×0.0464×時間(分)×0.87(補正係数)=消費カロリー(kcal)です。

男性のオナニーでの消費カロリーの計算方法としては、体重(kg)×0.0464×時間(分)=消費カロリー(kcal)となっています。計算式に含まれている0.0464という数字は1分間に体重1kgが消費するカロリーを意味しています。

オナニーの行動だけの消費カロリーですので、男性の場合は射精の時の消費カロリーは含まれていません。女性は補正係数が年齢によって異なりますので、男女ともに多少の誤差はありますが、上記でオナニーでの消費カロリーを計算することができます。

オナニーでの注意点!

オナニーでの消費カロリーを理解して、ダイエット効果を期待することができるようになってきたでしょう。オナニーによっての効果はたくさんありますが、オナニーによっての注意点をしっかりと認識しておくことも重要です。オナニーの注意点をご紹介します。

泥酔状態でのオナニーは危険!

オナニーでの注意点としては、泥酔状態でのオナニーは危険ですので避けるようにしましょう。少量のお酒であれば、気分を高ぶらせたり、興奮状態になったりしてメリットもありますが、泥酔状態でのオナニーは危険です。

オナニーをすることで適度に血圧が高くなりますので、健康には良いとされています。しかし、お酒を飲むことでも血圧は高くなります。適度な血圧の上昇は体内の血流をよくしてくれますので健康に良いのですが、一気に血圧をあげてしまうと脳出血の危険性があります。

これは、オナニーのみならずセックスでも同様です。泥酔状態では何かと危険を伴います。泥酔状態では正常に歩くことも、思考することもできません。泥酔状態でのオナニーは危険ですので絶対にやめましょう。

不潔なオナニーは病気の可能性も?

オナニーでの注意点としては、不潔なオナニーをあげることができるでしょう。不潔なオナニーによって病気になってしまう可能性を高くすることになります。

オナニーをする時には清潔を保つようにしましょう。オナニーをする時には、とても繊細な内部を触れることになります。それゆえに体や手、道具など不潔な環境でのオナニーはおすすめできません。

道具の使いすぎには要注意!

オナニーをする際の注意点としては、道具の使いすぎをあげることができるでしょう。オナニーダイエットをすることで、頻繁にオナニーをすることになるでしょう。いつも同じオナニーの仕方だと飽きてしまう人もいるようです。

そのような場合は、道具を使用する人もいます。オナニーを楽しむ程度での使用はいいのですが、道具を使用しすぎてしまうことで、パートナーとのセックスに違和感を感じてしまうこともあるようです。道具を使用するときには使用し過ぎに要注意です。

Thumbアルコールオナニーは気持ちいい?お酒とローションを使うオナニー!
「アルコールオナニー」というものを知っていますか?アルコールオナニーはその名の通りお酒を使っ...

オナニーで上手にカロリー消費をしよう!

オナニーをすることで、カロリーを消費することができます。それゆえに、オナニーを上手に活用することでダイエット効果を見込むこともできるようになります。オナニーをする上での注意点を守りながら、適度にオナニーを活用していくといいでしょう。

Thumb【オナニーの種類】気持ちいいオナニーのやり方を20種類紹介!
オナニーを楽しんでいますか?オナニーには実にたくさんの種類があります。自分が慣れ親しんだオナ...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ